ジルーが大仕事! チェルシー、吉田セインツに8分間で0-2から大逆転劇《プレミアリーグ》2018.04.14 22:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは14日、プレミアリーグ第34節でサウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムに乗り込み、3-2で勝利した。▽前節終了時点で4位トッテナムを10ポイント差で追う5位につけ、来シーズンのCL出場権獲得が厳しい状況のチェルシー。今節は18位に沈むサウサンプトンのホームに乗り込んだ。

▽その一戦に向けては、ザッパコスタが3試合ぶりのスタメン入り。対するサウサンプトンは、吉田が2試合連続の先発出場となり、3バックの中央に入った。

▽タディッチの仕掛けに対応しつつ、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探るチェルシー。立ち上がりから押し込む展開に持ち込むが、サウサンプトンが21分に先手を取る。

▽左サイドのスペースでボールを受けたバートランドがロングスプリントでボックス左深くに侵攻。グラウンダーの折り返しにゴール前のタディッチが詰め、サウサンプトンが先制した。

▽追うチェルシーは、失点前と同様、敵陣内で長く時間を費やすが、有効打を欠く攻撃に終始。セットプレーからクリステンセンがゴールに迫ったが、陥れるには至らない。

▽早い時間帯に追いつきたいチェルシーは、後半の頭から反撃。55分、バイタルエリア中央からのウィリアンの右足シュートがゴール右下に飛ぶが、相手GKにセーブされる。

▽すると、サウサンプトンは60分、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得。ワード=プラウズのクロスにファーサイドのベドナレクが左足で合わせ、チェルシーを突き放した。

▽プレミアデビューのベドナレクに一発を許したチェルシーは直後、ジルーとペドロを同時投入。攻撃の活性を図ったが、勢いづく相手に試合の流れを掴まれ、反撃に持ち込めない。

▽そうした中、チェルシーは70分、左サイドのマルコス・アロンソが左足でセンタリング。これに反応したジルーがホードと吉田の間に潜り込み、ヘディングシュートで1点を返した。

▽ジルーの加入後プレミア初ゴールで息を吹き返したチェルシーは75分、ボックス左深くに侵攻のウィリアンがグラウンダーのクロス。これをアザールが押し込み、追いついた。

▽そのチェルシーは78分に逆転する。バイタルエリア左で得たFKからウィリアンがボックス左のアザールにパス。これを受けたアザールがゴール前にクロスを送る。

▽これがゴール前での混戦を誘い出すと、ボックス中央のやや離れた位置に構えるジルーがクリアボールに反応して左足ダイレクト。これが決まり、チェルシーが試合をひっくり返した。

▽ジルーの活躍により、わずか8分間で形勢逆転に持ち込んだチェルシーがそのまま試合をクローズ。CL出場権の逆転奪取に向け、貴重な3試合ぶりの白星を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

J王者・川崎フロンターレが7月にチェルシーと対戦が決定!《明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ》

Jリーグは20日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」にて、川崎フロンターレとチェルシーが対戦することを発表した。 「明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2019」は、Jリーグとして海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催される。 試合は7月19日(金)に日産スタジアムで開催される。キックオフ時間などは未定だ。今回の対戦実現に関して、Jリーグの村井満チェアマン、川崎フロンターレの小林悠、チェルシーのブルース・バック会長がコメントしている。 ◆村井満チェアマン(Jリーグ) 「今年、2年ぶりに明治安田生命Jリーグワールドチャレンジを開催いたします。Jリーグは今年から外国籍枠を緩和し、より高水準の競争力をクラブに求めておりますが、本大会は「Jリーグの中に世界をつくる」ために必要だと認識しております」 「開催目的に相応しい対戦相手として、プレミアリーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグの優勝経験もある欧州屈指のビッグクラブ、チェルシーFCを招待することになりました。現在リーグ戦2連覇中の川崎フロンターレがチェルシーFC相手にどこまで通用するのか、今から楽しみでなりません。Jクラブを代表して戦う川崎Fには「勝利」という結果も期待しています」 「また、本大会は明治安田生命保険相互会社様が特別協賛社となります。明治安田生命様には、日頃よりトップパートナーおよびタイトルパートナーとして日本サッカーの水準向上、スポーツ文化の醸成、国際社会における交流と親善というJリーグの理念にご賛同いただき、Jリーグやクラブへの協賛を通じて多大な貢献をいただいておりますが、本大会のご協賛を通じて、国際社会における交流と親善という三つ目の理念の実現への更なるご協力を大変うれしく思います。ご協賛に恥じない素晴らしい大会にしてまいります」 ◆小林悠(川崎フロンターレ) 「この度、Jリーグを代表して世界的に有名なビッグクラブ、チェルシーFCと試合ができるということですごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います。メンバーを見ても知っている選手ばかりで、私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです」 「以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」 「フロンターレのサポーターだけはなく、チェルシーの試合を見たいという皆さんもたくさん来てくれると思います。そんな皆さんたちにもこれがフロンターレのサッカーだというものを見せたいですし、フロンターレのことも好きになってもらえればと思います」 「また、Jリーグのサッカーって面白い、楽しいと感じてもらえるような試合にしたいと思います。明治安田生命保険相互会社様、Jリーグの関係者の皆様にこの素晴らしい機会をいただいたことを感謝します。 チーム一丸となって精一杯頑張ります!」 ◆ブルース・バック会長(チェルシー) 「チェルシーFCの来季プレシーズン日程に関して、その最初となる試合を正式に発表出来る事を非常に嬉しく思います。クラブにとって刺激的な夏になるでしょう。約7年ぶりに日本を再訪できる機会を非常に嬉しく思い、この試合の実現にあたりJリーグに感謝します。横浜国際総合競技場に集まる情熱的なファンを前に、新シーズンの準備を整える我々にとって、川崎フロンターレは間違いなく手強い対戦相手となるでしょう」 2019.03.20 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー期待の若手エイブラハムが来季のトップチーム挑戦を希望

チェルシーに所属するイングランド代表FWタミー・エイブラハムが、来季のトップチーム挑戦を誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2014年にチェルシーのアカデミーに入団したエイブラハムはブリストル・シティやスウォンジーシティへのレンタル移籍を重ねて順調に成長を続けている。今季はアストン・ビラにレンタルし、ここまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で31試合に出場し21ゴールを挙げる活躍を見せている。 昨年11月にイングランド代表デビューも果たしたエイブラハムには、ウォルバーハンプトンやライプツィヒからの関心が伝えられている。しかし、同選手の来季の目標は、チェルシーのトップチームで活躍することにあるようだ。 「それは来季の目標だね。子供の頃からチェルシーでプレーすることを信じていた」 「僕にはその力があると思う。チャンスが来ればそれを両手で掴み取る必要がある」 2019.03.20 15:32 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、マドリーからのアザール獲得オファーを拒否!

チェルシーが、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に対するレアル・マドリーからのオファーを拒否したようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 そして、今回の報道によると、マドリーはアザール獲得に向けて最初のオファーを提示したが、チェルシーが拒否。先日伝えられた通り、チェルシーは1億ユーロ(約126億円)付近での売却を狙っており、来年夏にフリーでスターを失うリスクを背負いつつ交渉を進めているようだ。 2019.03.19 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

英国人億万長者、チェルシー購入を狙う 要求額は3693億円

英国で最も裕福な人物であるサー・ジム・ラトクリフ氏が、チェルシー購入の話し合いを継続しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 2003年に1億4000万ポンド(現在のレートで約207億円)でチェルシーを買収して以降、数々のビッグネームを買い集め、クラブをより大きな存在に押し上げたロマン・アブラモビッチ氏。しかし、ロシアの新興財閥でもある同氏は現在、ビザの関係で1年間に6ヵ月間しかイギリスに留まることが出来ず。本拠地スタンフォード・ブリッジの再建計画も取りやめとなっている。 そして、チェルシーは正式に売りに出されているわけではないが、この状況に関心を示しているのがラトクリフ氏だ。多国籍石油化学企業『イオネス』の会長であり、純資産210億ポンド(約3兆1000億円)とも言われる億万長者は、買収の可能性についてファーストコンタクトを取っており、協議を続けているという。 同氏はマンチェスター・ユナイテッドのファンとして育ったとされているが、スタンフォード・ブリッジにも足繁く通っているとのこと。スポーツ全般に関心を示しており、2017年にはスイスのクラブであるローザンヌのオーナーにもなっている。 しかしながら、アブラモビッチ氏は25億ポンド(約3693億円)を要求しており、交渉は停滞。購入後に追加でスタンフォード・ブリッジの再建費も支払う必要が生じる点も、ラトクリフ氏を悩ませる要因となっているようだ。 2019.03.19 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ディナモ・キエフ戦でのハドソン=オドイに対する人種差別発言を提訴

チェルシーは18日、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイに対して人種差別発言があったとして欧州サッカー連盟(UEFA)に提訴した。 ハドソン=オドイは14日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、ディナモ・キエフとのアウェイ戦でフル出場し、78分にゴールを決めていたが、この試合の終了間際にホームチームのサポーターからモンキーチャントを浴びていたようだ。 チェルシーはこの卑劣な行為に対して公式サイトで次のように抗議している。 「キエフでの試合終了間際の数分、我々の選手のうち、一人に対して向けた人種差別発言があった。我々はあのような卑劣行為を心から非難する」 2019.03.19 04:08 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース