セビージャ、エンゾンジのゴラッソも逆転ならず…ビジャレアルとのEL争いは痛み分け《リーガエスパニョーラ》2018.04.14 22:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節のセビージャvsビジャレアルが14日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-2のドローに終わった。

▽リーグ4試合勝ちがない7位セビージャ(勝ち点46)が、リーグ連敗中の6位ビジャレアル(勝ち点47)をホームに迎えた、ヨーロッパリーグ出場権をかけた直接対決だ。

▽0-0で引き分けた直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝バイエルン戦からスタメンを1名のみ変更。コレアに代えて、サンドロ・ラミレスを起用した。

▽対するビジャレアルは、1-3で敗北した前節のビルバオ戦からスタメンを6名変更。ボネーラ、負傷したフォルナルスらに代えて、ガスパール、ラバらを起用した。

▽試合は、立ち上がりからビジャレアルが積極的にしかけていく。すると、20分にチェリシェフがボックス内でGKソリアとの一対一を迎える。しかし、強烈なシュートはファインセーブに阻まれた。

▽さらに、24分には右サイドからのクロスに反応したボックス手前のバッカが、高く飛び上がって頭で合わせる。ループ気味のシュートはGKソリアの頭上を越えたたものの枠を捉えなかったが、難所サンチェス・ピスファンのサポーターをヒヤリとさせた。

▽すると36分、ボックス手前で細かく繋ぎ、右サイドのカスティジェホにボールが渡る。高い弾道のクロスを上げるとファーのラバがヘディングで合わせ、ネットを揺らした。

▽このままのスコアで前半が終了し、ビジャレアルはリードして試合を折り返すことに成功。反対に、ホームのセビージャは巻き返しが求められる状態で後半に臨むこととなった。

▽セビージャは54分、あまりボールに触ることができていないムリエルに代えてイェデルを起用。前線の活性化を図っていく。

▽58分、セビージャがやや押し込んだ時間帯、ロングボールが上がるとボックス内に混戦がもたらされる。しかし、ゴールの目の前で反応したフランコ・バスケスが放ったシュートは枠を捉えない。

▽しかし62分、審判の最低に不満を露わにしたイェデルが抗議を行うと、主審はイエローカードを提示。イェデルがそれに対しさらに抗議を行い、2枚目の警告を受けて退場することとなった。

▽1人多い状況となったビジャレアルは65分、チェリシェフに代えてロベルト・ソリアーノを投入。さらにバランスを整え、より優位に試合を運んでいく。対するセビージャは、67分にフランコ・バスケスに代えてノリートを投入した。

▽しかし68分、セビージャはミスを重ねてしまう。ピッチ中央付近でパスをミスすると、バッカにボールを奪われる。ビジャレアルのカウンターが発動し、最後はラバのラストパスに抜け出したバッカがGKソリアとの一対一を制して点差を広げた。

▽それでも76分、ジャウメがボックス内でハンドを犯してセビージャがPKを獲得。さらにジャウメは2枚目の警告をもらい退場することに。一気に流れを引き寄せたかに思われたセビージャだったが、キッカーのノリートが放ったシュートをGKアセンホにキャッチされ、点差を縮めることは叶わない。

▽しかし、直後にセビージャが反撃を開始する。78分、ビジャレアル陣内中央付近で得たFKをバネガが蹴り、ボックス内右のラングレが頭で中央に落とす。ノリートが押し込み、スコアは1-2に。そして82分、ボックス手前中央でボールを持ったエンゾンジがミドルシュートを放つと、これがネットに突き刺さる。

▽結局、セビージャが同点弾を決め切った後はスコアが動かないまま試合が終了。この結果、EL出場権争いは痛み分けに終わり、セビージャは5試合未勝利に。一方のビジャレアルも3試合勝ちなしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコ、急性虫垂炎で離脱…マドリッド・ダービー欠場の可能性も

▽レアル・マドリーは25日、スペイン代表MFイスコが急性虫垂炎と診断されたことを発表した。公式サイトでは離脱期間は明かされていないものの、スペイン『マルカ』は“マドリッド・ダービー”欠場の可能性を伝えている。 ▽『マルカ』によると、レアル・マドリーはリーガエスパニョーラ第6節セビージャ戦の前日練習を25日に行ったものの、イスコは室内で過ごした。これにより、26日のセビージャ戦欠場が濃厚とされており、29日の第7節アトレティコ・マドリー戦も回避する可能性が指摘されている。 ▽今シーズン開幕当初、イスコは上がり切らないパフォーマンスからリーガ第3節、第4節とベンチスタートを味わっていたが、19日のチャンピオンズリーグ(CL)ローマ戦では3-0の勝利の皮切りとなる先制点を直接FKから記録。コンディションを上げていた中での負傷となった。 2018.09.25 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】ミッドウィークにセビージャvsレアル・マドリー!

▽先週末に行われた第5節ではジローナと引き分けたバルセロナの開幕からの連勝がストップ。一方、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強は揃って勝利。また、昨季上位陣ではバレンシアがドローで開幕未勝利を継続し、セビージャが今季最多の6ゴールで大勝している。 ▽今季初となるミッドウィーク開催での第6節ではセビージャvsレアル・マドリーのビッグマッチに注目が集まる。ベティスとのダービーからリーグ戦2連敗を喫したセビージャだが、ヨーロッパリーグ(EL)初戦でスタンダール・リエージュ相手に5-1の大勝を収め悪い流れを払拭。すると、直近のレバンテ戦では今季最多の6ゴールを奪い6-2の圧勝。公式戦2試合連続で5点以上を記録するなど絶好調の攻撃陣の中では2試合で5ゴールを挙げて確変中のFWイェデルに注目したい。抜群のスピードと駆け引きに優れる掴みどころのないムービングFWは、守備面でやや緩さを見せるレアル・マドリーの守備陣の脅威となるはずだ。 ▽一方、レアル・マドリーは直近のエスパニョール戦ではMFクロース、DFカルバハル、DFマルセロ、MFベイルなど一部主力を温存し、DFオドリオソラやMFマルコス・ジョレンテ、FWマリアーノら若手に今季初めて出場機会を与える積極的なターンオーバーを行った。FWアセンシオのゴールで1-0の勝利を収めた一方、内容面には大いに課題を残しており、主力を復帰させて戦う今回のセビージャ戦の重要度は高い。 ▽レアル・マドリーと同様にDFユムティティやMFラキティッチ、MFコウチーニョをベンチに置きMFアルトゥール、MFビダル、DFラングレを初先発させるターンオーバーを採用したバルセロナ。しかし、ラングレが1点リードの前半半ばに相手選手へのエルボーで一発退場となる愚行を犯した結果、60分近くを数的不利で戦い、温存予定だった前述の3選手まで投入。最終的に2-2のドローに終わり、開幕からの連勝ストップに加え普段以上の消耗を強いられることになった。それでも、今節の対戦相手は開幕から4敗1分けで未勝利のレガネスが相手となっており、今度こそターンオーバーを成功させ、今後に向けてオプションを増やしたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽前節、ヘタフェとの自治州ダービーを新戦力のMFレマルの移籍後初ゴールを含む2点に絡む活躍で快勝したアトレティコはリーグ3戦ぶりの白星を挙げた。連勝を目指して昇格組ウエスカをホームで迎え撃つ今節だが、今週末に敵地で戦う今季リーガ最初のマドリード・ダービーを控えており、できれば一部主力を温存したいところだ。基本的にはFWジェウソン・マルティンスやFWカリニッチら新戦力にプレー機会を与えたいところだが、今季リーガでまだゴールがないFWジエゴ・コスタらのコンディション調整にも充てたい。 ▽開幕から目に見える結果を残せていないヘタフェMF柴崎岳、ベティスMF乾貴士の日本人2選手に関しては今回の過密日程で先発出場のチャンスがあるかもしれない。レアル・マドリーとの開幕戦でのスタメン以降、途中出場1試合のみと苦しい立場に立たされている柴崎は今節、アラベスとのアウェイゲームに臨む。直近のアトレティコ戦ではセンターバックが本職のDFジェネがボランチで起用されるなど守備的な振る舞いを見せたヘタフェだが、勝ち点3奪取を目指すアラベス戦ではより攻撃面で貢献ができる背番号10に出場機会が与えられるかもしれない。一方、直近の公式戦2試合でベンチスタートが続く乾はジローナと対戦する。プレッシングを特長とする難敵との対戦ではハーフスペースで鋭いターンから局面を打開できる日本人ドリブラーに声が掛かるはずだ。 ▽その他のカードでは開幕から1敗4分けと未だに勝利がないバレンシアが、アトレティコに完勝するなど好調の4位セルタをホームで迎え撃つ一戦に注目したい。直近のビジャレアル戦で主将MFパレホが一発退場となり、ケガで離脱中のMFコンドグビアを含めて主力ピボーテ2人を欠くチームは、攻守両面で躍動感がある新生セルタ相手に今季初白星を手にすることができるか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/25(火) 《27:00》 エスパニョール vs エイバル 《28:00》 レアル・ソシエダ vs ラージョ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ウエスカ ▽9/26(水) 《27:00》 ビルバオ vs ビジャレアル レガネス vs バルセロナ 《29:00》 バレンシア vs セルタ セビージャ vs レアル・マドリー ▽9/27(木) 《27:00》 アラベス vs ヘタフェ バジャドリー vs レバンテ 《29:00》 ジローナ vs ベティス<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアに痛手、負傷のコンドグビアがユベントス戦メンバー外に

▽バレンシアが19日に行われるチャンピオンズリーグのユベントス戦に向けたメンバーを発表した。その中で、フランス人MFジェフリー・コンドグビアがケガのためメンバーから外れている。 ▽2017年にインテルからレンタル移籍で加入したコンドグビア。加入初年度からリーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。その活躍が認められ、2018年に完全移籍で加入を果たしている。今シーズンもチームの主軸としてリーグ戦3試合に出場していた。 ▽そんなコンドグビアは、リーガエスパニョーラ第4節のベティス戦で、シュートを打った際に足首を負傷し、デンマーク代表MFダニエル・ヴァスとの交代を余儀なくされていた。イタリア王者のユベントス相手に、中盤の要が試合に出場できないのは、バレンシアにとってあまりに痛手である。 ▽また、リーガエスパニョーラ開幕戦で負傷したアルゼンチン代表DF エセキエル・ガライもメンバー外となっている。 2018.09.19 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

アンヘルの2発でセビージャを撃破したヘタフェが今季2勝目!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第4節のセビージャvsヘタフェが16日に行われ、0-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、61分からプレーした。 ▽開幕節以来勝利のないセビージャが、ヘタフェを本拠地サンチェス・ピスファンに迎えた一戦。前節ベティスに惜敗したセビージャは、その試合から先発を3人変更。フランコ・バスケス、アラーナ、メルカドに代えてノリート、アレクシ・ビダル、ニャニョンが先発で起用された。 ▽一方、ここまで1勝1分け1敗のヘタフェは、前節のバジャドリー戦からマタやアレホ、アランバッリに代えてモリーナやアマト、カブレラが先発に。柴崎は3試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は開始早々にヘタフェがスコアを動かす。3分、バイタルエリア中央でボールを受けたモリーナが反転からスルーパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したアンヘルは、冷静に相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したセビージャは、21分に反撃。バネガのパスをボックス左で受けたノリートが縦に切り込みシュート。しかし、これはGKソリアの好守に阻まれた。 ▽その後、セビージャにやや押し込まれる時間が続いたヘタフェだが、38分に追加点を奪う。ボックス右手前でボールを受けたポルティージョがゴール前にラストパスを供給すると、これがセルジ・ゴメスに当たりアンヘルの下へ。アンヘルがこれを左足でダイレクトで流し込み、リードを広げた。 ▽追加点を奪われたセビージャもすぐに反撃。40分、サラビアとのパス交換で右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスをボックス中央でアンドレ・シウバが落とすと、最後はノリートがシュート。しかし、このシュートはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、2点を追うセビージャはノリートとロケ・メサを下げてイェデルとフランコ・バスケスを投入した。 ▽すると50分、相手のゴールキックを中盤のフランコ・バスケスが弾き返すと、アンドレ・シウバもヘディングで相手DFの裏へパス。このボールに抜け出したイェデルがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。 ▽後半も押し込まれる展開が続くヘタフェは61分、アンヘルを下げて柴崎を、69分にアマトを下げてフルキエを投入した。対するセビージャは、69分にA・ビダルを下げてプロメスをピッチに送り出した。 ▽その後もセビージャの猛攻を受け続けたヘタフェだが、最後までゴールを許さず試合終了。アンヘルの2ゴールで勝ち切ったヘタフェが、2試合ぶりとなる今季2勝目を飾った。 2018.09.17 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦に臨むヘタフェ、柴崎岳が3試合ぶりに出場する可能性も

16日にリーガエスパニョーラ第4節、敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦に臨むヘタフェだが、MF柴崎岳は先発としてピッチに立つ可能性がある。<br><br>第1節レアル・マドリー戦以降、出場機会を得られていない柴崎だが、セビージャ戦で3試合ぶりにプレーするのかもしれない。<br><br>ヘタフェのホセ・ボルダラス監督はこのセビージャ戦で、プレシーズンから負傷離脱中のMFマルケル・ベルガラほか、フィジカルに問題を抱えながらプレーしてきたMFマウロ・アランバリも招集リストから外した。<br><br>このためスペイン『アス』は、柴崎がMFネマニャ・マクシモビッチとともに4&minus;4&minus;2の2ボランチを務めると予想。その一方でスペイン『マルカ』は、サイドを主戦場とするMFポルティージョがマクシモビッチとコンビを組み、柴崎はベンチスタートになるとの見解を示している。<br><br>なおボルダラス監督は先に、柴崎の適性ポジションとして4&minus;3&minus;3や4&minus;1&minus;4&minus;1のインサイドハーフを挙げ、4&minus;4&minus;2の2ボランチではフィジカル的に不安があることを示唆していた。日本代表MFは果たして、サンチェス・ピスフアンのピッチに立ち、結果を残すことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.16 22:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース