首位岡山、上田の“恩返し”直接FK弾で追いつき大宮とドロー《J2》2018.04.14 17:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第9節の3試合が14日に行われた。▽首位のファジアーノ岡山は、18位に沈む大宮アルディージャのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。

▽試合は9分に動く。味方とのワンツーで左サイドを突破した河面がクロスを上げると、こぼれ球に反応した横谷がボックス手前から放ったシュートを嶋田がゴール前にフリック。これを大前が頭で押し込み、大宮が先制した。

▽敵地で追う展開を強いられた岡山だが、その後はボールの主導権を握り返してペースを優勢に。大宮を押し込み、古巣戦となる上田の決定的な直接FKでゴールに迫ったが、相手GKの好守にも遭い、なかなか追いつくことができない。

▽それでも、上田は54分、2度目のチャンスをモノにする。ボックス手前の好位置でFKの機会を得ると、上田の直接狙った左足のシュートが相手GKもノーチャンスのゴール左隅に決まり、アウェイの岡山が追いついた。

▽その後、交代カードを使いながら勝ち点3を目指して死力を尽くした両雄だが、最後までスコアを動かせずに試合終了。3試合ぶりの白星を狙った大宮と、2連勝を目指した岡山の一戦は痛み分けに終わっている。

◆明治安田生命J2リーグ第9節 結果
▽4/14(土)
ヴァンフォーレ甲府 0-1 松本山雅FC
アビスパ福岡 2-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-1 ファジアーノ岡山

▽4/15(日)
《13:00》
ロアッソ熊本 vs 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 vs 京都サンガF.C.
《14:00》
FC岐阜 vs 徳島ヴォルティス
栃木SC vs アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢
大分トリニータ vs 横浜FC
カマタマーレ讃岐 vs 愛媛FC
《15:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs FC町田ゼルビア
コメント
関連ニュース
thumb

甲府、伊藤彰ヘッドコーチの監督就任を発表 元大宮監督

▽ヴァンフォーレ甲府は10日、トップチームヘッドコーチを務める伊藤彰氏(46)の監督就任を発表した。 ▽伊藤氏は2007年に指導者キャリアをスタート後、2017年5月〜11月まで大宮アルディージャを指揮。今年から甲府のトップチームでヘッドコーチを務めた。 ▽伊藤氏は監督就任を受け、次のようにコメント。3年ぶりのJ1復帰に向け、意気込みを語った。 「ヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブの監督を努めさせて頂ける事に、とても大きな喜びと感謝をしております。また、それと同時に、クラブを任される事に責任も感じております。ファン、サポーター、山梨県民の皆様と共に勝利を目指し熱くなり、一つにまとまってJ1昇格という目標を達成できるように闘っていきましょう。ご支援ご声援の程よろしくお願い致します」 ▽今年の甲府は1年でのJ1復帰を目指したが、シーズン途中に吉田達磨氏を解任。上野展裕監督を招へいしたが、明治安田生命J2リーグ16勝11分け15敗の9位に終わった。 2018.12.10 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎の高田明社長、昇格目指すライバルの大宮指揮官に就任した高木琢也元監督へエール「一緒にJ1昇格を目指しましょう」

▽V・ファーレン長崎の高田明代表取締役社長が、高木琢也監督へのコメントを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽2013年から長崎の監督に就任した高木監督は、2017年の明治安田生命J2リーグで2位となり、クラブ史上初のJ1昇格に導いた。 ▽初のJ1では開幕から6試合勝ちなしと苦戦が続くも、第7節から4連勝を記録。しかし、その後も連敗を喫するなど調子が上がらず、最下位でのJ2降格となった。 ▽シーズン終了後に退任が発表された高木監督だったが、9日に大宮アルディージャの指揮官に就任することが発表。これを受け、高田社長はクラブ公式サイトを通じ、高木監督への感謝とともに、来シーズンは同じリーグで戦うことになるライバルへエールを送った。 「これまでのV・ファーレン長崎の発展のためのご尽力に、改めて感謝申し上げます。来シーズンは同じJ2の大宮アルディージャさんで指揮を取られるということで、また共に戦えることを嬉しく思います。場所は離れますが、正々道々、切磋琢磨して、一緒にJ1昇格を目指しましょう!サッカーには夢がある」 2018.12.09 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

J1昇格まであと一歩に迫った東京Vのロティーナ監督&イバンコーチが退任

▽東京ヴェルディは9日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)とイバン・パランコ・サンチアゴ コーチ(38)の退任を発表した。 ▽スペイン人指揮官のロティーナ監督は、ヌマンシアやオサスナ、セルタ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボ、ビジャレアルなどを指揮。2017年に東京Vの監督に就任すると、1年目でJ2・5位にチームを導くもJ1昇格プレーオフでアビスパ福岡に敗れ残留。2年目の今シーズンは常に上位争いを繰り広げると、6位でシーズンを終えていた。 ▽J1参入プレーオフでは、1回戦で大宮アルディージャ(0-1)、2回戦で横浜FC(0-1)を下し決定戦へ。しかし、8日に行われたジュビロ磐田との一戦は2-0で敗れ、J1昇格を逃していた。 ▽イバンコーチは、ロティーナ監督とともに2014年から仕事をし、東京Vのコーチに就任。試合中はタッチライン際で指示を送るなど、ロティーナ監督とともにチームを作り上げてきた。両氏はクラブを通じてコメントしている。 ◆ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督 「この2年間を振り返り、ヴェルディサポーターの皆さんに伝えたいこととして頭に浮かぶのは、「ありがとう」という言葉です。なぜなら、後ろを向いて我々が共に歩んできた道のりを振り返ると、深い感謝の気持ちが溢れ出してくるからです。この偉大なファミリーを形成するすべての方々に感謝の意を示したいです」 「社長、強化部の皆さん、ありがとうございました。我々を信頼してくれて、成功のために常に我々の近くから協力してくれました」 「私のテクニカル・メディカルスタッフチームの皆さん、ありがとうございました。この忘れることのできない2シーズンの間、素晴らしい仕事で私を支えてくれて、私をより良い監督にしてくれました」 「全てのクラブ職員、スタッフの皆さん、ありがとうございました。この挑戦のために大きな努力をしてくれて、素晴らしいプロジェクトの一部となってくれました」 「そして選手の皆さん、ありがとうございました。我々スタッフの要求に対して、「忠誠」、「信頼」の模範を示し続けてくれました。謙虚で、献身的であり続けてくれました。全てが私の中で良い思い出であり続けます」 「そして、特にファン、サポーターの皆さんに、私より、そして私の家族より大きな感謝を伝えたいです。とても、とても、とてもありがとうございました。2年前に私が日本に到着した時、どんな未来が待ち受けているのか想像できませんでした。知らない国で異なるサッカーと出会いましたが、今は大好きになりました。ファン、サポーターの方々の温かい歓迎のおかげで、ここを自分の国のように感じることができました。皆さんがこの2年間を素晴らしいものにしてくれました。良い時期も、難しい時期も我々を励ましてくれました。我々と共に喜んでくれました。そして物事がうまくいかない時や、期待通りにならない時は、我々が立ち上がるように支えてくれました。皆さんの応援歌は、どこに行こうとも私の中で響き続けます。私はあなた方に一生分の無償の借りを持つことになりました。特にあの「ロティーナ、ロティーナ」の歌を歌ってもらえるようになってからは」 「全ての方々に感謝を示したいです。これは、「さよなら」ではなく「またね」です。私は遠くには行きません。どこにいても偉大な東京ヴェルディファミリーと繋がり続けることを約束します。私の魂の一部はあなた方と共にあります」 「ARIGATOU」 ◆イバン・パランコ・サンチアゴ コーチ 「親愛なる東京ヴェルディの友人たちへ」 「私はこの素晴らしいクラブで本当に幸せな2年間を過ごさせていただきましたが、本日をもって東京ヴェルディでの美しい日々に終止符を打つこととなりましたので、みなさんにお別れの言葉を伝えたいと思い、こうして“短い"手紙を書くことにしました」 「正直言って、すべての方々に対して適切な別れの言葉を探すことは、今の私にとって非常に困難です。なぜならば、時には涙がこみ上げてくるほどのこの高ぶる気持ちを言葉だけで表現することは不可能だからです。ですから今回は、みなさんと共有することができたこの素晴らしい日々を振り返りながら、(別れの言葉ではなく)私の素直な感謝の気持ちをみなさんにお伝えしようと思います」 「まずはじめに、羽生社長、竹本GM、山本強化部長、そしてすべてのクラブ関係者に感謝の気持ちを伝えたいと思います。この素晴らしい国で、素晴らしいリーグで、そしてこの素晴らしいクラブで指導に携わるチャンスを下さり、そして私たちのことを信頼し続けてくださり、本当にありがとうございました」 「次に、この2シーズンの間、共に戦ってきたすべての選手たちに感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも私たちを尊重してくれて、そして忍耐強く私たちについてきてくれてありがとう。あなたたちは、私が今まで指導に携わった選手たちの中で、最もプロフェッショナルな選手たちでした。私のしつこい指導に耐えてくれて、私がスムーズに指導できるように協力してくれて、そして監督と共に私があなたたちを導くことを受け入れてくれて本当にありがとう。結果的に、あなたたちと過ごした日々の中で、誰よりも多くのことを学ぶことができたのは、間違いなく私自身でした。あなたたちのおかげで、私は人として、そして指導者として成長することができました。あなたたちと共に成長できたことは、私にとって最高の喜びです」 「次に、チームマネージャーのゴリ(後藤雄一)、エキップメントマネージャーのタカシ(佐藤崇史)、そしてメディカルスタッフの植村さん、谷口さん、志賀、シン(福士森)、能登にも特別な感謝の気持ちを伝えたいと思います。選手たちに対して素晴らしいサポートを提供してくれただけでなく、“ひ弱な"私のこともしっかりとケアしてくれて、本当にありがとう!」 「もちろん、苦楽を共にしたテクニカルスタッフの仲間たちにも感謝せずにはいられません。トニ、フジ(藤吉信次)、オキ(沖田政夫)、スガ(菅原智)、サワ(SAVA)、そしてマナト(小寺真人)、みんなの日々の努力、サポート、知識と知恵、そして新しいことを受け入れる広い心、それらすべてに対する感謝の気持ちを表現するための適切な言葉が見つかりません。本当にありがとう。また、時々夕食に連れ出してくれてありがとう。みんなのおかげで、毎晩“コンビニODEN"ばかり食べていては栄養が偏ってしまうことを私は学ぶことができました。本当に色々とありがとう。みんなは私にとって第二の家族です。みんなのことは一生忘れません」 「ロティーナ監督、もちろんあなたのことも忘れていません。改めて私のことを信頼してくださり、私の意見に耳を傾けてくださり、しつこい私に毎日耐えてくださり、良いお手本を常に示してくださり、そしてあなたの横でこの素晴らしい2年間を過ごさせてくださり、本当にありがとうございました。Gracias Loti!」 「そして最後に、ヴェルディサポーターのみなさんに最大の感謝の気持ちを伝えたいと思います。私に最高の愛情を注いでくださり、そして歓喜の時も苦渋の時も常にチームに対して声援を送り続けてくださり本当にありがとうございました。(辛い時に聞こえてきたみなさんの声援は一生忘れることができないでしょう)」 「“ヴェルディサポ"のみなさんこそが、東京ヴェルディの魂であり、誇りであり、血であり、そして心臓です。ですから、これからも“緑の志"と共に強く激しく叫び続けて東京ヴェルディを後押ししてください。そうすれば必ずや東京ヴェルディが本来いるべき場所であるJ1に返り咲くことができることでしょう!」 「心から感謝を込めて イバン」 2018.12.09 10:22 Sun
twitterfacebook
thumb

J1復帰へ…大宮が長崎を指揮した高木琢也監督を招へい「アグレッシブな戦いができるように」

▽大宮アルディージャは9日、新監督に高木琢也氏(51)を招へいしたことを発表した。 ▽1年でJ1昇格を逃した大宮は、石井正忠監督が退任。後任監督が決まらない中、選手の退団が発表されていたが、横浜FC、V・ファーレン長崎をJ1に導いた高木監督を招へいした。高木監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さま、はじめまして、高木琢也です。来シーズンより大宮アルディージャの監督に就任することになりました。よろしくお願いします」 「私が掲げる第一の目標は、J1昇格です。選手一人ひとりがアグレッシブな戦いができるよう、これまでのJクラブ監督の経験を注ぎ込みます。そして、大宮アルディージャに関わる全ての人たちと共に、目標に向かって尽力します。皆さん、応援よろしくお願いします」 ▽長崎県出身の高木監督は、現役時代はサンフレッチェ広島、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプレー。日本代表としても44試合に出場し27得点を記録。“アジアの大砲”の愛称で親しまれていた。 ▽引退後は、日本大学や横浜FCでコーチを務めると、2006年から横浜FCの監督に就任。すると、堅い守備を構築しJ2で15戦無敗と結果を残し、「ハマナチオ」と名付けられるまでに。就任1年目でチームをJ1昇格に導いた。 ▽その後、東京Vでコーチを務め、2009年に監督に就任。2010年からはロアッソ熊本、2013年からはV・ファーレン長崎で監督を務めた。 ▽長崎では、就任3年目の2015年に明治安田生命J2リーグ6位フィニッシュでJ1昇格プレーオフに進出。2017年にJ2リーグ2位の成績を収め、クラブとして悲願のJ1リーグ初昇格に導いた。 ▽今シーズンは序盤こそ4連勝を飾るなど善戦したが、J1リーグ第32節終了後にJ2リーグ自動降格圏17位以下が確定。後日にJ1ライセンス不所持のFC町田ゼルビアがJ2リーグ4位で終戦したため、J1リーグの自動降格枠が減らず、1年での降格が決まり退任していた。高木監督は長崎を通じてもコメントしている。 「この度、来季から大宮アルディージャの指揮を執ることになりました。6年間、長崎で得たこと、学んだことを次の環境で生かせるようこれからのサッカー人生を歩んでいきます。長崎のみなさんと過ごした6年間はとてもいい時間、大切な時間でした。立場、環境は変わりますが、また、お会いできることを楽しみにしています」 2018.12.09 09:46 Sun
twitterfacebook
thumb

町田、MF井上裕大ら5選手との契約更新を発表

▽FC町田ゼルビアは8日、元北朝鮮代表MF李漢宰(36)、MF井上裕大(29)、MF土居柊太(22)、GK渡辺健太(20)、MF戸高弘貴(27)と、2019シーズンに向け契約更新で合意したことを発表した。 ▽李漢宰は、2001年にサンフレッチェ広島でデビュー後、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、FC岐阜を経て、2014年に町田入り。在籍5年目の今シーズンは、明治安田生命J2リーグ5試合に出場した。 ▽大分トリニータのユース出身の井上は2008年にトップチームデビュー。その後は期限付き移籍を含めると2013年からV・ファーレン長崎でプレーし、2016年に町田に完全移籍を果たした。今シーズンは、J2リーグ32試合に出場している。 ▽埼玉県出身の土居は、浜松開誠館高校時代の2012年に高校選手権静岡県大会で得点王に輝き、2016年には総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝、関東大学サッカーリーグ戦優勝など数々のタイトルを獲得。町田には今シーズンから加入し、J2リーグ22試合2ゴールを記録している。 ▽また、ガンバ大阪の下部組織出身の渡辺は、昨年から町田でプレーしているが、今シーズンは出場機会を得られず。戸高は、立命館大学卒業後の2014年から町田に所属しており、今シーズンはJ2リーグ9試合2ゴールをマークしている。 2018.12.08 18:19 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース