首位岡山、上田の“恩返し”直接FK弾で追いつき大宮とドロー《J2》2018.04.14 17:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第9節の3試合が14日に行われた。

▽首位のファジアーノ岡山は、18位に沈む大宮アルディージャのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。

▽試合は9分に動く。味方とのワンツーで左サイドを突破した河面がクロスを上げると、こぼれ球に反応した横谷がボックス手前から放ったシュートを嶋田がゴール前にフリック。これを大前が頭で押し込み、大宮が先制した。

▽敵地で追う展開を強いられた岡山だが、その後はボールの主導権を握り返してペースを優勢に。大宮を押し込み、古巣戦となる上田の決定的な直接FKでゴールに迫ったが、相手GKの好守にも遭い、なかなか追いつくことができない。

▽それでも、上田は54分、2度目のチャンスをモノにする。ボックス手前の好位置でFKの機会を得ると、上田の直接狙った左足のシュートが相手GKもノーチャンスのゴール左隅に決まり、アウェイの岡山が追いついた。

▽その後、交代カードを使いながら勝ち点3を目指して死力を尽くした両雄だが、最後までスコアを動かせずに試合終了。3試合ぶりの白星を狙った大宮と、2連勝を目指した岡山の一戦は痛み分けに終わっている。

◆明治安田生命J2リーグ第9節 結果
▽4/14(土)
ヴァンフォーレ甲府 0-1 松本山雅FC
アビスパ福岡 2-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-1 ファジアーノ岡山

▽4/15(日)
《13:00》
ロアッソ熊本 vs 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 vs 京都サンガF.C.
《14:00》
FC岐阜 vs 徳島ヴォルティス
栃木SC vs アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢
大分トリニータ vs 横浜FC
カマタマーレ讃岐 vs 愛媛FC
《15:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs FC町田ゼルビア

コメント

関連ニュース

thumb

山形、新潟でのプレー経験を持つFWブルーノ・ロペスを獲得! 2011年にはJ1で13発

▽モンテディオ山形は16日、アルビレックス新潟でのプレー経験を持つブラジル人FWブルーノ・ロペス(31)の加入を発表した。メディカルチェック後に正式契約をするとのこと。背番号は「50」に決定している。 ▽2004年にフィゲイレンセとプロ契約締結後、ブラジル複数クラブを渡り歩いていたブルーノ・ロペスは2011年から2013年まで新潟へ期限付き移籍で加入してプレー。2011年にはJ1リーグでチームトップの13ゴールを決めていた。その後はタイ・プレミアリーグのラーチャブリー、インドネシア・スーパーリーグのプルシジャ・ジャカルタなどでプレーし、今シーズンはマレーシア・スーパーリーグのケランタンに加入していた。 ▽山形はブルーノ・ロペスの特徴を「フィジカルの強さとスピードを生かした縦への推進力とヘディングの強さを持つ。両足からの強烈なシュートを得意とし、ミドルシュートでのゴールも多い」と紹介している。 2018.07.16 10:48 Mon
twitterfacebook
thumb

岩下PK献上後に鈴木、實藤、駒野! 福岡が讃岐に今季初逆転勝ち《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の8試合が15日に行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡(5位/同36)vsカマタマーレ讃岐(21位/勝ち点18)は、ホームの福岡が3-1で勝利した。 ▽試合は26分、岩下が与えたPKから原が得点を決め、アウェイの讃岐が先制。しかし、34分にバイタルエリア右寄りの位置で得たFKのチャンスから鈴木が左足で直接FKを沈め、福岡が追いついた。 ▽すると、1-1で迎えた50分、鈴木の右CKからゴール前の實藤が右足で押し込み、福岡が逆転に成功。続く54分、右サイドから左足を一閃した駒野のシュートがゴール左隅に突き刺さり、一気に讃岐を引き離した。 ▽その後も総じて試合をコントロールした福岡が讃岐を破り、4試合ぶりの白星。逆転負けの讃岐は2連敗を喫している。 ▽また、大宮アルディージャ(7位/勝ち点35)vs大分トリニータ(2位/同40)は、ホームの大宮が1-0で勝利。ジェフユナイテッド千葉(16位/勝ち点28)vsツエーゲン金沢(13位/同28)は、アウェイの金沢が4-3の逆転勝利を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 結果 ▽7/15(日) ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 モンテディオ山形 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 徳島ヴォルティス ▽7/16(月・祝) 《18:00》 京都サンガF.C. vs 水戸ホーリーホック 《19:00》 ロアッソ熊本 vs FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 vs 松本山雅FC 2018.07.15 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今季J2で5ゴール中の“松本のスピードスター”FW前田大然が入籍!

▽松本山雅FCは14日、FW前田大然(20)が10日に入籍したことを発表した。前田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ですが7月10日に入籍したことをご報告させていただきます。守るべき家族が出来たのでより一層責任と覚悟を持ってこれからも頑張ります。応援してくださっている皆様これからもよろしくお願いします」 ▽前田は2018年に水戸ホーリーホックへの期限付き移籍から復帰。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで18試合5ゴールを記録している。 2018.07.14 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

5戦4発の大宮FW大前元紀が初受賞! 豊富な得点パターン見せ付けJ2リーグ6月度月間MVPに選出! 《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは13日、6月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグから大宮アルディージャのFW大前元紀を選出した。大前は初受賞となる。なお、ロシア・ワールドカップ開催につき中断中のJ1リーグからは選考されていない。 ▽大前は、6月に行われた全5試合に先発出場し、4ゴールを記録。その間に3勝2分けと無敗を維持したチームの、好調の原動力となっている。 ▽Jリーグは、受賞者である大前のコメントとJリーグ選考委員会による総評を以下のように紹介している。 ◆FW大前元紀(大宮アルディージャ) 「チームあっての受賞だと思いますし、チームメートやスタッフに感謝したいです。そして、6月の無敗を一緒に戦ってくれたファン・サポーターの皆さんの声援に感謝しています」 「チームの調子が上向いてきた中で、自分自身が貢献できていると評価してもらえたのはうれしいですが、まだまだ納得できる順位ではありません。今シーズンの目標に向かって、より良いプレー、より良い戦いをしていきたいです」 「今シーズンの序盤はワンタッチでのゴールが多かったですが、6月はコントロールしてからシュートに持ち込む場面も増えてきました。いろいろなパターンでゴールを奪えることは自分の強みですし、もっともっと得点を取ってチームを引っ張っていきたいです」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「5試合で4得点を奪い、得点ランキングも2位に浮上するなどチームの無敗に貢献した。ヘディングでの得点や第20節・京都戦で見せた意表を突くFKなど、ストライカーとして豊富な得点パターン、決定力の高さで常に相手の脅威となった。チームの攻撃の核としてチャンスメークをこなす総合的な能力の高さに選考委員会からの支持が集まり、自身初の月間MVP受賞となった」 2018.07.13 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、横浜FCに先制許すもウーゴ・ヴィエイラ2発で逆転! ダービー制しラウンド16へ《天皇杯》

▽第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が11日に行われた。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜F・マリノスvs横浜FCでは、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽横浜FMは、主力を順当に起用。対する横浜FCは、FW三浦知良やMF松井大輔などをスタメンで送り出してこの一戦に臨んだ。 ▽お互いになかなかシュートまで持ち込めない展開が続く、緊迫の“横浜ダービー”。試合は、折り返しを迎えた68分に横浜FCが動かす。ボックス右でボールを持ったジョン・チュングンがヒールでボックス内にパスを送ると、反応した新井がクロスを供給。齋藤の放ったシュートは一度は阻まれたものの、ボックス内にこぼれたボールを戸島が確実に押し込んだ。 ▽カテゴリの違う相手に先制を許した横浜FMは、直後にウーゴ・ヴィエイラを投入。すると74分、ボックス手前左でボールを持った扇原が精度の高いクロスを左足で上げていく。中央のウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。 ▽その後、横浜FMが猛攻をかけるものの1-1のスコアで後半を終え、勝負の行方は延長戦に。すると延長戦前半開始早々の97分、横浜FMがPKを獲得。キッカーのウーゴ・ヴィエイラが放ったシュートは一度GK辻に弾かれたものの、こぼれ球に自ら詰めて待望の逆転弾とした。 ▽結局、その1点が決勝点となり試合が終了。勝利した横浜FMは、8月22日(水)にラウンド16でベガルタ仙台と対戦する。 ◆第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦結果 ▽7/11(水) <span style="color:#ff0000">川崎フロンターレ 1</span>-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック <span style="color:#ff0000">湘南ベルマーレ 1</span>-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 <span style="color:#ff0000">サガン鳥栖 3</span>-1 徳島ヴォルティス <span style="color:#ff0000">ヴィッセル神戸 6</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル 1-<span style="color:#ff0000">2 モンテディオ山形</span> <span style="color:#ff0000">FC東京 3</span>-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#ff0000">横浜F・マリノス 2</span>-1 横浜FC <span style="color:#ff0000">ベガルタ仙台 1</span>-0 大宮アルディージャ <span style="color:#ff0000">鹿島アントラーズ 5</span>-1 町田ゼルビア <span style="color:#ff0000">浦和レッズ 2</span>-1 松本山雅FC 関西学院大学(兵庫) 0-<span style="color:#ff0000">1 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#ff0000">セレッソ大阪 3</span>-0 ツエーゲン金沢 清水エスパルス 0-<span style="color:#ff0000">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#ff0000">ジュビロ磐田 4</span>-1 レノファ山口 <span style="color:#ff0000">北海道コンサドーレ札幌 4</span>-0 アビスパ福岡 ▽8月22日(水) サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス ※豪雨の影響により延期 ◆第98回天皇杯4回戦日程 ▽8月22日(水) 川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 モンテディオ山形 vs FC東京 横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 ヴァンフォーレ甲府 vs セレッソ大阪 東京ヴェルディ vs 浦和レッズ ▽9月26日(水) 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 名古屋グランパスorサンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ 2018.07.11 22:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース