マドリーOB「PSG、ユーベ…今度はバイエルンだよ」2018.04.14 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのレジェンドで役員のエミリオ・ブトラゲーニョ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバイエルンとの対戦が決まったことを受けて、今大会が困難続きであると語った。スペイン『マルカ』が伝えている。▽レアル・マドリーは今シーズン、CLグループHでトッテナムの後塵を拝して2位通過。さらに、決勝トーナメント1回戦では優勝候補のパリ・サンジェルマン(PSG)と、準々決勝では昨シーズンのファイナリストであるユベントスとの死闘を演じた。そして、準決勝ではドイツ王者のバイエルンと対戦することが決定している。

▽現役時代に生え抜きの選手として愛され、6度のリーガエスパニョーラ優勝や2度のコパ・デル・レイ優勝を含む16度のタイトル獲得に大きく貢献したブトラゲーニョ氏は、以下のように困難だと述べつつも、プレーヤーを信じるとコメントした。

「ややこしい大会になった」

「PSG、ユベントスと対戦し、今度はバイエルン・ミュンヘンだよ」

「彼らはそれぞれある時期の世界最高のチームだ。でも、私たちはプレーヤーを信じたよ」

「このレベルの大会で苦闘を避けることは不可能だね」

▽マドリーはバイエルンとCLでこれまで18回対戦し、成績はマドリーの8勝1分け9敗と1試合負け越している。対戦が20回を数える頃に、その対戦成績を10勝1分け9敗と盛り返すことは叶うのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリーでの指揮に興味?ドイツ指揮官、将来について言及

▽ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督(58)が、将来について言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今年5月にドイツ代表指揮官として2022年まで契約を延長したレーブ監督。連覇を目指して臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)では、グループリーグ最下位敗退という屈辱を味わったものの2022年のカタールW杯まで指揮を執ることが決定した。 ▽しかし、その後9月から行われているUEFAネーションズリーグのAリーグ・グループ1では最下位でBリーグに降格が決定するなど、苦しい時期を過ごしている。 ▽そんなレーブ監督は、将来的にクラブ指揮官に戻ることを考慮。その中でも、ドイツ国外での指揮を望み、レアル・マドリーに興味があることを示唆している。 「私はこの場所で多くの時間を過ごしてきた。今後やりたいことも考えなくてはいけないね。代表監督になる前のようにクラブを率いるというプランもある」 「ただ、ドイツでの指揮はあまり望んでいないかな。将来は海外になると考えている。レアル・マドリー? それはどんな監督にとっても興味深いクラブだよ」 2018.12.10 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

クルトワ、格下への苦戦認めるも「優勝争いに最後まで残りたいなら…」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワは、ウエスカ戦の苦戦を認めている。<br><br>レアルは9日、リーガ・エスパニョーラ第15節で最下位のウエスカと対戦。開始早々にガレス・ベイルのボレーシュートで1点を先制するものの、その後はゴールが生まれず。辛くも1点のリードを守り切る形で、勝ち点3を獲得した。<br><br>この試合でゴールマウスを守ったクルトワは「前半は良かったが、後半は逆風にさらされた」と苦戦を認めている。<br><br>「リーグの優勝争いに最後まで残りたいなら、こういう試合で勝たなければならない。だから、勝利には満足している。ボールをそれほど持てていなかったのは事実だ。改善の必要がある」<br><br>レアルは現在公式戦4連勝中。再びサンティアゴ・ソラーリ政権下で波に乗り始めたと言えるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

12日開幕のクラブW杯最後の1枠はリーベル・プレート! 鹿島は15日に初戦《クラブ・ワールドカップ》

▽今月12日から22日にかけてUAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップの出場チームが出揃った。 ▽鹿島アントラーズ(日本/アジア王者)、レアル・マドリー(スペイン/ヨーロッパ王者)、グアダラハラ(メキシコ/北中米カリブ海王者)、エスペランス(チュニジア/アフリカ王者)、チーム・ウェリントンFC(ニュージーランド/オセアニア王者)、アル・アイン(UAE/開催国王者)の出場が11月までにすでに決定した中、残り1枠の南米王者の決定はリーベル・プレートサポーターのバス襲撃による騒動などで同大会が開催される12月にまでずれ込んだ。 ▽そんな中、9日にサンティアゴ・ベルナベウで無事に開催されたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグのリーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズで、リーベル・プレートが延長戦の末に3-1で勝利。2戦合計スコア5-3でリーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝いた。 ▽この結果、クラブW杯の全出場チームが決定。南米王者のリーベル・プレートは18日の準決勝から登場する。 ▽アジア王者の鹿島は15日に北中米カリブ海王者のグアダラハラと対戦。この一戦に勝利すれば、19日に行われる準決勝でヨーロッパ王者レアル・マドリーと2016年大会以来の激突となる。対戦カード及び試合日程は以下の通り。 ◆1回戦 ▽12月12日(水) 《24:30》 アル・アイン(UAE/開催国王者) vs チーム・ウェリントンFC(ニュージーランド/オセアニア王者)-【M1】 ◆準々決勝 ▽12月15日(土) 《22:00》 鹿島アントラーズ(日本/アジア王者) vs グアダラハラ(メキシコ/北中米カリブ海王者)-【M2】 《25:30》 エスペランス(チュニジア/アフリカ王者) vs 【M1】勝者-【M3】 ◆5位決定戦 ▽12月18日(火) 《22:30》 【M2】の敗者 vs 【M3】の敗者 ◆準決勝 ▽12月18日(火) 《25:30》 リーベル・プレート(アルゼンチン/南米王者) vs 【M3】勝者-【M5】 ▽12月19日(水) 《25:30》 【M2】勝者 vs レアル・マドリー(スペイン/ヨーロッパ王者)-【M6】 ◆3位決定戦 ▽12月22日(土) 《22:30》 【M5】敗者 vs 【M6】敗者 ◆決勝 ▽12月22日(土) 《25:30》 【M5】勝者 vs 【M6】勝者 2018.12.10 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、最下位ウエスカに大苦戦もベイルのゴールで公式戦4連勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第15節でウエスカと対戦し、1-0で勝利した。 ▽ソラーリ監督の正式就任以降、3勝1敗という成績を収めているマドリー。ローマ、バレンシアといった難敵との連戦を乗り切り、直近のコパ・デル・レイ4回戦では格下メリリャ相手に6得点を奪って見せた。リーグ戦連勝を目座す今節のスタメンは、控え中心で挑んだメリリャ戦からカルバハル、オドリオソラ、M・ジョレンテを除く8選手を変更。ベンゼマやベイル、モドリッチらが先発に名を連ねた。 ▽試合は早々に動く。7分に相手のCKからエチェイタにヘディングシュートを許し危ない場面を作られたマドリーだったが、その後の攻撃で右サイドのオドリオソラのセンタリングにベイルが反応。ファーサイドに走り込んだベイルは左足でダイレクトで丁寧に流し込んだ。 ▽早い段階で失点しまったウエスカだが怯まず攻撃の形を作る。17分、カウンター気味に真ん中から左サイドに展開。ボックス左のクリスティアン・リベラのシュートの跳ね返りをモイ・ゴメスがゴール手前で拾い、後方のアビラにラストパス。アビラはダイレクトで強烈なシュートを放ったが、コースが甘くGKクルトワが正面でパンチングで弾いた。 ▽その後にも、ウエスカの素早いトランジションから右サイドからピンチを迎えたマドリーだが、25分にはベイルがボックス手前右から力強いシュートでGKヨバノビッチを強襲。 ▽マドリーの1点リードで迎えた後半、ウエスカは47分に左サイドのフェレイロのクロスを途中出場のメレロがヘディングシュート。ゴール目の前での絶妙な飛び出しでのシュートだったが、惜しくも枠の左へ。千載一遇のチャンスを逃してしまった。57分には、再びボックス左に侵入したフェレイロが右足でシュートを放ったがGKクルトワが掻き出す。 ▽マドリーは58分に、ダニ・セバージョスを下げてバルベルデ、66分にモドリッチを下げてイスコを投入してアクセントを加える。70分に相手のクリアボールを奪ったマドリーは、イスコがすぐさま左サイドのベイルに送ると、ベイルはボックス左からシュート。しかし、惜しくも枠を捉えられなかった。 ▽その後はなかなかチャンスが作れないマドリーは、試合終盤にクチョにゴール前からシュートを許すなど、何度か同点にされてもおかしくない場面も作られたが、最後までリードを守り切って試合終了。リーグ戦2連勝を収めた。 2018.12.10 02:15 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ボカのU-20アルゼンチン代表CBに関心

▽レアル・マドリーがボカ・ジュニアーズに所属するU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ボカ・ジュニアーズは9日、レアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウでリーベル・プレートとのコパ・リベルタドーレス決勝戦2ndレグを戦う。この一戦に向けてチームに帯同している逸材センターバックの獲得にマドリーは関心を示しているようだ。 ▽『マルカ』が伝えるところによれば、マドリーのリクルート部門で働くフニ・カラファト氏は以前からスカウト目的で幾度もボンボネーラを訪問しているという。その主要な目的はコロンビア代表MFウィルマル・バリオスと思われるが、一方でユベントスやバルセロナも関心を寄せるバレルディにも注目しているようだ。 ▽187cmの長身センターバックのバレルディは今年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。今回のコパ・リベルタドーレス決勝でプレーする可能性は低いと思われるが、マドリーは対戦相手リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスと共に今後も同選手の動向を見守っていくようだ。 2018.12.09 16:22 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース