上位対決はC大阪の粘り勝ち! …FC東京は終盤久保建英投入も及ばず《J1》2018.04.14 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第8節、セレッソ大阪vsFC東京が14日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。

▽リーグ3連勝中の4位C大阪は、2-1で勝利した前節の王者・川崎フロンターレ戦からスタメンを6名変更。片山、山下、福満、山村、田中、ヤン・ドンヒョンに代えて、木本、松田、水沼、西本、杉本、高木を起用した。

▽リーグ4連勝中の3位FC東京は、2-1で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。ディエゴ・オリヴェイラに代えて富樫を起用し、過密日程の中での上位対決に臨んだ。

▽ボールを繋いで攻撃を構築しようとするC大阪に対し、FC東京は前線からプレスをかけて自由にさせない。ボールを奪った後はシンプルに前に運び、攻撃を完結させようと試みる。

▽最初に大きなチャンスを手にするのはC大阪。10分、松田の右サイドからのクロスに反応したファーサイドの高木が、ボックス内でワントラップしてマークに付いた室屋をかわす。しかし、左足で放ったシュートは大きくバーを超えた。

▽最前線の永井のスピードを警戒するC大阪は、徐々に重心を後ろにシフト。FC東京がカウンターをしかけるスペースもなくなり、試合はシュートの少ない展開になっていく。

▽27分、大森との好連係で右サイドをオーバーラップした室屋が、右サイドからクロスを上げる。しかし、ファーの東がワントラップして放ったシュートは水沼の身体を張ったブロックに阻まれ、FC東京の得点には繋がらない。

▽結局、前半に得点は生まれず。試合はゴールレスで折り返した。リズムを変えたいFC東京は、後半の頭から富樫に代えてディエゴ・オリヴェイラを投入。起点の位置を押し上げていく。

▽しかし57分、C大阪に好機が訪れる。右サイドを上がった松田がボックス内に低く速いクロスを入れると、杉本が飛び込んでいく。右足で放ったシュートはGK林にキャッチされたが、FC東京ゴールを脅かした。

▽反撃に出るFC東京は、直後の58分に反撃。カウンターから右サイドでボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが、中央に侵攻する。しかし、そのまま左足で放ったシュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれた。

▽一進一退の攻防が続く中、64分にC大阪が再びチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを持った山口が、鋭いシュートフェイントを入れて右サイドに展開。松田が素早く右足を振り抜いたが、FC東京DFにブロックされてネットを揺らすことは叶わない。

▽そして74分、FC東京は痛恨のミスを犯す。前線への浮き球の対応に動いたGK林とDFチャン・ヒョンスが、ボールを譲り合う。背後から忍び寄る高木に気づいたチャン・ヒョンスのクリアも空振りに。高木がボールを奪い切り、無人のゴールに蹴り込んだ。

▽1点を追うFC東京は、78分に東に代えて久保を起用。得点が求められる場面で、より攻撃的なカードを切っていく。しかし、C大阪がラインを下げて守備的な戦い方にシフトすると、FC東京はなかなかチャンスを作ることができない。

▽すると結局、最後までC大阪がリードを保つ形で試合が終了。この結果、ホームで白星のC大阪はリーグ4連勝を飾ることに。対するFC東京は、リーグ5試合ぶりの敗北を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

ホームで3得点の清水が天皇杯敗退の悪い流れを払拭する快勝劇!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-0で清水が勝利した。 ▽10位でリーグ中断を迎えた清水は、11日に行われた天皇杯3回戦のヴァンフォーレ甲府戦を惜敗。清水はその試合からスタメンを2人変更。GK西部とMF石毛に代えてGK六反とMFミッチェル・デュークを先発で起用した。 ▽一方、1試合未消化ながら4位でリーグ中断を迎えたC大阪は、直近に行われた天皇杯3回戦のツエーゲン金沢戦を3-0と快勝。リーグ戦3連勝で上位追走を狙うC大阪は、その試合からスタメンを3人変更。金沢戦で負傷のMF柿谷と外国人枠の関係でMFソウザがベンチ外となる中、ロシア・ワールドカップに臨んだMF山口やGKキム・ジンヒョンらが先発に復帰している。 ▽試合は早い時間に動きを見せる。11分、金子の右CKのこぼれ球を左サイドの松原が繋ぐと、ボックス左でボールを受けたファン・ソッコがシュート。これがゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出たいC大阪だったが、再びスコアを動かしたのは清水。28分、白崎のスルーパスをボックス左で受けたミッチェル・デュークがダイレクトでクロスを供給。これは相手DFに当たるも、こぼれ球をボックス内で拾った北川が素早くシュート。これがゴール右隅に決まった。 ▽迎えた後半、2点リードする清水は66分にミッチェル・デュークを下げて石毛を投入。すると直後の67分、立田が放ったミドルシュートがボックス内の金子の足下へ渡ると、ボックス右に流れながら飛び出したGKをかわしクロス。これをクリスランがヘディングで流し込み、清水が3点目。 ▽リードを広げられたC大阪は、73分に清武を下げて山村、77分に水沼を下げて福満を投入し、前線の活性化を試みる。87分には、丸橋の右CKから清水ゴールに迫るも、これは飛び出したGK六反のパンチングに阻まれる。 ▽結局、最後までC大阪に主導権を与えなかった清水が3-0で勝利。清水が天皇杯敗退の悪い雰囲気を払拭する快勝劇で中断明けの初戦を飾った。 2018.07.18 21:38 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪DF茂庭照幸、全治4週間の負傷離脱

▽セレッソ大阪は16日、DF茂庭照幸の負傷離脱を発表した。 ▽茂庭は15日のトレーニング中に負傷。右大腿四頭筋筋損傷で全治4週間の見込みだ。 ▽C大阪は現在、明治安田生命J1リーグ4位。18日に行われる第16節で清水エスパルスとアウェイで対戦する。 2018.07.16 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪MF西本雅崇、全治6週間の負傷離脱

▽セレッソ大阪は15日、MF西本雅崇の負傷離脱を発表した。 ▽西本は以前から違和感のあった個所の検査を受け、左足舟状骨骨挫傷と診断。全治6週間の見込みだ。 ▽22歳の西本は、2015年にC大阪U-18から昇格。今シーズンは明治安田生命J3リーグ12試合に出場し、2得点を記録している。 2018.07.15 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪が大型FWピアス・ウェリングをメルボルンVから獲得! 「応援よろしくお願いいたします」

▽セレッソ大阪は4日、日本とオーストラリアの二重国籍を持つFWピアス・ウェリング(19)をメルボルン・ビクトリーから獲得したことを発表した。 ▽191cm、84kgと恵まれた体格を持つオーストラリア出身のウェリングは、これまでAリーグで1試合に出場。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも1試合のみの出場に留まっているが、1ゴールを記録している。 ▽ウェリングは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆FWピアス・ウェリング 「セレッソ大阪の一員になれ、非常にうれしく思います。早くファンの皆様にお会いすることが楽しみです。ピッチでは常に自分のベストを尽くし、試合ではたくさんのゴールを決められるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2018.07.04 20:36 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース