上位対決はC大阪の粘り勝ち! …FC東京は終盤久保建英投入も及ばず《J1》2018.04.14 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第8節、セレッソ大阪vsFC東京が14日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。▽リーグ3連勝中の4位C大阪は、2-1で勝利した前節の王者・川崎フロンターレ戦からスタメンを6名変更。片山、山下、福満、山村、田中、ヤン・ドンヒョンに代えて、木本、松田、水沼、西本、杉本、高木を起用した。

▽リーグ4連勝中の3位FC東京は、2-1で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。ディエゴ・オリヴェイラに代えて富樫を起用し、過密日程の中での上位対決に臨んだ。

▽ボールを繋いで攻撃を構築しようとするC大阪に対し、FC東京は前線からプレスをかけて自由にさせない。ボールを奪った後はシンプルに前に運び、攻撃を完結させようと試みる。

▽最初に大きなチャンスを手にするのはC大阪。10分、松田の右サイドからのクロスに反応したファーサイドの高木が、ボックス内でワントラップしてマークに付いた室屋をかわす。しかし、左足で放ったシュートは大きくバーを超えた。

▽最前線の永井のスピードを警戒するC大阪は、徐々に重心を後ろにシフト。FC東京がカウンターをしかけるスペースもなくなり、試合はシュートの少ない展開になっていく。

▽27分、大森との好連係で右サイドをオーバーラップした室屋が、右サイドからクロスを上げる。しかし、ファーの東がワントラップして放ったシュートは水沼の身体を張ったブロックに阻まれ、FC東京の得点には繋がらない。

▽結局、前半に得点は生まれず。試合はゴールレスで折り返した。リズムを変えたいFC東京は、後半の頭から富樫に代えてディエゴ・オリヴェイラを投入。起点の位置を押し上げていく。

▽しかし57分、C大阪に好機が訪れる。右サイドを上がった松田がボックス内に低く速いクロスを入れると、杉本が飛び込んでいく。右足で放ったシュートはGK林にキャッチされたが、FC東京ゴールを脅かした。

▽反撃に出るFC東京は、直後の58分に反撃。カウンターから右サイドでボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが、中央に侵攻する。しかし、そのまま左足で放ったシュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれた。

▽一進一退の攻防が続く中、64分にC大阪が再びチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを持った山口が、鋭いシュートフェイントを入れて右サイドに展開。松田が素早く右足を振り抜いたが、FC東京DFにブロックされてネットを揺らすことは叶わない。

▽そして74分、FC東京は痛恨のミスを犯す。前線への浮き球の対応に動いたGK林とDFチャン・ヒョンスが、ボールを譲り合う。背後から忍び寄る高木に気づいたチャン・ヒョンスのクリアも空振りに。高木がボールを奪い切り、無人のゴールに蹴り込んだ。

▽1点を追うFC東京は、78分に東に代えて久保を起用。得点が求められる場面で、より攻撃的なカードを切っていく。しかし、C大阪がラインを下げて守備的な戦い方にシフトすると、FC東京はなかなかチャンスを作ることができない。

▽すると結局、最後までC大阪がリードを保つ形で試合が終了。この結果、ホームで白星のC大阪はリーグ4連勝を飾ることに。対するFC東京は、リーグ5試合ぶりの敗北を喫した。
コメント
関連ニュース
thumb

ロティーナ・セレッソの「9」に都倉賢 今季の選手背番号決定

セレッソ大阪は14日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 昨年限りでユン・ジョンファン体制に終止符を打ち、東京ヴェルディからミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいしたC大阪。エースのFW杉本健勇やキャプテンのMF山口蛍ら主力流失に苛まれたが、北海道コンサドーレ札幌からFW都倉賢を獲得するなど、復帰組を含む8名を補強した。 主な背番号は、新たな得点源として期待がかかる都倉が杉本も背負った「9」に。ヴィッセル神戸から加入したMF藤田直之は「5」、ベガルタ仙台から加わったMF奥埜博亮は「25」をつける。また、昨年まで「15」を着用したMF木本恭生は「3」に変更した。 C大阪のトップチームは本日14日から始動。22日からタイで一次キャンプを行い、2月4日から宮崎県内で二次キャンプに入る。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">圍謙太朗</span>☆←(アビスパ福岡)※復帰 21.キム・ジンヒョン 27.丹野研太 45.茂木秀 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.松田陸 4.藤本康太 14.丸橋祐介 15.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">瀬古歩夢</span>☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格 16.片山瑛一 22.マテイ・ヨニッチ 23.山下達也 29.舩木翔 <span style="font-weight:700;">MF</span> 3.木本恭生※背番号変更 5.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">藤田直之</span>☆←(ヴィッセル神戸)※完全移籍 6.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">レアンドロ・デサバト</span>☆←(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)※完全移籍 7.水沼宏太 10.清武弘嗣 11.ソウザ 17.福満隆貴 25.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">奥埜博亮</span>☆←(ベガルタ仙台)※完全移籍 26.秋山大地 30.大山武蔵 32.田中亜土夢 36.斧澤隼輝 38.西本雅崇 39.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">丸岡満</span>☆←(レノファ山口FC)※復帰 <span style="font-weight:700;">FW</span> 8.柿谷曜一朗 9.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">都倉賢</span>☆←(北海道コンサドーレ札幌)※完全移籍 13.高木俊幸 18.ヤン・ドンヒョン 19.澤上竜二 20.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">ブルーノ・メンデス</span>☆←(デポルティーボ・マルドナド/ウルグアイ)※期限付き移籍 24.ウェリング・ピアス※背番号変更 28.中島元彦 31.山根永遠 34.山田寛人 40.安藤瑞季 2019.01.14 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF清武弘嗣、C大阪と新契約締結 DF舩木翔も更新

セレッソ大阪は12日、元日本代表MF清武弘嗣(29)とDF舩木翔(20)の契約更新合意を発表した。 大分県出身の清武は2008年に大分トリニータでプロデビュー。セレッソ大阪、ニュルンベルク(ドイツ)、ハノーファー(同)、セビージャでプレー。2017年にC大阪復帰を果たした。2018年も前年に続いて度重なるケガに苦しんだが、明治安田生命J1リーグ20試合。4得点をマークした。 C大阪下部組織出身の船木は2016年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。そのデビューイヤーに続き2018年もJ1デビューを果たせなかったものの、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ30試合2得点の成績を収めた。 2019.01.12 19:05 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト&ブラジル人FWブルーノ・メンデスを獲得

セレッソ大阪は10日、ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)からアルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト(28)とデポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)からブラジル人FWブルーノ・メンデス(24)を獲得したことを発表した。なお、レアンドロ・デザバトは完全移籍、ブルーノ・メンデスは期限付き移籍となる。 ボランチを主戦場とするレアンドロ・デザバトは、アルゼンチンのペレス・サルスフィエルドでプロキャリアをスタート。2018年1月にヴァスコ・ダ・ガマに加入し、昨シーズンは公式戦43試合に出場した。 センターフォワードを主戦場とするブルーノ・メンデスは、ブラジルのグアラニFCでプロキャリアをスタート。ボタフォゴ、アトレチコ・パラナエンセ、アヴァイFC、ヴィトーリア(ポルトガル)などを経て、デポルティーボ・マルドナドに加入し、昨シーズンはセリエBで25試合7ゴール1アシストを記録した。 C大阪への加入が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レアンドロ・デサバト 「自分の力を100%出して、より上の順位を目指し、何かタイトルを獲りたいです。全員で全てを出し尽くしてシーズンに向かっていきたいと思います」 ◆ブルーノ・メンデス 「セレッソサポーターの皆さん、こんにちは。ブルーノ メンデスです。セレッソに来られて光栄です。練習から自分の力を全て出して試合に勝ち、タイトルを獲りたいと思います。一生懸命プレーし、勝利してみんなで喜び合いましよう。サポートをよろしくお願いいたします」 2019.01.10 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木、C大阪からDF森下怜哉を育成型期限付き移籍で獲得 昨季はJ3で29試合1ゴール

栃木SCは8日、セレッソ大阪からDF森下怜哉(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 C大阪下部組織出身の森下は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンはU-23チームとして明治安田生命J3リーグで29試合1ゴールを記録した。 栃木への期限付き移籍が決定した森下は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「セレッソ大阪から加入することになりました森下怜哉です。栃木SCのために自分の持っている力を全て出し、チームの勝利に貢献したいと思います。栃木SCのファン、サポーター、関係者の皆様よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「2019シーズンから栃木SCに期限付き移籍することになりました。セレッソ大阪ファン、サポーターの皆様、ユースを含め5年間ありがとうございました。さらに成長して、セレッソ大阪に戻ってきてチームに貢献できるように頑張ります」 2019.01.08 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

山口がC大阪GK永石拓海を獲得! 育成型期限付き移籍

レノファ山口FCは7日、セレッソ大阪に所属するGK永石拓海(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、C大阪との公式戦に出場できない。 福岡大学出身の永石は2018年にC大阪入り。トップチームで出番こそなかったが、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ11試合に出場した。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「今シーズンからレノファ山口FCに加入します、永石拓海です。地元、山口県でプレーする事ができ大変嬉しく思います!! レノファ山口を県勢初のJ1昇格に導けるよう全力でプレーしますので、レノファ山口FCサポーターの皆様これから宜しくお願いします!!!」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪ファン、サポーターの皆様、1年間、大変お世話になりました!! 昨シーズンは中々、チームの力になれず本当に申し訳ない気持ちで一杯です。2019シーズンはレノファ山口で戦うことになりますが成長して、いつかセレッソ大阪の力になれるように一生懸命がんばります!! 本当にありがとうございました!!」 2019.01.07 15:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース