エース・金崎の2ゴールで鹿島が4試合ぶり白星! 名古屋は泥沼の5連敗…《J1》2018.04.14 16:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。

▽ここまで2勝2分け3敗で13位に位置する鹿島(勝ち点8)と、2勝1分け4敗で16位に位置する名古屋(勝ち点7)が激突した。前節のFC東京戦を1-2で敗れて3試合未勝利となった鹿島は、その一戦から先発メンバーを5人変更。山本、伊東、レアンドロらに代えて昌子、小笠原、中村らを起用した。また、内田がリーグ戦開幕以来の先発となった。

▽一方、前節のベガルタ仙台戦を2-3で敗れて4連敗中の名古屋は、その一戦から先発メンバーを2人変更。畑尾とワシントン、深堀とジョーを起用した。

▽浮上のきっかけを掴みたい両者の一戦。試合はホームの鹿島が公式戦5試合ぶり先発の内田からチャンスを作る。5分、ボックス右手前の中村がボックス右外に走り込んだ内田へスルーパス。中村がリターンを受けてシュートを放つが、ここはGKランゲラックに防がれる。

▽それでも立ち上がりから攻勢に出る鹿島は10分、エースの泥臭いプレーから先制点を奪う。昌子の縦パスが左サイドを抜けると、鈴木が反応。ボックス左に侵攻して中央に折り返し、金崎が相手DFともつれながらもうまくゴールに流し込んだ。

▽先制に成功した鹿島は16分、自陣でボールを持った土居が前線へフィード。これを敵陣中央やや左で収めた鈴木がドリブルを開始し、ボックス内に持ち込んで左足を振り抜いたが、シュートはわずかにクロスバーの上を通過した。

▽組織的なディフェンスから名古屋の停滞を誘い、カウンターからチャンスを作る鹿島は33分、小田のパスをボックス左手前で受けた土居が中央へ右足アウトサイドでクロス。鈴木がダイレクトで合わせ、枠を捉えるもGKランゲラックの左手一本に弾かれてボールはゴールの上へと外れた。

▽後半に入ると、追加点が欲しい鹿島が名古屋を押し込む。55分、ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーの金崎が右足で狙う。しかし、壁の外から巻いたボールはわずかにゴール右外へと外れた。
▽さらに68分、土居のパスをボックス右外で受けた金崎がダイレクトで右足クロス。ピンポイントで中央フリーの鈴木に合わせたが、鈴木のヘディングシュートは、ゴール右外へ。絶好の追加点のチャンスを不意にしてしまう。

▽押し込むものの追加点が奪えない鹿島は75分、鈴木に代えて山口を投入。すると78分、山口がボックス右に侵攻してグラウンダーのクロスを送る。こぼれ球に中村が飛び込んだが、相手DFのブロック防がれてしまう。さらに直後、山口はキレのある仕掛けからボックス手前に持ち込み、ミドルシュートを放つ。ゴールとはならなかったものの、積極的な姿勢を見せる。

▽その後、鹿島は攻勢を強める名古屋に対して、中村を下げて永木を投入し、試合を締めにかかる。すると鹿島は88分、金崎が最終ラインでボールを持った相手DFにチェック。これを途中出場の山口が相手DFの背後へワンタッチでスルーパスを送り、すぐさま起き上がった金崎がGKランゲラックとの一対一を制して試合を決定づけた。

▽エース・金崎の2ゴールで快勝した鹿島は、リーグ戦4試合白星。一方の名古屋は5連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台、FWジャーメイン良の接触事故を謝罪

▽ベガルタ仙台は15日、FWジャーメイン良が接触事故を起こしたことを報告し、謝罪した。また、ジャーメイン良にケガが無かったことも伝えている。 ▽接触事故は、14日の20時00分ごろに仙台市内で発生。仙台市青葉区双葉ケ丘で停車中の車に対して後方から接触し、2名の運転者の方々および1名の同乗者の方の身体の一部が痛むなどの症状が出ているという。連休中のため医療機関を受診できていない、との報告を受けており、今後の経過を確認し対応していくとしている。 ▽仙台は、本人に厳重注意をした上で、今後は選手、クラブスタッフへの注意喚起を強化し再発防止に向けて取り組んでいくとのこと。「運転者の方々および同乗者の方に対しまして、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と、被害に遭われた方に謝罪している。 ▽ジャーメイン良は、今年3月に一般女性との入籍を発表。今シーズンは公式戦17試合2ゴールを記録しており、4月にはプロA契約を締結するなど、順風満帆な中での思わぬ事故となった。 2018.07.15 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪MF西本雅崇、全治6週間の負傷離脱

▽セレッソ大阪は15日、MF西本雅崇の負傷離脱を発表した。 ▽西本は以前から違和感のあった個所の検査を受け、左足舟状骨骨挫傷と診断。全治6週間の見込みだ。 ▽22歳の西本は、2015年にC大阪U-18から昇格。今シーズンは明治安田生命J3リーグ12試合に出場し、2得点を記録している。 2018.07.15 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都がタイから補強! MF大久保剛志が期限付き加入 かつて仙台や山形に在籍

▽京都サンガF.C.は15日、PTTラーヨンFC(タイ)に所属するMF大久保剛志(32)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年12月31日まで。16日からチームに合流する。 ▽大久保は2005年にベガルタ仙台でプロデビュー後、ソニー仙台FC、モンテディオ山形でもプレー。2014年のバンコク・グラス(タイ)加入を経て、2016年からPTTラーヨンFCに加わった。 ▽タイで公式戦通算79試合20得点を誇る大久保は、Jリーグ復帰を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「京都サンガF.C.のサポーターの皆様、初めまして大久保剛志です。このたび京都サンガF.C.に加入する事ができ、大変光栄です。この感謝の気持ちを胸に、京都の勝利の為に精一杯戦います。そして、サポーターの皆様と喜びを分かち合えるよう、日々全力を尽くしていきます。応援宜しくお願い致します」 2018.07.15 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷で一時帰国中のポドルスキ、神戸サポにメッセージ「強烈な左足はすぐに復活する」

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、SNSを通じてファン・サポーターにメッセージを送っている。 ▽今年5月にも負傷で一時帰国を強いられたルーカス・ポドルスキは6月28日、和歌山キャンプの練習中に負傷。神戸市内の病院で検査を受け、左足内側楔状骨剥離骨折で全治6週間の見込みと診断された。現在は母国ドイツでリハビリに励んでいるようだ。 ▽そんな中、ポドルスキは自身のツイッター(@Podolski10)を更新。松葉杖姿の写真と共に以下のようにコメントしている。※絵文字省略 「大丈夫、心配無用。強烈な左足はすぐ復活します、神戸のサポーターに更なる歓喜の瞬間を届けるためにっ!!」 2018.07.15 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎、エスパニョールからFWハイロ・モリージャスを完全移籍で獲得!

▽V・ファーレン長崎は15日、リーガエスパニョーラのエスパニョールからスペイン人FWハイロ・モリージャス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014-15シーズンにエスパニョールでトップチームデビューを飾ったハイロ・モリージャスは、ジローナ、ヌマンシアへの期限付き移籍を経て、2017-18シーズンにエスパニョール復帰。しかし、リーガエスパニョーラでの出場はなかった。 ▽元スペインU-18代表。リーガエスパニョーラ通算3試合出場、リーガ2部通算41試合8ゴール2アシスト、コパ・デル・レイ通算2試合2ゴールを記録している。 ▽長崎への加入が決定したハイロ・モリージャスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「Hola,ハイロ・モリージャスです。ハイロと呼んでください。V・ファーレン長崎と契約を結ぶことができて、とてもうれしく思っています。私のプレースタイルは、スピードを活かして相手のペナルティエリアに侵入し、ゴールを決めることです。私が持っている力をグラウンドで最大限に発揮し、V・ファーレン長崎の勝利のために多くのゴールを決めます。そして、サポーターの皆さんに愛される選手になれるように頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.07.15 09:47 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース