エース・金崎の2ゴールで鹿島が4試合ぶり白星! 名古屋は泥沼の5連敗…《J1》2018.04.14 16:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。

▽ここまで2勝2分け3敗で13位に位置する鹿島(勝ち点8)と、2勝1分け4敗で16位に位置する名古屋(勝ち点7)が激突した。前節のFC東京戦を1-2で敗れて3試合未勝利となった鹿島は、その一戦から先発メンバーを5人変更。山本、伊東、レアンドロらに代えて昌子、小笠原、中村らを起用した。また、内田がリーグ戦開幕以来の先発となった。

▽一方、前節のベガルタ仙台戦を2-3で敗れて4連敗中の名古屋は、その一戦から先発メンバーを2人変更。畑尾とワシントン、深堀とジョーを起用した。

▽浮上のきっかけを掴みたい両者の一戦。試合はホームの鹿島が公式戦5試合ぶり先発の内田からチャンスを作る。5分、ボックス右手前の中村がボックス右外に走り込んだ内田へスルーパス。中村がリターンを受けてシュートを放つが、ここはGKランゲラックに防がれる。

▽それでも立ち上がりから攻勢に出る鹿島は10分、エースの泥臭いプレーから先制点を奪う。昌子の縦パスが左サイドを抜けると、鈴木が反応。ボックス左に侵攻して中央に折り返し、金崎が相手DFともつれながらもうまくゴールに流し込んだ。

▽先制に成功した鹿島は16分、自陣でボールを持った土居が前線へフィード。これを敵陣中央やや左で収めた鈴木がドリブルを開始し、ボックス内に持ち込んで左足を振り抜いたが、シュートはわずかにクロスバーの上を通過した。

▽組織的なディフェンスから名古屋の停滞を誘い、カウンターからチャンスを作る鹿島は33分、小田のパスをボックス左手前で受けた土居が中央へ右足アウトサイドでクロス。鈴木がダイレクトで合わせ、枠を捉えるもGKランゲラックの左手一本に弾かれてボールはゴールの上へと外れた。

▽後半に入ると、追加点が欲しい鹿島が名古屋を押し込む。55分、ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーの金崎が右足で狙う。しかし、壁の外から巻いたボールはわずかにゴール右外へと外れた。
▽さらに68分、土居のパスをボックス右外で受けた金崎がダイレクトで右足クロス。ピンポイントで中央フリーの鈴木に合わせたが、鈴木のヘディングシュートは、ゴール右外へ。絶好の追加点のチャンスを不意にしてしまう。

▽押し込むものの追加点が奪えない鹿島は75分、鈴木に代えて山口を投入。すると78分、山口がボックス右に侵攻してグラウンダーのクロスを送る。こぼれ球に中村が飛び込んだが、相手DFのブロック防がれてしまう。さらに直後、山口はキレのある仕掛けからボックス手前に持ち込み、ミドルシュートを放つ。ゴールとはならなかったものの、積極的な姿勢を見せる。

▽その後、鹿島は攻勢を強める名古屋に対して、中村を下げて永木を投入し、試合を締めにかかる。すると鹿島は88分、金崎が最終ラインでボールを持った相手DFにチェック。これを途中出場の山口が相手DFの背後へワンタッチでスルーパスを送り、すぐさま起き上がった金崎がGKランゲラックとの一対一を制して試合を決定づけた。

▽エース・金崎の2ゴールで快勝した鹿島は、リーグ戦4試合白星。一方の名古屋は5連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

西メディア、途中交代したF・トーレスの“怒り”取り上げる…「苛立っていた」「Jリーグに適応できていない」

サガン鳥栖鳥栖は22日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節で柏レイソルと対戦し、1-1で引き分けた。スペインメディアは、途中交代を命じられたFWフェルナンド・トーレスが憤っていたことを取り上げている。<br><br>F・トーレスは73分にFW豊田陽平との交代でピッチから下がったが、交代に納得がいっていない様子だった。スペインメディアはそのときの様子を、詳細に説明している。<br><br>『マルカ』は「残留の鍵を握る一戦での交代は、彼にとって快いことではなかった。明白な怒りでもってピッチから下がっている」と記述。また『ムンド・デポルティボ』も「スペイン人は交代することを好まず、自チームの監督への怒りを露わにしながらピッチから去った」と記している。<br><br>両メディアはまた、同選手がいまだJリーグで活躍できていないことにも言及。『マルカ』が「ニーニョ(トーレスの愛称、子供の意)の日本での冒険はうまくいっていない。11試合で、ゴールはわずか1点のみ」と記せば、『ムンド・デポルティボ』は「F・トーレスはJリーグへの適応に苦労を強いられている」と述べている。<br><br>鳥栖に鳴り物入りで加入しながらも、依然として相応の活躍を見せられずにいるF・トーレス。ここから、日本とスペインのファンの期待に応えることができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

J1残留争いが魔境化 10位から最下位までわずか7pt

▽残り試合が10試合を切り、いよいよ佳境に入った今シーズンの明治安田生命J1リーグ。優勝争いが熾烈さを極めているが、残留に向けた戦いもかつてないほど魔境化している。 ▽シーズン序盤から低空飛行が続くガンバ大阪がここにきて怒涛の3連勝で上位陣に猛チャージをかけると、最下位のV・ファーレン長崎も2連勝。J1第27節の結果を受け、10位の清水エスパルスから最下位の長崎まで、実に8チームがわずか7ポイント差にひしめく大混戦だ。 ▽Jリーグは2005年に現在の年間18チーム制に。それ以降、27試合終了時点で勝ち点30以上を上積みしたチーム数は今年が最多(過去最多は2008年の16チーム)であり、昨年以上に残留ラインのハードル(2017年は16位ヴァンフォーレ甲府が勝ち点32)が上がっている。 ▽残り試合数は、7試合(1試合未消化チームあり)。次節は、17位のG大阪が他会場の結果次第だが、首位のサンフレッチェ広島に勝てば11位までジャンプアップの可能性も…。今後も残留争いから目が離せない。 ◆27節終了時の下位状況(※→1試合未消化) 10位 清水エスパルス 34pt/-2 11位 ジュビロ磐田 33pt/-8 12位 横浜F・マリノス 32pt/-1 13位 名古屋グランパス 31pt/-5 ※ 14位 湘南ベルマーレ 31pt/-5 ※ 15位 サガン鳥栖 30pt/-6 16位 柏レイソル 30pt/-9 17位 ガンバ大阪 30pt/-10 18位 V・ファーレン長崎 27pt/-16 ◆下位の次節対戦カード ▽9/29(土) 《13:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖 《14:00》 横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 《16:00》 ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島 《17:00》 FC東京 vs 清水エスパルス 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 川崎フロンターレ ▽9/30(日) 《14:00》 浦和レッズ vs 柏レイソル 《15:00》 ジュビロ磐田 vs 湘南ベルマーレ 《16:00》 セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京のMF髙萩洋次郎に第二子となる次女が誕生!

▽FC東京は22日、MF髙萩洋次郎に第二子となる次女が19日に誕生したことを発表した。 ▽髙萩は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「第2子が産まれてきてくれて本当に嬉しいです。より一層家族のために、そして東京というクラブとファン・サポーターのみなさんのために戦いたいと思います。しっかりと結果を残せるよう頑張りますので、引き続き応援をお願いします」 ▽髙萩は、2017年にFCソウルからFC東京に完全移籍。今シーズンはここまで公式戦31試合1ゴールを記録し、チームの3位躍進に貢献している。 2018.09.22 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、ソウザの劇的ドロー弾で4位浮上! 湘南は守り切れず14位転落

▽明治安田生命J1リーグ第27節の湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が、22日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽13位・湘南(勝ち点30)は前節1-2で敗戦した鹿島アントラーズ戦から先発メンバーを5名変更。石川、石原、金子、松田天馬、鈴木に代えて、齋藤、秋野、杉岡、梅崎、イ・ジョンヒョプを起用した。 ▽一方、6位・C大阪は前節1-1で引き分けたジュビロ磐田戦から2名変更。柿谷と高木に代わり、杉本、清武が先発に名を連ねた。 ▽試合開始早々、アウェイのC大阪にいきなりアクシデントが襲う。杉本が山根と競り合った際に、肩を負傷。ピッチの外で治療を受けるも、6分に高木との交代を余儀なくされる。 ▽アクシデントに見舞われたC大阪だったが13分、右サイド敵陣深い位置で松田陸が山口とのワンツーで抜け出し、ボックス内にクロスを供給。ニアサイドで山村が右足で合わせるも、クロスバーの上に外れてしまう。 ▽難を逃れた湘南は20分、齋藤のパスを梅崎がワンタッチで秋野にボールを落とす。秋野がドリブルで持ち込むと相手DFに当たってしまうも、このこぼれ球に反応した梅崎がボックス中央から右足アウトで狙うもゴール左に外れてしまう。 ▽その後、ボールを保持するC大阪23分、ハーフウェイライン付近から清武が右足アウトサイドで、ゴール前に走り込んでいた高木にスルーパス。これを受けた高木がシュートを打つもGK秋元の正面に飛んでしまい、チャンスをものにできない。続く25分には、清武がボックス左から中央にドリブルで侵攻し、シュ―トを放つもGK秋元にセーブされてしまう。 ▽その後は、両チームともにゴール前まで迫るものの決定的なチャンスは作れず、ゴールレスで前半を折り返す。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半に入ってもボールを保持するC大阪は53分、ボックス左から山村が山なりのクロスを清武に送る。ファーサイドの清武が左足でボレーシュートを放つが、GK秋元の好守に阻まれてしまう。60分にもソウザの左CKからオスマルがニアサイドでヘディングシュートを狙うも、わずかに枠を外れてしまい、先制点を奪うことはできない。 ▽試合を優位に進めるも、先制点を決めきる事が出来ないC大阪。80分、オスマルのパスに丸橋が抜け出し、ボックス左からグラウンダーのクロスを送る。中央の清武が右足で合わせるがクロスバーの上に外れてしまう。 ▽しかし、試合終盤ここまでピンチが続いていた湘南が先制点を奪う。87分、FKの流れからボックス左手前の坂がループパスを送る。これを杉岡がヘディングでボックス左にを逸らすと、反応した大野が左足で合わせ、豪快にニアサイドを打ち抜く。ホームの湘南がワンチャンスをモノにして、先制に成功する。 ▽ここまで相手を押し込みながら先制点を許したC大阪。それでも後半アディショナルタイム、丸橋の左CKは相手DFに触られるも、ボールは混戦状態に。ゴール前の松田陸のシュートはGK秋元に弾かれてクロスバー直撃。さらにこぼれ球をGKキム・ジンヒョンが詰めるも、相手DFに当たる。それでもボールはソウザの下へ転がり、最後はソウザが左足で押し込んだ。 ▽C大阪が土壇場で追いついて試合はそのまま1-1で終了。C大阪は杉本負傷のアクシデントに見舞われながらも土壇場で勝ち点1を獲得。暫定ながら4位に浮上した。一方、追いつかれた湘南は、14位に転落した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

注目の上位対決は痛み分け!首位広島の2位川崎Fの勝ち点差は「4」に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節、サンフレッチェ広島vsFC東京が22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽首位を走る広島(勝ち点55)とそれを追う3位のFC東京(勝ち点42)による注目の上位対決。前節、サガン鳥栖相手に6月の名古屋グランパス戦以来の無得点に終わった広島は、その試合からスタメンを渡に代えて工藤を起用。2試合ぶりの勝利を目指す。 ▽優勝戦線から離されないためにも、より勝利が重要となるFC東京はリーグ戦ここ6試合で4分け2敗と絶不調。こちらは出場停止の室屋に代えて小川を起用。その他前節からの変更点は、大森と永井を、田邉とリンスに代えて2点となった。ホームでの前回対戦は3-1で勝利。シーズンダブルを目指す。 ▽先にチャンスを迎えたのはFC東京。5分、ディエゴ・オリヴェイラが強引に右サイドを突破。クロスに合わせたリンスのシュートは右ポストに当たって枠の外へ外れた。9分には広島。柏がボックス手前左の得意の位置からシュートを放ったが、GK林彰洋が左手一本でかき出した。 ▽14分にはFC東京のリンスがボックス手前中央からゴールを狙ったが、今度は広島GK林卓人が横っ飛びでセーブ。互いのGK林が安定したセービングを見せた。 ▽試合は18分に動く。広島は敵陣右サイドでFKを獲得。柴崎は近くの青山に渡して青山がクロスを供給する。するとこのボールがゴール前で混戦を引き起こし、東のクリアボールがゴールまで倒れていたパトリックの足に当たりゴールに吸い込まれた。非常にラッキーな形で先制点を奪った広島、パトリックはこれが今季リーグ戦20得点目となった。 ▽その後、互いにセットプレーから広島は水本、FC東京は森重がゴールに迫るがネットは揺らせず、広島の1点リードで試合を折り返した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半を迎え試合は早々に動く。49分、敵陣左でリンスのスルーパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがゴール前へマイナスのクロスを送ると、走り込んだリンスがダイレクトシュート。これがブロックに入った稲垣に当たりゴールに吸い込まれた。 ▽65分にかけては広島がゴール前に攻め込む展開に。稲垣やパトリックがシュートを放つも、なかなかネットを揺らせない。 ▽FC東京は72分、田邉とリンスを下げて大森と永井を同時投入。するとその永井が81分に左サイドを抜け出しドリブル勝負を仕掛けるも、野上のスライディングタックルに止められてしまう。 ▽後半アディショナルタイムには、自陣でボールを奪ったFC東京が前線の永井にロングパス。だがこのビッグチャンスはGK林卓人の絶妙な飛び出しにより得点に繋げられなかった。 ▽その後まもなく試合終了。注目の上位対決は1-1の痛み分けに終わった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:59 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース