ケディラが審判を批判「PK与えるなら躊躇するな」2018.04.14 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦での笛を批判した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽ユベントスは、CL準々決勝でレアル・マドリーと対戦。ホームでの1stレグでは0-3の完全敗北を喫したが、アウェイでの2ndレグでは逆転まであと一歩となる追い上げを見せてスコアを3-0まで伸ばした。だが、試合終了間際にPKを与えてしまい、大会から姿を消すこととなった。

▽元レアル・マドリーでもあるケディラは、古巣を追い詰めながらも敗退となった試合を振り返り、落胆を語った。

「泣いて言い訳をしてもうまくはいかない」

「試合が終わったときはアンハッピーだった。立ち直るのはとても難しいよ」

「誰もが予想だにしなかったファンタスティックな試合になったね。僕らは、ヨーロッパの中でもベストチームの1つであることを証明できたんだ」

▽また、ケディラは試合終盤にDFメディ・ベナティアがボックス内でMFルーカス・バスケスを後ろから倒してPKの判定となったことに関して異論を表明。審判に落ち度があったと主張した。

「僕の見解では、あのような最後の瞬間にペナルティを与えるのであれば、100%確実でなければならないと思う」

「あの瞬間の映像を20回は見たけど、審判は確信を持っていなかったように思えた。笛までに2、3秒を要していたよ」

「試合の最後にペナルティが与えるならば、あのように躊躇してはいけない」

「あれはそれほど明確なペナルティではなかった。だから、僕らはみんな激昂したんだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ジダンがC・ロナウドに続いてユーベ入りか、SD就任報道

▽レアル・マドリーの監督を退任したジネディーヌ・ジダン氏(46)がユベントスのフロントに入る可能性があるようだ。スペイン『Libertad Digital』が伝えている。 ▽5月31日に約2年半務めたレアル・マドリーの監督を電撃退任したジダン氏に対し、ユベントスはアシスタント・スポーツ・ディレクターの職をオファーしているとのことだ。ただ、レアル・マドリーとの関係を考慮し、就任するとしても10月以降になるという。 ▽現役時代にユベントスで2度スクデットを獲得するなど活躍し、レアル・マドリー指揮時にはチャンピオンズリーグ3度の優勝を含む9つのタイトルをもたらしたジダン氏の去就に関しては、カタール代表やフランス代表の監督就任が報じられていたが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共にユベントス加入となるのか、今後の動向が注目される。 2018.07.17 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

「これからも比較するんだろう?」ユーベ移籍のC・ロナウド、メッシとのライバル関係について語る

▽ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について考えを明かした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで数々のタイトル獲得に貢献し、個人としても同クラブ在籍時に4度のバロンドールを受賞してきたC・ロナウドは10日、ユベントスへの加入が決定。9年間過ごし、輝かしいキャリアを築き上げたエル・ブランコに別れを告げた。 ▽そんなマドリー時代には宿敵バルセロナ所属のメッシと常に世界最高の称号を争い、周囲からも比較されてきた。長きにわたってリーガエスパニョーラで凌ぎを削ってきたメッシについてC・ロナウドは以下のように答えている。 「メッシとのライバル関係? 僕は他の選手をライバルだと考えことはないよ。僕らしくない。常にチームのために全力を注ぐということしか考えていないよ。それはスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、マドリー、全ての場所でそうしてきた」 「メッシもバルセロナでそうしているさ。結局なんだかんだこれからもどっちがベストプレイヤーかって比べられるんだろうけどね」 2018.07.17 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ入団会見に臨んだC・ロナウド「新しいトロフィーを勝ち取りたい」

▽ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが16日、本拠地のアリアンツ・スタジアムで記者会見を行った。 ▽C・ロナウドのコメントは以下の通り。 「ユベントスには素晴らしい機会を与えてくれて感謝している。ユベントスは多くの成功を収めることができるクラブだと思っている。スクデットと国内カップを勝ち取り、チャンピオンズリーグでは決勝に進んでいることが証明しているね。ここに居られることを誇りに思う。ユベントスが自分に興味を持ってくれたことを誇りに思う。ユベントスをさらに高いレベルへ導けたら嬉しいよ」 「僕はプレーヤーとしてだけでなく、人としてお手本となるような選手でいたい。ハードワークし、若手選手の手助けをしたい。自分はこれまでと何も変わらない。今は僕のキャリアにおいて素晴らしい瞬間だと思っている。集中し、ファンを幸せにし、新しいトロフィーを勝ち取りたいと願っている」 「セリエAは難しいリーグだと思っているが、準備はできている。年齢は重要じゃない。高いモチベーションがあるんだ。興奮しているよ。僕はこれまでのようにベストを尽くして努力し、全てのタイトルを取りに行きたいと思っている」 2018.07.17 02:09 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメディカルチェックをパス

▽10日にユベントスへの加入が発表されたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが16日、トリノのJ-Medicalセンターでメディカルチェックを実施し、無事にパスした。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、C・ロナウドのフィジカルコンディションは「問題は全くなく進化を続けている」とのことだ。 ▽なお、C・ロナウドは日本時間24:30にアリアンツ・スタジアムで記者会見を行う予定となっている。 2018.07.16 23:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、レアル・マドリーからユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得のチャンスがあったことを認めた。<br><br>移籍金1億ユーロでユベントスからレアル・マドリーに加わったC・ロナウドだが、同選手の代理人ジョルジュ・メンデス氏はナポリにも逆オファーを出していたと報じられていた。<br><br>イタリア『キス・ナポリ』とのインタビューに応じたデ・ラウレンティス会長はその事実を認め、財政的問題を解決するための時間がなく獲得を断念したことを明かしている。<br><br>「(メンデス氏に)『クリスティアーノを獲得するか?』と言われたよ。驚いたが、すぐにでもOKと言いたかった。しかし財政的な問題があったんだ。その獲得オペレーションの総費用は、3~4億ユーロにのぼる。メンデスには2億5000万ユーロほどを工面するために時間がほしいと言わなければならなかった」<br><br>「だがメンデスは性急な男で、交渉する時間はないと悟った。クリスティアーノ獲得は、現在ユベントスで起こっているような唯一無二の効果をもたらせる。だが、よく考えないといけないことでもあるはずだ。クリスティアーノが到着すれば、いつも彼がプレーしなくてはならず、おそらくほかの選手たちとの間に問題が生じることにもなっただろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 22:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース