【J1ピックアッププレビュー】3連勝か5戦ぶりの白星か…“攻”と“守”のデュエルがカギ《浦和vs清水》2018.04.14 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、明治安田生命J1リーグ第8節が行われる。埼玉スタジアム2002では浦和レッズvs清水エスパルスが行われる。

◆対照的な両者
▽勝ち点8で11位につけるホームの浦和は成績不振により堀孝史監督を解任。ユースで指揮を執っていた大槻毅監督を暫定監督に就任。リーグ戦では第6節のベガルタ仙台戦(1-0)、第7節のヴィッセル神戸戦(2-3)と連勝。新指揮官就任後は無敗と復調傾向にある。

▽一方の清水は勝ち点9の8位に位置。開幕から4戦無敗と良いスタートを切ったものの、ここ4試合は白星から遠ざかっている。ゴールが遠い展開が結果に影響しているが、今節は果たして。

◆闘争心と自信を取り戻す~浦和レッズ~
▽前述の通りリーグ戦2連勝中。大槻監督就任以降は、YBCルヴァンカップ第3節のサンフレッチェ広島戦(0-0)を含めて3戦無敗。チームとして復調傾向にある。

▽連戦の中でメンバー変更を行っている状況だが、チームには競争とファイティングスピリッツが復活。新指揮官は、良い意味で選手たちには刺激が強かったように思う。

▽90分間を通して安定した戦いができていないことは事実だが、結果が出ていることで自信も取り戻しているはず。ホームサポーターの前で3連勝を目指す。

◆攻撃陣のテコ入れが急務~清水エスパルス~
▽好スタートを切ったシーズンも、現在は4戦未勝利と下降気味。その要因は、攻撃陣が結果を残せていないところにある。

▽勝利がない4試合はいずれも1失点以下。リーグ戦では第2節で2失点を喫するも、無失点が2試合、1失点が4試合と守備陣は良い働きを見せている。

▽一方の攻撃陣は、第2節のヴィッセル神戸戦で4得点、第3節の北海道コンサドーレ札幌戦で3得点と結果を残すも、ここ4試合で1得点。直近3試合は無得点と絶不調だ。

▽クリスラン、鄭大世、ミッチェル・デュークと体の強い3人、金子翔太、北川航也とキレとスピードがある2人とバリエーションは豊富。ヤン・ヨンソン監督がどういった組み合わせで得点力不足を補うかに注目だ。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆浦和レッズ[3-4-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:西川周作
DF:マウリシオ、岩波拓也、槙野智章
MF:橋岡大樹、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹
MF:山田直輝
FW:アンドリュー・ナバウト、興梠慎三
監督:大槻毅

▽過密日程を考慮し、前節からのメンバー変更は考えられる。神戸戦を完全休養となった槙野智章は先発に復帰するだろう。また、3バックを継続。岩波拓也とマウリシオと並ぶと予想。両ワイドが難しいところだが、神戸戦で好パフォーマンスだった橋岡大樹を継続起用。左は疲れがみられる菊池大介に代えて、武藤雄樹が入り、アンドリュー・ナバウトが興梠慎三と2トップを組むと予想する。

◆清水エスパルス[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:六反勇治
DF:立田悠悟、ファン・ソッコ、フレイレ、松原后
MF:金子翔太、河井陽介、竹内涼、石毛秀樹
FW:クリスラン、ミッチェル・デューク
監督:ヤン・ヨンソン

▽久々に勝利が欲しい清水。こちらもスタメンを予想するのは難しいが、前線を変更すると予想。2トップは鄭大世、金子翔太に代えて、クリスランとミッチェル・デュークのコンビになると予想。金子は右サイドに戻ると見る。後ろのメンバーも変更したいところだが、守備自体は悪くないだけに前節同様のメンバーで臨むと予想する。

【注目選手】
◆FW興梠慎三(浦和レッズ)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽連勝中の浦和の注目選手は興梠慎三だ。今シーズンはなかなか得点が奪えていない興梠だが、直近3試合で2得点と復調気味。さらに、清水相手にはゴールを量産。昨シーズンのホームゲームではハットトリックの活躍でチームに勝利をもたらせていた。チームが連勝街道に入ろうとしているだけに、ここでエースが復活すれば一気に混戦を抜け出し上位を窺えるだろう。

◆FWクリスラン(清水エスパルス)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽清水の注目選手はクリスランだ。ベガルタ仙台から期限付き移籍で加入したクリスランは、鄭大世とのポジション争いに勝ち先発の座を勝ち取った。第2節、第3節とゴールを奪うも、その後はリーグ戦4試合で無得点。得点力不足に陥っているチームとしては、助っ人FWの復調で勝利を手にしたい。

◆好調を維持か、不調を断ち切るか
▽前述の通り、指揮官交代後は無敗&連勝と復調した浦和に対し、4戦未勝利の清水がどのように戦うかがこの試合のポイントとなるだろう。

▽勝つことを取り戻した浦和だが、まだまだピッチ内では不安定さを露呈。前節の神戸戦も一時は逆転を許す展開となっていた。迷いが見られるプレーも散見されているが、前節の土壇場での勝ち点3は自信となるはず。疲労が出てくる中だが、結果が出ていることをプラスに働かせたい。

▽一方、勝利が遠い清水の要因は攻撃陣の不発だ。決定機がないわけではないが、ゴールにボールが入らない。守備陣は最少失点に留めているだけに、前線がしっかりと働けるかだ。

▽試合のポイントは互いの攻守のマッチアップだ。日本代表クラスの守護神がゴールを守る両チームだけに、ボックス付近でのデュエルが勝負となる。どちらの攻守が相手を上回るか。試合は15日(日)の16時にキックオフを迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第17節プレビュー】今節から新戦力が起用可能に! イニエスタ&トーレス出場なるか!? 急遽遠藤航がラストマッチ

▽明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が22日に行われる。 ▽18日に約2カ月ぶりに再開したJ1リーグ。そして新戦力の起用が可能となる今節Jリーグファン待望の時が訪れる。湘南ベルマーレをノエビアスタジアム神戸に迎えるヴィッセル神戸は、今夏にバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得。また、ベガルタ仙台をベストアメニティスタジアムに迎えるサガン鳥栖もアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得した。ヨーロッパで数々の栄冠を手にしてきた2人がJリーグの舞台でどんなプレーを披露してくれるのか注目が集まる。 ▽今節では最下位・名古屋グランパスが、首位・サンフレッチェ広島と激突。今夏にJリーグの実力者たちを獲得した名古屋が首位・広島の勢いを止められるか。一方でセレッソ大阪と対戦する浦和レッズは、試合前日の21日に日本代表DF遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。今節がラストマッチとなる中、勝利で遠藤を送り出せるか。今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆名古屋浮上のカギは新戦力にあり!強力広島の攻撃を抑えられるか 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 [7月22日(日)18:00] ▽最下位名古屋と首位広島が激突。中断期間明けも相変わらずの名古屋に対し広島は4発快勝を収めた。だが名古屋は今節から頼れる新戦力が出場可能に。中谷進之介、丸山祐市、エドゥアルド・ネットらは広島の攻撃陣を止められるのか ◆イニエスタ降臨!! 世界一のプレーを刮目せよ!! ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ [7月22日(日)18:00] ▽この試合の注目は何といってもイニエスタ。何度も世界一に輝いたスーパースターがついにJのピッチに舞い降りる。好調神戸を後押しできるか。対する湘南もビビってはいられない。新加入の山﨑凌吾はケガ人多しの攻撃陣の起爆剤となれるか ◆低迷する名門、浮上のきっかけを掴めるか 鹿島アントラーズ vs 柏レイソル [7月22日(日)18:30] ▽前節を勝利で飾ることができなかった両者は序盤から中位を行ったり来たり。鹿島は守備の要の植田直通が移籍し昌子源も出場微妙。一方、柏は名門・フルミネンセからDFナタン・ヒベイロを獲得。そろそろ浮上のきっかけを掴みたいところだが… ◆4試合ぶり白星をもたらすのは? 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 [7月22日(日)19:00] ▽3試合勝利なしの両者。直近リーグ戦3試合の得点数がわずか「1」の札幌は古巣対決となるジェイがゴールラッシュの口火を切れるか。一方の磐田は、今夏加入の大久保嘉人の出場に注目。「もう一度輝きたい」その決意をプレーで示せるか。 ◆最強の矛vs盾が勃発! FC東京 vs 横浜F・マリノス [7月22日(日)19:00] ▽前節柏に1-0で勝ち切った2位FC東京は失点数リーグ2位。対するベガルタ仙台を8-2で下した横浜FMは得点数リーグトップだ。対照的なスタイル持つ両クラブの対戦、勝つのは矛か、盾か。 ◆清水、大阪勢から連勝なるか ガンバ大阪 vs 清水エスパルス [7月22日(日)19:00] ▽前節の広島戦で早々に退場者を出し0-4の完敗を喫したG大阪。疲労が気がかりだが、連敗は避けたい。一方の清水はC大阪に3-0で快勝。大阪勢からの連勝を飾り、波に乗ることはできるか。 ◆白星はリオ五輪戦士の活躍次第? 川崎フロンターレ vs V・ファーレン長崎 [7月22日(日)19:00] ▽川崎Fは、前節W杯帰りの大島僚太が存在感を見せた。今節も巧みなゲームコントロールでしっかりと勝利を収めたいところだ。一方の長崎は、前節無得点も鈴木武蔵がスピードで脅威に。3試合ぶりゴールなるか。カギはリオ世代の2人。 ◆古巣対決の高木俊幸か、ベルギー移籍の遠藤航か セレッソ大阪 vs 浦和レッズ [7月22日(日)19:00] ▽リスタート失敗のC大阪は、前節途中出場で奮闘した高木俊幸が古巣対決。恩返し弾で白星に貢献できるか。浦和は21日急遽遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。ラストマッチとなった今節、最高のプレーで別れを告げられるか ◆立て直し図る仙台に“神の子”が襲い掛かる! サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台 [7月22日(日)19:00] ▽鳥栖は中断期間中に世界的スターのFWフェルナンド・トーレス獲得を発表!あらゆる栄光を手にしたエル・ニーニョの活躍に期待がかかる。対する仙台は前節クラブワースト失点大敗。立て直しを図りたい <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】王者、首位追走へ4連勝なるか! 勝ち点を渇望する長崎を迎え撃つ《川崎Fvs長崎》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグ折り返し地点となる第17節。22日には川崎フロンターレ(3位/勝ち点30)が、V・ファーレン長崎(15位/勝ち点17)をホームの等々力陸上競技場に迎え撃つ。 ◆スキのない戦いで4連勝へ~川崎フロンターレ~ ▽川崎Fは前節天皇杯での不甲斐ない一戦から一転し、主導権を握りながら北海道コンサドーレ札幌を押し込んで2-1で勝利。中断期間明け初戦に訪れた上位対決を制したことで後半戦に向けて良いムードでリスタートを切った。試合内容でも後半早い時間帯に2-0にした後、勢いを落とさず、守備面でも集中を切らさずに試合終了間際まで進めていた。それだけに鬼木達監督も「欲を言えば3点目をしっかり決めたかった。(試合終了間際の失点について)最後のところはまだスキがあった」と口にしていた。 ▽今節の相手であるV・ファーレン長崎は現在15位に位置。初対戦とはいえ首位追走に向けて取りこぼしの許されない一戦だ。涼しかった北海道とは違い高温多湿の中でのゲームになることが予想されるが、スキのない戦いを90分間続けて4連勝を飾りたいところだ。 ◆現実的な戦いで3連敗阻止へ~V・ファーレン長崎~ ▽一方の長崎は、ヴィッセル神戸戦を0-1で敗れてリーグ戦連敗。中断期間で取り組んできたポゼッション向上の成果を試合を通して発揮することはできなかったが、「自分たちが意図する場面も作れた」と高木琢也監督はポジティブに捉えた。また、守備面でもGK徳重健太を中心としたディフェンスで1失点に抑えることができたのは好材料だ。 ▽しかし、今節の相手は王者・川崎F。ポゼッションでは一枚も二枚も上手な相手に高木監督も「違うような形を考えないといけない」と一度カウンター主体に戻す可能性も示唆。ボールの保持を許す展開が予想されるが、攻守の切り替えでいかに違いを作れるか。また、今節から今夏に獲得したDFヨルディ・バイスとFWハイロ・モリージャスが出場可能であり、どのタイミングで起用するかもポイントになる。降格圏から離れるためにも3連敗は避けたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽中3日の中で迎える一戦だが、前節からの変更はなさそうだ。前節先制点を挙げたエウシーニョは右サイド、主将FW小林悠はワントップに入る。なお、ボランチはリーグ戦4試合先発中のMF守田英正が、MF大島僚太とコンビを組む。主力を欠く相手の隙をうまく突いていけるか注目だ。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、髙杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖 MF:、鈴木武蔵、幸野志有人、 FW:ファンマ 監督:<hr>▽前節に続きMF中原彰吾とMF中村慶太が欠場の見込み。ボランチはMF黒木聖仁とMF島田譲が務めることになりそうだ。また、前節1トップに入ったFW鈴木武蔵が2シャドーの一角に入り、コンディション面を考慮して途中出場となっていたFWファンマが1トップで先発することを予想する。新加入のヨルディ・バイスとハイロ・モリージャスはベンチスタートか。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽4連勝へのカギを握るのは、エース・小林だ。前節では巧みなシュートでチームの2点目を奪取。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバー落選へのうっ憤を晴らした。ここまでリーグ戦5ゴール。昨季得点王&MVPとしてもまだまだ物足りない状況だ。しかし、そんな昨季も第16節時点では6ゴールにとどまっていた。後半戦でのゴールラッシュに向けてまずは2試合連続ゴールでその口火を切りたい。 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、長崎のキープレーヤーは、鈴木武蔵だ。今シーズンはここまでリーグ戦5ゴールを記録。前節も得点こそ奪えなかったものの、スピードを生かした攻撃で相手に脅威を与えた。今節はボールを保持して攻撃を組み立てる川崎Fが相手なだけに、数多くのチャンスは訪れないだろう。しかし、相手が前がかりになった際のカウンターでは自身のスピードに間違いなく王者も嫌がるはずだ。また、身長185㎝の高さはセットプレーの守備に難を抱える相手から得点を奪う武器にもなる。決定力不足の課題を抱えたチームを救えるか。 ◆昇格組とのホーム戦に強い川崎F、長崎はいかに先制を許さないか ▽首位追走へ取りこぼしの許されない川崎Fと降格圏から少しでも離れたい長崎の一戦。下馬評では川崎Fに分があるように思えるが、データ的にも川崎Fが有利といえるかもしれない。川崎Fはこれまで昇格組とのホーム戦では2014年以降9勝4分けで13試合連続無敗中。一方の長崎は今シーズンリードを奪われた試合の9試合を全敗中だ。そういう意味でもどちらがいかにして先制点を奪うかが重要となりそうだ。王者・川崎Fが4連勝を飾るか、長崎が勝ち点を奪い3連敗を阻止するか。川崎Fvs長崎は22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">川崎Fvs長崎をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】新戦力は光となるか…守備補強の最下位名古屋、首位広島をホームに迎え撃つ《名古屋vs広島》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕し、18日に2カ月ぶりに再開した明治安田生命J1リーグ。22日に行われる第17節では、中断期間中に積極補強を敢行した名古屋グランパスが首位サンフレッチェ広島を迎え撃つ。 ◆新戦力は光となるか~名古屋グランパス~ ▽2カ月の中断期間を経て行われた第16節の浦和レッズ戦。課題だった守備がどこまで修復されたか注目が集まったが、終わってみれば3失点。そのすべてがセットプレーからと、守備の脆さがさらに露呈する形となってしまった。 ▽リーグワーストの失点33、わずか2勝で臨む第17節は、今夏加入のDF中谷進之介(柏レイソル)、DF丸山祐市(FC東京)、DFエドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)、MF前田直輝(松本山雅FC)らが出場可能に。守備には各クラブで主力として活躍していた中谷と丸山のセンターバックコンビに加え、中盤の守備職人E・ネットが守りを堅くする。さらなる期待が寄せられる第17節、相手はリーグ最多得点の広島。どこまで守り切れるか。 ◆3年ぶり優勝へブーストをかけられるか~サンフレッチェ広島~ ▽そしてその広島は中断期間を明けても前半戦の勢いは衰えなかった。ガンバ大阪とのホーム戦に挑んだ前節は古巣対決となったFWパトリックの2得点などで4発快勝。FW工藤壮人にも今季リーグ戦初ゴールが生まれたほか、第1節で右腕にケガを負って離脱していたDF千葉和彦が復帰するなど嬉しいニュースが続いた。 ▽第17節は最下位名古屋が相手だが、今シーズンのルヴァンカップでの2度の対戦は1勝1敗。通算では12勝10分17敗と決して得意な相手ではない。また名古屋の新戦力も不気味なところ。だがこちらも、リーグゴール数を12まで伸ばしたパトリックに加え、コソボ代表FWべサルト・ベリーシャがメルボルン・ビクトリーから加入。後者は過去Aリーグで2度の得点王に輝いた実績を持ち、同リーグで通算171試合に出場し106得点を挙げた非常に頼もしい助っ人外国人だ。名古屋の守備が完成しきる前に、出る杭は打っておかなければならない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[3-4-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:中谷進之介、新井一輝、丸山祐市 MF:玉田圭司、エドゥアルド・ネット、小林裕紀、和泉竜司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー、青木亮太 監督:風間八宏<hr>▽新戦力を有効に使うため、そして右サイドバックの宮原和也が広島戦では起用できないため、[3-4-3]の布陣を予想。中谷や丸山、E・ネットはいきなりの先発起用だが、今の名古屋にはこれぐらいのカンフル剤が必要だ。 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW;パトリック、工藤壮人 監督:城福浩<hr>▽フォーメーションは一貫して[4-4-2]だが、第1節でケガした千葉に代わってここまで好パフォーマンスを披露してきた野上結貴が前節負傷し、再び千葉がカムバック。現在のところケガの具合が不明だが、大事をとって休ませることになりそう。また、攻撃面ではベリーシャは期待大だがコンビネーションを考えると、先発にはまだ使い辛いか。 【注目選手】 ◆MFエドゥアルド・ネット(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽名古屋の注目選手は新加入のE・ネットだ。名古屋の守備力で今季最強の攻撃力を誇る広島を止めるにはまずは中盤からの圧力が大切になってくる。それは攻撃面でも同じで、相手のセントラルMFからこの男がボールを奪うことが出来れば、前線のタレントたちが鋭いカウンターを決めてくれるに違いない。 ◆FWパトリック(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180716_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島はやはりこの選手に注目だ。前節の2ゴールでリーグ得点数を12に伸ばしたストライカーは、かつてない早さでゴールを量産している。30歳でキャリアの絶頂期を迎えており、名古屋戦でも得点力に期待がかかる。特に名古屋はブレイク期間に守備を補強。コンビネーションが出来上がる前に早いところ叩いておきたい。 ◆シーズン折り返し、白星で後半戦に臨むのは ▽下馬評では広島が有利であることは明らかだが名古屋もここで踏ん張らなければ後半戦に光が見えてこない。新戦力がすぐにフィットするかどうかは未知数だが、実力は本物。この試合を転機に一気に浮上のきっかけを掴みたい。一方の広島もシーズン折り返しとなるこの試合で勝ってスッキリと後半戦に臨みたいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">名古屋vs広島をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】最強の矛と盾が激突! 対照的なスタイルの両クラブが信念をぶつけ合う《FC東京vs横浜FM》

▽中断期間中の補強選手の登録も完了する22日の明治安田生命J1リーグ。2位のFC東京は、第17節で10位の横浜F・マリノスをホームの味の素スタジアムに迎える。 ◆“試合巧者”として臨むべき一戦~FC東京~ ▽中断明けの重要な一戦、第16節柏レイソル戦で数人の主力を欠く事態に見舞われながらも1-0での勝利を手にしたFC東京。FWディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑への依存が囁かれる中で、その2枚抜きで白星を手にしたことは大きい。また、前線だけでなく最終ラインに若手DF小川諒也、岡崎慎を配置していたことも不安視されていたが、両者ともに戦力であることを十分に示していた。堅守速攻の手堅い戦いで積み上げてきたスタイルを変化させず、底上げてきたことが確認できた一戦だ。とはいえ、FC東京の現在の勝ち点は「31」。首位サンフレッチェ広島が「40」、3位の川崎フロンターレが「30」であることを考えると、気を引き締めなくてはならない日々が続く。次の対戦相手は、第16節でベガルタ仙台に8-2の大勝を収めた横浜FMだ。FC東京に必要なことは、相手の勢いを逆手に取る試合巧者ぶりを発揮することだろう。ベストメンバーで臨める横浜FM戦、ホームの後押しを受け、優勝争いに相応しいクラブであることを改めて証明したい。 ◆アタッキング・フットボールの体現~横浜F・マリノス~ ▽横浜FMは、中断明け最初の一戦で仙台に8-2と大勝。チームトップの7得点を挙げているFWウーゴ・ヴィエイラを押し退けてスタメン起用されたFW伊藤翔がハットトリックを記録するなど、確実に上積みを感じさせた試合だ。ポステコグルー監督の標榜する攻撃サッカーを体現し、同じくアクションフットボールを目指す相手を正面から撃破していた。しかし、調子そのままに勝利を重ねたい横浜FMにとって厄介なことに、FC東京は仙台とは全く違った特徴を持つチームだ。堅守を軸にした現実的なサッカーをどう崩していくのかが課題となる一方で、強力な2トップを相手にハイライン戦術を機能させることができるのか。逆に、FC東京戦でチームのスタイルを貫き勝利を手にすれば、大きな自信となる。上位浮上を目指す上で、底力の試される一戦だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽コンディションの不安が伝えられていたFW永井謙佑、DFチャン・ヒョンス、GK林彰洋が復帰する見込みだ。また、契約の関係上、前節は出場出来なかったFWディエゴ・オリヴェイラも復帰できるため、ベストメンバーを組むことが可能となっている。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、金井貢史、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽横浜FMも負傷等は伝えられておらず、快勝した前節から大きな変更は行わないものとみられる。FWウーゴ・ヴィエイラに関してはセンターフォワードのファーストチョイスとなる可能性もあるが、前節ハットトリックの結果を残したFW伊藤翔を外すことは考え難い。 【注目選手】 ◆永井謙佑(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーは、中断明け2戦目で復帰濃厚なFW永井謙佑だ。FC東京加入初年度となる今シーズンは、キープ力に優れるFWディエゴ・オリヴェイラとの好連係を構築してここまで4ゴールを記録。その快足と運動量を武器に最前線から猛プレスをかけ、幾度となく裏抜けを狙う。ハイラインを維持する横浜FMが最終ラインの裏のケアを怠れば、永井の脚がピッチを切り裂くだろう。 ◆扇原貴宏(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜F・マリノスの注目プレーヤーは、正確な左足で相手の急所を突くMF扇原貴宏だ。MF天野純、喜田拓也、DF山中亮輔らロングキックを得意とする選手の中でも、よりバランス感覚に優れる扇原。味方を動かしつつ、自らも得点に絡んでいくことが可能だ。FC東京の強固な守備を崩す為、扇原の的確な揺さぶりが必要不可欠となる。 ◆失点数2位vs得点数1位 ▽FC東京のリーグ戦の失点数は、ここまで「13」で2位タイ。対する横浜FMは得点数「31」でリーグトップに立っている。両クラブのスタイルを如実に表しているこれらの数字は、まさに試合展開を象徴するものとなるだろう。アクションを起こす横浜FMがいかにして崩し切るか、それに対応するFC東京がどのように凌ぎ、どのタイミングで必殺のカウンターを繰り出すのか。最強の矛と盾が激突するFC東京vs横浜FMは、19:00にキックオフを迎える。 2018.07.21 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】“エル・ニーニョ”デビューは? 新戦力の活躍で浮上のきっかけを掴むのは《鳥栖vs仙台》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第17節が開催。前半戦のラストゲームとなる今節、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖vsベガルタ仙台の一戦が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆後半戦への足がかりを</span> ▽新加入選手も起用可能となる今節。両チームにとって、後半戦の巻き返しに向けて足がかりを掴みたいところだ。 ▽鳥栖は現在降格圏の17位。仙台は8位だが、降格圏との差はあまりない。両チームともに、今節を含めた18試合で勝ち点を積み上げたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆“エル・ニーニョ”降臨か?</span>〜サガン鳥栖〜 ▽降格圏の鳥栖だが、後半戦に向けた注目度はかなり高い。蔚山現代に期限付き移籍していたかつてのエース・FW豊田陽平が半年で復帰、さらに今夏の目玉補強の1人である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがアトレティコ・マドリーから加入。V・ファーレン長崎からはDF乾大知を獲得した。 ▽トーレスは来日から間もないため、コンディション面などが万全とは言えないものの、マッシモ・フィッカデンティ監督は起用を示唆。新たな背番号「9」がベアスタのピッチに立つ可能性もある。リーガエスパニョーラやプレミアリーグ、そしてワールドカップチャンピオンにもなったトーレスの出場は期待せざるを得ない。 <span style="font-weight:700;">◆悪夢を払拭できているか</span>〜ベガルタ仙台〜 ▽対する仙台は、中断明けの前節で悪夢に見舞われた。ホームゲームながら、横浜F・マリノス相手に8失点。再開初戦での大敗は、精神的ダメージが大きいだろう。 ▽昨シーズンから取り組んでいたサッカーは見せられているものの、相変わらずの得点力不足に悩まされ、結果を残せていない。そんな中、ガンバ大阪からMF矢島慎也、ヴィッセル神戸からFWハーフナー・マイクを獲得。ピンポイント補強がどう作用するか。早期の悪夢払拭のためにも、結果を残しておきたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:小林祐三、高橋祐治、キム・ミンヒョク、吉田豊 MF:福田晃斗、高橋秀人、原川力 MF:高橋義希 FW:小野裕二、豊田陽平 監督:マッシモ・フィッカデンティ<hr>▽鳥栖のスターティングメンバーには、かつてのエースである豊田が戻ると予想。トーレスはベンチスタートとなるとみられる。中盤以降の構成は変わらず、しっかりとした守備から、前線のターゲットにボールを預けたい。試合を優位に進め、トーレスをお披露目できる流れにできれば、最高の結果が待っているだろう。 <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-5-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、大岩一貴、板倉滉 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:奥埜博亮、矢島慎也 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋<hr>▽仙台もハーフナー・マイクはベンチスタートが濃厚か。途中出場でターゲットマンとして起用される可能性が高い。また、矢島はインサイドハーフとして先発か。MF野津田岳人がトレーニングに復帰していないだけに、持ち前の攻撃力と豊富な運動量で中盤の組み立て参加に期待がかかる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWフェルナンド・トーレス</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽出場の可否は分からないものの、今節大きな注目を集める選手の1人。スペイン代表としての実績はもちろんのこと、アトレティコ、リバプール、チェルシー、ミランで培った経験をチームに還元できるかも求められる。元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ、元日本代表FW豊田陽平と前線のポジション争いもあるが、“エル・ニーニョ”と称されたトレースがどのような効果をもたらすのか。降格圏脱出の起爆剤としても、前半戦ラストゲーム、そして中断明けのホーム初戦でのトーレスの出場に期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWハーフナー・マイク</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する仙台の注目選手は、こちらも途中加入となったFWハーフナー・マイクを挙げたい。チーム得点はここまで「19」。上位を伺えるポジションにいながらも、攻撃陣の迫力不足が気になるところだ。開幕2戦で連勝も、その後は一度もなし。波に乗り切れないまま中断期間に入り、再開初戦で大敗という悪い流れを払拭するために、期待の大型FWに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆新戦力がチームを救えるか</span> ▽注目選手として挙げたトーレス、ハーフナ・マイクだけでなく、豊田や矢島といった両チームの途中加入選手にも期待はかかる。 ▽前節は追いついてドローの鳥栖、ホームで大敗を喫した仙台と勝利を挙げられていないだけに、早い段階で白星が欲しいところ。互いに攻撃面にテコ入れを行っただけに、ハマればこの先大きく浮上する可能性も残している。 ▽トーレスの加入によって、日本国内だけでなくスペインを始めとする世界も注目する一戦。試合は、22日(日)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">トーレスはデビューなるか?<br />鳥栖vs仙台をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.21 15:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース