【プレビュー】公式戦3連敗のシティ、14戦無敗のスパーズ相手に優勝再王手なるか《トッテナムvsマンチェスター・シティ》2018.04.14 12:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが日本時間14日27:45にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。6連勝でプレミアリーグ14戦無敗(11勝3分け)の4位トッテナム(勝ち点67)と、公式戦3連敗中も優勝目前の首位シティ(勝ち点84)によるビッグマッチだ。

▽2017年にリーグ戦無敗と圧倒的な強さでシーズン序盤、中盤戦を駆け抜けたシティ。だが、2018年に入ってからは1月のリバプール戦でリーグ戦初黒星、FAカップで3部ウィガン相手の屈辱の敗戦と黒星が目立ち始めると、直近の公式戦3試合ではチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でリバプール相手に連敗。また、史上最速優勝に王手をかけた前節の宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでは2点差を引っくり返されるまさかの逆転負けで、今季初の3連敗という苦難を味わった。とりわけ、リバプール戦での完敗によるCL敗退はチームに暗い影を落としている。そのため、今季EFLカップでグアルディオラ体制初のタイトルを獲得した聖地ウェンブリーで勝利を取り戻し、3連敗のショックを払しょくするとともに優勝に再王手をかけたいところだ。なお、トッテナム戦での勝利に加え、翌日に行われるWBA戦で2位ユナイテッド(勝ち点71)が敗れた場合、今節での優勝が決まる可能性がある。

▽一方、昨年12月16日に行われた第18節で今回の対戦相手シティに1-4の大敗を喫して以降、プレミアリーグになってからのクラブ記録である14戦無敗を継続する絶好調のトッテナム。2018年に入って唯一無敗で直近6連勝中のチームはユナイテッド、アーセナル、チェルシーを破り、敵地でのリバプール戦でもドローとトップ6相手にも優れた成績を収めている。今回の一戦では傷心のシティ相手に前回対戦のリベンジを果たし、今季のトップ6全チームからの勝利を果たしたい。また、残り試合で最も難しいシティ戦で勝利できれば、1試合消化が多い3位のリバプール(勝ち点67)、5位のチェルシー(勝ち点57)との熾烈なトップ4争いで優位に立てるはずだ。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】

▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:トリッピアー、ダビンソン・サンチェス、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス
MF:エリック・ダイアー、デンベレ
MF:エリクセン、デレ・アリ、ソン・フンミン
FW:ケイン
負傷者:DFローズ、ウォーカー=ピータース、MFウィンクス
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはサイドバックのローズ、ウォーカー=ピータースに加え、足首の負傷に悩まされるウィンクスの3選手が欠場する。

▽直近のストーク戦からオーリエ、ローズのサイドバックをトリッピアー、ベン・デイビスのコンビに戻してワニャマに代わってエリック・ダイアーが先発に復帰する見込みだ。ただ、リーグ屈指の快足ザネ対策でオーリエをぶつける可能性もある。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】

▽マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、コンパニ、オタメンディ、デルフ
MF:デ・ブライネ、ギュンドアン、シルバ
FW:ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズス、ザネ
負傷者:DFメンディ、ストーンズ、FWアグエロ
出場停止者:MFフェルナンジーニョ(1/2)

▽ユナイテッド戦で今季通算10枚目の警告を受けたフェルナンジーニョが2試合の出場停止の1試合目で欠場となる。負傷者に関してはストーンズとユナイテッド戦で負ったケガが長引くアグエロの欠場が確定。その一方、自身のSNSで完全復活を明言したメンディに復帰の可能性がある。

▽システムに関しては直近のリバプール戦で[3-4-3]、[3-3-2-2]ともいえる変則な布陣を採用したが、コンパニとデルフを最終ラインに復帰させて[4-3-3]の布陣に戻す可能性が高い。また、出場停止のフェルナンジーニョの代役にギュンドアン、コンディションやパフォーマンスを考慮してスターリングに代わってベルナルド・シウバがガブリエウ・ジェズス、ザネと3トップを組む可能性もある。

★注目選手
◆トッテナム:FWハリー・ケイン
Getty Images
▽トッテナムの注目プレーヤーは、3年連続リーグ得点王を目指すエースストライカーのケインだ。前節のストーク戦でのMFエリクセンの微妙なゴールをクラブ側のアピールで自身の今季25点目に変更することに成功したイングランド代表FWは、絶好調のリバプールFWサラーとの得点差を「4」に縮めた。1試合消化が多いことに加え残り試合の対戦相手を考えれば、残り2試合で7ゴールを荒稼ぎして逆転した昨季の再現は十分に可能だ。今回の対戦相手であるシティ戦では通算6試合で2ゴールとあまり相性が良くない。だが、直近3試合で8失点を喫するなど守備のソリッドさを欠いている不振の相手に対して、積極的にゴールを狙い、チームを勝利に導くと共に個人としてはサラーとの差を詰めたい。

◆マンチェスター・シティ:DFカイル・ウォーカー
Getty Images
▽シティの注目プレーヤーは、敵地での古巣初対戦となるウォーカーだ。昨夏、選手としての更なる成長、タイトル、高額のサラリーを求めてトッテナムからシティに加入したウォーカー。名将グアルディオラの薫陶を受けて、目覚ましい成長を遂げたイングランド代表DFはビルドアップの局面やポジショニングの質の向上に加え、直近のリバプール戦ではセンターバックの一角としてもプレーするなど選手としての幅を広げている。本人としては前節のダービーで優勝を決めて爽やかな気持ちで今回の一戦を迎えたかったが、公式戦3連敗という最悪な状況で凱旋試合に臨むことになった。昨季限りでホワイト・ハート・レーンが取り壊しとなり、借り本拠のウェンブリーでは郷愁に浸る感覚はないが、大ブーイングでの“歓迎”が予想される古巣対戦でハイパフォーマンスを見せたい。攻撃時は相手の猛烈なプレスへの対応、守備時はFWソン・フンミンとのマッチアップに注目したい。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第4節プレビュー】CL開幕前の強豪勢は格下と、ナポリは2連勝スタートのヴィオラと対戦

▽代表ウィーク前に行われた前節はミランがローマとのビッグマッチをラストプレー弾で制し、今季初勝利を飾った。そして、ユベントス、インテル、ラツィオといった強豪勢が順当に勝利した中、ナポリがサンプドリアに完敗した。迎える第4節、チャンピオンズリーグ(CL)開幕を控える強豪勢は格下と対戦するが、ナポリは骨のあるフィオレンティーナと対戦する。 ▽難所ルイジ・フェラリスでハムシクとカジェホンを温存したことが裏目に出たナポリは、今季初黒星を喫した。毎試合失点しているのが気になるところで、さらにパリ・サンジェルマン、リバプールが同居しているCL初戦では必勝のレッドスター戦を翌火曜に控える中、ナポリは2連勝スタートのフィオレンティーナ撃破となるか。 ▽昇格組パルマの鋭いカウンターに苦戦しながらもマンジュキッチの1ゴール1アシストで競り勝って3連勝としたユベントスは、サッスオーロとのホーム戦に臨む。CLでは翌水曜にバレンシアとのアウェイ戦に臨むが、グループステージを突破する力を十分に持つバレンシアとの一戦を前に、開幕連勝を4に伸ばせるか。 ▽ナインゴランのデビュー弾など後半に3ゴールが生まれて今季初勝利を手にしたインテルは、パルマとのホーム戦に臨む。イカルディがウォーミングアップ中に負傷したこともあって前半こそ低調だったが、後半に攻撃が活性化し本領を発揮した。この勢いを持続し、翌火曜に行われるCLトッテナムとのホーム戦を迎えたい。同グループには大本命のバルセロナも同居しているため、インテルとしては白星発進としたい一戦となる。 ▽ミランにラストプレー弾で惜敗して今季初黒星を喫したローマは、キエーボとのホーム戦に臨む。CLでは王者レアル・マドリーとのアウェイ戦と痺れる試合が控えるが、すっきりとした勝利を手にできるか。 ▽途中出場のクトローネのラストプレー弾で勝利したミランはカリアリとのアウェイ戦に臨む。ローマ戦ではイグアインを孤立させることなく攻撃面での改善が見られたが、カリアリ相手にもイグアインを機能させ、連勝となるか。 ▽最後にフロジノーネに辛勝して今季初勝利を手にしたラツィオはエンポリとのアウェイ戦に臨むが、勝利して成績を五分に戻したい。 ◆セリエA第4節 ▽9/15(土) 《22:00》 インテル vs パルマ 《25:00》 ナポリ vs フィオレンティーナ 《27:30》 フロジノーネ vs サンプドリア ▽9/16(日) 《19:30》 ローマ vs キエーボ 《22:00》 ウディネーゼ vs トリノ ユベントス vs サッスオーロ ジェノア vs ボローニャ 《25:00》 エンポリ vs ラツィオ 《27:30》 カリアリ vs ミラン ▽9/17(月) 《27:30》 SPAL vs アタランタ 2018.09.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第3節プレビュー】連勝スタートのバイエルンvs連敗スタートのレバークーゼン、大迫vs久保の日本人対決

▽代表ウィーク前に行われた前節では大迫が移籍後リーグ戦初ゴールを決め、ブレーメンが今季初勝利を収めた。王者バイエルンはシュツットガルトに快勝した一方、シャルケとレバークーゼンがまさかの2連敗スタートとなり、ドルトムントが引き分けに終わっている。迎える第3節では土曜にバイエルンvsレバークーゼン、日曜に大迫vs久保の日本人対決が組まれている。 ▽まずはバイエルンvsレバークーゼンから。前節シュツットガルト戦ではレヴァンドフスキとミュラーの1ゴール1アシストなどで3-0と快勝し、2連勝スタートとしたバイエルン。コバチ体制下で順調なスタートを切った中、2試合で5失点と守備が崩壊し、まさかの2連敗スタートとなったレバークーゼンを撃破して3連勝スタートとなるか。 ▽続いて大迫ブレーメンvs久保ニュルンベルク。フランクフルト戦では長谷部との対決が実現しなかった中、オフサイドトラップをかいくぐって今季初ゴールをマークした大迫。2試合連続ゴールでチームの勝利に貢献できるか。 ▽対する久保はマインツ戦でも幾つかゴールに迫るシーンを生み出し、存在感を見せている。パフォーマンスは悪くないだけにそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、代表の先輩である大迫の前でゴールとなるか。 ▽金曜には香川ドルトムントvs長谷部フランクフルトが行われる。共に前節はベンチ外と厳しい立場にあるが、試合に絡むことはできるか。 ▽ハノーファーはライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。前節ドルトムント戦で2試合連続先発となった浅野は見せ場なく前半のみの出場となった。原口は出場機会がなかったが、強豪ライプツィヒ戦で2人は存在感を見せられるか。2試合連続ベンチ外と苦しい宇佐美はホッフェンハイムとのホーム戦を戦う。 ◆ブンデスリーガ第3節 ▽9/14(金) 《27:30》 ドルトムント vs フランクフルト ▽9/15(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs ヘルタ・ベルリン マインツ vs アウグスブルク ライプツィヒ vs ハノーファー バイエルン vs レバークーゼン デュッセルドルフ vs ホッフェンハイム 《25:30》 ボルシアMG vs シャルケ ▽9/16(日) 《22:30》 ブレーメン vs ニュルンベルク 《25:00》 フライブルク vs シュツットガルト 2018.09.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第4節プレビュー】FIFAウイルスとCL&EL開幕で波乱の予感…

▽インターナショナルウィーク前に行われた第3節ではバルセロナとレアル・マドリーの2強が揃っての大勝で3連勝を飾った一方、アトレティコ・マドリーやビジャレアルが敗れ、バレンシアもドローに終わる波乱の一節となった。 ▽インターナショナルウィーク明けとなる今節ではFIFAウイルスの影響と共に、来週ミッドウィークに開幕するチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕するため前節同様に波乱の予感だ。 ▽前節、昇格組ウエスカ相手に今季最多の8ゴールを奪う圧勝劇を見せたバルセロナは、昨季8年ぶりに勝利を挙げたものの鬼門として知られるアノエタでレアル・ソシエダと対戦する。例年、FIFAウイルスに悩まされるバルセロナだが、今回の代表ウィークに関しては2018年中の代表活動を辞退したエースFWメッシや代表引退のDFピケ、招集外となったDFジョルディ・アルバを始め、一部主力が休養十分で臨めるはずだ。また、CLグループステージ初戦は力の劣るPSVとの対戦となるため、より今回のアウェイゲームに力を注げるはずだ。 ▽一方、レガネス相手の前節を好調のMFベイル、FWベンゼマの活躍で快勝したレアル・マドリーは、1試合未消化も開幕無敗のアスレティック・ビルバオとのアウェイゲームに臨む。前述のバルセロナと異なり、ベンゼマらを除く多くの選手を代表チームに送り込んだレアル・マドリーは、CL初戦もグループ最大のライバルと目されるローマとの対戦となっており、主力のコンディションを見極めながらの難しい戦いになりそうだ。 ▽その2強を追うアトレティコは前節、セルタに0-2の敗戦を喫し早くも今季初黒星となった。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節はエイバルとのホームゲームに挑む。前述のセルタ戦ではDFサビッチが退場し今節は出場停止に、さらにDFフアンフラン、DFアリアスと右サイドバックの主力2選手が負傷しており、最終ラインの選手層に不安を抱える。本来であれば、CL初戦のモナコ戦に向けてターンオーバーを行いたいところだが、現状のベストな布陣での戦いが求められる。 ▽また、前述の3チームと同様にCL初戦のユベントス戦を控えるバレンシアだが、開幕3戦未勝利と苦境を強いられており、EL初戦のオリンピアコス戦を控えるベティス相手の今節では是が非でも勝ち点3が求められるところだ。なお、前節のセビージャ・ダービーで今季初白星を手にして勢いにのるベティスではMF乾貴士が日本代表に招集されなかったことで、先発起用の可能性が高い。ここまでの3試合で見せ場を作っている中、そろそろアシストやゴールという目に見える結果を残したいところだ。 ▽また、今夏の退団が有力視されながらもヘタフェ残留が決定したMF柴崎岳は仕切り直しとなる今節でセビージャと対戦する。直近2試合で出場機会がなかった柴崎は引き続きベンチスタートが濃厚となるが、途中出場から流れを変えるプレーを見せてポジション奪取への足掛かりとしたい。 ▽その他では互いに今季初勝利がかかるレガネスvsビジャレアル、開幕唯一の連敗チームのラージョと、前節バルセロナに大敗したウエスカによる昇格組対決にも注目が集まるところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第4節》 ▽9/14(金) 《28:00》 ウエスカ vs ラージョ ▽9/15(土) 《20:00》 アトレティコ・マドリー vs エイバル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs バルセロナ 《25:30》 バレンシア vs ベティス 《27:45》 アスレティック・ビルバオ vs レアル・マドリー ▽9/16(日) 《19:00》 レガネス vs ビジャレアル 《23:15》 エスパニョール vs レバンテ 《25:30》 バジャドリー vs アラベス 《27:45》 セビージャ vs ヘタフェ ▽9/17(月) 《28:00》 ジローナ vs セルタ 2018.09.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第4節プレビュー】トッテナムが伏兵ワトフォードと開幕3連勝対決!リバプール&チェルシーも4連勝目指す

▽前節最大のビッグマッチとなったマンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムは、ハリー・ケインの2試合連続ゴールやルーカス・モウラの2ゴールなどで、トッテナムがユナイテッドを3発粉砕。開幕3連勝を収めた。また、トッテナム同様に3連勝を収めているのが、リバプール、チェルシー、そして伏兵ワトフォード。一方、マンチェスター・シティはウォルバーハンプトンの奮闘もあり、1-1の引き分け。アーセナルはウェストハムとのロンドン・ダービーを制し、今季初勝利を手にした。岡崎慎司が今季初出場したサウサンプトンvsレスター・シティはレスターに軍配。今季2勝目となった。 ▽今節の注目カードはワトフォードvsトッテナムの3連勝対決。1988-89シーズン以来となる開幕4連勝を目指すワトフォードのホーム、ビカレージ・ロードに乗り込むスパーズは、8月の呪縛から解き放たれたケイン、ここまで3ゴールでソン・フンミンの不在をカバーしているルーカス・モウラら攻撃陣は軒並み好調。注意すべきは同じく3ゴールを挙げているロベルト・ペレイラか。彼はホームでのここ9試合で9得点を記録している。 ▽シティはホームでニューカッスルと対戦。対ニューカッスルの成績はすこぶる良く、過去21試合で18勝3分け。加えて、ジョゼップ・グアルディオラ監督体制下のシティは9月は7戦全勝。その間26得点2失点と非の打ち所がない。また、エースのセルヒオ・アグエロはリーグにおけるニューカッスル戦11試合で14ゴールとお得意様としている。凶報続くニューカッスルはカラバオカップでもチャンピオンシップのノッティンガム・フォレストに敗れ早々に敗退。武藤嘉紀は光となれるか。 ▽7得点無失点と無傷の3連勝を収めているリバプールはレスターとのアウェイ戦に臨む。舞台はここ4試合で3敗を喫しているキング・パワー・スタジアム。苦手とするスタジアムで、クラブ初のプレミアリーグ開幕4連勝を目指す。かたやフォクシーズは第2節で退場したジェイミー・ヴァーディがこの試合もサスペンションで出場停止。岡崎に今季初ゴールの期待がかかる。 ▽守備崩壊を嘆くジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドはアウェイでバーンリーと戦う。ここ2試合で6失点で2連敗と、稀に見るバッドスタートを切った。しかし、ターフ・ムーアではここ10試合で9度のクリーンシートを記録。守備再構築を目論む名将が、完封勝利を目指す。 ▽新監督が公言した通り、スペクタクルなフットボールで開幕3連勝を飾ったチェルシーの相手はボーンマス。前節のニューカッスル戦では8割を超える支配率を記録した。ここで勝てばプレミアリーグでは6度目の開幕4連勝だが、チェルシーはその5回のうち4回でリーグ優勝を達成している。果たしてサッリ監督は、プレミア6人目の開幕4連勝指揮官になることはできるのか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第4節 ▽9/1(土) 《20:30》 レスター・シティ vs リバプール 《23;00》 クリスタル・パレス vs サウサンプトン チェルシー vs ボーンマス ブライトン vs フルアム ウェストハム vs ウォルバーハンプトン エバートン vs ハダースフィールド 《25:30》 マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ▽9/2(日) 《21:30》 カーディフ vs アーセナル 《24:00》 バーンリー vs マンチェスター・ユナイテッド ワトフォード vs トッテナム 2018.08.31 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第3節プレビュー】金曜にミランvsローマのビッグマッチ

▽前節はナポリがミランとのビッグマッチを制して、ラツィオに快勝したユベントスと共に2連勝スタートとした。一方でインテルがトリノに引き分け、2戦未勝利となっている。迎える第3節では金曜にミランvsローマのビッグマッチが行われる。 ▽ミランにとっての開幕戦となった前節ナポリ戦では2点をリードしながらも3点を奪われて逆転負けしたミランは、注目のイグアインがサポートに恵まれず孤立した。まずい試合運びを見せてしまった中、ホームサポーターの前で名誉挽回となるか。 ▽一方、ローマは前節アタランタ戦をパストーレの華麗ヒール弾で先制しながらも守備陣が脆さを見せて3失点を喫した中、辛くも3-3の引き分けに持ち込んだ。こちらもまずい試合運びを見せてしまったが、ミランとのビッグマッチで改心の勝利を収められるか。 ▽ピャニッチの華麗ボレー弾などでラツィオに快勝したユベントスは、3連勝を懸けてパルマとアウェイで対戦する。ラツィオ戦ではディバラやクアドラードを温存した中、選手層の厚さを見せる形で2連勝スタートとした。ゴールに迫りながらもあと一歩でゴールが奪えないC・ロナウドに移籍後初ゴールが飛び出すかに引き続き注目だ。 ▽まさかの開幕2試合未勝利スタートとなったインテルは、初勝利を懸けてボローニャとのアウェイ戦に臨む。トリノ戦では前半に好パフォーマンスを発揮して勝利は堅いかに思われたが、後半に反撃を受けて痛恨の引き分けに持ち込まれてしまった。勝利が必須となるボローニャ戦ではエースであるイカルディの今季初ゴールが待ち望まれる。 ▽ミランに2点を先行されながらもアンチェロッティ監督の采配で2試合連続での逆転勝利を収めたナポリは、サンプドリアとのアウェイ戦に臨む。ラツィオ、ミランと難敵を撃破しての価値ある2連勝を飾ったナポリだが、すっきりとした形で3連勝を飾れるか。 ▽最後に強豪との連戦を連敗してしまったラツィオは格下フロジノーネとのホーム戦で今季初勝利を目指す。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆セリエA第3節 ▽8/31(金) 《27:30》 ミラン vs ローマ ▽9/1(土) 《25:00》 ボローニャ vs インテル 《27:30》 パルマ vs ユベントス ▽9/2(日) 《25:00》 フィオレンティーナ vs ウディネーゼ 《27:30》 キエーボ vs エンポリ トリノ vs SPAL アタランタ vs カリアリ サッスオーロ vs ジェノア サンプドリア vs ナポリ ラツィオ vs フロジノーネ 2018.08.31 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース