【プレビュー】公式戦3連敗のシティ、14戦無敗のスパーズ相手に優勝再王手なるか《トッテナムvsマンチェスター・シティ》2018.04.14 12:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが日本時間14日27:45にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。6連勝でプレミアリーグ14戦無敗(11勝3分け)の4位トッテナム(勝ち点67)と、公式戦3連敗中も優勝目前の首位シティ(勝ち点84)によるビッグマッチだ。

▽2017年にリーグ戦無敗と圧倒的な強さでシーズン序盤、中盤戦を駆け抜けたシティ。だが、2018年に入ってからは1月のリバプール戦でリーグ戦初黒星、FAカップで3部ウィガン相手の屈辱の敗戦と黒星が目立ち始めると、直近の公式戦3試合ではチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でリバプール相手に連敗。また、史上最速優勝に王手をかけた前節の宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームでは2点差を引っくり返されるまさかの逆転負けで、今季初の3連敗という苦難を味わった。とりわけ、リバプール戦での完敗によるCL敗退はチームに暗い影を落としている。そのため、今季EFLカップでグアルディオラ体制初のタイトルを獲得した聖地ウェンブリーで勝利を取り戻し、3連敗のショックを払しょくするとともに優勝に再王手をかけたいところだ。なお、トッテナム戦での勝利に加え、翌日に行われるWBA戦で2位ユナイテッド(勝ち点71)が敗れた場合、今節での優勝が決まる可能性がある。

▽一方、昨年12月16日に行われた第18節で今回の対戦相手シティに1-4の大敗を喫して以降、プレミアリーグになってからのクラブ記録である14戦無敗を継続する絶好調のトッテナム。2018年に入って唯一無敗で直近6連勝中のチームはユナイテッド、アーセナル、チェルシーを破り、敵地でのリバプール戦でもドローとトップ6相手にも優れた成績を収めている。今回の一戦では傷心のシティ相手に前回対戦のリベンジを果たし、今季のトップ6全チームからの勝利を果たしたい。また、残り試合で最も難しいシティ戦で勝利できれば、1試合消化が多い3位のリバプール(勝ち点67)、5位のチェルシー(勝ち点57)との熾烈なトップ4争いで優位に立てるはずだ。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】

▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:トリッピアー、ダビンソン・サンチェス、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス
MF:エリック・ダイアー、デンベレ
MF:エリクセン、デレ・アリ、ソン・フンミン
FW:ケイン
負傷者:DFローズ、ウォーカー=ピータース、MFウィンクス
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはサイドバックのローズ、ウォーカー=ピータースに加え、足首の負傷に悩まされるウィンクスの3選手が欠場する。

▽直近のストーク戦からオーリエ、ローズのサイドバックをトリッピアー、ベン・デイビスのコンビに戻してワニャマに代わってエリック・ダイアーが先発に復帰する見込みだ。ただ、リーグ屈指の快足ザネ対策でオーリエをぶつける可能性もある。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】

▽マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、コンパニ、オタメンディ、デルフ
MF:デ・ブライネ、ギュンドアン、シルバ
FW:ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズス、ザネ
負傷者:DFメンディ、ストーンズ、FWアグエロ
出場停止者:MFフェルナンジーニョ(1/2)

▽ユナイテッド戦で今季通算10枚目の警告を受けたフェルナンジーニョが2試合の出場停止の1試合目で欠場となる。負傷者に関してはストーンズとユナイテッド戦で負ったケガが長引くアグエロの欠場が確定。その一方、自身のSNSで完全復活を明言したメンディに復帰の可能性がある。

▽システムに関しては直近のリバプール戦で[3-4-3]、[3-3-2-2]ともいえる変則な布陣を採用したが、コンパニとデルフを最終ラインに復帰させて[4-3-3]の布陣に戻す可能性が高い。また、出場停止のフェルナンジーニョの代役にギュンドアン、コンディションやパフォーマンスを考慮してスターリングに代わってベルナルド・シウバがガブリエウ・ジェズス、ザネと3トップを組む可能性もある。

★注目選手
◆トッテナム:FWハリー・ケイン
Getty Images
▽トッテナムの注目プレーヤーは、3年連続リーグ得点王を目指すエースストライカーのケインだ。前節のストーク戦でのMFエリクセンの微妙なゴールをクラブ側のアピールで自身の今季25点目に変更することに成功したイングランド代表FWは、絶好調のリバプールFWサラーとの得点差を「4」に縮めた。1試合消化が多いことに加え残り試合の対戦相手を考えれば、残り2試合で7ゴールを荒稼ぎして逆転した昨季の再現は十分に可能だ。今回の対戦相手であるシティ戦では通算6試合で2ゴールとあまり相性が良くない。だが、直近3試合で8失点を喫するなど守備のソリッドさを欠いている不振の相手に対して、積極的にゴールを狙い、チームを勝利に導くと共に個人としてはサラーとの差を詰めたい。

◆マンチェスター・シティ:DFカイル・ウォーカー
Getty Images
▽シティの注目プレーヤーは、敵地での古巣初対戦となるウォーカーだ。昨夏、選手としての更なる成長、タイトル、高額のサラリーを求めてトッテナムからシティに加入したウォーカー。名将グアルディオラの薫陶を受けて、目覚ましい成長を遂げたイングランド代表DFはビルドアップの局面やポジショニングの質の向上に加え、直近のリバプール戦ではセンターバックの一角としてもプレーするなど選手としての幅を広げている。本人としては前節のダービーで優勝を決めて爽やかな気持ちで今回の一戦を迎えたかったが、公式戦3連敗という最悪な状況で凱旋試合に臨むことになった。昨季限りでホワイト・ハート・レーンが取り壊しとなり、借り本拠のウェンブリーでは郷愁に浸る感覚はないが、大ブーイングでの“歓迎”が予想される古巣対戦でハイパフォーマンスを見せたい。攻撃時は相手の猛烈なプレスへの対応、守備時はFWソン・フンミンとのマッチアップに注目したい。

コメント

関連ニュース

thumb

【ELプレビュー】GS同居の2チームが決勝進出懸けて再激突! 酒井負傷欠場で南野との日本人対決ならず《マルセイユvsザルツブルク》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、マルセイユvsザルツブルクが日本時間26日28:05にベロドロームでキックオフされる。グループIで同居したDF酒井宏樹のマルセイユと、MF南野拓実のザルツブルクが決勝進出を懸けて再激突する日本人対決だ。 ▽準々決勝で今回の対戦相手ザルツブルクの姉妹クラブであるRBライプツィヒを2戦合計5-3で下し、14年ぶりのベスト4進出を果たしたマルセイユ。以降のリーグ戦ではトロワ、リールと格下相手にきっちり連勝を飾り4位キープに成功。残り4試合となったリーグ・アンで2位モナコ、3位リヨンと勝ち点1差のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに踏みとどまっている。 ▽一方、ザルツブルクはセリエAの強豪ラツィオとの対戦となった準々決勝初戦を敵地で2-4で落とし、ホームでの第2戦も先制される絶体絶命の状況を強いられた。だが、そこから3点差を引っくり返す奇跡の逆転劇をみせ2戦合計6-5での勝ち抜けを決めクラブ史上初のベスト4進出を果たした。また、以降の公式戦3試合ではマッテルスブルクとの国内カップを制して決勝進出を果たすと共に、リーグ戦でも2連勝を飾り首位を快走。シーズン3冠の可能性を残して今回の一戦を迎えた。 ▽両チームは今季グループステージで初顔合わせとなっており、グループ首位通過したザルツブルクがホームで1-0、アウェイで0-0と1勝1分けの戦績で優位に立つ。なお、日本人対決が期待される今回の準決勝だが、酒井が直近のリール戦で左ヒザを負傷して3週間の離脱を強いられており、2試合ともに欠場が確定。一方、南野はベンチスタートが濃厚だ。 <div style="text-align:center;">◆マルセイユ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽マルセイユ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:プレ DF:ブナ・サール、ラミ、ロランド、アマヴィ MF:マキシム・ロペス、グスタボ MF:トヴァン、パイエ、オカンポス FW:ミトログル 負傷者:GKマンダンダ、DF酒井宏樹、ブバカル・カマラ、ロランド 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては守護神マンダンダ、酒井の主力2選手の欠場が確定。また、軽傷を抱えるロランドとカマラの両センターバックに関しても間に合うか微妙なところだ。 ▽システムに関しては[4-2-3-1]、[4-1-4-1]のメインシステムに加えて、[3-4-3]もオプションに持っているが、今回の一戦では[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。仮に、前述のロランドとカマラが間に合わない場合、グスタボが最終ラインに入って守備的MFのアンギッサがボランチの一角に入る。また、マキシム・ロペスかオカンポスに代わってサンソン、ミトログルに代わってジェルマンが起用される可能性もある。 <div style="text-align:center;">◆ザルツブルク◆ 【4-3-1-2】</div> ▽ザルツブルク予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ヴァルケ DF:ライナー、カレタ=カル、ラマーリョ、ウルマー MF:ハイダラ、サマッセコウ、シュラガー、バロン・ベリシャ FW:ダブール、ファン・ヒチャン 負傷者:なし 出場停止者:なし ▽主力に出場停止者、負傷者ともになし。システムに関しては中盤フラットの[4-4-2]と[4-3-1-2]を併用しているが、今回の試合では[4-3-1-2]で臨む見込みだ。 ▽スタメンに関しては前述の11人を予想したが、南野やグルブラドセン、ヤボといった攻撃陣がスタメンに抜擢される可能性もある。 ★注目選手 ◆マルセイユ:FWフロリアン・トヴァン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マルセイユの注目プレーヤーは絶対的エースのトヴァンだ。2016年1月に復帰して以降、シーズンを経るごとに存在感を増す25歳のレフティは今季ここまでの公式戦47試合で22ゴール17アシストとマルセイユの攻撃の核を担う。卓越した左足の精度、アジリティを武器に右ウイングのポジションから鋭い仕掛けでチャンスを演出すれば、質の高い動き出しでゴール前に飛び出してフィニッシュの役割を担うなど、多彩な仕掛けで攻撃に厚みを加える。現在、トップ下のパイエや1トップのミトログルらが復調を見せており、自身に依存していた攻撃のバランスも改善傾向。そのため、今回の一戦ではカットインからの左足のシュートや細かいパス交換からの飛び出しと自身の得意なプレーに集中して相手ゴールをこじ開けたい。 ◆ザルツブルク:FWファン・ヒチャン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ザルツブルクの注目プレーヤーは進境著しい若手アタッカーのファン・ヒチャンだ。リザーブチームのリーフェリング時代も含めザルツブルク加入4年目を迎えた22歳の韓国代表FWは、ブレイクを果たした昨季に続き今季も安定したパフォーマンスを継続。今季は序盤こそケガの影響でパフォーマンスが上がり切らなかったものの、チームがEL決勝トーナメント進出を果たすと、そこからの出場5試合で1ゴール2アシストに重要なPK奪取とクラブ史上初のベスト4進出に大きく貢献している。177cmと上背はないものの当たり負けしない強靭なフィジカルに加え爆発的なスピードは、裏への抜け出しやファーストディフェンダーという攻守両面で効いている。また、レンジを問わないパワフルなシュートは劣勢が予想される中でチームにとって大きな武器となるはずだ。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】ヴェンゲル退任発表のガナーズが決勝進出を懸けて優勝候補アトレティコと初対決!《アーセナルvsアトレティコ・マドリー》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、アーセナルvsアトレティコ・マドリーが日本時間26日28:05にアーセナル・スタジアムでキックオフされる。初顔合わせとなったアーセナルとアトレティコの優勝候補2チームによる、事実上の決勝戦の第1ラウンドだ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)敗退組CSKAモスクワとの準々決勝を2戦合計6-3で制したアーセナルは、クラブ史上初のEL制覇と来季CL出場権獲得へまた一歩近づいた。しかし、国内リーグでは前々節のニューカッスル戦で公式戦8試合ぶりの敗戦を喫すると、20日には22年間クラブを率いてきたヴェンゲル監督の今季限りでの退任が発表され、クラブに激震が走った。それでも、直近のウェストハムとのダービーでは一時追いつかれながらも終盤のゴールラッシュで4-1の大勝。フランス人指揮官に有終の美を飾らせようと、チームは再び一丸となった姿勢を見せている。 ▽一方、スポルティング・リスボンとの準々決勝を1勝1敗で終えるも2戦合計2-1で逃げ切りベスト4進出を果たしたアトレティコ。だが、勤続疲労や選手層の薄さが目立つチームは、国内リーグ前々節のレアル・ソシエダ戦で0-3の完敗を喫すると、前節のベティス戦もゴールレスドローで終え2戦未勝利。この結果、リーガ逆転優勝の可能性はほぼゼロとなった。そのため、新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの最初のシーズンを良い形で終えるためにもクラブ史上3度目のEL制覇は必須だ。 ▽共にヨーロッパのコンペティションの常連同士ながら公式戦では初対決となる。唯一、2009年のエミレーツカップで対戦した際にはアーセナルが2-1で勝利している。また、両チームに在籍した古巣対戦の選手もおらず、非常にフレッシュな顔合わせとなる。その一方で、アーセナルでは元レアル・マドリーMFエジル、チェルシーでは元チェルシーのFWジエゴ・コスタ、FWトーレス、DFフィリペ・ルイスとかつてライバルチームに在籍したプレーヤーもいる。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-2-3-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ベジェリン、ムスタフィ、コシエルニー、モンレアル MF:ラムジー、ジャカ MF:エジル、ウィルシャー、ウェルベック FW:ラカゼット 負傷者:MFカソルラ、ムヒタリアン、エルネニー、ウィルシャー、エジル 出場停止者:FWオーバメヤン ▽レギュレーションの問題でオーバメヤンが登録メンバー外となり引き続き欠場する。負傷者に関してはカソルラ、ムヒタリアンに加えて、直近のウェストハム戦で負傷したエルネニーの欠場が確定。また、ウィルシャーやエジルのコンディションも危ぶまれる。 ▽システムは局面によってジャカがアンカーに近い立ち位置を取る[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。もちろん、2トップのアトレティコ対策として[3-4-3]のオプションもあるが、勝利が求められるホームでの初戦だけにヴェンゲル監督がサプライズを行う可能性は低い。前線の構成に関してはウィルシャーやエジルの状態次第でイウォビが代役を担うことになる。 <div style="text-align:center;">◆アトレティコ・マドリー◆ 【4-4-2】</div> ▽アトレティコ・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オブラク DF:ヴルサリコ、サビッチ、ゴディン、リュカ MF:コレア、トーマス、サウール、コケ FW:ガメイロ、グリーズマン 負傷者:DFフィリペ・ルイス、フアンフラン、FWジエゴ・コスタ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはフィリペ・ルイスとフアンフランのベテランサイドバックが共に欠場する。その一方で、筋肉系のトラブルで直近3試合を欠場したジエゴ・コスタは遠征メンバー入りを果たしており、復帰の可能性を残す。 ▽ジエゴ・コスタの先発起用が難しいため、オプションの[4-1-4-1]の可能性はなく[4-4-2]の採用が濃厚だ。注目は中盤のメンバー構成とグリーズマンの相棒。アウェイ仕様でより守備的に戦うならば、コレア(ビトロ)に代えてガビを起用する“クアトロ・ピボーテ”も考えられる。また、前線でよりタメを作ることを考えれば、ガメイロではなく高さと強さのトーレスを起用するはずだ。 ★注目選手 ◆アーセナル:FWアレクサンドル・ラカゼット<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、昨夏加入が内定していた意中のクラブと対峙するラカゼットだ。昨夏、アトレティコ移籍がクラブ間、個人ともに内定していたラカゼットだったが、FIFAからの補強禁止処分の影響で移籍は破談に終わり、新天地はアーセナルとなった。そのアーセナルではシーズン序盤こそ結果を残せたものの、その後は低迷するチームと共に自身も思うように結果を残せず。それでも、ヒザの手術から復帰して以降の公式戦6試合では6ゴールを挙げる活躍を見せており、レギュレーションの問題でオーバメヤンを起用できないELではエースストライカーの役目を担う。盟友グリーズマンを含め本来チームメートになるはずだったアトレティコの面々を相手にきっちり仕事を果たしたい。 ◆アトレティコ・マドリー:FWアントワーヌ・グリーズマン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アトレティコの注目プレーヤーはグリーズマンだ。今季もアトレティコのエースとして活躍するグリーズマンだが、シーズンを通してパフォーマンスに波がある。今シーズンのリーガでは前半戦19試合で5ゴールと得点力不足に苦しんだ一方、後半戦に入ってからは2度のハットトリック(1試合は4ゴール)を含む14ゴールを記録している。ただ、直近の公式戦5試合では3ゴールを記録しているものの、試合毎のパフォーマンスのばらつきが目立っており、ややエースとして信頼感にかける状態だ。今回の一戦に向けては頼れる相棒、ジエゴ・コスタの不在が予想されており、前線で孤立を強いられる可能性が高い。その中でガメイロやコレアと連携しながら少ない決定機を確実に決め切る勝負強さが求められる。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1第10節プレビュー】過去最速で勝ち点を稼ぐ首位広島は2位FC東京と激突! 浦和オリヴェイラ新監督は柏とのアウェイ戦に臨む

▽明治安田生命J1リーグ第10節の9試合が25日に行われる。 ▽中3日~4日と過密日程が続くJ1。前節はサガン鳥栖に勝利した首位のサンフレッチェ広島が第9節を終えた時点で過去最多となる勝ち点「25」を獲得。加えて、2位のFC東京との勝ち点差「9」もこの時点では最大となっている。そんな中行われる今節は、そのFC東京と広島が激突。今シーズンから新監督の下守備をベースに勝ち点を重ねている両チームの一戦は今節最大の注目カードだ。 ▽オズワルド・オリヴェイラ監督初陣となる浦和レッズはアウェイで柏レイソルと対戦。リーグ戦4戦無敗と最高の襷を受け取ったブラジル人指揮官は勝利を手にすることが出来るのか。また、前節鹿島アントラーズ相手に4発快勝の川崎フロンターレはサガン鳥栖とのアウェイ戦に臨む。そのほか、大阪ダービ―で連勝がストップしたセレッソ大阪はホームでベガルタ仙台との上位対決に挑むなど、今節も激戦必至の9試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 ◆攻撃スタイルが激突! 大量得点必至?! 北海道コンサドーレ札幌 vs横浜F・マリノス [4月25日(水)19:00] ▽第4節以降無敗が続いている札幌と、ここ4試合未勝利の横浜FMが北の地で激突。共に攻撃的スタイルを志向するチームだが状況の差は歴然だ。それでも横浜FMは札幌戦4連勝中。浮上のきっかけにできるか。 ◆昌子源を欠く鹿島にポドルスキが襲いかかる 鹿島アントラーズvs ヴィッセル神戸 [4月25日(水)19:00] ▽前節、昨季優勝を争った川崎Fに大敗した鹿島。西大伍が復帰も今節は守備の要の昌子源を出停で欠く。対する神戸はポドルスキの2得点の活躍で前節名古屋を下しリーグ2連勝。不調に喘ぐ鹿島に元ドイツ代表FWが襲いかかる。 ◆オリヴェイラ初陣の好調浦和が絶不調柏を強襲! 柏レイソル vs 浦和レッズ [4月25日(水)19:00] ▽柏は前節昇格組の長崎に敗北して連敗に突入。また、ホームでの公式戦3連敗中と最悪の状態だ。対する浦和はリーグ4戦負けなしと絶好調。良い雰囲気の中でオズワルド・オリヴェイラ監督の初陣を迎える。 ◆助っ人躍動の両クラブが頂上で激突! FC東京 vs サンフレッチェ広島 [4月25日(水)19:00] ▽堅い守備を基調とし、最前線に強力助っ人据える両クラブの頂上決戦!ディエゴ・オリヴェイラ擁するFC東京は首位撃破で連勝を目指す!無敗維持のパトリック擁する広島は独走状態に拍車をかけたい。 ◆ダービー後の両クラブが浮上かけて争う 湘南ベルマーレ vs ガンバ大阪 [4月25日(水)19:00] ▽”神奈川ダービー”で打ち合いを演じて引き分けた湘南と”大阪ダービー”でウノゼロ勝利を収めたG大阪が対戦。爆発力示した湘南攻撃陣はG大阪の若手GK林瑞輝に混乱をもたらすことができるか ◆J1で再会の両者…連勝を続けるのは? ジュビロ磐田 vs V・ファーレン長崎 [4月25日(水)19:00] ▽J2時代は3勝1分けで磐田が圧倒。前節移籍後初弾含む全得点に絡んだ田口泰士が再び輝きを放ち3連勝へ貢献なるか。一方の長崎は、中村慶太がJ1でも躍動中。流通経済大柏高校の先輩・田口に負けない活躍でチームを4連勝へ導けるか。 ◆不調の両チーム、連敗から脱するのはどっちだ?! 名古屋グランパス vs清水エスパルス [4月25日(水)19:00] ▽リーグ6連敗中と泥沼の名古屋の次なる相手は、こちらも3連敗中と不調から抜け出せない清水。前節はガブリエル・シャビエル復帰も今節はワシントンが出場停止に。勝利に導くのは名古屋ジョーか、清水の金子翔太か。 ◆今月C大阪から仙台復帰の関口訓充出場なるか!? セレッソ大阪 vs ベガルタ仙台 [4月25日(水)19:00] ▽前節ダービー敗戦のC大阪は、厳しい台所事情の中で出場機会を得ている21歳・西本雅崇に期待。一方、仙台は、昨季キンチョウスタジアムで4発の攻撃陣が今季も爆発なるか。今月C大阪から6年ぶりに仙台復帰を果たした関口訓充にも注目だ。 ◆4連敗中の鳥栖に前節4発の川崎F・攻撃陣が襲いかかる サガン鳥栖 vs 川崎フロンターレ [4月25日(水)19:00] ▽4連敗でついに降格圏に転落した鳥栖。チョン・スンヒョンが累積警告により出場できないがなんとしても勝ち点3の特効薬が欲しいところだ。一方の川崎Fは前節鹿島に4発大勝で攻撃陣に復活の兆し。鳥栖はこの攻撃陣に耐えきれるか。 2018.04.24 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】34年前の決勝カード実現! 優勝候補破ったダークホース同士の準決勝初戦《リバプールvsローマ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマが日本時間24日27:45にアンフィールドでキックオフされる。それぞれ優勝候補マンチェスター・シティ、バルセロナを破ったリバプールとローマのダークホース同士による、ファイナル進出を懸けた重要な初戦だ。 ▽今大会唯一の同国対決となったシティとの準々決勝を2戦合計5-1で制したリバプールは2007-08シーズン以来、10年ぶりとなるベスト4進出を果たした。準々決勝以降の国内リーグでは前々節のボーンマス戦を3トップ揃い踏みの活躍で3-0の快勝を収めた。一方、主力数名を温存した直近のWBA戦ではFWイングスの2年半ぶりのゴール、FWサラーの今季31点目で2点のリードを得るも、試合終盤の連続失点で最下位相手にドローに持ち込まれ、嫌な流れで今回の一戦を迎えることになった。それでも、トップ4フィニッシュを目指す中で5位チェルシーと勝ち点8差の3位と好位置に付けている。 ▽一方、敵地での1stレグを1-4で大敗するもホームでの2ndレグで3-0の完勝を収め、“オリンピコの奇跡”を起こしたローマ。2戦合計4-4もアウェイゴール数でバルセロナを振り切り、前身チャンピオンズカップ時代の1983-84シーズン以来、34年ぶりのベスト4進出を果たした。以降の国内リーグではラツィオとのダービーこそドローで終えたもののジェノア、SPALと格下相手に主力を温存しながら連勝を飾り3位キープに成功。ただ、同じ3位でもリバプールとは異なり、4位ラツィオと同勝ち点、5位インテルと勝ち点1差と熾烈なトップ4争いが続いている。 ▽両チームの通算対戦成績はリバプールの2勝1敗2分け。なお、ローマが34年前にベスト4進出を果たした際に決勝で対戦した相手こそ今回の対戦相手リバプール。当時のリバプールはグレアム・スーネス、ケニー・ダルグリッシュ、イアン・ラッシュ、アラン・ハンセンといった名選手が在籍。一方のローマもトニーニョ・セレーゾ、ファルカン、ブルーノ・コンティといった名手が在籍。なお、試合は1-1のままPK戦に突入も、元祖“デュデク・ダンス”のGKグロベラーの活躍でリバプールが優勝を果たしていた。 <div style="text-align:center;">◆リバプール◆ 【4-3-3】</div> ▽リバプール予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180423_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カリウス DF:アーノルド、ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン MF:チェンバレン、ヘンダーソン、ミルナー FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFマティプ、MFララナ、ジャン、 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。逆に、出場停止明けのヘンダーソンが復帰する。負傷者に関してはマティプ、ジャン、ララナの3選手を除いて全選手が起用可能だ。 ▽いくつかの選択肢を持つローマと異なり、お馴染みの[4-3-3]でいつも通りのクロップ・スタイルで臨むリバプールは、準々決勝2ndレグのスタメンからワイナルドゥムに代えてヘンダーソンを戻すのみの変更でこの初戦に挑む予定だ。 <div style="text-align:center;">◆ローマ◆ 【4-3-3】</div> ▽ローマ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180423_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:アリソン DF:フロレンツィ、マノラス、ファシオ、コラロフ MF:ストロートマン、デ・ロッシ、ナインゴラン FW:シック、ゼコ、ペロッティ 負傷者:DFカルスドルプ、FWデフレル 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してもカルスドルプとデフレルを除く全選手が起用可能だ。 ▽システムに関してはバルセロナ戦で採用した[3-4-3(3-5-2)]か、今季メインシステムの[4-3-3]のいずれかをゲームプランに合わせて選択することになる。2トップに加えて、背後を突く意識が低いバルセロナと異なり、リバプールは3トップを採用しているうえ、全員がスピードやアジリティに優れるタイプだ。そのため、[3-4-3]でバルセロナ戦と同じやり方を踏襲することは難しく、同システムを採用する場合、5バック気味の低いライン設定にハイプレスではなくミドルプレスの採用がベターか。 ▽逆に、[4-3-3]のシステムであれば、偽CFのフィルミノに対してセンターバックの1人とアンカーのデ・ロッシ、マネとサラーの両ウイングに対してはボールサイドのセンターバックとサイドバックの2人と常に数的優位での対応が可能。加えて、チームのコンセプトであるハイライン・ハイプレスでの戦いも可能だ。また、ペロッティとジェンギズ・ユンデルをスタートから起用する、より攻撃的なプランも可能だ。 ▽[4-3-3]によりメリットが見込まれるが、バルセロナ戦で卓越した手腕を発揮したディ・フランチェスコ監督の選択はいかに。 ★注目選手 ◆リバプール:FWモハメド・サラー<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180423_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リバプールの注目プレーヤーは古巣対戦のサラーだ。昨夏、総額5000万ユーロ(約66億2000万円)でローマからリバプールに加入したエジプト代表FW。プレミア再挑戦となった今季は序盤からクロップ・スタイルに完璧な適応を見せると、プレミアリーグで31ゴールを記録するなど、ここまでの公式戦46試合で41ゴール13アシストと異次元のパフォーマンスを披露。22日にはPFA年間最優秀選手賞まで受賞した。 ▽ローマ時代にはチャンスメークや個での打開力に優れた一方、決定力に大きな課題があったサラーだが、わずか8カ月で世界のトップ・オブ・トップに上り詰めた。そのサラーは、「より多くの感情を呼び起こす」と古巣初対戦を前に複雑な胸中を語った。ただ、その言葉とは裏腹に今回の一戦では準々決勝でバルセロナとFWメッシを封じたローマ相手に自身の成長を大いに見せ付けるはずだ。 ◆ローマ:MFラジャ・ナインゴラン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180423_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ローマの注目プレーヤーは攻守のカギを握る中盤の要、ナインゴランだ。今シーズンはポジション変更の影響もあって公式戦14ゴール7アシストを記録した、昨シーズンほどの凄みはないものの、ビッグマッチやチームが苦境に立たされる場面で相変らずの存在感を放っている。難所アンフィールドで劣勢が予想される今回の初戦では120パーセントのパフォーマンスが求められるところだ。 ▽バルセロナとの2ndレグではゼコ、シックと共に最前線でプレッシングの一の矢として存在感を示したナインゴランだが、バルセロナと異なるスタイル、プレーヤーの特徴を持つリバプール戦ではより深い位置でセントラルMFとしての働きが求められる。守備ではハイインテンシティを売りとする相手の中盤との球際の争い、攻撃では前線で孤立が予想されるターゲットマンのゼコが競ったこぼれ球の回収などサポートの動き、得意のミドルシュートでゴールに絡む仕事が期待される。 2018.04.24 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第34節プレビュー】乾vs柴崎の日本人対決なるか!

▽今週ミッドウィークに行われた第33節では首位のバルセロナ(勝ち点83)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点68)がいずれもドロー。また、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)がレアル・ソシエダに完敗、4位のバレンシア(勝ち点65)が連敗と上位陣が揃って取りこぼす波乱の結果となった。また、前節レバンテに悲劇的な敗戦を喫した最下位マラガ(勝ち点17)の5節を残しての降格が決定している。 ▽過密日程の中で行われる今節だが、21日にバルセロナとセビージャのコパ・デル・レイ決勝が行われる関係でセビージャvsレアル・マドリー、バルセロナvsビジャレアルの上位対決2カードが来月9日に延期となる。 ▽そのため、今節最大の注目カードは11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、MF乾貴士とMF柴崎岳の史上初となる日本人対決だ。なお、前回対戦では両選手共にピッチに立ったものの、先発した乾が交代した後に柴崎が途中投入されており、ピッチ上での競演は果たされていなかった。 ▽前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。その一方で乾は体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップ。過密日程ということもあり、体調が回復すればメンバー入りは確実だが、先発起用かは微妙なところだ。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。6位ビジャレアル(勝ち点51)との勝ち点差は「6」と逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は十分に可能だ。なお、チームが連勝中ということもあり、柴崎の先発復帰は微妙なところだ。それでも、堅い試合展開が予想されるだけにビハインドかイーブンの状態で迎えた後半にピボーテやサイドでの投入の可能性はあるはずだ。 ▽また、もう1つの注目カードは2位アトレティコと5位ベティス(勝ち点55)による上位対決だ。ミッドウィークに行われたソシエダ戦でまさかの0-3の完敗したアトレティコは4試合ぶりの敗戦を喫すると共にバルセロナとの勝ち点差が「12」に広がり、3位レアル・マドリーとの勝ち点差も「3」に縮まった。ただ、来週ミッドウィークにはEL準決勝初戦のアーセナル戦を控えており、今節ではある程度の主力温存が濃厚とみられている。 ▽対するベティスは前節、降格圏に沈むラス・パルマスに勝利して破竹の6連勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内のバレンシアとの勝ち点差は「10」とさすがにここからの逆転は難しいものの、ELストレートインに向けて好位置に付ける。今節では主力温存が予想される格上に対して、最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。 ▽その他では残り2つの降格枠を巡る残留争いに注目。19位のラス・パルマス(勝ち点21)は15位アラベス(勝ち点38)との対戦で勝ち点3獲得が必須。さらに、17位のレバンテ(勝ち点34)と16位のエスパニョール(勝ち点36)が負けない限り、奇跡の残留は難しい。一方、18位のデポルティボ(勝ち点27)は今節での降格はないものの、14位レガネス(勝ち点39)との試合で勝利が求められる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第34節》 ▽4/20(金) 《28:00》 レガネス vs デポルティボ ▽4/21(土) 《20:00》 エイバル vs ヘタフェ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ▽4/22(日) 《19:00》 ジローナ vs エスパニョール 《23:15》 マラガ vs レアル・ソシエダ 《25:30》 ラス・パルマス vs アラベス 《27:45》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽4/23(月) 《28:00》 ビルバオ vs レバンテ ▽5/9(水) セビージャ vs レアル・マドリー バルセロナ vs ビジャレアル</div> 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース