ネイマール、復帰までは「あと1カ月くらい必要」…指揮官も今季終了時までの復帰を期待2018.04.14 11:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、自身の復帰まで「あと1カ月」かかることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』がブラジル『TVグローボ』を引用して伝えている。▽ネイマールは2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という重傷を負った。3月1日に手術を実施すると、その際に地元メディアからは全治2カ月半~3カ月と伝えられていた。

▽そんな中、ネイマールは順調に回復していることを明かした。復帰まで約1カ月要するようだ。

「あと1カ月くらいは必要だね。でも順調に回復しているよ」

▽一方、PSGを率いるウナイ・エメリ監督は「最近の検査でもう少しでトレーニングに復帰できると聞いている。おそらくシーズン最後の試合までには復帰できるだろう。我々はそれを目指して努力していく」と語っている。

▽PSGのシーズン最終戦は、5月20日のリーグ・アン第38節のカーン戦。ブラジル代表として戦うロシア・ワールドカップ初戦のスイス戦は6月18日に迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、トニ・クロースに100億円超のメガオファー用意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(29)に巨額オファーを用意しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』がスペイン『OK Diario』の情報をもとに伝えている。 今夏の移籍市場もPSGを中心に回るかもしれない。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指す同クラブは、マドリーでの大会3連覇を含め、4度の優勝経験を持つクロースの獲得に動いているという。伝えられるところでは、PSGがクロース獲得に用意している移籍金は8000万ユーロ(約101億円)。2014年にバイエルンから加入した際の移籍金がわずか2500万ユーロだった。 PSGはさらに、クロースには現在マドリーから受け取っている1.5倍の年俸も用意しているようで、クラブにも選手にも首を縦に振らざるを得ない甘いオファーを打診している模様だ。 しかし、ここに歯止めをかけそうなのがジネディーヌ・ジダン監督だ。先日マドリーに復帰したジダン監督は、第一次政権時にはクロースを重宝しており、CL3連覇に欠かせない選手だった。 PSGとしては、まずはフランス人指揮官を説得するところから始めなくてはならない。 2019.03.20 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがユベントスのMFドグラス・コスタに興味…ユナイテッドと争奪戦か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスのブラジル代表MFドグラス・コスタ(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『Le10Sport』が報じた。 今シーズンのドグラス・コスタは、ケガに始まり、出場停止、さらには自動車事故に巻き込まれるなど様々なことに巻き込まれており、セリエAでは17試合に出場し1ゴールに終わっている。 昨夏は、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーから興味を持たれていたものの、ユベントスは売却を拒否。しかし、現在は放出候補となっている状況だ。 PSGも今夏の獲得候補にドグラス・コスタを含めているが、ユナイテッドも引き続き獲得に動いているとされ、獲得を争う形となりそうだ。 ドグラス・コスタは2017年7月に、バイエルンからの買取オプション付きのレンタル移籍で加入。レンタル料は600万ユーロ(当時約7億7000万円)で、買取額は4000万ユーロ(当時約51億7000万円)となっていた。しかし、現在はトップフォームからも遠く、3000万〜35000万ユーロ(約38億〜44億3200万円)で売却されるとみられている。 2019.03.20 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

CASがPSGの訴えを認める…FFP違反の再調査問題はUEFAの不手際で無効か

FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)違反問題で再調査を受けていたパリ・サンジェルマン(PSG)だったが、どうやらその調査を免れることができるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 報道によると、UEFA(欧州サッカー連盟)がPSGのFFP違反に対して再調査を行うと通達。これに対し、PSG側は再調査が不当であるとスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えていた。 PSGは2017年の夏の移籍市場で、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(当時約287億6000万円)で、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロ(当時約233億1900万円)で獲得し、多額の出費があった。 この件で、UEFAがFFPに関する調査を進めたものの、2018年6月にUEFAの調査が終了し、PSGには問題がないと決着。しかし、9月になって再調査をスタートさせるとしていた。 CASは、PSGの訴えに対し再調査が行われるべきではないと結論。理由は、UEFAが再調査の申請を出すまでの期間にあり、最初の決定から10日の期限を超えていたとし、再調査が無効であるとしている。 PSGは2014年、FFP違反により罰金6000万ユーロ(当時約83億4000万円)とチャンピオンズリーグの出場選手枠を削減される処分を受けていたが、今回はUEFAの不手際をCASが認めたこととなり、事態は収束に向かうと見られている。 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ラビオ母親がPSGに苦言「息子はPSGの囚人だ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代理人を務める母親が同クラブを批判した。スペイン『マルカ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるラビオだが、クラブからの再三の契約延長オファーを固辞。この振る舞いを受けて、クラブはすでに交渉をストップすると共に、一時はリザーブチーム送りにしていた。そのため、同選手は昨年12月11日以来、公式戦の出場はない。 さらに、ラビオはチームがチャンピオンズリーグ(CL)敗退の屈辱を味わった中、パリのナイトクラブで遊んでいることが発覚したことや、ユナイテッドOBの元フランス代表DFパトリス・エブラがインスタグラムに投稿したユナイテッドのPSG撃破を熱狂的に喜ぶ動画に『いいね』をしたことで今月27日までの謹慎処分を科せられた。 その他、ラビオには昨年12月のマルセイユへの遠征の際に遅刻したこと、今年1月のドーハでのトレーニングキャンプに無断欠席したことを理由に数カ月分の倫理ボーナス(月給の数パーセント)の支払い拒否を通達されていた。 すでにクラブとの関係が完全に終わり、ユース時代を含めて9年間を過ごしたPSGを最悪な形で去ることになりそうなラビオ。そんな中、同選手の母親で代理人を務めるヴェロニク・ラビオさんがブラジル代表FWネイマールを引き合いに出しながらPSGに苦言を呈した。 「私の息子はPSGの囚人だ」 「ラビオが要求した唯一のことは、契約を完了し、尊重されることだった」 「祖母と父親が亡くなったことを理由にカタールに行かなかった時も彼は罰金を科せられた。人質のようだ」 「PSGはチームミーティングに6分遅れただけで罰金を科す。なのに、負傷しているのに、世界中に旅行に行ったり、カーニバルに行くのは許される」 2019.03.20 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

子どもへの命名「グリーズマン・ムバッペ」は禁止! フランス人夫妻に判決

いかに英雄にあやかりたい気持ちがあろうと、やはり子供に「グリーズマン・ムバッペ」と命名することは許されなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。母国に大きな歓喜をもたらし、今では国民の英雄となっている。 しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。「子どもの利益を害する」として、政府に問題視され、名前の変更を求める裁判が起こされていた。 その報道から約5ヵ月後、地元紙『La Montagne』によると、裁判所は「グリーズマン・ムバッペ」という名前が国連子どもの権利条約第3条に基づく、乳児の「最善の利益」に反すると指摘。夫妻には、改名が言い渡された。 そして、地元ラジオ「France Bleu Limousin」が伝えるところでは、赤ん坊の名前は「ダニー・ノア」に落ち着いたようだ。 フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2019.03.19 15:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース