ローマ公式ツイッター、昨季まで在籍していたサラーとの再会に「僕らは180分間対戦することになる。しかし…」2018.04.14 09:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)で初のベスト4進出を決めたローマは、大舞台でのある選手との再会を楽しみにしているようだ。

▽CL準々決勝でバルセロナと2戦合計スコア4-4で並び、アウェイゴール数の差で上回って初のベスト4進出を決めたローマ。13日には行われた準決勝組み合わせ抽選会が行われ、10年ぶりに準決勝進出を果たしたリバプールとの対戦が決定した。

▽リバプールには2015-16シーズンから2年間ローマに所属していたエジプト代表FWモハメド・サラーが在籍。今シーズンリバプールの躍進を支える同選手にとっては古巣対決となる。そんな中、同選手はアメリカ『CNN』によるインタビューで「僕は今でもロマニスタを愛している」「今でも多くのローマ選手とコンタクトをとっているよ」とコメントしていた。

▽一方、ローマもサラーとの対戦について公式ツイッター(@OfficialASRoma)を更新。再びピッチで会えることに心を躍らせた。

「僕らは180分間対戦することになる。しかし、たとえどんなことが起こっても一生友達のままさ。再び君と会えることを楽しみにしているよ、サラー!(@22mosalah)」

コメント

関連ニュース

thumb

サラーをリバプールに放出したローマ...売却せざるを得なかった理由とは?

ローマには、昨夏エジプト代表MFモハメド・サラーをリバプールに放出しなければならない理由があったようだ。モンチSD(スポーツディレクター)が明かしている。<br><br>リバプールは24日のチャンピオンズリーグ準決勝第1戦でローマに5-2と快勝した。この試合の主役となったのがサラーだ。サラーは先制ゴールを含む2得点を叩き込み、勝利に大きく貢献した。<br><br>昨夏ローマからリバプールに3700万ポンド(当時約52億円)で加入したサラーは、古巣相手に大活躍した格好だ。なぜ、ローマはエジプト代表MFを放出してしまったのだろうか。ローマのモンチSDはスペイン『オンダ・セロ』で次のように説明している。<br><br>「我々はサラーをどうしても売らなければいけなかった。UEFAの財政管理から逃れるためだ。我々に他の解決法はなかった。サラーは移籍を望んでいたし、我々は彼の売却を余儀なくされていた」<br><br>サラーは今季公式戦47試合で43得点13アシストと爆発している。リバプールはプレミアリーグのタイトルをマンチェスター・シティに譲ったが、サラーにはPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞が与えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールvsローマの裏で悲劇…ローマサポに襲われたリバプールファン男性が危篤に

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマの裏で悲劇が起こっていた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽24日に行われたリバプールvsローマ。試合はモハメド・サラーの活躍によりリバプールが5-2で勝利。2006-07シーズン以来となる決勝進出に向けて大きく前進した。 ▽しかし、この試合の裏で悲劇が起こっていた。『デイリー・メール』によれば、試合前に暴徒化したローマサポーターがリバプールファンを襲撃。スポーツパブを襲った一部のサポーターがベルトやハンマーを振り回し、53歳の男性が緊急搬入される事態にまで陥った。 ▽この事件の後、男性を襲ったとされる2人の男は殺人未遂で逮捕。合計9人のサポーターが警察に連行されたという。 ▽事態は収束したものの、病院に搬送された男性は危篤状態に。これを受けリバプールは以下のような公式声明を出している。 「我々の思いは、彼とその家族と共にあります。私たちは彼らに全面的な支援を提供いたします。事件後、クラブは救急サービスと連携しこれを続けていく次第であります」 ▽また、警察は事件の更なる詳細を明らかにするため、フェイスブックやツイッターを通じて目撃情報を提供するよう求めている。 2018.04.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

主将ヘンダーソン、勝利を喜ぶも終盤の2失点に「CLの舞台でこのようなことをしていては…」

リバプールのジョーダン・ヘンダーソンは、ローマ戦の終盤に低調なプレーを見せたことを嘆いている。<br><br>24日にアンフィールドで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、リバプールはローマと対戦。35分にモハメド・サラーが先制に成功すると、その後攻撃陣が爆発して後半の途中までに5点のリードを奪う。81分からの短時間でローマに2失点を許すも5-2でリバプールが初戦を制した。<br><br>3点のアドバンテージを持って2戦目を迎えるリバプールが決勝進出の本命という見方が強い。しかし、試合後『BTスポーツ』のインタビューを受けた主将のヘンダーソンは心中穏やかではないようだ。<br><br>「試合を完全にコントロールできたように見えるが、2得点を彼らに与えてしまった。確かに僕たちは良いプレーをして、3点のアドバンテージを持って次の試合に挑めるが、CLの舞台で、このような失点をしてはいけない」<br><br>「でも、この結果をポジティブに捉えるべきだ。今夜は簡単な夜にはならないと分かっていたし、来週の試合も簡単にはいかないだろう。大きな挑戦になるだろうが、次の試合を楽しみにして、彼らに引導を渡せると願っている」<br><br>ローマは先の準々決勝でバルセロナ相手にホームで3点差を追いつき、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めている。そのことを踏まえ、ヘンダーソンはローマでの大一番に向け、早くも気を引き締めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 5-2 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマが24日、アンフィールドで行われ、5-2でリバプールが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。. ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 5.5 2失点もコラロフのミドルシュート、シックのヘディングシュートを阻止 DF 66 アーノルド 6.5 3、4点目の起点に。守備も問題なし 6 ロブレン 5.5 失点場面では豪快に被った。バー直撃のヘディングシュートを浴びせる 4 ファン・ダイク 6.0 終盤、ディフェンスラインを統率できず 26 ロバートソン 6.0 質の高い攻撃参加を続けた MF 21 チェンバレン - 右ヒザを負傷。重傷の可能性も (→ワイナルドゥム 6.0) 緊急出場も感じさせない冷静なプレーだった 14 ヘンダーソン 6.0 リスク管理の効いたプレーぶり 7 ミルナー 6.0 PK献上が痛かったが、セカンドボールをよく拾って攻撃に繋げた FW 11 サラー 8.0 古巣相手に2ゴール2アシストと躍動 (→イングス -) 9 フィルミノ 7.0 サラーの2ゴールをアシストし、4点目を決めた。サラーと抜群の相性 19 マネ 6.0 前半は再三の決定機を逸したが、後半に1ゴール 監督 クロップ 7.0 最後の2失点が余計だったが、3トップを存分に生かした試合運びを見せた ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.0 完全に崩されての失点のため、責任は負えない DF 44 マノラス 5.0 フィジカルで対抗も及ばず 20 ファシオ 4.5 背後のスペースをケアしきれず 5 ファン・ジェズス 4.5 集中はしていたが、対面のサラーに何度も翻弄された MF 24 フロレンツィ 5.5 規律を持ってプレーした 16 デ・ロッシ 5.0 バイタルエリアをフィルミノに使われた 6 ストロートマン 5.0 相手の中盤に押された 11 コラロフ 5.5 前半は強烈かつ正確な左足で好機を作った FW 17 ジェンギズ・ユンデル 5.5 一定のキープ力は見せていたが、前半で交代 (→シック 5.5) 1本際どいヘディングシュートを浴びせる 9 ゼコ 6.0 ボールが入れば確度の高いポストプレーを見せ、反撃の狼煙を上げた 4 ナインゴラン 6.0 前半はシャドーの位置でボールに絡んだ。終盤、アシストを記録しミドルシュートでPK誘発 監督 ディ・フランチェスコ 5.0 勇敢にもハイラインを敷いたが、裏目に出た。ただ、バルセロナ戦同様3-0のスコアで決勝に進出できる条件を作った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽古巣相手に情け容赦のない圧巻のパフォーマンス。メッシを髣髴とさせるプレーで4ゴールに絡んだ。ゴール後、ローマに敬意を表した姿勢にも好感。 リバプール 5-2 ローマ 【リバプール】 サラー(前35) サラー(前45) マネ(後11) フィルミノ(後16) フィルミノ(後24) 【ローマ】 ゼコ(後36) ペロッティ(後40[PK]) 2018.04.25 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー躍動のリバプール、3トップ揃い踏みでローマに5発先勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマが24日、アンフィールドで行われ、5-2でリバプールが先勝した。 ▽準々決勝で優勝候補マンチェスター・シティとの同国対決を2戦合計5-1で圧勝し、10年ぶりに準決勝進出を果たしたリバプールは、国内リーグでも3位と好位置をキープ。そのリバプールは2-2の引き分けに持ち込まれた直近のWBA戦のスタメンから5選手を変更。フィルミノやチェンバレン、ロバートソンらがスタメンに戻り、ベストメンバーで臨んだ。 ▽対するローマも同じく優勝候補バルセロナ相手に、“オリンピコの奇跡”を起こして2戦合計4-4とし、アウェイゴール差で34年ぶりのベスト4進出を果たした。そのローマは国内リーグではラツィオ、インテルと熾烈なCL出場権争いを繰り広げながら3位を死守。3-0で快勝した直近のSPAL戦のスタメンから6選手を変更し、ゼコやデ・ロッシ、フロレンツィらがスタメンに戻って、バルセロナ戦同様3バックで臨んだ。 ▽ストロートマンのミドルシュートで火蓋が切って落とされた試合は、オープンな展開で立ち上がっていく。ローマの高いディフェンスライン裏を狙うリバプールも、すかさずサラーが枠内シュートを浴びせて応戦した。 ▽そして5分には早くもリバプールが決定機を演出した。サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがゴールエリア右まで侵入。シュートを放ったが、枠の左に外れた。続く8分にミドルシュートを浴びせたチェンバレンだったが、そのチェンバレンに15分、アクシデント。スライディングタックルを仕掛けた際に右ヒザを負傷し、プレー続行不可能となってワイナルドゥムが投入された。 ▽アクシデントに見舞われたリバプールに対し、ローマは18分に決定機。CKの流れからコラロフの放った強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKカリウスの手を弾いたボールはバーを直撃した。 ▽対するリバプールも28分に絶好機。マネがディフェンスラインの背後を快足を生かして独走。ボックス左まで侵入してシュートを放ったが、枠の上に外してしまった。攻勢に出るリバプールは直後にマネ、サラーと立て続けにシュートに持ち込むも、GKアリソンの牙城を崩すには至らない。 ▽それでも35分、サラーが古巣相手にゴールをこじ開けた。ショートカウンターに転じ、フィルミノのパスを受けたサラーがボックス右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に吸い込まれた。 ▽攻め手を緩めないリバプールは38分に右CKからロブレンのヘディングシュートがバーを直撃。さらに40分にはロングボールに抜け出したワイナルドゥムがGKアリソンを強襲するシュートを浴びせると、45分に再びサラーが魅せる。 ▽サラーがロングボールをフィルミノに落とし、フィルミノが持ち上がってスルーパス。これに反応したサラーがディフェンスライン裏を突くと、飛び出したGKアリソンの鼻先でチップキックシュート。ころころと転がったボールがゴールに吸い込まれた。 ▽サラーの2ゴールでリードを許したローマは後半からジェンギズに代えてシックを投入。2トップに変更した。 ▽しかし、引き続きリバプールがハイプレスをかけ、ローマに流れを渡さない。そして56分、3点目を奪い切った。アーノルドのロングボールでディフェンスライン裏を取ったサラーがボックス右に侵入。丁寧に中へ折り返し、マネが難なくシュートを流し込んだ。さらに61分、右サイドからボックス右に侵入したサラーが右足でクロスを送ると、ファーサイドのフィルミノが押し込んだ。 ▽リードを4点に広げられたローマは、67分にファン・ジェズスとデ・ロッシに代えてペロッティとゴナロンを投入。4バックに変更した。 ▽それでも69分、ミルナーの右CKからフィルミノのヘディングシュートが決まってリバプールが1stレグで勝負を決定付ける5点目を奪った。その後、シックのヘディングシュートでゴールに迫ったローマだったが、GKカリウスがセーブしたリバプールは、サラーをお役御免とする余裕を見せる。 ▽一矢報いたいローマは81分、ナインゴランのロングフィードを受けたボックス左のゼコが胸トラップからシュートを決め、1点を返した。さらに85分、ナインゴランのミドルシュートがボックス内のミルナーのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをペロッティが決めて5-2とし、2つ目のアウェイゴールを奪った。 ▽しかし反撃はここまで。リバプールがサラーの大活躍で5-2と先勝し、決勝進出へ大きく前進した。 2018.04.25 05:41 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース