「もし誰かが最も楽な抽選結果だと考えるなら…」クロップ、バルサ撃破のローマを警戒2018.04.14 08:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の準決勝組み合わせ抽選会の結果を受けてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。▽優勝候補マンチェスター・シティを撃破して10年ぶりに準決勝進出を果たしたリバプール。その他、3連覇を目指すマドリーや2年ぶり準決勝進出を果たしたバイエルン、バルセロナ相手に3点差を引っくり返して初のベスト4進出を決めたローマが揃う中、リバプールはローマとの対戦が決定した。

▽抽選後、クロップ監督はこの結果についてコメント。常に優勝争いをするバイエルンやマドリーとの対戦を避けたことに楽観視をしておらず、バルセロナを下したローマへの警戒心を強めた。また、自身がローマに行くこと自体が初めてであることを明かしている。

「自分がなにか言わなければならないとわかっていたから、自分の感覚について考えるようにしたが、『バイエルンでなくてありがたい。レアル・マドリーでなくてありがたい』などとは思わないよ」

「もし誰かがこれが最も楽な抽選結果だと考えるなら、私はその人物を助けることはできないね。その人物は確実にローマとバルセロナの対戦を観なかったのだろう。1stレグは1-4で終わったが、そういったスコアになる試合ではなかった。メッシという天才がローマという優れたチームと対戦した試合だった。2ndレグは素晴らしかった。彼らがやったことは素晴らしいことだよ。彼らは4-0や5-0で勝つべきだったかもしれない。本当に印象的だった。我々は1stレグをもちろん楽しみにしている」

「私はローマには行ったことがないんだ。旅行者としてすら行ったことがない、だから、私にとっては完璧に新しいことだ。私は何度かバイエルンとは対戦したことがあるし、レアル・マドリーとは本当に頻繁に対戦している」

「興奮という観点からすると、これは本当に素晴らしいよ。私はローマで戦ったことがないのだからね。そこは確かに美しい街だろう。とはいえ、我々は観光のためにそこに行くわけではない」
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、シャルケMFウェストン・マッキーニー獲得へ28億円準備か

リバプールが、シャルケに所属するアメリカ代表MFウェストン・マッキーニー(20)へのオファーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 U-19年代からシャルケの下部組織に入団したマッキーニーは、2017年にトップチームへ昇格。守備的な中盤として昨シーズンのブンデスリーガ22試合に出場した同選手は、センターバックでも起用されることのある守備のユーティリティプレーヤーだ。今シーズンは、ここまでブンデス13試合1ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)4試合1ゴール1アシストを記録している。 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督はディフェンダーもこなせるミッドフィルダーを求めており、スカウトからマッキーニーに関する良い評価を報告されたという。今冬、もしくは今年夏の移籍市場での獲得を画策しており、2000万ポンド(約28億4000万円)の移籍金を準備しているようだ。 現在リバプールでは、DFデヤン・ロブレンやDFジョー・ゴメス、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが負傷中。もしマッキーニーが近日中に加入するとなれば、クロップ監督の頭痛は和らぐかもしれない。 2019.01.18 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがサラーのチェルシー時代を巡り潔白を主張

ジョゼ・モウリーニョ氏がリバプールでブレイクを遂げたエジプト代表FWモハメド・サラーのチェルシー時代に言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 2014年1月にバーゼルからチェルシーに移籍したサラーだが、当時のモウリーニョ政権下で出番に恵まれず、2015年1月にフィオレンティーナにレンタル。同年夏から買取オプション付きのレンタルでローマに移籍すると、2017年夏から加わったリバプールでプレミアリーグ得点王に輝き、さらなる飛躍を遂げた。 そうしたサラーの成り上がりを受け、不遇をかこったチェルシー時代がフォーカスされることが多々あり、当時の監督であるモウリーニョ氏に対しても才能を見いだせなかった指導者としてのレッテルが…。そのモウリーニョ氏はサラー売却の真実として次のように語り、“売った監督”であることを否定した。 「ありとあらゆる真実じゃないことを言われてきたサラーについて話をしよう」 「人々はサラーを売った監督として、私を見ている。だが、実際のところ、私はサラーを買った監督だ」 「間違った見方でしかない。私はチャンピオンズリーグのバーゼル戦でまだ若かった頃のサラーを見つけ、そのときの分析で彼に恋をした」 「そして、私からクラブに勧め、獲得した。だが、既にアザールとウィリアンといった素晴らしい選手がいた。最高のタレントがね」 「それでも、私は少年だった彼を買うようクラブに進言した。ロンドンという新たな世界で迷子になったが、我々はさらなる成長を願っていた」 「だが、彼に待つ考えはなく、プレーを希望した。だから、我々は大きなプレッシャーがかかることなくプレーできるフィオレンティーナに貸し出した」 「クラブが売却を決めたとき、私は嫌がった。彼との関係性は良かったのだ。今の彼に後悔はないだろう。うまくいっているのだからね」 「だが、あの当時だけでいけば、彼は毎週、毎分のようにプレーを望む少年だった。そして、我々はその希望に応えることができなかった」 2019.01.18 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、不動の左SB“ロボ”との新契約締結! 「とても簡単な決断」

リバプールは17日、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(24)との新契約締結を発表した。リバプールの公式発表では“長期”とのみ伝えられているが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2024年6月30日までの5年半契約と推定している。 加入からの18カ月でアンフィールドのアイドルの1人に成長した“ロボ”の愛称で親しまれる24歳はクラブとの新契約にサインした後、今回の契約延長について語った。 「クラブから話が来たときから自分の決断はとても簡単なものだったよ。僕はここに居続けたいと思っているし、交渉の席に着いてすぐにサインしたよ」 「それは自分にとってもクラブにとっても簡単な交渉だった。僕たちはとても早く合意に達して契約をまとめたよ」 「ここで仲間と出会い、すべてのメルウッドのスタッフと共に仕事ができることはこの上ない幸せなんだ。仕事にとって最も素晴らしいことは毎日、職場に向かうのが楽しいと思えることなんだ。僕はもちろんここでそういう気持ちでいるよ。ここでの滞在をさらに伸ばすことができたことは嬉しいし、うまくいけばこれからより良い日々を過ごせるはずだ」 2017年夏にハル・シティからリバプールに加入したロバートソンは、元スペイン代表DFアルベルト・モレーノの負傷離脱をキッカケに左サイドバックのレギュラーポジションを手にすると、ここまで公式戦56試合に出場し1ゴールを記録。 豊富な運動量と推進力に加え、高精度の左足のキックを武器に多くのチャンスを演出すれば、シーズンを経るごとに磨きがかかる守備では的確なポジショニングと粘り強い対人対応でプレミアの猛者相手に一歩も引けを取らない安定感を披露している。 そして、リバプールでの活躍をキッカケにスコットランド代表では24歳にしてキャプテンに任命されている。 2019.01.18 04:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ラビオ争奪戦が再加熱…イングランド勢も参戦へ

リバプールとチェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン限りでPSG退団が決定的なラビオに関しては、今夏にフリーでのバルセロナ加入が盛んに報じられている。しかし、PSGは少しでも移籍金を得るために安価でも売却に応じる可能性があると各紙から報じられている。 そこで、今回伝えられているのが、アーセナルやリバプール、そしてチェルシーだ。中でも、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーは、その後釜としてフランス代表MFに熱視線。PSGが要求しているとされる1350万ポンド(約19億円)と、高額な年俸を支払うことにやぶさかでない模様だ。 バルセロナ行きの可能性が高いと報じられていたラビオだが、ここにきて様々なクラブからの関心が伝えられている。PSG退団は確実視される中、23歳プレーメーカーは新天地をどこに選ぶのだろうか。 2019.01.16 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・リバプールに痛手…DFアーノルド、ブライトン戦強行出場で2週間離脱へ

リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、ヒザを負傷したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 リバプールは12日、プレミアリーグ第22節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。試合は1-0で勝利したが、フル出場したアーノルドは試合前のウォーミングアップ時に負傷していたようだ。 これによりアーノルドはケガを悪化させることに。手術は必要ないものの、最低2週間は離脱することになりそうで、19日に行われる第23節のクリスタル・パレス戦と30日に行われる第24節のレスター・シティ戦は欠場することが決定的になっている。 現在リバプールでは、DFデヤン・ロブレンやDFジョー・ゴメスが負傷中。また、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムにも負傷の可能性が浮上している。 2019.01.16 09:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース