「もし誰かが最も楽な抽選結果だと考えるなら…」クロップ、バルサ撃破のローマを警戒2018.04.14 08:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の準決勝組み合わせ抽選会の結果を受けてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽優勝候補マンチェスター・シティを撃破して10年ぶりに準決勝進出を果たしたリバプール。その他、3連覇を目指すマドリーや2年ぶり準決勝進出を果たしたバイエルン、バルセロナ相手に3点差を引っくり返して初のベスト4進出を決めたローマが揃う中、リバプールはローマとの対戦が決定した。

▽抽選後、クロップ監督はこの結果についてコメント。常に優勝争いをするバイエルンやマドリーとの対戦を避けたことに楽観視をしておらず、バルセロナを下したローマへの警戒心を強めた。また、自身がローマに行くこと自体が初めてであることを明かしている。

「自分がなにか言わなければならないとわかっていたから、自分の感覚について考えるようにしたが、『バイエルンでなくてありがたい。レアル・マドリーでなくてありがたい』などとは思わないよ」

「もし誰かがこれが最も楽な抽選結果だと考えるなら、私はその人物を助けることはできないね。その人物は確実にローマとバルセロナの対戦を観なかったのだろう。1stレグは1-4で終わったが、そういったスコアになる試合ではなかった。メッシという天才がローマという優れたチームと対戦した試合だった。2ndレグは素晴らしかった。彼らがやったことは素晴らしいことだよ。彼らは4-0や5-0で勝つべきだったかもしれない。本当に印象的だった。我々は1stレグをもちろん楽しみにしている」

「私はローマには行ったことがないんだ。旅行者としてすら行ったことがない、だから、私にとっては完璧に新しいことだ。私は何度かバイエルンとは対戦したことがあるし、レアル・マドリーとは本当に頻繁に対戦している」

「興奮という観点からすると、これは本当に素晴らしいよ。私はローマで戦ったことがないのだからね。そこは確かに美しい街だろう。とはいえ、我々は観光のためにそこに行くわけではない」

コメント

関連ニュース

thumb

ナビ・ケイタ、リバプール愛を強調…バイエルンやバルサを選ばなかった理由は?

今シーズンからリバプールでプレーするギニア代表MFナビ・ケイタが、移籍を決断した理由について語った。<br><br>2016年の夏から在籍したRBライプツィヒで評価を高めたセントラルMFのナビ・ケイタは、運動量を生かした機動力やソリッドな守備だけでなく、過去2シーズンのリーグ戦で14得点を挙げるなど攻撃性能も高い23歳の有望株。5275万ポンド(約77億円)という巨額の移籍金で今シーズンからプレーするリバプールでは、同クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏が着用した8番のユニフォームを背負うことが決まっている。<br><br>ジェラード氏の番号を引き継ぐことに関して、ナビ・ケイタは「8番は僕が子どもの頃から常に好んで付けてきた番号なんだ」と、イギリス紙『ガーディアン』でコメント。続けて、「この番号がリバプールで非常に重要なことは知っている。ジェラードの番号だからね。でもプレッシャーは感じないようにしているよ。重要なのは背番号に関わらずチームに貢献することだからね」と、ジェラード氏の番号を引き継ぐことに感謝しながらも、重圧を気にせず活躍することを見据えていた。<br><br>昨夏の時点でリバプール行きが内定していたナビ・ケイタに関しては、バイエルンやバルセロナも獲得に興味を示していたことが報じられていた。この件に関して、ナビ・ケイタは他クラブからの関心があったことを認めながらも、チームを率いるユルゲン・クロップ監督の存在が決断に大きな影響を与えたことを明かした。<br><br>「言われていたようなクラブから関心があったことは事実だよ。でも、監督が僕の決定に大きな影響を及ぼしたんだ。監督とは良い会話ができたし、プロジェクトを僕に話してくれた。そのことが僕を信じさせてくれたね」<br><br>リバプールは新シーズンに向けて、ナビ・ケイタのほかにもGKアリソンやMFジェルダン・シャキリ、DFファビーニョら実力者を獲得。プレミアリーグ初優勝に向けて期待が高まっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ファビーニョが“親友”ムバッペをリバプールに勧誘?「今季はPSGでプレーすると話したけれど…」

リバプールのファビーニョは、モナコ時代のチームメイト、キリアン・ムバッペと再び同じチームでプレーすることを望むと明かした。<br><br>ワールドカップのブラジル代表のメンバーから外れたファビーニョは今夏、2013年からプレーするモナコを離れ、4500万ユーロ(約57億円)でリバプールに移籍。新天地での活躍が期待される同選手は、ロシアでの大会でフランス代表の戴冠に貢献したムバッペとアンフィールドで一緒にプレーしたいと考えているようだ。<br><br>「彼はすでに新シーズンもパリ・サンジェルマンでプレーすると話したが、僕は彼がここにやって来るように説得しようと考えている」<br><br>2016-17シーズン、ファビーニョとムバッペはモナコの17年ぶりのリーグ・アン制覇やチャンピオンズリーグでのベスト4進出など、快進撃の中軸としてチームに貢献。その後、フランス代表FWはパリ・サンジェルマンへと引き抜かれたが、両選手は依然として良い関係を保てているようだ。<br><br>「僕がリバプールに移籍したとき、キリアンは祝福のメッセージを送ってくれた。残念ながら僕には彼のワールドカップでの活躍を祝うチャンスはなかった。フランスが成し遂げたことはファンタスティックで、この2年間ムバッペがプロ選手としてやってきたことも素晴らしい限りだ。チャンスがあれば早いうちに彼を祝福したいね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

トッティ、アリソンのリバプール移籍に「あんな額は初めて。NOとは言えない」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーのリバプール移籍について避けられなかったと認めている。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、ローマの主力選手としてセリエA3位、チャンピオンズリーグベスト4に貢献。今夏はブラジル代表の正守護神としてロシア・ワールドカップにも参戦した。しかし先日、GK史上最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールへと加入。ローマを去ることになった。<br><br>トッティは「我々は将来のために若いチームを作っているところだ」と話してこのように続ける。<br><br>「トップを争うため、可能な限り強くなりたい。移籍市場は変わった。GKに7500万ユーロなんて初めてのことだし、我々は『NO』とは言えない。世界最高のGKを失ったことは残念だが、強いチームを作ろうとしているよ」<br><br>なお、アリソンはロシア・ワールドカップに参加していたため、リバプールが行っているアメリカでのICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のメンバーには含まれていない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サディオ・マネがリバプールの背番号「10」に!

▽リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが新シーズンから背番号「10」を背負うことがわかった。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽26歳のマネは2016年夏、サウサンプトンからリバプールに加入。初年度にプレミアリーグ13得点を挙げ、2017-18シーズンも2年連続の二桁得点となる10ゴールの活躍を披露した。 ▽リバプールの背番号「10」は過去、FWマイケル・オーウェンや、FWルイス・ガルシアらが着用。MFフィリペ・コウチーニョが2018年冬にバルセロナ移籍後、空き番になっていた。 ▽なお、リバプールは、マネのネーム入り2018-19シーズンモデルのユニフォーム購入者に対して、新たなものと引き換えることを併せて伝えている。 2018.07.21 08:15 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターがリバプールのウェールズ代表GKウォードを完全移籍で獲得

▽レスター・シティは20日、ウェールズ代表GKダニー・ウォード(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1250万ポンド(約18億3000万円)とのことだ。 ▽レクサムでトップチーム昇格を果たしたウォードは2012年にリバプールに加入。同クラブでは2015-16シーズンにリーグ戦2試合に出場したものの、思うように出場機会を得られず、同シーズンはスコットランドのアバディーン、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに武者修行に出されていた。 ▽そして、ハダースフィールドでは守護神として安定したパフォーマンスを披露し、同クラブのプレミアリーグ昇格の原動力となったウォードは、リバプールで正GK昇格の可能性も伝えられたが、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高額となる6700万ポンド(約98億2000万円)で獲得したことで旅立つことになった。 ▽レスターには守護神のデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルがおり、ウォードはシュマイケルとポジションを争うことになる。 2018.07.21 03:05 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース