CL準決勝で古巣対戦のサラー「いまでもロマニスタを愛している」2018.04.14 05:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、古巣への帰還を楽しみにしているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』がアメリカ『CNN』によるインタビューを引用して伝えている。

▽マンチェスター・シティを撃破してベスト4進出を決めたリバプールは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会でローマとの対戦が決定した。

▽2017年の夏にローマからリバプール入りしたサラーは、アメリカ『CNN』によるインタビューで、古巣への愛を語った。

「ローマは僕の古巣だ。僕はいまでもロマニスタを愛している。そして彼らも僕を愛してくれているよ」

「僕はいまでも多くのローマ選手とコンタクトをとっているよ。僕たちはとても仲が良かったんだ。いまでも親友だよ」

「もちろんローマにはたくさんの思い出があるよ。僕たちは2年間一緒にプレーし、多くの試合を戦ってきたんだ。ロッカールームでも楽しい時間を過ごしたよ」

「誰と再会するのが楽しみかって?(フランチェスコ・)トッティだね。彼は素晴らしい人物だよ。言葉では言い表せないほどにね」

「僕はトッティを尊敬しているし、彼と良い関係を築けている。彼はとても素敵な人なんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール補強着々 ブラジル代表GKアリソンをGK史上最高額で獲得

▽リバプールは19日、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の加入を発表した。イギリス『BBC』によれば、契約期間は6年。ローマの発表によれば、移籍金として6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)が支払われ、GK史上最高額となる。 ▽アリソンは、2013年にインテルナシオナウでデビュー後、2016年夏からローマに加わり、2017-18シーズンから守護神に。公式戦49試合に出場し、ローマのチャンピオンズリーグ4強進出に貢献した。また、ロシア・ワールドカップにも出場。5試合で守護神を務めた。 ▽正式にリバプール入りを果たしたアリソンは、クラブ公式サイトで「すごく嬉しいよ。常勝が求められる大きなクラブでプレーすることは夢だった。僕にとって、大きなステップだ。全力を尽くすよ」とコメントしている。 ▽チャンピオンズリーグ決勝進出を果たした昨シーズン以上の躍進が期待されるリバプール。ギニア代表MFナビ・ケイタや、ブラジル代表MFファビーニョ、スイス代表ジェルダン・シャキリらに加えて、泣きどころとされてきた待望の守護神をも獲得した格好となる。 2018.07.20 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

AEKアテネがローマから逸材FWポンセをレンタルで獲得

▽AEKアテネは19日、ローマからアルゼンチン人FWエセキエル・ポンセ(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年にアルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズからローマに加入したポンセは、アルゼンチン国内で“テベスの後継者”と称される有望な若手アタッカー。ローマではトップチーム定着には至らず、2016-17シーズンはグラナダへ、昨季はリールへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 ▽リールでは、リーグ戦28試合を含む公式戦32試合に出場し、3ゴール1アシストをマークしたが、買取オプションは行使されなかった。 2018.07.20 04:16 Fri
twitterfacebook
thumb

世界最高額GKアリソンの後釜は? アレオラ、オルセン、シュマイケル…

▽ローマは今夏の移籍市場でブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高額となる7500万ユーロ(約98億2000万円)でリバプールに売却することが決定的な状況だ。そこで注目されるのが、世界最高額GKの後釜だ。 ▽加入2年目のアリソンは卓越した身体能力と的確なポジショニング、キャッチング技術といったGKに求められる守備的能力に加え、ブラジル人らしい足下の技術を生かしてビルドアップやスイーパーとしての役割までこなす圧巻の活躍を披露し、ローマのセリエA3位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)・ベスト4進出の立役者となった。 ▽その絶対的守護神の穴が簡単に埋まり切らないのは当然のことだが、共に今夏加入の第2GKアントニオ・ミランテ、第3GKダニエウ・フザートの実力は未知数だけに、正GKの獲得は急務だ。 ▽そこで現在有力な獲得候補に挙がっているのが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(25)だ。PSGの下部組織出身のアレオラは2015-16シーズンにレンタル加入したビジャレアルで頭角を表すと、昨季はPSGでもドイツ代表GKケビン・トラップを抑えて守護神の座を確保。だが、今夏元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンというビッグネームが加入したことで、今夏にチームを離れる可能性は高い。 ▽ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏も『gianlucadimarzio.com』で、アレオラが最も有力な候補と伝えている。 ▽また、アレオラの対抗に挙がるのは、コペンハーゲンの守護神にして今夏のロシア・ワールドカップでスウェーデン代表の躍進に貢献したGKロビン・オルセン(28)だ。アレオラに比べて伸びしろは少ないものの、堅実さが売りの同選手に関しては、イタリア『Il Tempo』が代理人との接触を報じた他、18日の公式会見でローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)が「獲得候補の1人」であると語った。 ▽さらにオルセンと同様にロシアW杯で活躍したレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(31)も候補の1人に挙がっており、足下の技術や守備範囲に難はあるものの、驚異的なショットストップとパーソナリティーの強さはローマ向きと言える。 ▽その他では移籍金やサラリー面で大きな障害があるものの、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(29)、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)の名前も挙がっている。 ▽現役時代にGKとしてプレーしていたモンチSDは前述の候補から果たしてどの選手を選ぶのか…。 2018.07.19 22:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ただでは転ばない敏腕SDモンチ、アリソン売却資金でマウコム獲得へ!

▽ローマがボルドーのブラジル人FWマウコム(21)獲得レースを一気に制する構えだ。ローマのスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏が獲得の可能性について言及した。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽今夏の移籍市場ではバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、トッテナム、インテルと目まぐるしく新天地候補が移り変わっていった中、ここ数日はエバートン行きが決定的と伝えられていた。しかし、この獲得レースに参戦した敏腕SDモンチ氏を擁するローマが一気に獲得レースを制する見込みだ。 ▽ローマではブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)がGKの歴代最高額となる7500万ユーロ(約98億2000万円)でリバプールに加入することが決定的な情勢だ。 ▽この交渉を行ってきたモンチ氏も19日に行われた公式会見の場で、「すべて通常通りに運べば、移籍完了はもうまもなくだ」と移籍成立が迫っていることを伝えた。また、同氏は「何がクラブにとってベストか」と語ると共に、不本意ながら絶対的守護神の売却に踏み切ったと語った。 ▽しかし、ただでは転ばない敏腕SDは早くもアリソンの超高額の売却益を元手に以前から関心が伝えられながらも、獲得に踏み切っていなかったマウコム獲りに参戦した。そして、モンチ氏は前述の会見の場でマウコムに関する質問を受けると、「獲得の可能性はある」と主張した。 「以前であれば、マウコム獲得に関してはクレイジーに見えた。しかし、今日はそれが可能なことだと言えるだろう」 「移籍市場が閉まるまで残り1カ月ほどあるが、そこには希望を叶えるための多くの理由がある」 ▽一方、マウコムの代理人を務めるフェルナンド・ガルシア氏もモンチ氏の発言を裏付ける趣旨のコメントを同日に『TeleRadioStereo』で語っている。 「私は今後数時間以内にモンチと連絡を取る予定だ。マウコムはイタリアに行きたがっているんだ」 「彼にはどれぐらいのコストがかかるかって? 私はプレーヤーとの契約に関して気を配るだけだ」 ▽今夏、ようやくファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の制限を離れてここまで10人の新戦力を獲得してきたモンチ氏は、アリソンに代わる新守護神と共にマウコムを新たな獲得選手に加えるのか。 2018.07.19 21:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、モンチSDがアリソンのリバプール行き認める 「通常通りに運べば、移籍完了はもうまもなく」

▽ローマのスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏がブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)のリバプール移籍がもうまもなく完了することを認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2016年夏にインテルナシオナルからローマに800万ユーロ(約10億5000万円)で加入したアリソンは、正GKだったポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがユベントスに旅立った昨シーズンにローマの正GKに昇格。 ▽卓越した身体能力と的確なポジショニング、キャッチング技術といったGKに求められる守備的能力に加え、ブラジル人らしい足下の技術を生かしてビルドアップやスイーパーとしての役割までこなす圧巻の活躍を披露し、ローマのセリエA3位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)・ベスト4進出の立役者となった。 ▽そして、今夏レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン、チェルシーといったビッグクラブの関心を集めた中、GKの歴代最高額となる7500万ユーロ(約98億2000万円)でのリバプール行きが決定的な状況だ。 ▽ローマの練習場のあるトリゴリアで行われた公式会見に新加入のオランダ代表FWユースティン・クライファートと共に現れたモンチ氏は守護神のリバプール行きに関して以下のようなコメントを残している。 「そのプレーヤー(アリソン)はリバプールにいる。それは事実だ。我々の交渉は非常に進んだ段階にあるが、まだ完了していない。ただ、すべて通常通りに運べば、移籍完了はもうまもなくだ」 「以前から説明してきたが、スポーツ・ディレクターの仕事はプレーヤーの売り買いや計画を立てることだけでなく、何がクラブにとってベストかを理解することだ。同様に財政面に関して考慮に入れる必要がある」 「非常に巨大な市場の常識を外れるオファーが届けば、我々はプロとしてそれを評価してリバプールと交渉を行うべきだ」 「我々は同じ野心を抱きながらもナインゴランとアリソンという2人の重要なプレーヤーを売却したが、誰よりも早く10人の新戦力とサインしている。そのプレーヤーたちが重要な存在になることを願っている」 「また、個人的にはアリソンに感謝している。彼は一度として私に対して退団したいというプレッシャーをかけてこなかった」 2018.07.19 20:38 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース