CL準決勝で古巣対戦のサラー「いまでもロマニスタを愛している」2018.04.14 05:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、古巣への帰還を楽しみにしているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』がアメリカ『CNN』によるインタビューを引用して伝えている。

▽マンチェスター・シティを撃破してベスト4進出を決めたリバプールは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会でローマとの対戦が決定した。

▽2017年の夏にローマからリバプール入りしたサラーは、アメリカ『CNN』によるインタビューで、古巣への愛を語った。

「ローマは僕の古巣だ。僕はいまでもロマニスタを愛している。そして彼らも僕を愛してくれているよ」

「僕はいまでも多くのローマ選手とコンタクトをとっているよ。僕たちはとても仲が良かったんだ。いまでも親友だよ」

「もちろんローマにはたくさんの思い出があるよ。僕たちは2年間一緒にプレーし、多くの試合を戦ってきたんだ。ロッカールームでも楽しい時間を過ごしたよ」

「誰と再会するのが楽しみかって?(フランチェスコ・)トッティだね。彼は素晴らしい人物だよ。言葉では言い表せないほどにね」

「僕はトッティを尊敬しているし、彼と良い関係を築けている。彼はとても素敵な人なんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループ開幕節プレビュー②】レアル・マドリーvsローマ、バレンシアvsユベントスのビッグマッチ開催

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの開幕節が19日に開催される。ここではE~Hの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ開幕節 ▽9/19(水) 《25:55》 ◆グループE アヤックス vs AEKアテネ ◆グループF シャフタール vs ホッフェンハイム 《28:00》 ◆グループE ベンフィカ vs バイエルン ◆グループF マンチェスター・シティ vs リヨン ◆グループG レアル・マドリー vs ローマ ビクトリア・プルゼニ vs CSKAモスクワ ◆グループH バレンシア vs ユベントス ヤング・ボーイズ vs マンチェスター・ユナイテッド <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆グループE:一強バイエルンはCL常連のベンフィカと初戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バイエルンの一強と見られるグループEではバイエルンがCL常連のベンフィカと敵地で対戦する。昨季もレアル・マドリーに阻まれ、ベスト4で敗退となったバイエルンは、コバチ新体制となった中、FWレヴァンドフスキやDFジェローム・ボアテングら移籍の噂された主力が残留した。MFビダルやDFベルナトら一部バックアッパーがチームを離れたが、ブンデスリーガでは開幕3連勝と上々のスタートを切っている。この勢いのままグループ最大のライバルと見られるベンフィカを撃破して余裕を持った戦いを進めたい。古巣対決となるMFレナト・サンチェスに出場の機会が訪れるかにも注目だ。 ▽一方、プレーオフを勝ち上がって14季連続のCL本戦 出場を果たしたベンフィカは、昨季こそ最下位でのグループステージ敗退という不本意な結果に終わったが、MFピッツィやMFジェドソン・フェルナンデスらポルトガル代表を擁するチームは、ポルトガルリーグで3勝1分けと好スタートを切っている。グループ最強のバイエルン相手にその勢いを見せられるか。 ▽ベンフィカ同様、プレーオフを勝ち上がって4季ぶりに本戦出場を決めたアヤックスは、グループ最弱と見られるギリシャ王者AEKアテネと対戦する。各国ビッグクラブ注目のMFジイェフやDFデ・リフトらの活躍で白星発進となるか。 <span style="font-weight:700;">◆グループF:優勝候補シティは不調リヨンと初戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティの一強と目されるグループF。そのシティは昨季、リバプールの前にベスト8敗退となった中、MFマフレズを加えたのみで昨季の戦力を維持。それでも圧倒的なスカッドを名将グアルディオラ監督が率いるチームは、プレミアリーグでは4勝1分けとさすがのスタートを切っている。対戦相手のリヨンがリーグ・アンで2勝1分け2敗と躓いているだけにここは必勝と行きたい。 ▽もう一試合のシャフタールvsホッフェンハイムはグループ2位を争う一戦となる。昨季ベスト16のシャフタールはMFフレッジやMFベルナール、FWファクンド・フェレイラら主力が抜けた中、MFマイコン、FWマルキーニョス・シプリアーノ、FWフェルナンドと20歳前後の新たなブラジル人クラック候補を獲得。ウクライナリーグでは7勝1敗の戦績で首位を快走しており、良好なチーム状態でCL初戦に臨む。 ▽対するホッフェンハイムは若き智将ナーゲルスマン監督の下、初のCL出場を果たした。目立った主力の流出はなかったが、ブンデスリーガでは1勝2敗と躓いている。CLとの両立が厳しそうな戦力だが、智将がどんな手綱捌きを見せるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆グループG:王者レアル・マドリーがグループ最大のライバル・ローマと初戦で激突</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループGの突破候補であるレアル・マドリーとローマが初戦で激突する。CL3連覇中の王者レアル・マドリーはジダン監督が退任し、スペイン代表を指揮していたロペテギ監督を招へい。FWクリスティアーノ・ロナウドが去った中、GKクルトワ以外に目立った補強なく新シーズンを迎えた。それでもFWベイル、FWベンゼマ、FWアセンシオらがC・ロナウドの抜けた穴を埋め、直近のビルバオ戦こそ引き分けたものの、リーガエスパニョーラでは3勝1分けスタートとまずまずの滑り出しを見せている。悪くない流れの中、ホームで行われるローマ戦を制してグループステージを優位に進めたい。 ▽一方、昨季のCLではバルセロナを大逆転で破ってベスト4に進出したローマは、MFナインゴランと守護神のGKアリソンが流出し、モンチSDの下、多くの新加入選手を迎えた。ただ、その新戦力たちがチームにまだフィットしきれておらず、4試合を消化したセリエAでは1勝2分け1敗と躓いている。そんな中でのレアル・マドリー戦とういことで厳しい戦いを強いられること必至だが、敵地から勝ち点を持ち帰ることはできるか。 ▽ベガルタ仙台からFW西村拓真が加入したCSKAモスクワは、チェコの強豪として知られるビクトリア・プルゼニと敵地で対戦する。3位通過を狙いたいCSKAモスクワとしては負けられない相手との対戦となるが、顔であったMFゴロビンが抜けた中、西村がチームを勝利に導く働きを見せられるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆グループH:C・ロナウド加入のユベントスがバレンシアと対戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループHの突破候補本命と見られるユベントスが、グループステージを突破できる戦力を十分に持つバレンシアと敵地で対戦する。昨季もベスト8で王者レアル・マドリーの前に涙を呑んだユベントスは、天敵であったC・ロナウドを獲得。23年ぶりのCL優勝に本気のイタリア王者は、セリエAでは開幕4連勝と上々の滑り出しを見せた。直近のサッスオーロ戦ではC・ロナウドに移籍後初ゴールも生まれており、最高のチーム状態でバレンシア戦に臨む。 ▽一方、6季ぶりのCL出場となるバレンシアは、エースFWのロドリゴ・モレノやFWゴンサロ・ゲデスが残留した中、新たにFWバチュアイやMFチェリシェフ、FWガメイロを獲得。組織的な守備を構築することに長けたマルセリーノ監督の下、豊富なアタッカーたちを加えたチームはリーガエスパニョーラでは0勝3分け1敗と大きく躓いているが、ユベントス戦で流れを変えられるか。 ▽ユベントスと共にこのグループの突破候補であるユナイテッドは、必勝のヤング・ボーイズ戦に臨む。昨季はベスト16で悔しい敗退となったユナイテッドは、目立った補強なく懸念のモウリーニョ政権3シーズン目を迎えた。その新シーズン、プレミアリーグ開幕3試合で1勝2敗スタートと躓いたが、その後は2連勝と持ち直した中、グループ最弱のヤング・ボーイズ戦は必勝を期さなければならない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】絶対王者レアル・マドリーと昨季4強ローマの突破有力! 西村拓真加入のCSKAモスクワにも注目

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループGでは4連覇を目指す絶対王者レアル・マドリーと昨季ベスト4のローマの2強と、CSKAモスクワとビクトリア・プルゼニの2弱というハッキリとした構図での戦いが予想される。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:ローマ △連下:CSKAモスクワ ☆大穴:ビクトリア・プルゼニ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆新体制移行も死角なし~レアル・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ジダン前監督の下で史上初のCL3連覇を成し遂げた絶対的王者がグループ首位通過の大本命だ。その3連覇に貢献したフランス人指揮官、絶対的エースに君臨したFWクリスティアーノ・ロナウドの退団によってロペテギ新監督の下で変革のシーズンに臨むマドリーだが、ここまではエース退団をプラスに捉えたポジティブな戦いぶりが目立つ。 ▽今夏の補強は新守護神候補クルトワ、リヨンで成長したFWマリアーノを除き将来への投資という意味合いが強かったが、C・ロナウド退団で生き生きとプレーするMFベイルやFWベンゼマ、ジダン体制で冷遇されたMFダニ・セバージョスが周囲の不安を払しょくする好パフォーマンスを披露。また、ポゼッションスタイルを志向する新指揮官の下でMFイスコやFWアセンシオといった代表の教え子たちも新たな輝きを放っている。今後、決勝トーナメントの舞台で圧倒的な勝負強さを誇ったC・ロナウドの不在を痛感する試合が訪れるかもしれないが、今回のグループステージではその心配はいらないはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆実績&タレント力で優位も不安多し~ローマ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その絶対的王者の対抗馬は昨季のベスト4チームのローマだ。とはいえ、現実的な目標は格下2チームにきっちり勝ち切ってグループステージを突破することだ。昨季、CL初挑戦のディ・フランチェスコ監督の下でアトレティコ・マドリー、チェルシーと同居した死のグループを首位通過し、準々決勝ではバルセロナ相手に奇跡の逆転突破を果たす、大躍進を見せたローマは、今夏その躍進に貢献した守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンという3人の主力が新天地に旅立った。代わって敏腕SDモンチ氏がMFエンゾンジ、MFクリスタンテ、MFパストーレ、FWクライファートなど若手逸材を中心に10人以上の新戦力を積極補強した。 ▽しかし、国内リーグでは開幕4試合を1勝1敗2分けという低調な形でスタートし、複数のシステム、メンバーを使い分ける中で指揮官が最適解を見いだすことができず、内容面でも課題ばかりが目に付く。とりわけ、新守護神オルセンのパフォーマンスを含め開幕4戦で7失点を喫している守備、ナインゴランとストロートマン不在で苦しむゲームコントロールを早い段階で修正できなければ、グループステージ敗退の可能性も十二分にあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆過渡期の中でCL初参戦の西村に期待~CSKAモスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽前述の2強と同様に過渡期の中で今大会を迎えるCSKAモスクワ。今夏にDFイグナシェビッチ、双子のベレズツキ兄弟と守護神アキンフェエフと共に長らく守備陣を支えてきた重鎮が現役を退いたチームではMFゴロビン、FWムサ、MFウェルンブルームなどその他の主力も新天地を求め大幅なメンバー変更を余儀なくされた。さらに代わって迎え入れられた新戦力はFWアベル・エルナンデス、MFヴラシッチ、DFマグヌソンというインパクトに欠ける新戦力だった。 ▽大幅なメンバー変更に加え、開幕から主力の負傷離脱に悩まされており、ここまで の国内リーグでは3勝1敗3分けとやや出遅れている。そのCSKAモスクワの中で期待したいのが、今夏ベガルタ仙台から新加入のFW西村拓真だ。今季のJ1リーグで11ゴールを奪い、ブレイクを果たした21歳FWは自身初の海外挑戦でかつてFW本田圭佑が輝いたロシアの地でいきなりサッカー界最高の舞台に挑む。なお、ここまでリーグ戦未出場の同選手はビクトリア・プルゼニとの開幕戦でデビューを飾る可能性もある。 <span style="font-weight:700;">◆現実目標は3位通過~ビクトリア・プルゼニ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェコの強豪としてCLやELの舞台の常連であるビクトリア・プルゼニだが、今グループステージでの目標は勝ち点3奪取とEL決勝トーナメントへの出場権が与えられる3位通過となる。かつてチェコ代表を率いた経験もある国内屈指の名将ブルバ監督の下、スロバキア人守護神のコザチックらを除きほぼチェコ人選手だけで構成されるチームの組織力は非常に整っている。とはいえ、マドリーやローマ相手に勝ち点3を奪うのは非常に困難であり、現実的にはホームゲームで何とか勝ち点を拾い、実力的に一番近いCSKAモスクワとの直接対決を制し3位通過を狙いたいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ指揮官の「チームに欲しいマドリー選手は?」…将来のバロンドール受賞も予言

▽ローマを指揮するエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が、自身が欲しいレアル・マドリーの選手を挙げた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2017年6月にローマ指揮官に就任したディ・フランチェスコ監督は、昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)で1983-84シーズン以来の準決勝進出を果たす大躍進を見せた。セリエAでも3位に入ったことで今季もCLに出場するローマは、19日にCLグループG第1節でレアル・マドリーとの初戦を迎える。 ▽『アス』によるインタビューに応対したディ・フランチェスコ監督は、「ローマにいたら完璧だと思うマドリーの選手は?」と問われると、スペイン代表MFマルコ・アセンシオ(22)を指名。バロンドールさえも獲得すると語っている。 ――ローマにいたら完璧だと思うマドリーの選手は? 「アセンシオだ」 ――彼は将来バロンドールを獲得すると思うか? 「そうだね。将来バロンドールだって受賞すると思っているよ。年齢、クオリティ、攻撃における適応能力、そして才能。私のチームにも欲しい選手だね」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、前人未到CL4連覇へ…セルヒオ・ラモス「ライバルになるのは…」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)でライバルになるクラブを指名した。 ▽昨シーズンにCL3連覇の偉業を成し遂げたマドリー。フレン・ロペテギ監督を新たに招へいした今シーズンは前人未到の4連覇に挑む。 ▽そのマドリーは、19日にCLグループG第1節でローマと対戦。前日会見に出席したセルヒオ・ラモスは、4度目のCL優勝に意気込み、ライバルがリーガエスパニョーラの宿敵バルセロナであると明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 「ファイナリストになるためには非常に長い道のりがあるし、とても強いライバルたちがいる。バルセロナは直接のライバルであるし優勝候補だ。チームを代表する偉大な選手たちが自分のチームを際立たせるのは普通のことだ。チャンピオンズリーグは最も素晴らしい大会のひとつだよ」 「僕は国王杯よりもチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる。全ての大会が重要だけど、あるものが他のものよりも重要なのは事実だ。タイトルにチャンピオンズリーグを加えることは簡単ではないので価値を与えなければいけない。わずかな期間でこんなにも多くのチャンピオンズリーグに優勝するのは異常なことだからね。このメンバーのどの選手も3度の国王杯よりも1度のチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

トッティ氏の長男のフェアプレーに称賛の嵐「真のジェントルマン」英語力にも脚光

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏の長男クリスティアン・トッティ君のフェアプレーが称賛されている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが17日、伝えている。<br><br>ローマの下部組織に所属するクリスティアン君は現在12歳。マドリードで行われたU-14マドリード・フットボール・カップにローマの一員として出場した。すると試合中、対戦相手のGKと交錯するハプニングが発生。そのままGKが倒れこむと、クリスティアン君は相手選手を気遣い、シュートチャンスをあきらめた。イタリアメディアはクリスティアン君の行為を称賛。「模範的フェアプレー」などと報じた。『Goal』のイタリア編集部も、「クリスティアンはまだ将来サッカー選手になるかどうか決めていないが、すでに彼のフェアプレーのレベルは多くのプロ選手よりも高い」と称えた。<br><br>クリスティアン君は試合終了後、スペインメディアのインタビューに応じ、このシーンを振り返った。<br><br>「ゴールのことよりも彼が大丈夫かどうか知ることが、僕にとっては大事だった。(チームメートが水分補給をする中)僕が彼の様子を見に行ったことを本人も喜んでくれていた。監督も僕のことを『誇りに思う』と言ってくれた」<br><br>英語で堂々とした受け答えを行ったクリスティアン君について、『ガッゼッタ』は、「間違いなくパパよりも英語を上手に話す」と綴り、ローマのインターナショナルスクールに通っていることを紹介している。また『スカイスポーツ』は、「フェアプレーに加え、テレビカメラの前で素晴らしい英語力を披露し、真のジェントルマンだ」と賛辞を贈った。<br><br>提供:goal.com 2018.09.18 16:35 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース