マドリーからレンタル加入中のハメス、CL準決勝では出場可能に2018.04.14 03:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のレアル・マドリー戦に出場することが可能のようだ。スペイン『アス』が伝えている。

▽セビージャを下しCL準決勝進出を決めたバイエルンは、13日に行われた組み合わせ抽選会でレアル・マドリーとの対戦が決定。そこで注目が集まったのは、昨夏にレアル・マドリーから2年間のローンでバイエルンに加入したハメス・ロドリゲスだ。

▽『アス』よれば、レンタル期間中にレアル・マドリーと対戦する場合、ハメス・ロドリゲスは出場できないという契約条項が両クラブ間で成立していたが、欧州サッカー連盟(UEFA)は、そのような条項はCLでは有効にならないと発表。これによりハメスの準決勝出場が可能となったようだ。

▽昨夏にバイエルンへ加入したハメス・ロドリゲスは、シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に存在感を高め、今シーズンのここまで公式戦31試合6ゴール12アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

キングスレー・コマンのケガは予想より重傷か…復帰は来年とも

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンのケガは思ったよりも深刻なのかもしれない。 ▽コマンは8月24日に行われたホッフェンハイムとのブンデスリーガ開幕戦で、前半終了間際に左足首を負傷。翌日、バイエルンから手術を行うことが発表され数週間の離脱が見込まれていた。 ▽フランス『レキップ』がドイツ『ビルト』もとに伝えるところによると、当初は11月中旬の復帰予定だったが、どうやらケガは思ったより深刻なようで、最悪の場合、復帰時期は2019年まで伸びる可能性もあるとのことだ。 ▽2015年からの2年間のレンタル移籍を経て、2017年に完全移籍でユベントスから加入したコマンは、ここまで公式戦96試合に出場し16ゴール22アシストをマーク。昨季はコンスタントに出場機会を得られていたものの、シーズン終盤に足首のじん帯を部分断裂し、リーグ戦出場は21試合だった。また、このケガの影響もあってか、ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表メンバーからも落選していた。 2018.09.19 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】一強バイエルン、2位通過をベンフィカとアヤックスが争う

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループではバイエルンが危なげなく首位通過をしそうな組み合わせとなった。予選を勝ち上がったCL常連のベンフィカとアヤックスのどちらが2位通過を果たすのかが注目となる。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:バイエルン ○対抗:ベンフィカ △連下:アヤックス ☆大穴:AEKアテネ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆首位通過確実なドイツ王者~バイエルン~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季もレアル・マドリーに阻まれ、ベスト4で敗退となったバイエルン。ブンデスリーガ6連覇中のドイツ絶対王者は指揮官にフランクフルトをDFBポカール優勝に導いたクラブOBのコバチ監督を迎え、6年ぶりのCL制覇を目指す。移籍の噂されたFWレヴァンドフスキやDFジェローム・ボアテングら主力の流出こそなかったものの、補強はMFゴレツカとレンタルバックのFWニャブリのみ。バックアッパーのMFビダルやDFベルナト、MFルディらを放出して選手層がやや薄くなっているが、コバチ監督の下、少数精鋭のチーム編成でまずは首位でのグループステージ突破を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆経験値で上回れるか~ベンフィカ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフでPAOKを下して14季連続のCL本戦 出場を果たしたベンフィカが2位通過と予想。昨季は最下位でのグループステージ敗退に終わったが、4季目を迎えるルイ・ヴィトーリア監督の下、ポゼッションスタイルを確立しており、大きく躓くことはないはずだ。ポルトガル代表でも重要な役割を担いつつあるMFピッツィやDFルベン・ジアスに加え、伸び盛りのMFジェドソン・フェルナンデスらがおり、3季ぶりの決勝トーナメント進出は現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆若手有望株の活躍次第で突破も~アヤックス~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフで難敵ディナモ・キエフを下して4季ぶりのCL本戦出場を果たしたアヤックス。若手有望株を輩出し続けるオランダの名門は、DFデ・リフトやMFファン・デ・ベーク、MFフランキー・デ・ヨングとビッグクラブ注目の粋の良い若手オランダ代表プレーヤーが在籍。さらに昨季エールディビジ最優秀選手のMFジイェフや、サウサンプトンから加入のセルビア代表FWタディッチとタレントが豊富だ。FWクライファートが流出したのは痛いが、DFブリントが復帰し、チームの安定感は増している。若手が躍動すればベンフィカを食う可能性も十分だ。 <span style="font-weight:700;">◆ギリシャ王者の意地を見せられるか~AEKアテネ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セルティックを予選3回戦で撃破し、プレーオフではヴィディを下して14年ぶりにギリシャ王者となったAEKアテネが12年ぶりのCL本戦出場を決めた。戦力的にはグループで最も劣るが、クロアチア代表FWリバヤの他、MFマンタロス、MFバカセタス、DFオイコノム、DFバカキスらギリシャ代表組が奮闘すれば道が拓けるかもしれない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン監督コバチ、相次ぐ負傷者に「選手を守るためにもっと厳しい警告を」

バイエルンのニコ・コバチ監督が相次ぐ負傷者に頭を抱え、同時に不満も漏らしている。<br><br>バイエルンはブンデスリーガ開幕戦でキングスレイ・コマンが負傷。さらに、第3節のレバークーゼン戦ではコランタン・トリソが十字靱帯を断裂し、来年までの離脱が決定、さらにラフィーニャもカリム・ベララビのラフプレーによって足首を痛め、数週間の離脱を強いられている。<br><br>コバチ監督は『Goal』に対して負傷者についてこのように語っている。<br><br>「レバークーゼン戦での2人の負傷はもちろんとても悲しいし、失望もしている。トリソは長期離脱で、ラフィーニャはもう少し早く復帰できるだろうか。我々は小さなスカッドで、コマンとトリソが深刻なケガで、ラフィーニャも今は負傷してしまった」<br><br>さらに続けて、「フットボールは常に接触のあるスポーツで、ケガもそうした面の一部」としつつ、選手がもっと守られるべきとの見方を示している。<br><br>「選手たちの身体に目を向けなければならない。また、骨や関節などに影響を与えるような激しいファウルには、警告やそれ以上の制裁が早くから与えられるべきだ。バイエルンについて話しているが、他クラブにとってもそうあるべきで、選手のことを考えないといけない」<br><br>なお、一発退場となっていたベララビには4試合の出場停止処分が下され、1万ユーロ(約107万円)の罰金も科せられている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.18 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

兵役免除のソン・フンミンにバイエルンが関心?

▽バイエルンがトッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』がイタリア『カルチョ・メルカート』を引用して伝えている。 ▽2015年8月にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、昨シーズンは公式戦53試合18ゴール11アシストを記録。プレミアリーグでは2016-17シーズンから2年連続二桁得点をマークし、トッテナムで存在感を放ち続けている。 ▽ソン・フンミンは、先日U-23韓国代表のオーバーエイジとして参戦したアジア競技大会で兵役免除となる金メダルを獲得。今回伝えられるところによると、ソン・フンミンはバイエルンの獲得リストの上位に位置しており、クラブ側は獲得に向けて準備を進めているようだ。 ▽アジアNo.1ストライカーとの呼び声も高いソン・フンミン。バイエルン加入でブンデスリーガに復帰することになるだろうか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

膝靭帯断裂で長期離脱のトリソが早期の復帰を誓う「より逞しくなって復帰する」

バイエルンに所属するフランス代表MFコランタン・トリソは、膝靭帯損傷を負うも早期復帰を目指したいと誓った。<br><br>15日に行われた3-1で勝利したレヴァークーゼン戦に出場したトリソ。しかし、前半終了間際にケビン・フォラントと交錯した際にピッチ上に倒れ込む。その後ベンチに下がり、検査を受けた同選手が前十字靭帯断裂の重傷を負い、回復までに数カ月を要すると試合後にバイエルンは発表した。<br><br>重傷を負ったトリソは16日、自身のツイッターで「より逞しくなって復帰する。2019年にまた会おう」と投稿。ドイツ『ビルト』が半年程度離脱するのではないかと報じるなど、早くとも来春以降の復帰が見込まれる。<br><br>今夏のロシア・ワールドカップで20年ぶり2回目の優勝を飾ったフランス代表の一員としてプレーしたトリソは、2017年にリヨンからクラブ最高額でバイエルンに移籍。昨シーズンは、主力として全公式戦40試合に出場し、ブンデスリーガ制覇やチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献した。<br><br>なお、レヴァークーゼン戦で負傷したのはトリソだけではなく、ラフィーニャも足首の靭帯損傷を負っている。<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 07:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース