マドリーからレンタル加入中のハメス、CL準決勝では出場可能に2018.04.14 03:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のレアル・マドリー戦に出場することが可能のようだ。スペイン『アス』が伝えている。▽セビージャを下しCL準決勝進出を決めたバイエルンは、13日に行われた組み合わせ抽選会でレアル・マドリーとの対戦が決定。そこで注目が集まったのは、昨夏にレアル・マドリーから2年間のローンでバイエルンに加入したハメス・ロドリゲスだ。

▽『アス』よれば、レンタル期間中にレアル・マドリーと対戦する場合、ハメス・ロドリゲスは出場できないという契約条項が両クラブ間で成立していたが、欧州サッカー連盟(UEFA)は、そのような条項はCLでは有効にならないと発表。これによりハメスの準決勝出場が可能となったようだ。

▽昨夏にバイエルンへ加入したハメス・ロドリゲスは、シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に存在感を高め、今シーズンのここまで公式戦31試合6ゴール12アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

「次は引退」ケガ多きキングスレー・コマンが苦悩

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンが、このまま負傷が続くようであれば「引退も考える」とコメントしている。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織で育ち、ユベントスに移籍後、2015年からはバイエルンに活躍の場を移したコマン。エリート街道を走ってきた同選手は早くからフランス代表にも選ばれ、22歳ということもあり更なる成長が期待されるヤングスターだ。 ▽しかし、ここ数シーズンはケガに悩まされている。2016-17シーズンはヒザと足首の負傷で離脱。昨季は左足首の上部脛腓じん帯損傷でシーズン後半を棒に振った。さらに今季は、ブンデスリーガ第1節でその同じ個所を再負傷し、今月初めの同第13節のブレーメン戦で復帰したばかり。この間、2度の手術を行っている。 ▽そんなケガ続きのキャリアに、コマンは心を痛めている模様。次に大ケガをした場合は引退も考えるという。 「本当に苦しい1年だった。世界の終わりかと思った。こんなことはもうたくさんだよ」 「3度目の手術はもう無理だと思う。自分の足ではなくなってしまう。そのときは別の人生を考えるよ。どんな人生かは秘密だけどね」 2018.12.11 04:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団を表明のロッベン、来夏以降の去就は“オファー次第”…現役引退の可能性も

来夏のバイエルンからの退団を表明した元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンだが、将来については「すべてがオープン」とまだ決断を下していないようだ。ドイツ誌『キッカー』 とのインタビューに応じた同選手は、現役引退の可能性も示唆している。<br><br>2009年夏にバイエルンに加入したロッベンはドイツで公式戦305試合に出場して143ゴールを記録。ブンデスリーガでは198試合で98ゴールを挙げ、3桁の大台に迫っている。元フランス代表MFのフランク・リベリらとともにバイエルンで一時代を築き、2012-2013シーズンはクラブの3冠獲得に大きく貢献した同選手は、退団後も現役生活を続けるのかとの質問に対して、このように答えた。<br><br>「まだ100%決めたわけではない。完全にやめるかもしれないよ。僕は今、どのようなチャンスがあるのかを見たい。そういう状況にいる。バイエルンを離れることは誰もが知っている。本当に100%の確信で、『これは魅力的だし、やってみたい』という気持ちにさせるオファーが届けばプレーを続ける。理想的なオファーがなかったら、引退も考えられる」<br><br>以前、中国からの誘いを断ったと明かしていたロッベン。「お金のためにアジアに向かう可能性は?」と問われると、「子供3人の家族がいるし、みんなに幸せに過ごしてほしい。それは中国や砂漠の国(中近東)に限らず、どこでも同じ。どんな決断においても家族のことを重視したい」と強調。そうなると、母国オランダへの復帰がより現実的なのだろうか。<br><br>「バイエルンを離れるといったニュースは、オランダで大きく取り上げられたからね。でも帰国に関して約束はできないと以前から話している。約束すれば、それを守らなければいけないので、故郷のクラブであるフローニンヘンとは連絡し合っている関係と話すだけにとどめてきた。いかなる形であろうと、今後も(フローニンヘンとの関係は)続くだろう。だが、今は来年のことについて、まったく何も言えないよ。すべてがオープンなんだ」<br><br>オランダ紙『フォルクスクラント』は先日、フローニンヘンやPSVなど古巣のほか、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやアメリカのMLS、そして日本のJリーグをロッベンの新天地候補に挙げていた。だが、来年1月に35歳の誕生日を迎えるウィングが決断を下すのはまだ先となるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアー、ホームでのリーグ戦5試合ぶり白星に安堵…コバチ監督が与えた変化は?

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ホームで久々の勝利を挙げてホッと胸をなで下ろした。<br><br>バイエルンは8日、ブンデスリーガ第14節でニュルンベルクと対戦。ロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールなどで3-0と勝利を飾った。バイエルンにとってはホームでのリーグ戦5試合ぶりの白星となっている。ノイアーはまずはホッとした率直な気持ちを明かした。<br><br>「今日はうまくいったし、勝利に値した。またホームで勝利することは重要だった。いい感じだよ」<br><br>また、ニコ・コバチ監督がチームに与えた変化については「多くは言えない」としつつ、次のように語った。<br><br>「僕らはポゼッションをしたかったし、ニュルンベルク相手にはそういう展開になるともわかっていた。セットプレーについても話していた。それでコーナーから先制できたね。ハーフタイムにも『このプレーを続け、集中を高く保とう』と話したよ」<br><br>なお、勝ち点3を加えたバイエルンは暫定ながら2位に立っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 16:42 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァのドッペルパックとリベリ弾で久保不出場のニュルンベルクに快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、バイエルンvsニュルンベルクが8日に行われ、3-0でバイエルンが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ブレーメン戦をニャブリのドッペルパックで勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした4位バイエルン(勝ち点24)は、4日後に首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦を控える中、今季限りでの退団を表明したロッベンが欠場となり、負傷明けのチアゴがベンチ入りした。 ▽久保が3試合ぶりにベンチスタートとなった15位ニュルンベルク(勝ち点11)に対し、[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラー、センターにキミッヒとゴレツカを並べた。 ▽立ち上がりから押し込んだバイエルンは9分、キミッヒの左CKからパンチングでクリアにかかったGKの前でレヴァンドフスキがヘディングで押し込み、先制した。 ▽先制後もハーフコートゲームを続け、圧倒するバイエルンは24分に追加点のチャンス。ボックス内でミュラー、ニャブリと繋いで最後はレヴァンドフスキがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽それでも27分、ゴレツカのミドルシュートがバーを直撃したルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んで汚名返上の追加点を奪う。 ▽迎えた後半も攻勢に出たバイエルンは57分に3点目を奪取。相手GKのキックミスを突いてショートカウンターに転じると、ニャブリのシュートのルーズボールをリベリが蹴り込んだ。 ▽余裕のバイエルンはリベリ、ゴレツカ、ニャブリを下げ、コマンや負傷明けのチアゴら投入していく。結局、ニュルンベルクに何もさせず、そのまま3-0で試合を終わらせ、リーグ戦2連勝とした。 2018.12.09 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンもイスコ争奪戦に参戦か

▽バイエルンが、レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(26)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペインメディアのレポートを引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズン、フレン・ロペテギ前監督の下では主力を担ってきたイスコ。しかし、サンティアゴ・ソラーリ体制に移って以降、直近のチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ローマ戦でベンチ外になるなど指揮官との確執も疑われており、去就が騒がしくなっている。6日に行われたコパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、メリリャ戦では先発したものの、その試合も控え組主体のものだ。 ▽そんなイスコに関しては、マンチェスター・シティやユベントスと言ったビッグクラブが関心を寄せていると、以前に各紙が報道。今回伝えられるところによると、バイエルンもイスコ争奪戦に参戦する可能性があるという。 ▽しかし、イスコはマドリーとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は推定7億ユーロ(約902億円)。スペイン国内でもかなりの人気を誇るスターの将来は、どこのクラブが勝ち取るのだろうか。 2018.12.08 17:10 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース