ミランはCL逃しても大丈夫? 「投資できる額は減るが…」2018.04.14 01:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのマルコ・ファッソーネCEOが、イタリア『プレミアム・スポルト』のインタビューに応じた。同CEOは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権がマストではないと語っている。

▽今季序盤の出遅れで上位争いから姿を消したミランだが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督就任後に調子を上げ、再びCL出場圏を目指すようになった。しかし、差はまた開いており、厳しい状況になっている。

▽CL出場権を逃すことは大惨事かと問われたファッソーネCEOは、「ノーだ。絶対にノーだね」と返答。「ここ数試合で結果を出せていないとしても問題ない。おそらく投資できる額は減るだろうが、CLなしでも問題ない。ファンは落ち着くことができる」と述べた。

▽ファイナンシャル・フェアプレーの影響もあって夏にビッグネームを獲得することは難しい様子のミランだが、経営陣は自信を持っているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

就任から約10年…アーセナル、ガジディスCEOの退任&ミラン入閣を発表

▽アーセナルは18日、クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるイヴァン・ガジディス氏が10月末に退任し、12月1日からミランのCEOに就任することを発表した。また、クラブは今後ラウール・サンレヒ氏がフットボールディレクター、ヴィナイ・ヴェンカテシャム氏がマネージングディレクターを務めることも併せて伝えている。 ▽ガジディス氏は2009年にアーセナルのCEOへ正式就任。長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督を支えたほか、近年ではバルセロナからラウール・サンレヒ氏、ドルトムントからスヴェン・ミスリンタート氏の2人の敏腕ディレクターの引き抜き、今夏のウナイ・エメリ監督の招へいも成功させた。 ▽退任が決定したガジディス氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私はこの10年間、偉大なこのクラブで仕事に打ち込むことができた。そして、今アーセナルは新たな章に突入する。私はそのチャレンジを確固たるものにするためにできる限りのことはしてきた。それは世界レベルの施設を作ること、そしてクラブの価値を担う全ての分野で優れた指導者を招へいすることだ。もちろん、ウナイ・エメリ、ラウール・サンレヒ、ヴィナイ・ヴェンカテシャムもそうだ」 「私の人生で最も難しい決断だった。しかし、10年が経ち、新たなリーダーシップ、エネルギーで刺激を与え、新たな時代に向かってクラブが前進するためには適切な時だと考えている。クラブのポジティブな変化を信じているし、楽しみにしている。私個人としては、ミランと共に新たな挑戦に向かう」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元アメリカ代表DFオニェウが36歳で現役引退

▽ミランやスポルティング・リスボン、マラガなどでプレーした元アメリカ代表DFオグチ・オニェウ(36)が17日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ▽ナイジェリア出身の両親を持つ191cmの屈強なフィジカルを持つセンターバックのオニェウは、メスでプロデビュー後、スタンダール・リエージュで頭角を現し、2009年夏にミランへ移籍。しかし、ミランでは負傷により出場機会を得られず。そして当時の同僚だったFWズラタン・イブラヒモビッチと大喧嘩を起こし、2011年冬にトゥベンテへ追われていた。 ▽その後はスポルティング・リスボンやマラガ、QPRといったクラブでプレー。2017年には母国アメリカのフィラデルフィア・ユニオンに移籍していた。 ▽アメリカ代表としては通算69試合に出場。2006年ドイツ・ワールドカップに出場していた。 2018.09.18 04:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、ミランのドローに落胆「戦術もメンタルも本当に酷い。潜在力はあるが」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは16日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ドローに終わったカリアリ戦の反省点を述べた。<br><br>■立ち上がりが課題と分析するガットゥーゾミランは16日、セリエA第4節においてアウェイでカリアリと対戦。試合開始直後の4分に先制点を献上すると、55分、ミランはFWゴンサロ・イグアインのゴールで追いついたが、試合はこのまま1-1で終了した。試合終了後、ガットゥーゾは課題を述べた。<br><br>「試合の立ち上がりだが、解決すべき点がある。今日のような最初の20分間は困る。戦術面、メンタル面において本当に酷かった。当然、改善していかなければならない。0-2でリードを許してしまえば、追いつくこともできなくなるからね。良かったところを考えている場合ではなく、問題点と向き合わなければならない。ボールをキープするのが好きだとは言え、上手くいかなければリセットして残りの10分間を別の形でプレーしなければならない。後半の出来で取り返せたとは言えない。カリアリには2-0になるチャンスもあったわけで、そうなっていれば今頃、別の話をしていただろう。このチームは若くて強いチームだ。今のミランなら、もっとできるということをいまだに感じ取っていない者もいる。態度から改善していくべきだ」<br><br>またミランの闘将は、試合終了後に怒りを露わにしていたイグアインに対して、「試合が終わった後に怒るべきではない。勝てる可能性があったのだから、もっと前に考えなければ」と述べ、苦言を呈した。だが一方でイグアインを十分に活かすことができていない現実も認めている。「その通り。彼の方から近寄って来ることが多い。(ハカン)チャルハノールやスソと試行錯誤しているが、今日は30分間、中盤やサイドから誰も飛び出してくる選手がいなかった」と続けた。<br><br>最後に指揮官は、「道のりはまだ長い。このチームには潜在能力があるが、2位や3位だと言う声には吹き出してしまう。改善していくことでより良い成績を収めることができるはずだ。このチームには毒牙があるが、まだ出せずにいる」と述べ、チームの成長を期待した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.17 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリ戦で途中交代のチャルハノール、指を骨折か?

▽ミランのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが負傷した可能性があるようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽チャルハノールは、16日に行われたセリエA第4節のカリアリ戦に3トップの一角として先発出場。しかし、73分にFWサムエル・カスティジェホと交代していた。試合は1-1のドローに終わっている。 ▽チャルハノールは、先日行われたUEFAネーションズリーグのロシア代表戦、スウェーデン代表戦にトルコ代表の一員として出場。2試合でほぼフル出場しており、疲労からの交代とみられていた。 ▽しかし、『スカイ・スポーツ』によるとチャルハノールは、指を骨折していた可能性があるとのことだ。 ▽ミランは、20日にヨーロッパリーグの初戦でデュドランジュと対戦する。チャルハノールの負傷状況が気になるところだ。 2018.09.17 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインが移籍後初ゴールもミラン、敵地でカリアリにドロー《セリエA》

▽ミランは16日、セリエA第4節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ローマ戦を途中出場のクトローネのラストプレー弾で制して今季初勝利としたミランは、ローマ戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽1勝1分け1敗スタートのカリアリにアグレッシブな入りを許したミランは、4分に先制される。ロングボールに抜け出したパヴォレッティの強烈なシュートは左ポストを直撃するも、ルーズボールをボックス右のジョアン・ペドロに押し込まれた。 ▽ドーピングにより半年間の出場停止処分を受けていた主将の復帰弾を浴びたミランは、その後もカリアリの圧力を受ける中、11分にチャルハノールがボックス内から際どいシュートを浴びせると、14分にはリカルド・ロドリゲスがミドルシュートで同点弾に迫っていく。 ▽その後、16分にCKの流れからバレッラの強烈なミドルシュートが左ポストを直撃してひやりとしたミランは、27分に決定機。右サイドからのカラブリアの左足クロスをファーサイドのボナヴェントゥーラがボレー。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽前半半ば以降、ミランが敵陣でボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスは生み出せずに前半を終えた。 ▽後半もミランが押し込む展開とすると、55分に同点とした。決めたのは移籍後初ゴールとなるイグアイン。ケシエがボールをカットしてルーズとなったところを、イグアインがボックス右で拾って飛び出したGKを交わすと、厳しい角度から無人のゴールに流し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るミランはスソがカットインシュートで逆転ゴールに迫るも、徐々に攻撃がトーンダウン。そこで73分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入した。 ▽そのミランは追加タイム1分にスソが再びカットインシュートでゴールに迫れば、直後にもイグアインがヘディングシュートを浴びせるも、いずれもわずかに枠の左に外れてタイムアップ。イグアインに待望の移籍後初ゴールが生まれたものの、勝ち点1獲得に留まった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 05:26 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース