ミランはCL逃しても大丈夫? 「投資できる額は減るが…」2018.04.14 01:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのマルコ・ファッソーネCEOが、イタリア『プレミアム・スポルト』のインタビューに応じた。同CEOは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権がマストではないと語っている。▽今季序盤の出遅れで上位争いから姿を消したミランだが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督就任後に調子を上げ、再びCL出場圏を目指すようになった。しかし、差はまた開いており、厳しい状況になっている。

▽CL出場権を逃すことは大惨事かと問われたファッソーネCEOは、「ノーだ。絶対にノーだね」と返答。「ここ数試合で結果を出せていないとしても問題ない。おそらく投資できる額は減るだろうが、CLなしでも問題ない。ファンは落ち着くことができる」と述べた。

▽ファイナンシャル・フェアプレーの影響もあって夏にビッグネームを獲得することは難しい様子のミランだが、経営陣は自信を持っているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「1年前なら負けていた試合」ミラン指揮官ガットゥーゾ、トリノと引き分けでも前向き

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが、9日のトリノ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。<br><br>ミランは9日、セリエA第15節においてトリノとサンシーロで対戦したが、今シーズンはアウェーで負けなしのトリノからゴールを奪うことができず、スコアレスドローに終わった。なお5位ラツィオもサンプドリアと引き分けたため、ミランはチャンピオンズリーグ出場圏内の4位をキープした。一方、ユヴェントスに敗れた3位インテルとの差は3ポイントに縮まった。ガットゥーゾは試合を振り返り、満足感を口にした。<br><br>「選手たちはよくやってくれた。チャンスも作れていた。序盤は少々苦しめられていたが、チームのパフォーマンスは気に入った。トリノは素晴らしいチームだし、(ヴァルテル)マッツァーリは偉大な指揮官だ。1年前だったら、このような試合は絶対に負けていたはずだ。私は指揮官として全力を尽くし、(ケガ人が続出する中)起用可能な選手から力を最大限に引き出さなければならない」<br><br>■「イグアインはプレーすべきでなかった」続いて指揮官はエースのFWゴンサロ・イグアインについて言及。アルゼンチン人FWは1カ月以上にわたってゴールから遠ざかっているが、ガットゥーゾはコンディションを理由に擁護した。<br><br>「イグアインはプレーするべきではなかった。背中に違和感を抱えている中、歯を食いしばってプレーしてくれた。彼は継続してトレーニングができない状態で、これによりハンデを追っている。所々で面白いプレーを見せてくれた。当然、彼にはもっと期待しているが、時間が必要だ」<br><br>最後にミランの闘将は、チームに適応し始めた元チェルシーMFティエムエ・バカヨコを称えた。<br><br>「以前は苦労していたようだが、今は違う。最初はボールを持ってもプレスを受けると困難に陥っていたが、今は非常に良くなった。非常に熱心に取り組んでいるし、戦術面でもかなり前進したと言える」<br><br>提供:goal.com 2018.12.10 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、セスク獲得の可能性は? レオナルドSDが言及

▽ミランのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏がチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)獲得の可能性に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今冬の移籍市場で補強が取り沙汰されるミラン。その目玉として名前が浮上しているのが、今シーズン限りでチェルシーとの契約が満了を迎えるセスクだ。 ▽レオナルド氏は9日に行われたセリエA第15節のトリノ戦(0-0のドロー)後、セスク獲得の可能性について質問が飛ぶと、次のように返答した。 「我々は可能性を探っているところだ。ただ、全てがうまくいっているわけじゃない。まだ条件を吟味している」 ▽セスクは2014年夏からチェルシーでプレー。マウリツィオ・サッリ新体制発足の今シーズンはここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまるなど出番が限られている。 2018.12.10 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ、ミラン復帰はなし! ミランSDがLAギャラクシー残留を明かす

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)のミラン復帰は破談に終わったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンからプレーするメジャーリーグ・サッカー(MLS)でも驚異的な得点力を発揮し、27試合22ゴール10アシストと大活躍したイブラヒモビッチ。年間ベストイレブンや新人賞にも選出され、衰え知らずのゴールゲッターには、古巣ミランが半年間のオファーを準備していることが伝えられていた。 ▽イブラヒモビッチも「興味はある」と語るなど、ミラン復帰への可能性を閉ざさずにいたが、今回同選手は残り1年の契約を残すLAギャラクシーへの残留を決断したようだ。ミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が明かした。 「イブラヒモビッチはミランに戻ってこない。彼はLAギャラクシーとの契約を守ることを口にした」 「我々は彼を連れ戻すことを考えていた。彼もそれについて考えてはいたが、契約を守り、MLSに留まることになる」 「彼は最初からLAギャラクシーが自身の状態に満足してくれているなら残ると言っていた。そして、彼らはイブラヒモビッチに満足している」 「素晴らしい物語になりそうで、こちらからも強い意志を示したが、それは叶わなかった」 2018.12.10 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月10日は、今季ユーべからミランにレンタル移籍のアルゼンチン代表FW

◆ゴンサロ・イグアイン 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1987/12/10 クラブチーム:ミラン ポジション:FW 身長:186㎝ 体重:89㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月10日はミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをご紹介。 ▽生まれがフランスのイグアインは産後まもなくアルゼンチンへ。プロサッカー選手であった父・ホルヘの影響もあり、アルゼンチンの名門・リーベルプレートへ入団。2005年にプロデビューを果たした。イグアインの転機は2006-07シーズン途中にレアル・マドリー。加入当初はウイングだったが、ファン・ニステルローイの負傷離脱によってセンターFWにポジションを移すと、在籍6年半で264試合に出場し122ゴールを記録。3度のリーグ制覇などに大きく貢献した。 ▽その後、2013-14シーズンナポリに活躍の場を移すと、2015-16シーズンに36ゴールで66年ぶりのセリエAの得点記録を更新。しかし、その翌年ユベントスに“禁断の移籍”をしたことで反発を生むことに。それでもユベントスでは2シーズンエースとして君臨。今シーズンはミランにレンタル移籍で加入し、ここまで公式戦14試合7ゴール3アシストを記録している。 ▽アルゼンチン代表で活躍するイグアインだが、生まれがフランスということもあり、2006年に一度フランス代表から招集を受けた。だがそれを辞退し、2009年にペルーとのワールドカップ予選に出場しアルゼンチン代表デビューを飾った。さらにその試合で代表初ゴールとなる先制点をマーク。以降、これまで公式戦75試合に出場し31ゴールを記録しているが、今夏のロシア・ワールドカップ以降、招集外が続いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ネヴェン・スボティッチ(サッカー選手/ドルトムント) 大前元紀(サッカー選手/大宮アルディージャ) 相馬崇人(元サッカー選手) 坂本九(歌手) 桂文珍(落語家) 藤原寛(テレビプロデューサー) クロちゃん(お笑い芸人/安田大サーカス) 2018.12.10 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアイン出停から復帰のミラン、ドンナルンマ活躍もトリノにゴールレスドロー《セリエA》

▽ミランは9日、セリエA第15節でトリノをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節パルマ戦を幸運なPK弾で逆転勝利した4位ミラン(勝ち点25)は、4日後にヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出を懸けたオリンピアコス戦を控える中、イグアインが2試合の出場停止から復帰し、アバーテが引き続きセンターバックでの起用となった。 ▽6位トリノ(勝ち点21)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは2トップにイグアインとクトローネ、中盤右にスソ、左にチャルハノールを配した。 ▽そのミランがトリノのハイプレスを受ける立ち上がりとなると、5分にピンチ。左クロスに合わせたファルケのゴール至近距離からのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマがビッグセーブで凌いだ。 ▽その後もハイプレスを受けるミランは17分にもピンチ。ボックス左まで侵入したリンコンのクロスをベロッティにボレーで合わせられ、ひやりとさせられた。 ▽序盤のピンチを凌いだミランがイグアインのポストプレーを起点に反撃を窺うと33分、イグアインとクトローネが立て続けにシュートを浴びせていったが、クトローネの枠を捉えたシュートはGKグリクにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握りきれなかったミランは41分にイグアインのボールロストからベロッティにコントロールシュートを許すも、ここもGKドンナルンマが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もペースを掴めず、膠着状態が続くミランは、71分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入。攻撃を活性化させると、終盤の81分にチャンス。カスティジェホのパスを受けたスソがボックス右に侵入して右足でシュートしたが、枠を捉えきれなかった。 ▽さらに87分、ビッグチャンス。FKの流れからゴール前で混戦となり、ボックス中央のクトローネがルーズボールを拾ってシュート。しかし、枠の右に外してしまった。結局、ミランはスコアを動かせずにゴールレスドロー。勝ち点1を積み上げるに留まった。 2018.12.10 06:31 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース