セルヒオ・ラモスのCLバイエルン戦出場はOK2018.04.13 21:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽追加での1試合出場停止処分が下される可能性があると報じられていたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだが、どうやら回避できたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽セルヒオ・ラモスは、11日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグのユベントス戦を累積警告による出場停止で欠場。チームはユベントスの脅威の追い上げを受けるも、土壇場のPKで勝利し、ベスト4へ進出していた。

▽試合中はスタンド観戦していたセルヒオ・ラモスだが、試合終盤にピッチサイドに降り、トンネル付近でチームを応援。これが、欧州サッカー連盟(UEFA)の規定に違反するとし、1試合の出場停止処分が追加されると報じられていた。

▽しかし、『マルカ』によると、セルヒオ・ラモスは2度目の処分を受けることはないとのこと。UEFAが報告を受けたものの、出場停止処分は下さないと決定。準決勝に出場することが可能となった。

▽なお、マドリーは13日に行われた組み合わせ抽選会で、バイエルンとの対戦が決定。チームの要であるセルヒオ・ラモスが出場できことは、大きな後ろ盾となるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

2018年サッカー界最強の11人が決定! 昨年に続きレアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2018》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出する2018年FIFA/FIFProベストイレブンには、FIFA男子最優秀選手賞を獲得したルカ・モドリッチを始め、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された今回のベストイレブンでは、FIFA最優秀GK賞を獲得したティボー・クルトワではなく、マンチェスター・ユナイテッドの絶対的守護神ダビド・デ・ヘアがGKに選出されている。 ▽4バックには、白い巨人の最終ラインを支えるセルヒオ・ラモス、マルセロの重鎮コンビと共に、フランス代表としてロシア・ワールドカップ制覇に貢献したラファエル・ヴァランも選出。また、パリ・サンジェルマンで2シーズンぶりのリーグ・アン制覇に貢献したダニエウ・アウベスも4年連続で選出された。 ▽中盤ではFIFA男子最優秀選手賞の最終候補3人に選出されたリオネル・メッシ、ルカ・モドリッチに加え、フランス代表でロシアW杯制覇に貢献したキリアン・ムバッペ、エンゴロ・カンテ、ロシアW杯でベルギー代表史上最高位となる3位フィニッシュに貢献したエデン・アザールが選ばれた。 ▽そして1トップには、昨年FIFA男子最優秀選手賞を獲得し、今年も最終候補3人に選出されたクリスティアーノ・ロナウドが選ばれた。2018年のFIFA/FIFProベストイレブンは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA/FIFProベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> ダビド・デ・ヘア</span>(マンチェスター・ユナイテッド/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(パリ・サンジェルマン/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span>(チェルシー/フランス) <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(チェルシー/ベルギー) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー→ユベントス/ポルトガル) 2018.09.25 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

カリウス、昨季CL決勝を振り返り…「S・ラモスには一切謝られていない」

今夏にリバプールからのレンタル移籍でベジクタシュに加入したGKロリス・カリウスが、昨季チャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦について振り返った。<br><br>リバプールが1&minus;3で敗れたあの試合で、後半に信じられないようなミスから失点を重ねたカリウス。同選手は後半開始早々にDFセルヒオ・ラモスの肘が顔面を直撃しており、この一連のプレーで脳震盪を起こした可能性が噂されている。<br><br>ドイツ『ビルト』とのインタビューに応じたカリウスは、実際に脳震盪を起こしたことでミスが生じたのどうかについて、次のように語っている。<br><br>「あの衝突の影響と、自分が犯したミスが関係あったのかは、誰にも分からないことだ。これは言い訳ではなく、一つの説明だよ」<br><br>「セルヒオ・ラモスが、意図して僕をケガさせたのかは分からない。彼だけが知っていることだし、さして重要ではないことだ。ただ、彼は僕に一切謝りを入れていない」<br><br>「検査では、僕が一時的な障害にあったことが示された。普通のコンディションならば、あんなミスを犯すことは難しいとは思うけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

世界最高選手の称号に興味なし! アセンシオが欲しいのはバロンドールよりも…

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオには、バロンドールよりも欲しいものがあるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2014年にマジョルカからマドリーに加入したアセンシオは、2016-17シーズンから印象的な活躍を披露。昨シーズンも公式戦53試合11ゴール6アシストという成績を残し、将来のバロンドール候補として大きな期待を集めている。最近ではローマを指揮するエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督もアセンシオの将来的なバロンドール受賞を確信しているコメントが伝えられていた。 ▽しかし、アセンシオ自身は自分のプレーに集中することに焦点を置いているようだ。また、それよりも現在クロアチア代表MFルカ・モドリッチが着用する背番号10のユニフォームを手にすることを希望している。 「バロンドール? それよりもまずは自分自身に全てを捧げていかなきゃね。それができ、その時が来れば獲れるものだと思っているよ」 「今シーズン僕に背番号を変えるかという話はこなかった。僕は10番が好きなんだ。けど今はモドリッチのもの。将来その番号が着いたユニフォームを着たいね」 2018.09.24 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

“CL制覇の夢”を追うハメス、バイエルン在籍は今季限りか

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に新天地移籍の可能性が浮上した。スペイン『Don balon』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタルでバイエルン入りしたハメス。バイエルンは今シーズン終了後に買取オプションを行使する意向とみられるが、ハメスの心は既にドイツにない模様だ。 ▽また、ハメスは保有権を持つレアル・マドリー復帰の選択肢も完全に排除。新天地の条件として、チャンピオンズリーグ(CL)優勝が見込めることを挙げ、現時点でパリ・サンジェルマン(PSG)が有力だという。 ▽今シーズンからバイエルンの指揮を執るニコ・コバチ監督の下でも、ここまでブンデスリーガ4試合2得点1アシストと結果を残すハメス。バイエルンの戦力であれば、CL優勝も夢ではないように感じるが、真意はいかに。 2018.09.24 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

S・ラモスの過剰な攻撃参加に西メディア警鐘…ロペテギ「指示していたわけではない」

22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのエスパニョール戦に1-0で勝利した。この試合では、DFセルヒオ・ラモスがいつも以上に積極的な攻撃参加を見せていたが、その姿勢が物議を醸している。<br><br>ローテーションを採用したこともあって、攻撃がうまく機能しなかったレアル・マドリーだが、セルヒオ・ラモスはその状況に業を煮やしたのか、いつも以上の積極さでもって攻撃に参加。だがリードを守るべき後半アディショナルタイムになっても攻撃に参加していたことから、リスクが大き過ぎるとの声もあがることになった。<br><br>例えば、スペイン『マルカ』のルベン・ヒメネス記者は、次のように記している。<br><br>「セルヒオ・ラモスはリベロのコンセプトを再発明した。いや、リベロというよりも、リブレ(自由)か。彼はモドリッチのシュートが期待される場面でいきなり現れてボールを叩き、サイドで股抜きをし、速攻で自由奔放にボールを持ち出し、CKではサード、フォースプレーまで待つ。結果、そのカテゴリーや年齢に鑑みれば許し難い守備のミスを何度も犯していた」<br><br>なおレアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督は試合後会見で、セルヒオ・ラモスの攻撃参加がコーチ陣の指示であったのかを問われて、次のように返している。<br><br>「話し合っていたことではない。フットボールのピッチでは、準備していたことだけが起こるわけではないんだよ。その時々の判断で実行されるプレーもあるし、自然にそういう流れになったということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 21:35 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース