足裏タックルから約2か月…S・ロベルト、ペレイラへの謝罪は未だせず2018.04.13 20:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのスペイン代表MFセルジ・ロベルトは、依然としてバレンシアのブラジル人MFアンドレアス・ペレイラに謝罪していないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。▽バレンシアは2月1日、コパ・デル・レイ準決勝1stレグでバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、0-1で敗北。その試合の中で、ペレイラはS・ロベルトから足裏を見せた危険なタックルを浴びせられ、負傷退場を強いられた。結局、4月1日のリーガエスパニョーラ第30節レガネス戦で途中出場するまで復帰できず。その間に台頭した生え抜きのスペイン人MFフェラン・トーレスにポジションを奪われる事態となった。

▽S・ロベルトは選手生命を壊しかねないような行為にバッシングを受け、SNS上で謝罪。その後、電話で直接ペレイラに謝罪したと伝えられていた。しかし、今回の『マルカ』の報道によると、S・ロベルトは謝罪をしておらず、唯一のメッセージはそのSNS上の12ワードと絵文字だけであり、電話は鳴らなかったという。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバ、今冬退団も…? モウリーニョとの関係が最悪な状態に

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、来年1月の移籍市場で退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽9月に副キャプテンをはく奪され、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が取り沙汰されたポグバ。一時は鎮火したかに思われたが、1日に行われたプレミアリーグ第14節サウサンプトンを2-2で終えた後、モウリーニョ監督がフル出場していたポグバを“ウイルス”と罵倒したという情報が、各紙を駆け巡った。 ▽そして、5日の第15節アーセナル戦でポグバは途中出場からの15分間のプレーに留まり、続く8日の第16節フルアム戦ではベンチで90分間を見守っている。 ▽『デイリー・メール』によると、モウリーニョ監督は自身の戦術に適応できないポグバに呆れているという。ユナイテッドの上層部に売却の意思がないことも伝えられているが、今冬の退団も十分にあり得るシチュエーションとみなされている。 ▽なお、候補に挙がっているのは、以前から関心が伝えられているバルセロナと古巣のユベントス。8900万ポンド(現在のレートで約126億円)もの移籍金で2016年夏に到着したワールドカップ覇者は、退団を選ぶことになるのだろうか。 2018.12.11 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ戦のアメリカ開催取り止めへ! ラ・リーガが声明

▽ラ・リーガが、ジローナvsバルセロナのアメリカ開催を断念するという声明を発表した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2018-19シーズンの開幕前、ラ・リーガは今年8月16日に多国籍メディアグループ『RELEVENT』と共にアメリカとカナダでのサッカーを推進する「La Liga North America」という新組織を立ち上げ、アメリカでの国外マッチを計画していると発表。また、その対象試合が来年1月27日のリーガエスパニョーラ第21節ジローナ戦であることも伝えられていた。 ▽さらに、今年9月上旬に、ラ・リーガがバルセロナとジローナと共にスペインサッカー連盟(RFEF)にアメリカでの試合開催の承認を要求したことも発表。賛否が巻き起こる中で、着々と開催への準備が進められていた。 ▽しかし、現地時間今月10日の午後にバルセロナが「アメリカ開催の希望を撤回する」と発表。これを受け、ラ・リーガは以下のように応じている。 「私たちは、開拓者になろうとしたバルセロナとジローナを祝福したい」 「(募っていた)参加は自発的なものであって、バルセロナが参加したくないという意向を表明したのであれば、マイアミで計画されていたこの試合をその日に開催するのは不可能だ」 「残念ながら、もちろんアメリカのファンを失望させてしまうかもしれない」 「彼らには、ラ・リーガがオフィシャルマッチを可能な限り早くアメリカで早く行う、と伝えたい」 2018.12.11 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG最大級スポンサーがネイマールをアンバサダーに任命! 去就に影響?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)の移籍は、しばらく先の話になるかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したネイマール。初年度となった昨シーズンは、負傷により後半戦の大部分を離脱したにもかかわらず公式戦30試合28ゴール16アシストの数字を叩き出し、今シーズンもここまでの公式戦18試合15ゴール7アシストと活躍を続けている。 ▽しかし、先月末にバルセロナのTV局『Beteve』が、「PSGは、ネイマールのスペイン復帰を2億ユーロ(約257億円)で容認するとして、暫定合意に至った」と報道。FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)による処罰回避のために、フランス代表FWキリアン・ムバッペかネイマールの売却に迫られている、としたフランス『レキップ』の記事は公に否定したものの、レアル・マドリー移籍やバルセロナ復帰などの噂が絶えず囁かれている。 ▽そんな中、先日にカタール国立銀行(QNB)グループがネイマールをグローバル・アンバサダーに任命したと発表。ネイマールの父親であるサントス氏と、QNBのゼネラルマネージャー(GM)を務めるユセフ・ダーウィッシュ氏が契約書にサインし、ネイマールのマーケティング権は全てQNBグループのものとなった。 ▽また、QNBはPSG最大のスポンサーの1つであり、シャツの袖部分にもイニシャルがプリント。したがって、今回のグローバル・アンバサダー就任はネイマールの囲い込みともとれ、PSGサイドが去就に関する噂をしばらく鎮静させることを狙っているのではないか、と『マルカ』は伝えている。 2018.12.11 09:10 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムに朗報? バルサ、CLトッテナム戦はスアレス欠場濃厚、メッシは…

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦に向けたコメントを残している。『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ▽バルセロナは11日、CL・グループB最終節でホームにトッテナムを迎える。グループBではすでに決勝トーナメント進出を決めているバルセロナに続いて、トッテナムとインテルが同じ勝ち点で並んでおり、勝ち上がり残り一枠を懸けて最終節を戦う。当該成績でインテルを上回っているトッテナムは、バルセロナ戦に勝利すれば自力突破が決まる。 ▽そんな状況の中、バルベルデ監督はトッテナム戦に向けたヒントを残した。主力温存という見方もある中で、以下のようにコメントした。 「明日(11日)は変化があるだろう。ルイス・スアレスは2試合連続で出られるほどフィットできていない」 「ラインナップをみれば、(リオネル・)メッシがいるかどうかわかるだろう。だが重要なのはモチベーションを持ってフィールドに出るということだ」 「インテルは心配する必要はない。我々は勝利に集中している。だが、トッテナムに勝っていればこのような状況にならなかっただろうけどね」 ▽トッテナムにとって、メッシが出るか出ないかは試合の行方を左右し得る重要な要素。また、PSVと対戦するインテルからしてみても、バルセロナにはどうにか勝利してほしいところ。果たして、バルベルデ監督はどのような陣容で臨むのだろうか。 2018.12.11 03:49 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州ビッグクラブが獲得競争繰り広げるデ・ヨング、父親が「バルサ移籍が最良の選択」と発言

欧州のビッグクラブがこぞって獲得を目指すアヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの父親が、バルセロナ移籍の可能性をほのめかしている。<br><br>パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなども獲得を狙うデ・ヨングだが、同選手の父親であるジョン氏はバルセロナに加わる可能性が高いことを示唆。オランダ『Voetbalprenium』で、次のようにコメントしている。<br><br>「決断を下さなければならない。彼はとても賢しい若者で、春に決断をするはずだ。アヤックスを退団する可能性は95%で、バルサ移籍が最良の選択となるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 23:31 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース