FIFA会長へ手紙…南米サッカー連盟が2022年のカタールW杯から出場国増加を要請2018.04.13 11:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽南米サッカー連盟(CONMEBOL)は20日、カタールで開催される2022年のワールドカップで、出場国を48カ国に拡大する計画を、FIFAに発表するように求めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽FIFAは、2026年のアメリカ・メキシコ・カナダが共催として立候補しているワールドカップから、出場国を48カ国に増加させることを発表。現行の32カ国から16カ国増えることとなる。

▽しかし、CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長へCONMEBOLの10カ国の会長がサインした手紙を送り、出場国増加の計画を早める要請を行ったようだ。

▽ドミンゲス会長は、「2022年のワールドカップが48カ国で行われることを願っている」とコメントしている。

▽ロシア・ワールドカップには、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、ペルーの5カ国が出場。しかし、現在の予選では4カ国がストレートインとなるも、5位の国は大陸間プレーオフを戦う必要が出てくる。

▽出場国が48カ国に増えた場合は、南米の枠が6カ国に増加。7カ国目が大陸間プレーオフに行くこととなり、南米の各国は出場国増加を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

失点を悔やむ遠藤「少し中途半端になってしまった」《トレーニングマッチ》

▽2016年の1月にリオ五輪の出場権をかけた『AFC U-23選手権カタール2016』を控えるU-22日本代表が26日、Shonan BMWスタジアム平塚で湘南とのトレーニングマッチに臨み、湘南に先制を許す展開のなか、試合終盤に投入したFW鈴木武蔵(水戸)のゴールによって1-1の引き分けに持ち込むことに成功した。 ▽試合後、ボランチの一角として先発し、前半途中からはアンカーの位置でプレーしたMF遠藤航(湘南)が、U-22日本代表のキャプテンとして自身の所属チームと対戦した一戦を振り返った。 ――<B>試合を振り返って</B> 「前半に失点してしまいましたけど、相手がけっこう前からきて、自分たちもボールを奪ったあとにカウンターでチャンスを作ったり、逆にカウンターを受けたりというようなスペースのある展開が前半は続いて、プレスがハマらなかったので後半は少しブロックを下げながらチャンスを作っていこうというところで、最後に追いつけたのは良かったと思います。ただ、先に失点してしまったというところは課題ですね」 ――<B>試合前の指示について</B> 「プレスをかけるときに、攻撃は4-2-3-1ですけど、守備の時は4-4-2で2トップを相手のセンターバックに当てれるようなポジショニングというのを意識しながら、無理だったらブロックを下げてというのを言われていましたけど、前半はそこが曖昧になって前からいくのか、ブロックを作るのかというのが少し中途半端になってしまったのかなと思います」 ――<B>最終予選(AFC U-23選手権カタール2016)までの残り1カ月半でやるべきこと</B> 「まだ試合が何試合かあるので、そこでしっかりチームがやりたいサッカーを出していきながら、今日は引き分けましたけど勝って最終予選に臨む方がいいと思うで、そのための準備を一人ひとりがしていかないといないですし、最終予選をしっかりと戦うという覚悟を一人ひとりが持ってやっていくという心の準備が大事なのかなと思います」 ――<B>観戦に訪れていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの言葉</B> 「今日はリオ世代を応援する意味でA代表のスタッフ全員で観にきたということを話していて、この試合も最後に追い付いたけど勝たなければいけないというような話をしてくれましたし、代表は結果が求められるので、そのあたりのこだわりに対しても話してくれました」 ――<B>ホームで所属チーム相手にプレーして</B> 「前からプレスをかけてくるのが良さだと思いますし、そこにハマってしまったところがありました。最終予選で対戦するチームがこれほどプレスをかけてくるかはわからないですけど、こういった前からプレスをかけてくる相手や、球際で激しくプレーしてくる相手を上回るくらいの強さを自分たちに求めていかないといけないと思いました」 ――<B>代表の一員として湘南サポーターの前でプレーした感想</B> 「これほど良い雰囲気を作ってくれたことに感謝しなければいけないですし、湘南のサポーターの皆さんもリオ世代の代表を応援してくれていると思うので、最終予選に向けて良い準備をして、良い結果を報告できるように頑張りたいなと思います」 2015.11.27 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

2022年カタールW杯は予定通り冬季開催! 開催日時が正式に決定

▽国際サッカー連盟は25日、2022年にカタールで開催されるワールドカップ(W杯)の開催日程が決定したことを発表した。 ▽FIFAの組織委員会は25日、2022年カタールW杯の開催日時が同年11月21日~12月18日に決定したことを公式にアナウンスした。 ▽夏場に40度を超える天候の問題やFIFAの汚職問題の影響などで開催の是非も問われていたカタールW杯だったが、当初の予定通り11月半ばから12月半ばまでの冬季開催で行われることが正式に決定した。 2015.09.25 22:58 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA、やはりカタールW杯は秋冬開催へ?

FIFAのジェローム・ヴァルケ事務総長が、フランスのメディアで、2022年にカタールで開催されるワールドカップ(W杯)について、夏の開催にならない可能性を示唆した。欧州各メディアが伝えている。<br /><br />カタールW杯は招致が決定して以降、気候の問題から開催時期が常に話題となっている。FIFAのジョゼフ・ブラッター会長も以前、11月か12月の開催に言及した。<br /><br />ヴァルケ事務総長は今回、『ラジオ・フランス』で、カタールW杯の開催時期は「6、7月にはならないだろう」とコメント。11月15日から1月15日の間になるかもしれないと示唆している。<br /><br />だが、FIFAのスポークスマンはヴァルケ事務総長の発言について、「彼の見解だ」とコメント。開催時期については検討中で、今年夏のブラジルW杯が終わるまでに決断を下すことはないと強調している。<br /><br />ブラッター会長も昨年、カタールW杯についてはブラジルW杯終了後に決めると話している。さまざまな憶測や議論を呼んでいるカタールW杯、果たして開催は夏になるのか、冬になるのか&hellip;?<br /><br /><br>提供:goal.com 2014.01.09 10:05 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース