アトレティコ・マドリー、喜びも束の間…ジエゴ・コスタ&リュカが負傷2018.04.13 10:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは12日、スペイン代表FWジエゴ・コスタ、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの負傷を発表した。

▽両選手は、12日に敵地で行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのスポルティング・リスボン戦(0-1でアトレティコ・マドリーが敗戦)に先発。だが、ともに後半開始から序盤にかけて負傷交代を余儀なくされている。

▽アトレティコ・マドリーのメディカルレポートによれば、ジエゴ・コスタは、左太もも裏を負傷。リュカ・エルナンデスは骨に異常こそ見つからなかったものの、重度の顔面外傷と診断されたという。

▽なお、アトレティコ・マドリーはスポルティング・リスボンとのリターンレグを落としたものの、2戦合計スコア2-1でベスト4進出。13日の抽選会でザルツブルク、アーセナル、マルセイユのいずれかと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコがモナコに順当勝利で白星発進《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節、モナコvsアトレティコ・マドリーが18日に行われ、1-2でアトレティコが逆転勝利した。 ▽ドルトムント、クラブ・ブルージュが同居するグループの本命と見られるアトレティコは、昨季は悔しいグループステージ敗退に終わったものの、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。そのアトレティコは今夏、レマルやロドリゴ・エルナンデス、ジェウソン・マルティンスにカリニッチらを獲得したものの、リーガエスパニョーラでは1勝2分け1敗スタートとまさかの躓きを見せた。CLで流れを変えたい中、1-1で辛くも引き分けた直近のエイバル戦のスタメンから2選手を変更。古巣対戦となるレマルはベンチスタートとなった。 ▽一方、レマルの他、ファビーニョ、ケイタにモウティーニョを失ったモナコはリーグ・アンでは1勝2分け2敗と苦戦。そのモナコは古巣対戦となるファルカオが先発となった他、シャドリやヘンリクスといった新戦力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持したアトレティコは6分、浮き球パスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス右から決定的なシュートを浴びせるも、わずかに枠の左に外れてしまう。 ▽すると18分、クロスボールの処理にかかったサウールからファルカオがボールを奪ってボックス右からクロスを送ると、ルーズとなったボールをグランサーが押し込み、モナコが先制した。 ▽失点後、攻撃が停滞していたアトレティコだったが、31分に同点とする。グリーズマンのダイレクトパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス中央に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽さらに追加タイム1分、コケの右CKからホセ・ヒメネスが強烈なヘディングシュートを叩き込んで前半のうちに逆転に成功した。 ▽2点をリードした後半もアトレティコがボールを保持して試合をコントロールする中、モナコは58分にシャドリを諦めてムブラを投入。 ▽それでも流れは変わらず、アトレティコが主導権を握ると、70分にコレアに代えてレマルを投入した。 ▽終盤にかけてもアトレティコが試合をコントロールしてモナコに何もさせず2-1で逃げ切り。順当な勝利で白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループA展望】アトレティコ本命も全チームにチャンスあり

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループAでは実績十分のアトレティコ・マドリーが突破の本命だ。しかし、今季開幕からの戦いぶりを見れば、ドルトムントに首位通過の可能性、モナコとクラブ・ブルージュの突破の可能性も十分にあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:アトレティコ・マドリー ○対抗:ドルトムント △連下:モナコ ☆大穴:クラブ・ブルージュ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆リーガ大苦戦も実績十分~アトレティコ・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季のCLファイナルが本拠地ワンダ・メトロポリターノで開催されるため、今大会出場チームにおいて最もビッグイヤー獲得へのモチベーションが高い昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ。そのクラブの意気込み通りに、今夏の移籍市場ではエースFWグリーズマン、守護神オブラクの残留に始まり、GKアダンやDFアリアス、MFロドリゴ・エルナンデス、MFレマル、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンスの獲得と積極的な動きを見せた。したがって、これまでの実績含めグループ首位通過の本命と言えるはずだ。 ▽ただ、UEFAスーパーカップで宿敵レアル・マドリーを破るまでは良かったものの、今季ここまでのリーグ戦ではセルタ相手に早くも今季初黒星を喫するなど、開幕4試合で1勝1敗2分けと予想外の低迷を見せている。ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力のコンディションの問題に加え、新戦力の適応の遅れや最大の長所である堅守の陰りなど今グループステージの戦いに向けて不安要素は多い。そのため、初戦のモナコ戦、2戦目のドルトムント戦でのパフォーマンスが重要になるはずだ。まずは堅守を取り戻し、そこから攻撃面の精度や連係を深めていきたい。 <span style="font-weight:700;">◆戦術&新戦力適応進めば首位通過も~ドルトムント~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述のアトレティコと同様に昨季はグループステージ敗退を強いられたドルトムントは、ファブレ新監督の下で巻き返しのシーズンに臨む。今夏の移籍市場では主力の流出は最低限にとどめたもののGKヒッツやDFディアロ、MFヴォルフ、MFデラネイ、MFヴィツェル、FWアルカセルなどビッグネームなしの堅実な選手補強となった。 ▽それでも、リーグ戦ではハノーファー戦こそゴールレスドローで終えたもののそれ以外の2試合ではいずれも3ゴール以上を奪っての快勝と上々のスタートを切っている。MFロイスとFWプリシッチの両ウイングを軸に機動力のあるFWフィリップとFWアルカセルを最前線で起用する流動的な攻撃、ヴィツェルとデラネイの新加入選手が睨みを利かせる中盤、ディアロとDFアカンジの若手センターバックコンビを中心とする守備陣と今後連係面での熟成が進めば、より強力なスカッドに成長していくはずだ。なお、今季未だ出場機会のないMF香川はターンオーバーが予想されるリーグ戦でアピールし、サッカー界最高峰の舞台でプレーするチャンスを掴む必要がある。 <span style="font-weight:700;">◆開幕不振で苦戦必至~モナコ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アトレティコ、ドルトムントに次ぐ3番手の評価となったモナコは難しいグループステージの戦いを強いられることになりそうだ。昨季に続きMFレマル、MFファビーニョ、FWケイタらの主力を引き抜かれたチームは代わりにMFゴロビン、MFシャドリ、DFヘンリクスなどを補強したものの、エースFWファルカオやDFグリクらベテランの華麗によるパフォーマンス低下を考えれば、戦力ダウンは否めない。 ▽その不安通りにここまでのリーグ戦ではナントとの開幕戦こそ勝利したものの以降は2敗2分けの4戦未勝利と低迷が続く。智将ジャルディム監督の修正力に加え、MFアホルやMFグランサー、FWムボウラ、FWペッレグリら若手ブレイク候補の覚醒がなければ、グループステージ突破は厳しくなるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆序盤戦の戦い次第で番狂わせも~クラブ・ブルージュ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベルギーリーグ王者として2年ぶりのグループステージに挑むクラブ・ブルージュ。タレントの質や経験値を考えれば、グループ突破は至難の業となる。だが、リーグ開幕から6勝1分けと好調を継続するチームは勢いという面でライバル3チームを大きく上回っており、相手のチーム力が高まるグループステージ後半戦までにアドバンテージを得られれば、突破の可能性は十分にあるはずだ。なお、開幕から好調を維持するイラン代表FWレザエイと190cmのフィジカルモンスター、ウェズレイの強力2トップは必見だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今季CL決勝はホーム開催だが…シメオネは目先の一戦しか考えず「試合から試合へ。そして運命に導かれる」

18日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第1節、アトレティコ・マドリーはアウェーでのモナコ戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、「パルティード・ア・パルティード(試合から試合へ)」で進んで行く重要性を改めて説いている。<br><br>今季のCL決勝会場は、アトレティコの本拠地ワンダ・メトロポリターノ。同チームにとっては悲願の大会初優勝に向けて、大きなモチベーションになりそうなところだが、シメオネ監督は目先の一戦だけに集中すべきことを今一度強調している。<br><br>「決勝が自分たちのホームで行われるとすれば、ジャーナリズムや雰囲気が期待を煽ってくるのは当たり前だろう。しかし私たちは競争に臨まなくてはいけないこと、モナコ戦より先を見る余裕や可能性がないことを理解している」<br><br>「試合から試合へと進んでいけば、運命が導くべき場所へと導いてくれるはずだ。そうした期待はメディアやファンのことであり、私たちは関係ないところにいる。(決勝に)たどり着くためには、勝たなければならない」<br><br>リーガ・エスパニョーラの第4節までを1勝2分け1敗で終えるなど、不調にも思えるアトレティコだが、シメオネ監督はチームにネガティブな雰囲気が存在しないことを主張する。<br><br>「そうした雰囲気は感じないね。私は改善すべきことと、新加入の選手たちをどう適応させるかを考えている。浮き沈みはあったものの、この前の試合では良いこともあったし、そこを改善の糸口としなければ。フットボールにおいて、状況を改善をするための唯一の方法は、働くことにほかならない。チームが成長するためには、働くしかないんだ」<br><br>また、スペイン代表でも活躍を見せ始めたMFサウール・ニゲスについても言及した。<br><br>「ポジティブな出来事は心理的にも良いものだと思っている。彼は努力によって結果を手にしたわけだし、この流れに乗って進み続けなければならない」<br><br>「彼はプレーしようがしまいがチームの助けになろうとしてきた選手で、今になってプレーする番が回ってきた。だが、フットボールでは今日何かが与えられたとしても、次の日にはそれを取り上げられてしまう。常に挑戦し続けることが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「金が大切なら中国に行く」グリーズマンがアトレティコ残留の真相を明かす…そこにあるのは金ではなく、愛

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンが、同クラブに残留した理由を明かした。<br><br>昨季、バルセロナからのオファーを受けながらも、最終的にはアトレティコに残留を決断したグリーズマン。バルセロナよりもアトレティコの方が年俸が良いためとの指摘もあったが、スペイン『アス』のインタビューに応じた同選手は、金ではなく、信頼の問題であったと語っている。<br><br>「そんな理由のためじゃない。僕にとって金は最も大切なものじゃないんだ。僕は自分が最も愛されている場所に残った。ここでは愛情や情熱を感じられる。確かに、昨季最後のメトロポリターノの試合で、(バルセロナに移籍するとの報道を受けたファンから)ブーイングされたことには心を痛めた。もちろん、ファンが様々な噂を耳にしていたことは理解しているよ。ただ、僕がそれまで話をしてこなかったのは、プレーだけに集中したかったからなんだ」<br><br>「いずれにしても、金のために残ったわけでは決してない。そうであれば、僕は中国に行っているよ。あそこならさらなる金額を受け取れるはずだからね。僕はアトレティコでとても満足している。自分のことを愛し、信頼を寄せてくれる監督がここにはいるし、チームメートたちも僕のことを信じてくれる。そして僕たちの後ろには、ファンがついている。彼らから愛されていることは分かっているんだ。今季最初の試合でそれを示してくれたね」<br><br>グリーズマンの去就に関する迷い、そして決断はドキュメント番組となったが、そうした番組の制作には賛否両論が起こっている。<br><br>「新しいことだから、賛否があるのは分かっていた。でも、そうした決断がいかに難しく、重要なものであるかを示したかったんだ。それは自分の未来に対する決断であり、1年先ではなく、4~5年先のことを考えて下すものなんだよ」<br><br>またバルセロナ移籍を断る選手はそうはいないと意見されると、こう返した。<br><br>「でも、僕がくだした決断はクラブ、チョロ(シメオネ監督の愛称)、チームメートたちに威厳を与えるものでもある&hellip;&hellip;。僕はチョロ、クラブ、全チームメートのことを信頼している。僕は彼らの成長を助けていきたいし、彼らが僕を成長させてくれることも確信しているよ。僕たちは互いに助け合える」<br><br>ブーイングを受けた昨季最後の試合エイバル戦で、グリーズマンはFWフェルナンド・トーレスから「俺たちはお前を必要としている」と話しかけられ、ピッチ上で涙した。<br><br>「フェルナンドからは楽しむこと、落ち着くこと、何でもないこと、ここで僕が愛されていることを伝えられた。僕にとって大きな助けとなったね。ささやかな助言だったけど、でも本当に大切なことだった」<br><br>あのエイバル戦ではF・トーレスの退団セレモニーが大々的に行われた。彼のような絶対的アイドルになることを想像するかとの問いには、次のように返答している。<br><br>「想像はするけど、そうなるにはまだまだ時間がかかる。フェルナンドについては、本当に信じられないことが起こったと見るべきだ。選手に対してああしたことをするクラブなんて、ほんのわずかしか存在しない。とても美しいことだろうけど、ピッチでその権利を勝ち取らないとね」<br><br>グリーズマンはF・トーレスのように、アトレティコに対して大きな愛情を感じているようだ。<br><br>「スタジアムでファンが自分を応援し、自分の歌を歌ってくれるときに、僕は彼らの一部なんだと感じられる。それは心に届くものなんだ。それと、昨季最後の試合のようにブーイングを浴びることも、同じように心に響く。『なんだよ。自分はこのファンを愛している、このクラブを愛しているんだ』って気付かされてね」<br><br>「心が傷むのは、そこに何かがあるからにほかならない。辛い出来事だったけど、このクラブへの思いに気付かされたんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 00:58 Tue
twitterfacebook
thumb

「強力陣容なのにリーガを捨てている」アトレティコ、シメオネ政権最低のシーズンスタート切る

リーガ・エスパニョーラ第4節までで勝ち点5を獲得するにとどまったアトレティコ・マドリーだが、これは2009&minus;10シーズン以降では最低のシーズンスタートとなった。<br><br>リーガ第4節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのエイバル戦を1-1で終えたアトレティコ。ここまでの成績は1勝2分け1敗となったが、ディエゴ・シメオネ監督政権下において、これだけの低飛行でシーズンをスタートさせたことはなかった。アルゼンチン人指揮官は過去6シーズン、少なくとも勝ち点8を獲得してきた。<br><br>リーガ第4節での勝ち点5獲得は2009&minus;10シーズン以降では最低の成績。同シーズン、アベル・レシノ監督が率いたアトレティコは第4節までで勝ち点2しか獲得できず、それから3試合後にレシノ監督は解任となり、キケ・サンチェス・フローレス監督が後任を務めた。アトレティコは最終的に9位でリーグ戦を終えている。<br><br>またハビエル・アギーレ監督がチームを率いた2007-08シーズンには、今季同様に第4節までに勝ち点5を獲得。アトレティコは最終的に4位でリーグ戦を終えてチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ出場権を手にしたが、シメオネ監督が率いるチームであれば4位は乏しい結果と言わざるを得ないだろう。<br><br>&ldquo;クラブ史上最強の陣容&rdquo;を揃えたと言われながらも、優勝戦線で遅れを取ったアトレティコ。スペイン『マルカ』の副編集長カルロス・カルピオ氏は「アトレティは強力な陣容なのにリーガを捨てている。昨季のレアル・マドリーのようだ。CLに比べてやる気がないのか?」とつぶやき警鐘を鳴らしたが、ここから巻き返しを図ることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.16 22:29 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース