酒井宏樹が28歳バースデー弾で移籍後初ゴール! 攻撃陣爆発のマルセイユがライプツィヒ撃破で14年ぶりのベスト4進出!《EL》2018.04.13 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、マルセイユvsRBライプツィヒが12日に行われ、ホームのマルセイユが5-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3としたマルセイユのベスト4進出が決定した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場し94分に移籍後初ゴールを決めた。

▽5日にライプツィヒホームで行われた両者の初対決は得意の高速カウンターが炸裂したホームチームがヴェルナーのゴールで1-0の先勝を収めた。

▽ホームで逆転を目指すマルセイユだが、先週末のモンペリエ戦では相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドロー。CL出場圏外の4位転落に加え、公式戦2試合連続無得点と調子を落とす。この2ndレグに向けては1stレグから先発2人を変更。アンギッサ、オカンポスに代わって負傷明けのエースFWトヴァン、マキシム・ロペスが起用された。なお、この日が28歳のバースデーとなった酒井は3バックの右に入った。

▽一方、ホームで先勝も直近のリーグ戦ではレバークーゼンにホームで1-4の大敗と不安を残す形でこの試合を迎えたライプツィヒは1stレグから先発2人を変更。絶対的司令塔のフォルスベリ、エースFWヴェルナーがベンチスタートとなり、カンプルとサビツァーが代役を担った。

▽試合は立ち上がりから互いにゴールを奪い合う激しい展開に。開始2分、右サイドをドリブルでこじ開けたナビ・ケイタからの折り返しをボックス中央のオギュスタンが巧みなキープから落とすと、これをブルマが右足のダイレクトシュートで流し込んだ。

▽痛恨のアウェイゴールを献上したマルセイユだがすぐさま追いつく。6分、右CKの場面でパイエのアウトスウィングのボールをニアのカマラが頭で合わすと、ゴール前の混戦からミトログル、相手DFイルザンカーと当たったボールがネットに吸い込まれた。さらに9分には自陣からのロングカウンターでパイエのフィードに抜け出したサンソンがボックス内で続けてシュートもGKグラーチのファインセーブに遭う。だが、このこぼれ球をブナ・サールが左隅に蹴り込んだ。

▽この連続得点で2戦合計2-2としたもののアウェイゴール数でビハインドに立つマルセイユは果敢にゴールを目指す。17分にはボックス手前でミトログルからパスを受けたパイエが鮮烈な左足のミドルシュートを突き刺すが、ここはパスを出した後に相手DFを引き倒したミトログルがファウルを取られてゴールは認められず。

▽その後、肩を脱臼したB・サールが負傷交代を強いられ、DFラミを投入したマルセイユは酒井を右ウイングバックに上げる。積極的に相手を押し込んでいく中、38分にゴールを奪う。相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのパイエがゴールに向かうボールを入れると、トヴァンが巧みなヒールでのワンタッチで合わせた。そして、2戦合計スコアを3-2としてマルセイユが最高の形で前半を終えた。

▽迎えた後半も立ち上がりにミトログルに続けて決定機が訪れるなど、良い入りを見せたマルセイユだったが、ギリシャ代表FWは2度の決定機をフイにしてしまう。すると55分、ボックス内で細かい仕掛けを見せたオギュスタンに見事なコントロールシュートを決められ、2戦合計スコアで逆転を許す。

▽それでも、諦めずに攻勢を続けるマルセイユは60分、ボックス手前右から中央に切り込んだパイエが右足アウトの絶妙なシュートをゴール左上隅に突き刺し、2戦合計4-3で再び勝ち越しに成功した。

▽その後、互いに交代カードを切った中でマルセイユペースが続くもなかなかカウンターチャンスを決め切れず、相手に望みを与えてしまう。試合終了間際の93分にはボックス内に抜け出したポウルセンに決定機を許すが、ここはGKプレの好守で凌ぐ。すると、この試合のラストプレーで酒井が大仕事を果たす。94分、ゴールキーパーまで攻撃参加した相手CKの場面でクロスを跳ね返すと、マキシム・ロペスのスルーパスに抜け出した酒井が相手陣内右サイドから無人のゴールヘロングシュートを流し込み、移籍後初ゴールを記録。28歳の誕生日を自らのゴールで祝うとともにダメ押しの5点目を奪った。

▽そして、攻撃陣爆発でライプツィヒとのシーソーゲームを制したマルセイユが2戦合計5-3で14年ぶりとなるベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹、マルセイユは4発快勝も仏メディアの評価は及第点…守備面の不安指摘

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、チームは大勝を収めながらも、自身は高評価とはいかなかった。<br><br>マルセイユは16日、リーグ・アン第5節でギャンガンと対戦。試合はフロリアン・トヴァンの2ゴールなどで4-0と快勝を収めた。今季4度目のフル出場を果たした酒井だったが、フランス『footmercato』ではかろうじて及第点の「5.5」という採点となり、守備面での不安を指摘されている。<br><br>「今夜日本人選手は困難に陥っていた。いくつか興味深い攻め上がりもあったが、後ろにスペースができ、そこをテュラムに生かされた。しかし、幸運なことにギャンガンはゴールできなかった。また、57分の先制点では起点になっている」<br><br>また、最高点はディミトリ・パイェ、トヴァンの「7.5」となった。マルセイユは5試合を終えた勝ち点10。首位のパリ・サンジェルマンと勝ち点5差の3位となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユの処分軽減をUEFAが発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、ファンの過激行動が問題視されていたマルセイユの処分を軽減すると発表した。イギリス『スター』が伝えている。 ▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグで決勝に進出したものの、惜しくもアトレティコ・マドリーに敗れ準優勝に終わったマルセイユ。しかし、RBライプツィヒ戦、ザルツブルク戦でファンによる問題行動が起きており、決勝ではスタジアムの椅子を破壊するなど愚行を繰り返していた。 ▽度重なるファンの愚行を問題視したUEFAは、クラブに制裁を課すことを決定。10万ユーロ(約1290万円)の罰金と今シーズンのヨーロッパリーグのホーム初戦を無観客にすることが、7月下旬に発表されていた。 ▽また、抑止策としてUEFAはさらなる重い処分を課すことを決定。2年間の執行猶予があるものの、その間にファンが問題行動を起こせば、1シーズン欧州カップ戦の出場権を剥奪するとも伝えていた。 ▽しかし、今回の発表によると、これに不服を覚えたマルセイユは処分の軽減を訴えており、UEFA側もこれを受け入れることに。最終的な処分は、罰金10万ユーロ(約1290万円)+無観客試合2試合の処分となった。なお、無観客試合に関しては、2試合目が2年間の執行猶予付きとなる。 2018.09.11 08:59 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユの給与トップ20が地元報道で明らかに…酒井宏樹はチーム何番手か

今夏の移籍市場で、ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、マルセイユへの移籍話が取りざたされていた。だが、移籍話は具体化せず、ニースへの残留が決定。その裏ではマルセイユの懐事情もあり、頓挫に至ったようだ。<br><br>フランス『foot01』は「マルセイユは各選手の給与バランスもあり、巨額のサラリーを受け取る選手の獲得を、断念せざるを得なかった。クラブで最も高いサラリーをもらっているのは(ディミトリ)パイェで、移籍市場終盤に加わった(ケヴィン)ストロートマンはチーム2番手の高給取りとなる。結果として新加入の3人は、マルセイユのファイナンシャル・フェアプレーを脅かすことはなかった」と伝えた。<br><br>なお、記事では所属選手の月額サラリーが報じられており、DF酒井宏樹はチームで15番手であることも明らかになっている。<br><br>マルセイユ所属選手のサラリーは以下のとおり。<br><br>■マルセイユの月額サラリートップ20<br />1:ディミトリ・パイェ(56万ユーロ/約7168万円)<br />2:ケヴィン・ストロートマン(54万ユーロ/6912万円)<br />3:ルイス・グスタボ(50万ユーロ/6400万円)<br />4:フロリアン・トヴァン(40万ユーロ/5120万円)<br />5:コスタス・ミトログル(35万5000ユーロ/約4544万円)<br />6:スティーブ・マンダンダ(33万5000ユーロ/約4288万円)<br />7:アディル・ラミ(25万ユーロ/約3200万円)<br />8:アイメン・アブデヌール(22万5000ユーロ/約2880万円)<br />9:ドゥイェ・チャレタ=ツァル(20万ユーロ/約2560万円)<br />10:クリントン・エンジ(19万ユーロ/約2432万円)<br />11:ヴァレール・ジェルマン(18万ユーロ/約2304万円)<br />11:モーガン・サンソン(18万ユーロ/約2304万円)<br />11:グレゴリー・セルティッチ(18万ユーロ/約2304万円)<br />14:ネマニャ・ラドニッチ(17万ユーロ/約2176万円)<br />15:ロランド(16万5000ユーロ/約2112万円)<br />15:酒井宏樹(16万5000ユーロ/約2112万円)<br />17:ブナ・サール(16万ユーロ/約2048万円)<br />18:トマシュ・フボチャン(15万5000ユーロ/約1984万円)<br />19:ルーカス・オカンポス(13万ユーロ/約1664万円)<br />20:マキシム・ロペス(12万ユーロ/約1536万円)<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.09 20:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ストロートマンが相思相愛だったローマに別れ! 永久欠番着用に2年の長期離脱、“洗濯機”の愛称も

▽ローマは28日、オランダ代表MFケビン・ストロートマン(28)がマルセイユに総額2800万ユーロ(約36億4000万円)で完全移籍したことを発表した。そして、2013年の加入以来、ローマやロマニスタと共に多くの瞬間を共有したストロートマンが自身の公式ツイッターを通じてエモーショナルな別れのメッセージを送った。 ▽ローマと相思相愛の中、今夏突然の別れを告げることになったストロートマンはクラブとロマニスタに別れのメッセージを送った。 「5年前、僕が初めてローマに来た瞬間からこの美しい街とクラブと恋に落ちたんだ。素晴らしいローマ、僕のチームメート、メディカルスタッフ、監督たち、クラブのリーダーやスタッフに感謝の言葉を贈りたい。みんなは僕にとって家族だ。みんなの幸運を心から願っているよ」 「親愛なるロマニスタへ。このクラブを離れることはとても辛いことだよ。ここではいつも自宅のような気持ちでいたし、君たちは常に僕をサポートし続けてくれた。君たちが僕に与えてくれたすべてに感謝したい。僕はそれを生涯忘れず、常に大切にしていきたい。今シーズンの成功を心から祈っているよ」 ▽PSVやオランダ代表での活躍をキッカケにビッグクラブの関心を集めたストロートマンは、2013年にローマへ加入。その際にクラブが用意した背番号はクラブのレジェンド、元ブラジル代表DFアウダイールが背負い永久欠番となっていた「6」だった。そして、鳴り物入りでの加入となったオランダ代表は現マルセイユの指揮官で当時ローマの監督に就任したばかりのルディ・ガルシア監督の下ですぐさまレギュラーに定着し、攻守両面で印象的なパフォーマンスを披露した。 ▽しかし、2014年3月に左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷を負うと、以降は術後の経過が思わしくなくほぼ2年間を棒に振ることになった。この間に汚いボール(パス)を巧みなタッチと繋ぎで綺麗なボールにするプレースタイルから“ラヴァトリーチェ(洗濯機)”の愛称で呼ばれた同選手に多くのロマニスタが自宅の洗濯機とのツーショット写真をSNS上げて復帰に向けたエールを送るキャンペーンも大きな話題になっていた。 ▽その後、2016-17シーズンに完全復活を果たしたオランダ代表MFは昨シーズンの公式戦44試合に出場し1ゴールを記録。クラブのセリエA3位フィニッシュとチャンピオンズリーグでのベスト4進出に大きく貢献した。 ▽そして、ローマを愛しローマに愛され続けた“ラヴァトリーチェ”は、公式戦130試合13ゴールという数字以上の美しい思い出を残して永遠の都から旅立つことになった。 2018.08.29 14:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース