酒井宏樹が28歳バースデー弾で移籍後初ゴール! 攻撃陣爆発のマルセイユがライプツィヒ撃破で14年ぶりのベスト4進出!《EL》2018.04.13 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、マルセイユvsRBライプツィヒが12日に行われ、ホームのマルセイユが5-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3としたマルセイユのベスト4進出が決定した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場し94分に移籍後初ゴールを決めた。▽5日にライプツィヒホームで行われた両者の初対決は得意の高速カウンターが炸裂したホームチームがヴェルナーのゴールで1-0の先勝を収めた。

▽ホームで逆転を目指すマルセイユだが、先週末のモンペリエ戦では相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドロー。CL出場圏外の4位転落に加え、公式戦2試合連続無得点と調子を落とす。この2ndレグに向けては1stレグから先発2人を変更。アンギッサ、オカンポスに代わって負傷明けのエースFWトヴァン、マキシム・ロペスが起用された。なお、この日が28歳のバースデーとなった酒井は3バックの右に入った。

▽一方、ホームで先勝も直近のリーグ戦ではレバークーゼンにホームで1-4の大敗と不安を残す形でこの試合を迎えたライプツィヒは1stレグから先発2人を変更。絶対的司令塔のフォルスベリ、エースFWヴェルナーがベンチスタートとなり、カンプルとサビツァーが代役を担った。

▽試合は立ち上がりから互いにゴールを奪い合う激しい展開に。開始2分、右サイドをドリブルでこじ開けたナビ・ケイタからの折り返しをボックス中央のオギュスタンが巧みなキープから落とすと、これをブルマが右足のダイレクトシュートで流し込んだ。

▽痛恨のアウェイゴールを献上したマルセイユだがすぐさま追いつく。6分、右CKの場面でパイエのアウトスウィングのボールをニアのカマラが頭で合わすと、ゴール前の混戦からミトログル、相手DFイルザンカーと当たったボールがネットに吸い込まれた。さらに9分には自陣からのロングカウンターでパイエのフィードに抜け出したサンソンがボックス内で続けてシュートもGKグラーチのファインセーブに遭う。だが、このこぼれ球をブナ・サールが左隅に蹴り込んだ。

▽この連続得点で2戦合計2-2としたもののアウェイゴール数でビハインドに立つマルセイユは果敢にゴールを目指す。17分にはボックス手前でミトログルからパスを受けたパイエが鮮烈な左足のミドルシュートを突き刺すが、ここはパスを出した後に相手DFを引き倒したミトログルがファウルを取られてゴールは認められず。

▽その後、肩を脱臼したB・サールが負傷交代を強いられ、DFラミを投入したマルセイユは酒井を右ウイングバックに上げる。積極的に相手を押し込んでいく中、38分にゴールを奪う。相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのパイエがゴールに向かうボールを入れると、トヴァンが巧みなヒールでのワンタッチで合わせた。そして、2戦合計スコアを3-2としてマルセイユが最高の形で前半を終えた。

▽迎えた後半も立ち上がりにミトログルに続けて決定機が訪れるなど、良い入りを見せたマルセイユだったが、ギリシャ代表FWは2度の決定機をフイにしてしまう。すると55分、ボックス内で細かい仕掛けを見せたオギュスタンに見事なコントロールシュートを決められ、2戦合計スコアで逆転を許す。

▽それでも、諦めずに攻勢を続けるマルセイユは60分、ボックス手前右から中央に切り込んだパイエが右足アウトの絶妙なシュートをゴール左上隅に突き刺し、2戦合計4-3で再び勝ち越しに成功した。

▽その後、互いに交代カードを切った中でマルセイユペースが続くもなかなかカウンターチャンスを決め切れず、相手に望みを与えてしまう。試合終了間際の93分にはボックス内に抜け出したポウルセンに決定機を許すが、ここはGKプレの好守で凌ぐ。すると、この試合のラストプレーで酒井が大仕事を果たす。94分、ゴールキーパーまで攻撃参加した相手CKの場面でクロスを跳ね返すと、マキシム・ロペスのスルーパスに抜け出した酒井が相手陣内右サイドから無人のゴールヘロングシュートを流し込み、移籍後初ゴールを記録。28歳の誕生日を自らのゴールで祝うとともにダメ押しの5点目を奪った。

▽そして、攻撃陣爆発でライプツィヒとのシーソーゲームを制したマルセイユが2戦合計5-3で14年ぶりとなるベスト4進出を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

ハリル、母国メディアで酒井宏樹を絶賛「愛すべき男だ」

ナントを率いる元日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹を絶賛している。フランス『Le Phoceen』が伝えた。 2016年6月にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。1年目から右サイドバックとしてレギュラーを掴み、2年目からは左サイドバック、センターバックも務め、フランスの名門クラブで必要不可欠な存在となっている。日本代表でも不動の右サイドバックとして活躍しており、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合すべてにフル出場した。 そんな酒井と2015年3月から2018年4月まで指揮した日本代表で共に戦い、現在は対戦相手としてフランスの舞台で戦っているハリルホジッチ監督が、母国メディアでのインタビューで同選手について言及。性格、能力などあらゆる面で日本屈指の右サイドバックを褒め称えた。 「決して問題を引き起こさない愛すべき男だ。ハードワーク、応用力、そして寛大さ。欠点がない。それをマルセイユのファンもよく知っている。完成された選手であり、ルディ・ガルシアの下、欠かせない選手となっている」 ─日本人選手がヨーロッパで成功するのは難しい。酒井宏樹のフィットに驚いているか 「いいえ。彼はドイツでプレーしたことで、ハイレベルなフットボールに必要なものを身に着けることができた。彼のフィットは当然のことだよ」 ─彼の特徴は 「フィジカル面ではモンスター。天性のクオリティだ。左サイドよりも明らかに右サイドのほうが適しているね。守備がとても良い選手だが、攻撃参加も狙えることができる。唯一、欠点を挙げるとすれば、アグレッシブさとデュエルに悪意がないこと。誠実すぎるのだ。ただ、私はマルセイユでの1試合1試合で進歩している」 ─あなたの中で酒井はリーグ・アンでベストなサイドバックか 「もちろんベストな選手の人だ。彼がマルセイユに移籍する前には、スカウトから連絡が来て彼について話をしたよ。選手として、そしてキャラクターについて話した。彼からも相談を受けた。躊躇せずに挑戦するようアドバイスした」 2019.03.21 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

熱狂のル・クラスィクはディ・マリアの大車輪の活躍でPSGが快勝! 酒井フル出場のマルセイユはGK退場の事態に《リーグ・アン》

リーグ・アン第29節、パリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユによる“ル・クラスィク”が17日に行われ、3-1でPSGが勝利した。 首位のPSG(勝ち点74)と4位のマルセイユ(同47)がパルク・デ・プランスで激突。チャンピオンズリーグ出場圏内の3位浮上を目指すマルセイユは酒井が7試合連続の先発出場。その他、チーム内得点ランクトップのトヴァンや、冬の加入後、リーグ戦7試合で5ゴールのバロテッリがスタメンに顔をそろえた。 ファーストシュートはマルセイユ。2分、バロテッリがボックス手前まで持ち込み、抑えの効いたシュートを放つ。6分にはGKマンダンダの処理ミスからCKのピンチを招くが、バロテッリがヘディングでクリアし事なきを得た。 ムバッペやディ・マリアの攻撃で徐々にPSGが圧力を強めてくる中、15分にディ・マリアがネットを揺らすが、VARによりオフサイドと判定され取り消しに。25分には、ムニルが右サイドからシュートを狙うが、ここは酒井とGKマンダンダの対応により、ピンチを防いだ。 拮抗した試合が30分を過ぎたころ、PSGがアクシデントが見舞う。ダニエル・アウベスとムニエが負傷し、代わりにダグバとケーラーを投入せざるを得ない緊急事態に。 それでも主導権は次第にPSGが掴んでいく。マルセイユはなかなか攻撃に出られない中で、前半アディショナルタイムにCKを獲得。このクロスをPSGはチアゴ・シウバが跳ね返すと、粘ってボールを繋いだディ・マリアからカウンターが発動。一旦右サイドに展開し、前線に走り込んだディ・マリアに再びボールが渡る。敵陣中央で後ろから来たボールを巧みなトラップで受けると、ボックス左のムバッペへラストパス。ムバッペはこれをダイレクトで蹴り込んでゴール。フランス・ダービはPSGが先制して試合を折り返した。 迎えた後半、キックオフしたマルセイユの最初のプレーでGKマンダンダが大きく前線へ蹴りだすと、センターサークル付近でバロテッリが潰れてボールはオカンポスへ。ケーラーと上手く入れ替わったオカンポスはドリブルでボックス左に侵攻しグラウンダーのクロスを供給。これをジェルマンがニアで押し込んで、後半開始早々の46分にマルセイユが試合を振り出しに戻した。 ジェルマンの今季5ゴール目で同点に追いついたマルセイユだったが喜びも束の間、PSGは55分に、ケーラーからオフサイドギリギリでパスを受けたディ・マリアがボックス右の角度のないところから左足で流し込んで追加点を挙げた。 再び勝ち越されてしまったマルセイユはさらなる窮地に立たされる。62分、最終ラインの裏を抜けたディ・マリアを止めようと、GKマンダンダがゴールエリアを飛び出して対応に行ったが、ディ・マリアの浮かせたボールが手に当たってしまい一発退場。さらに、ゴール正面30メートル弱からのFKをそのディ・マリアに直接決められてしまい、スコアは2点差となってしまった。 ここから立て続けに3枚の交代カードを切ったマルセイユだったが、最後まで守勢を強いられゴールは奪えず。逆に、後半アディショナルタイムには酒井がムバッペを倒しPKを献上。しかし、自らキッカーを務めたムバッペのシュートはマンダンダの代わりにゴールマウスを守ったプレが見事にストップ。 結局、試合は2ゴール1アシストを記録したディ・マリアの活躍でホームのPSGが快勝。マルセイユはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。 2019.03.18 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ドログバ、バロテッリのマルセイユ加入を後押ししていた!?

現役時代にチェルシーなどでプレーした元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、イタリア代表FWマリオ・バロテッリの古巣・マルセイユ加入を後押ししていたことを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩きながらもピッチ内外で様々なトラブルを起こしたバロテッリだったが、2016年夏に加入したニースで完全復活。 しかし、現行契約が終了する今シーズンは、元同僚でもある指揮官パトリック・ヴィエラ指導の下で結果を残せず、リーグ・アン10試合に出場するもノーゴールと再び不振に陥っていた。 そのバロテッリは1月にマルセイユに半年契約で加入。するとリーグ戦7試合5ゴールと新天地で復活を遂げている。 そんな中、ドログバ氏はバロテッリにマルセイユ加入を勧めていたことを告白。そして同選手のゴール量産に満足感を示している。 「バロテッリには満足している。特にバロテッリがマルセイユに加入する前にそのことについて話していたからね」 「『このチャンスがあるならそれを生かそう。マルセイユは君にとって素晴らしいクラブになるはずだ』とね。そして今、マリオはうまくやっている。得点も積み重ね始めているね。とても幸せだよ」 2019.03.17 10:52 Sun
twitterfacebook
thumb

バロテッリがスマホを使って新ゴールパフォーマンス!? 酒井宏樹も参加!

マルセイユに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、新ゴールパフォーマンスを披露した。 マルセイユは3日、リーグアン第27節でサンテチェンヌとホームで対戦。この日、先発出場したバロテッリは12分、トヴァンからの右CKを右足ボレーで合わせてゴールネットを揺らす。すると、バロテッリはゴール裏のカメラマンからスマートフォンを受け取ると、ゴール裏のサポーターを背に自撮りで動画の撮影を開始。これにはチームメイトも駆け寄り、バロテッリのゴールを祝福した。 この時の動画をバロテッリは、自身のインスタグラム(mb459)のストーリー機能ですぐさま配信(現在では通常の方法でも投稿済み)。ちなみにこの動画には日本代表DF酒井宏樹もしっかりと映っている。 なお、マルセイユはその後、トヴァンがPKで追加点を奪い、2-0で勝利している。 2019.03.04 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、酒井復帰後今季初の3連勝!《リーグ・アン》

マルセイユは16日、リーグ・アン第25節でアミアンをホームに迎え、2-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 酒井復帰後2連勝の6位マルセイユ(勝ち点37)が、16位アミアン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。 フラットな[4-4-2]の右サイドバックで先発となった酒井のマルセイユが5分にオカンポスのボレーシュートでゴールに迫ると、20分に均衡を破った。ショートカウンターに転じた流れから、マキシム・ロペスのパスをボックス左で受けたトヴァンがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに25分、GKからのロングボールがボックス中央のバロテッリに渡ると、DFを背負いながらすかさず反転したバロテッリのシュートがネットを揺らした。 2点をリードして迎えた後半も主導権を渡さなかったマルセイユは、67分に3点目を奪いかける。左サイドからのFKがルーズとなると、バロテッリがヘッドでゴールに押し込んだ。しかし、バロテッリのポジションがわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールに覆った。 それでも、終盤にかけても危なげなく試合を進めたマルセイユが勝利。酒井復帰後、今季初の3連勝としている。 2019.02.17 02:54 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース