ザルツブルクが3点差をひっくり返す奇跡の逆転劇でラツィオ撃破! 途中出場南野は逃げ切りに貢献《EL》2018.04.13 06:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、ザルツブルクvsラツィオが12日に行われ、ホームのザルツブルクが4-1で勝利した。この結果、2戦合計6-5としたザルツブルクのベスト4進出が決定した。なお、ザルツブルクのMF南野拓実は84分からプレーした。

▽5日にラツィオホームで行われた1stレグではザルツブルクが南野のゴールなどで2つのアウェイゴールを奪うも、攻撃陣が爆発したラツィオが4-2で先勝した。

▽クラブ史上初の準々決勝の舞台で勝利を逃したザルツブルクは、欧州カップ戦における無敗記録が19試合でストップすると共に、昨年8月から継続していた公式戦無敗記録も35試合でストップ。さらに、先週末に行われたリーグ戦では格下リンツ相手にまさかの敗戦を強いられた。逆転突破を目指す今節に向けては1stレグから先発2人を変更。出場停止のサマッセコウに代わってヤボ、グルブランドセンに代わって出場停止明けのファン・ヒチャンが復帰。南野は初戦に続きジョーカーの役目を担った。

▽一方、2つのアウェイゴールを与えたものの、持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮して打ち勝ったラツィオはベスト4進出に向けて優位な位置に。今週末に同勝ち点で並ぶ宿敵ローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を控える中、1stレグと全く同じスタメンを採用した。

▽開始5分にシュラーガーのスルーパスに抜け出したファン・ヒチャンがいきなりゴールを脅かすなど、ホームのザルツブルクが良い入りを見せる。だが、その後はボールを持たせて自陣にブロックを敷くラツィオの守備に苦戦を強いられ、なかなか決定機を作れない。

▽その後は中盤での潰し合いが目立つ中、前半終盤には互いに決定機。43分、ボックス手前のルイス・アルベルトからのヒールパスに抜け出したインモービレがゴール左でシュートを放つが、これは飛び出してコースを消したGKヴァルケの好守に遭う。直後にはザルツブルクがボックス左のウルマーのシュート性のクロスでゴールに迫るが、わずかに枠の右へ外れた。

▽打ち合いとなった1stレグとは打って変わってクローズな展開が続くも、後半は再び打ち合いの展開となる。55分、左サイドでハイラインの背後を狙うインモービレにL・アルベルトからスルーパスが通ると、そのままボックス内に持ち込んだインモービレがGKとの一対一を制した。だが、ザルツブルクも失点直後の56分にヤボのスルーパスに抜け出したダブールの放ったシュートが相手DFにディフレクトしてコースが変わりネットを揺らした。

▽2戦合計3-5となった試合はここからさらにヒートアップしていく。その流れの中で72分にはラツィオに絶好機。途中出場のフェリペ・アンデルソンのスルーパスに抜け出したL・アルベルトが3対2の数的優位の中で自らフィニッシュを狙うが、シュートはGK正面を突く。

▽すると、このピンチを凌いだザルツブルクが圧巻の逆転劇を見せる。72分、ペナルティアーク付近でベリシャからパスを受けたハイダラが地を這う強烈なミドルシュートを放つと、これがGKストラコシャの手を弾いてゴール左隅に決まる。続く74分には最終ラインのカレタ=カルの縦パスに対して左サイドから斜めの飛び出しで抜け出したファン・ヒチャンがボックス右から右足のシュートを流し込み、2戦合計5-5もアウェイゴール数の差で逆転。さらに76分には左CKの場面でニアのラマーリョがバックヘッドでフリックすると、これをファーサイドのライマーがダイビングヘッドで流し込んだ。

▽5分間で3失点を喫したラツィオは2戦合計スコアで逆転されると、ここから攻勢に出るためにルーカス・レイバを下げてナニを投入。対するザルツブルクは負傷したファン・ヒチャンに代えてグルブラドセン、84分にはヤボを下げて南野を投入する。

▽試合終盤にかけてはラツィオが猛攻を仕掛ける展開となるも、粘り強い守備と時間を意識したプレーでうまく試合を運んだザルツブルクがそのまま逃げ切り成功。一時3点差を付けられるも、“魔法の5分間”で大逆転を果たしたザルツブルクが2戦合計6-5でクラブ史上初のベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

欧州で修行続ける若武者、南野拓実はチームを優先「まずは監督が何を求めているのか」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は9日、雨が降りしきる中、大阪府吹田市にあるガンバ大阪の練習グラウンドでトレーニングを行った。 ▽3年ぶりに代表メンバー入りを果たしたMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)。11日に地元・大阪のパナソニック スタジアム吹田で行われるコスタリカ代表戦は代表生き残りをかけたアピールの場という見方もあるが、まずはチームを優先すべきとの見解を示している。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) —―どのような心境で取り組んでいるか 「1試合無くなって残念な気持ちと、その中でも無事にサッカーがやれているという感謝の気持ち。僕個人としては、北海道でまだ苦しい状況の人たちが居る中で、大阪でこうやって試合ができるので全力でプレーして少しでも元気を与えられればいいかなと思います。大阪も少し台風の被害があったんですが、そういう人たちの為にもやれればいいかと」 —―セレッソ大阪時代からの成長を見せられる良い機会では? 「そうですね。1つそういう理由もあります。大阪のセレッソサポーターもそうですし、自分の成長した姿というのを見せれればいいかなとも思います。ですが、それよりもまずチームのために(森保一)監督が何を求めているのか、味方とどういうプレーで自分たちの良さを出すのかであったり。もし試合に出ることができれば、そういったことを意識してプレーしたいと思います」 —―監督からは何が求められていると感じるか 「しっかりと間で受けて、攻撃の起点になるところであったりとか、チームメイトとの距離感というのも意識して練習に取り組んでいます。あとは奪った後の切り替えだとか、チームとしてはまだざっくりとした部分かもしれませんが、そういう基礎的な部分は常に監督は求めています。そういうところは意識していきたいと思っています」 2018.09.09 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク奥川雅也、今季はブンデス2部へレンタル移籍

▽ブンデスリーガ2部に所属するホルシュタイン・キールは31日、ザルツブルクからMF奥川雅也(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽京都サンガF.C.の下部組織出身の奥川は、2015年にトップチーム昇格。アマチュア時代から独特のリズムで切れ込むドリブルが注目され、“古都のネイマール”とも評された同選手は、同年の6月にザルツブルクへ完全移籍を果たすと、同年から2年間オーストリア2部リーグのリーフェリングへレンタル移籍を果たした。昨シーズンは、オーストリア1部リーグのマッテルスブルクにレンタルで加入し、公式戦30試合8ゴール4アシストを記録していた。 ▽奥川のレンタルでの加入について、クラブのスポーツディレクターを務めるファビアン・ウォールゲムート氏は、「奥川を獲得できたことをうれしく思う。高速ドリブラーは、中央と両ウイングで柔軟にプレーできる選手だ」とコメントしている。 ▽なお、現在ブンデスリーガ2部にはハンブルガーSVに在籍するDF酒井高徳、DF伊藤達哉、グロイター・ヒュルトに在籍するMF井手口陽介らが所属している。 2018.09.01 08:38 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表ファン・ヒチャンがHSVにレンタル!日本代表伊藤達哉、酒井高徳と同僚に

▽ハンブルガーSVは31日、ザルツブルクの韓国代表FWファン・ヒチャン(22)を、1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2015年1月に浦項スティーラースからザルツブルクに加入したファン・ヒチャンは2015-16シーズン途中にオーストリア・ブンデスリーガでデビュー。その翌シーズンにレギュラーを掴み、ここまでの公式戦86試合で29ゴール7アシストをマークしている。 ▽2016年に韓国代表デビューを果たしたファン・ヒチャンは、ロシア・ワールドカップでは全3試合に出場。現在はU-23韓国代表としてアジア競技大会に参加しており、U-23イラン代表戦を除く5試合に出場し2得点を奪う活躍を見せ居ている。同代表は、9月1日にU-21日本代表と決勝戦に挑む。 ▽なお、今季はブンデスリーガ2部を戦うHSVには、日本代表FW伊藤達哉と同代表DF酒井高徳が在籍。1シーズンでの1部昇格を目指して、現在は第3節を終えた時点で2勝1敗の3位に着けている。 2018.08.31 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

レッドスター、PSV、ベンフィカが本選進出! 南野不出場のザルツブルクはアウェイゴール差に泣きプレーオフ敗退…《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ2ndレグの3試合が29日に行われ、レッドスター・ベオグラード、PSV、ベンフィカが本戦出場を決めている。 ▽日本代表MF南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)は、レッドスター・ベオグラード(セルビア)と対戦し、2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコア2-2としアウェイゴール差でザルツブルクを上回ったレッドスターが本戦出場を果たした。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽21日にアウェイで行われた1stレグをゴールレスドローに終わったザルツブルクは、1stレグのスタメンからヤボとユヌゾビッチに代えてダカ・パトソンとシュラガー変更して臨んだ。一方、レッドスターでは1stレグに続き、元横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクがスタメンに名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりから積極的にゴ―ルに迫るザルツブルクに対し、レッドスターはしっかりとした守備ブロックを敷き攻撃を弾き返す。すると10分、ライナーのロングパスに抜け出したダカ・パトソンが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのスライディングブロックに阻まれた。 ▽こう着状態が続く中、攻勢を続けるザルツブルクが前半終了間際にスコアを動かす。45分、ウルマーの左クロスをゴール前に抜け出したダブールが右足のボレーシュートで流し込み、待望の先制点を奪った。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはザルツブルク。47分、ドリブルでボックス中央からシュートを放ったヴォルフがサビッチに倒されPKを獲得。このPKをダブールがゴール左に決め、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたレッドスターだが、65分に反撃。中盤からのFKをボックス右でパブコフが落とすと、こぼれ球を拾った相手DFから再びボールを奪ったミロシュ・デゲネクがクロスを供給。これをファーサイドに走り込んだベン・ナブアヌが左足で流し込んだ。 ▽1点を返し勢いづくレッドスターは、67分にセンターサークル付近でFKを獲得。クルスティチッチがボックス内にロングパスを送るとゴールエリア右手前に走り込んだデゲネクがヘディングシュート。ふわりと浮いたシュートがゴール左を捉えると、最後はベン・ナブアヌがダイビングヘッドで押し込み、レッドスターが同点に追いついた。 ▽痛恨の同点ゴールを許し、勝ち越しゴールが必要となったザルツブルクは78分に決定機。バイタルエリアでダブールが倒されFKを獲得。このFKをヤボが直接狙ったが、これはGKボルヤンの好守に防がれた。 ▽その後も猛攻を見せたザルツブルクだが、最後まで勝ち越しゴールは生まれず。2戦合計スコア2-2で終了した一戦は、アウェイゴール差でザルツブルクを上回ったレッドスターが本戦出場を勝ち取った。 ▽その他、PSVvsBATEボリソフは3-0でPSVが勝利し、2戦合計スコア6-2としたPSVが本戦へ出場している。また、PAOKvsベンフィカは1-4に終わり、2戦合計スコア2-5としたベンフィカが本戦出場を果たした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.30 06:20 Thu
twitterfacebook
thumb

南野所属のザルツブルク、今夏ローマ&エバートン関心のマリ代表MFと契約延長

▽元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは27日、マリ代表MFディアディエ・サマセク(22)の契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽サマセクは、2016年7月にザルツブルクのリザーブチームにあたるオーストリア2部のリーフェリングからザルツブルクに加入。昨シーズンは公式戦50試合に出場して4アシストを記録し、リーグ戦5連覇に貢献した。 ▽契約延長を済ませたサマセクは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕にとってザルツブルクに来ることが最善の決断だったんだ。人間的にも素晴らしくなることができ、すべてが合っている。ザルツブルクと契約延長することはとても簡単な決断だよ」 ▽なお、マリ代表としても活躍するサマセクには、今夏ローマやエバートンからの関心が伝えられていた。 2018.08.28 11:05 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース