ザルツブルクが3点差をひっくり返す奇跡の逆転劇でラツィオ撃破! 途中出場南野は逃げ切りに貢献《EL》2018.04.13 06:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、ザルツブルクvsラツィオが12日に行われ、ホームのザルツブルクが4-1で勝利した。この結果、2戦合計6-5としたザルツブルクのベスト4進出が決定した。なお、ザルツブルクのMF南野拓実は84分からプレーした。

▽5日にラツィオホームで行われた1stレグではザルツブルクが南野のゴールなどで2つのアウェイゴールを奪うも、攻撃陣が爆発したラツィオが4-2で先勝した。

▽クラブ史上初の準々決勝の舞台で勝利を逃したザルツブルクは、欧州カップ戦における無敗記録が19試合でストップすると共に、昨年8月から継続していた公式戦無敗記録も35試合でストップ。さらに、先週末に行われたリーグ戦では格下リンツ相手にまさかの敗戦を強いられた。逆転突破を目指す今節に向けては1stレグから先発2人を変更。出場停止のサマッセコウに代わってヤボ、グルブランドセンに代わって出場停止明けのファン・ヒチャンが復帰。南野は初戦に続きジョーカーの役目を担った。

▽一方、2つのアウェイゴールを与えたものの、持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮して打ち勝ったラツィオはベスト4進出に向けて優位な位置に。今週末に同勝ち点で並ぶ宿敵ローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を控える中、1stレグと全く同じスタメンを採用した。

▽開始5分にシュラーガーのスルーパスに抜け出したファン・ヒチャンがいきなりゴールを脅かすなど、ホームのザルツブルクが良い入りを見せる。だが、その後はボールを持たせて自陣にブロックを敷くラツィオの守備に苦戦を強いられ、なかなか決定機を作れない。

▽その後は中盤での潰し合いが目立つ中、前半終盤には互いに決定機。43分、ボックス手前のルイス・アルベルトからのヒールパスに抜け出したインモービレがゴール左でシュートを放つが、これは飛び出してコースを消したGKヴァルケの好守に遭う。直後にはザルツブルクがボックス左のウルマーのシュート性のクロスでゴールに迫るが、わずかに枠の右へ外れた。

▽打ち合いとなった1stレグとは打って変わってクローズな展開が続くも、後半は再び打ち合いの展開となる。55分、左サイドでハイラインの背後を狙うインモービレにL・アルベルトからスルーパスが通ると、そのままボックス内に持ち込んだインモービレがGKとの一対一を制した。だが、ザルツブルクも失点直後の56分にヤボのスルーパスに抜け出したダブールの放ったシュートが相手DFにディフレクトしてコースが変わりネットを揺らした。

▽2戦合計3-5となった試合はここからさらにヒートアップしていく。その流れの中で72分にはラツィオに絶好機。途中出場のフェリペ・アンデルソンのスルーパスに抜け出したL・アルベルトが3対2の数的優位の中で自らフィニッシュを狙うが、シュートはGK正面を突く。

▽すると、このピンチを凌いだザルツブルクが圧巻の逆転劇を見せる。72分、ペナルティアーク付近でベリシャからパスを受けたハイダラが地を這う強烈なミドルシュートを放つと、これがGKストラコシャの手を弾いてゴール左隅に決まる。続く74分には最終ラインのカレタ=カルの縦パスに対して左サイドから斜めの飛び出しで抜け出したファン・ヒチャンがボックス右から右足のシュートを流し込み、2戦合計5-5もアウェイゴール数の差で逆転。さらに76分には左CKの場面でニアのラマーリョがバックヘッドでフリックすると、これをファーサイドのライマーがダイビングヘッドで流し込んだ。

▽5分間で3失点を喫したラツィオは2戦合計スコアで逆転されると、ここから攻勢に出るためにルーカス・レイバを下げてナニを投入。対するザルツブルクは負傷したファン・ヒチャンに代えてグルブラドセン、84分にはヤボを下げて南野を投入する。

▽試合終盤にかけてはラツィオが猛攻を仕掛ける展開となるも、粘り強い守備と時間を意識したプレーでうまく試合を運んだザルツブルクがそのまま逃げ切り成功。一時3点差を付けられるも、“魔法の5分間”で大逆転を果たしたザルツブルクが2戦合計6-5でクラブ史上初のベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオがザルツブルクのコソボ代表MFベリシャを5年契約で獲得

▽ラツィオは3日、ザルツブルクのコソボ代表MFバロン・ベリシャ(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、移籍金は750万ユーロ(約9億6000万円)とのことだ。 ▽コソボ出身の両親の下、スウェーデンで生まれたベリシャは、ノルウェー育ちのMF。トップ下や左サイドを中心に複数ポジションをこなせる。そのベリシャは2012年夏にノルウェーのバイキングからザルツブルクへ移籍し、ザルツブルクでは公式戦233試合に出場して45ゴール65アシストを記録していた。2017-18シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで24試合に出場して4ゴール9アシストをマークしていた。 ▽代表ではノルウェー代表として20試合に出場していたが、コソボ代表が2016年に認められて以降は同国代表としてこれまで10試合に出場している。 2018.07.04 00:02 Wed
twitterfacebook
thumb

奥川雅也、今後は南野拓実の同僚に?ザルツブルクSDが練習参加を明言

オーストリア2部リーフェリングに所属するFW奥川雅也は、今後FW南野拓実とともに同国の王者、レッドブル・ザルツブルクでプレーすることになるのだろうか。ザルツブルクのクリストフ・フロインドSD(スポーツ・ディレクター)が奥川が練習に参加することを明言した。<br><br>現在22歳の奥川は2015年夏に京都サンガFCからザルツブルクのファームチームに当たるリーフェリングに加入。2017-18シーズンはレンタルでオーストリア1部のマッテルスブルクに送り出され、公式戦30試合に出場し、8ゴール4アシストといった記録を残している。<br><br>そんな奥川だが、今夏からザルツブルクのチームに&ldquo;昇格&rdquo;するかもしれない。フロインドSDはオーストリア紙『クリーア』で、「スマイル・プレヴリャク、マサヤ・オクガワ、マティアス・ホンザクは我々の下で練習する」と言及。今シーズンはザルツブルクから他クラブに送り出されていたプレヴリャク、ホンザクとともに練習に合流することを明言した。<br><br>奥川はリーフェリングと2020年までの契約を締結している。今後はザルツブルクの一員となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.05 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

南野拓実所属のザルツブルク、ローズ監督と契約延長! 姉妹クラブのライプツィヒ行きはなし

▽日本代表MF南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクは28日、マルコ・ローズ監督(41)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ライプツィヒ生まれのローズ監督は、現役時代にセンターバックとしてVFBライプツィヒやハノーファー、マインツで活躍。その後、ザルツブルクのユースチームの指揮官に就任すると、昨夏オスカル・ガルシア・フンエント前監督の後任としてトップチームの新指揮官に就任した。 ▽そして、今季は国内リーグ2冠に加え、ヨーロッパリーグでもオーストリア勢初のベスト4進出に導く見事な手腕を発揮していた。その手腕を高く評価するドルトムントや姉妹クラブのRBライプツィヒへのステップアップも報じられていたが、クラブとの現行契約を1年間延長し来季も残留することになった。 ▽クラブとの新契約にサインしたローズ監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「非常にポジティブな話し合いの結果に満足しているよ。ザルツブルクにいることをとても楽しんでいるし、ここを自分の家のように感じている」 「同時にこのクラブの若いプレーヤーたちと共に良いフットボールを志向するというアプローチに賛同している。今は休暇を楽しみ、来シーズンをフルパワーで戦えるように準備したい」 2018.05.29 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

南野vs奥川との日本人対決は10人のザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾る《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽オーストリア・ブンデスリーガ第34節のザルツブルクvsマッタースブルクが20日に対戦し、1-0でザルツブルクが勝利した。ザルツブルクの南野拓実は74分までプレーし、マッタースブルクの奥川雅也は76分までプレーしている。 ▽前節のシュトゥルム戦で快勝しリーグ5連覇を達成したザルツブルクが、6位のマッタースブルクをホームに迎えた一戦。ザルツブルクの南野は2試合ぶりの先発出場。マッタースブルクの奥川は6試合連続で先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりから地力に勝るザルツブルクが攻勢に出ると8分、バイタルエリア左でボールを受けたハンネス・ヴォルフのスルーパスでゴールエリア左まで侵攻したムナス・ダブールが左足を振り抜くも、これはゴール右に外れた。 ▽ハーフコートゲームを続けるザルツブルクは26分、ボックス左手前でボールを受けたヴォルフが強烈なミドルシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。さらに33分、ボックス右手前で獲得したFKからディアディエ・サマッセコウのクロスを供給。相手DFの頭をかすめたボールをゴール左に飛び込んだダブールがゴールに押し込んだ。しかし、これはハンドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ザルツブルクは56分、ヴォルフが奥川に対して後方からのスライディングタックルを見舞うと、このプレーでレッドカードが提示され、退場となった。 ▽数的不利となったザルツブルクは、65分にアンドレ・ラマーリョを下げてジェロメ・オングエネを投入。さらに75分には、南野を下げてフレデリク・グルブランドセンをピッチに送り出した。対するマッタースブルクは、76分に奥川を下げてパトリック・ベルゲルを投入した。 ▽試合はゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入し、このまま試合終了かと思われたが王者が意地を見せる。95分、右サイドでFKを獲得するとシュテファン・ライナーのクロスをファーサイドのドイエ・チャレタ=ツァルが頭で折り返し、最後はゴール前のグルブランドセンが押しこんだ。 ▽直後に試合終了のホイッスル。ザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾った。 ザルツブルク 1-0 マッタースブルク 【ザルツブルク】 グルブランドセン(後50) 2018.05.21 01:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バーゼル、今季CLでブレイクした快足FWオベルリンをザルツブルクから買い取りOP行使で獲得

▽バーゼルは15日、レッドブル・ザルツブルクからレンタル移籍で加入していたスイス代表FWディミトリ・オベルリン(20)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽なお、フランス『レキップ』は今回の買い取りオプションの金額が400万ユーロ(約5億2000万円)前後と推定している。 ▽母国チューリッヒのユース出身もオーストリアのザルツブルクに引き抜かれたオベルリンは、昨夏に1年間のレンタルでバーゼルに加入。今季はチャンピオンズリーグのグループステージで4ゴールを挙げるなど、公式戦37試合で10ゴール2アシストを記録した。 ▽シュート精度など決定力に関して大いに課題を残すものの、圧倒的なスピードとテクニックを生かした突破力やカウンター時の迫力は絶大。FWモハメド・サラー、FWブレール・エンボロとバーゼル快足アタッカーの系譜を受け継ぐオベルリンは、今季ヤング・ボーイズにリーグ9連覇を阻まれたスイスの盟主にとって大きな補強になりそうだ。 2018.05.16 01:52 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース