CSKAモスクワの猛追を振り切りアーセナルが準決勝進出!《EL》2018.04.13 06:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、CSKAモスクワvsアーセナルが12日に行われ、2-2で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。▽5日に行われた1stレグでは、ラムジーとラカゼットがそれぞれ2ゴールずつ決めて4-1で勝利したアーセナル。その後のリーグ戦でも、サウサンプトンに逆転勝利を収めて公式戦6連勝とし、1stレグの勢いそのままに迎えた2ndレグでは、前回から2選手を変更。ジャカとムヒタリアンに代えて、ウェルベックとエルネニーを先発に起用した。

▽序盤は青赤のホームユニフォームを身に纏ったCSKAモスクワがボール支配率を高めていく。しかし攻撃にアイデアを欠き、アーセナルのブロックを崩すことができない。

▽方やアーセナルは攻撃時には人数をかけコンビ―ネーションで攻略していく。15分頃には、バイタルエリアでのパス回しから右サイドを上がってきたベジェリンへ。最終ラインを抜けてクロスを送るが相手にクリアされてしまう。

▽先に決定機を迎えたのはアーセナル。27分、カウンターから一気に相手陣内を攻め上がると、最後はボックス右に侵入したラカゼットがシュートを放つ。しかしDFのスライディングタックルに絡まれてしまう。

▽38分にジャゴエフの負傷交代というアクシデントに見舞われたCSKAモスクワはその直後、クチャイェフの右サイドからのクロスをナバブキンが競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKチェフがこれをファインセーブ。しかし、こぼれ球をチャロフが詰めてCSKAモスクワが1点を返し、合計スコアを2-4とした。

▽迎えた後半、勝ち抜けにはあと2点が必要なCSKAモスクワは50分、ゴロビンのミドルシュートをGKチェフにブロックされたこぼれ球をナバブキンが押し込んで追加点。1-4という厳しい状況からついに準決勝進出まであと1点というところまできた。

▽勢いを増すホームチームは53分、ボックス手前左の位置で得たFKの場面でゴロビンが強烈なシュートを見舞うがGKチェフが掻き出す。余裕がなくなったアーセナルも57分に、ベジェリンのクロスからエルネニーが頭でネットを揺らすがオフサイドの判定。

▽その後も主導権を握るのはCSKAモスクワ。70分にはイグナシェビッチが強烈なミドルシュートで闘志を見せる。しかし75分、アーセナルはウェルベックが左サイドを突破すると、一度中のエルネニーに預けて自身はボックスの中へ。そこへエルネニーがダイレクトで繋げると、ゴール前でフリーとなったウェルベックがゴール右隅にシュートを沈めて、準決勝進出を一気に手繰り寄せる1点を奪った。

▽再び厳しい状況に立たされたCSKAモスクワはその後、前がかりになってゴールを奪いに行くが、後半アディショナルタイムには、逆にカウンターを突かれラムジーにダメ押し弾を決められてしまう展開に。その直後試合はタイムアップを迎え、2ndレグは2-2のドロー。2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

グエンドウジは腹立つぐらい凄い奴! ベルバトフがベタ褒め

▽元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がアーセナルに所属するU-20フランス代表MFマテオ・グエンドウジを褒めちぎった。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽19歳のグエンドウジは今夏、ロリアンからアーセナルに移籍。当初こそ将来を見据えた先行投資という見方が強かったが、それを良い意味で裏切り、ここまでプレミアリーグ13試合に出場している。 ▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムの選手としてプレミアリーグでプレーしたベルバトフ氏は、そのグエンドウジについて「ムカつくぐらい自信を持ってプレーしているね」と語り、次のように続けた。 「信じられないよ。彼はまだ19歳だが、まるでずっと前からアーセナルにいるかのようにプレーしている」 「時々、彼を見ていると、ムカつくぐらい自信を持ってプレーしているね。マッチアップして、やっつけたくなるよ」 「彼はボールの扱いにとても自信があって、ピッチのあらゆるところに顔を出している」 2018.12.10 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今季最高の補強?アーセナルMFトレイラ、英メディアのMOTMに3試合連続選出…エメリも絶賛

アーセナルMFルーカス・トレイラは、プレミアリーグ直近3試合連続で『スカイスポーツ』の選ぶマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に輝いた。<br><br>今夏のロシア・ワールドカップ終了後、サンプドリアからおよそ3000万ユーロ(約38億円)という移籍金で加入したトレイラ。序盤戦こそ途中出場が続いていたが、第6節のエヴァートン戦で初スタメンを飾ると、その後リーグ戦全試合で先発出場。不動のレギュラーとして、チームを中盤から支えている。<br><br>そんなトレイラは、8日に行われたハダースフィールド戦で(1-0)で豪快なバイシクルシュートを叩き込み、チームの勝利に大きく貢献。『スカイスポーツ』が選ぶこの試合のMOTMに選出された。なお、同メディアでは直近3試合連続でMOTMに輝いている。また、プレミアリーグ公式の選ぶMOTMには、第11節リヴァプール戦(1-1)、第13節ボーンマス戦(2-1)、第14節トッテナム戦(4-2)の3試合で輝いている。<br><br>ウナイ・エメリ監督も、絶好調のウルグアイ代表MFを手放しで称賛している。<br><br>「彼には高いクオリティがあり、戦術理解度、攻守両面での状況把握能力は素晴らしい。とても素速く状況を理解するし、足も速い。ディフェンス面でも良い働きをするが、先週や今日のようにボックス内で得点することもできるね」<br><br>見事なパフォーマンスから、今季最高の補強の1人との声も上がるトレイラ。リーグ戦14試合無敗と好調のアーセナルだが、22歳MFの貢献によるところが大きいのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦21戦無敗のアーセナル、苦しい勝利にエメリ監督「忍耐がキーワード」

▽アーセナルのウナイ・エメリ監督が、ハファース・フィールド戦を振り返った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽アーセナルは8日、プレミアリーグ第16節でハダースフィールドと対戦。ルーカス・トレイラのバイシクルシュートで1-0と勝利し、公式戦21戦無敗を達成した。 ▽序盤から決定機を生かせない展開が続き、ボール回しもミスが見られたアーセナルは、ゴールレスで前半を終える。後半開始に、ヘンリク・ムヒタリアン、アレックス・イウォビを投入し攻撃にテコ入れするも、ゴールが遠かったが、1-0で勝利した。 ▽エメリ監督はハダースフィールド戦を振り返りコメント。試合をよりコントロールしたかったと語りながらも、チームが難しい試合を我慢して勝利できたことを喜んだ。 「多くの試合と同じように厳しい試合だった。今日はリズムがない中で勝ったことは重要だ。結果にはとても満足している。今日は試合をコントロールするのが難しかった」 「忍耐がキーワードだ。我々はもっと早く勝利が決まることを望んでいた。ただ、忍耐が必要だった」 「我々はもっと改善ができるし、今日はよりコントロールして試合に勝ちたいと言っていた。ただ、我々はとても競争力があり、キャラクターを示したね」 2018.12.09 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

トレイラの華麗バイシクルシュートでアーセナルがハダースフィールドに辛勝!公式戦無敗は21試合に《プレミアリーグ》

▽アーセナルは8日、プレミアリーグ第16節でハダースフィールドと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアーセナルは2度もリードしながらも得点直後に失点を許し2-2のドロー。それでも今季の公式戦無敗を20試合に伸ばし、チームは依然好調のままだ。白星を取り戻したい今節のスタメンは前節から3選手変更。負傷したホールディングやラムジー、イウォビに代わり、リヒトシュタイナーやジャカ、ラカゼットが先発に起用された。 ▽開始6分にジャカがシュートを打って以降、ほとんどシュートチャンスが見られなかったアーセナルは28分にようやく攻撃の形を作る。左サイドを起点に、グエンドウジが運んでジャカに供給。ジャカはボックス手前右からクロスを送ると、これにニアでオーバメヤンが合わせたが、シュートは惜しくも枠の右に外れた。 ▽その直後、アーセナルは右サイドの攻撃からラカゼットがゴール前でフリーになる場面があったが、絶好のチャンスで足を滑らせてしまいシュートは大きく枠を越えた。また、42分にはゴールキックからオーバメヤンが頭で逸らしたボールにラカゼットが反応。一気にゴール前に抜け出しネットを揺らしたがオフサイドの判定。微妙な判定だったがゴールは認められなかった。 ▽対して、ハダースフィールドも41分にプリチャードが右サイドからの折り返しをダイレクトで狙っていったが枠の上。アーセナルは前半アディショナルタイムにトレイラが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすもGKレッスルがファインセーブを見せ、前半はゴールレスで終えた。 ▽アーセナルは後半から、ラカゼットとリヒトシュタイナーを下げてムヒタリアンとイウォビを投入し、テコ入れを図る。67分にはムスタフィが負傷し、モンレアルと交代した。 ▽後半、なかなかシュートチャンスが作れないアーセナル。その焦りからか、80分にグエンドウジがボックス左でシミュレーションを犯してしまう。 ▽しかしその4分後、アーセナルにようやく欲しかった1点が入る。ボックス手前左のグエンドウジからボックス右のオーバメヤンにボールが渡る。相手のチェックに遭いながらも、粘り強く上げたクロスをゴール前でフリーとなっていたトレイラがバイシクルシュートで叩き込み先制点を挙げた。 ▽その後にもオーバメヤンがゴールに迫るシーンもあったアーセナルは、後半7分のアディショナルタイムも1点を守り切って試合終了。最後まで苦しめられたものの、トレイラの虎の子の1点で白星を取り戻した。 2018.12.09 01:59 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル選手の映像流出で物議…笑気ガス使用がパフォーマンスに影響?

▽専門家が、プロフットボーラーの“ヒッピークラック”に警笛を鳴らしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が、インタビューを掲載している。 ▽イギリスで社会問題となっている“ヒッピークラック”。本来は医療目的で使用される亜酸化窒素(笑気ガス)をバルーンに入れて吸い、麻酔効果や陶酔効果による多幸感を得ることが若者の間で流行している。 ▽先日、アーセナルのメスト・エジル、ピエール・エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼット、マッテオ・グエンドウジらが、今年8月上旬に亜酸化窒素を吸い込んでいる様子の映像が流出。違法ではないものの常習者から死亡者が出るなど危険な行為としても認識されており、スポーツ選手たちの使用は問題視されている。 ▽『スカイ・スポーツ』は、セント・メアリー大学の応用スポーツ学教授のジョン・ブルーアー氏を招き、スポーツ選手の“ヒッピークラック”が与えるパフォーマンス面への影響を聞いた。 「長期間の使用により、体内のビタミンB12レベルが低下する可能性がある。ビタミンB12は神経機能にとって不可欠なものだ」 「したがって、スキルフルな動きや効果的なパスをしようと試みるトップレベルのフットボーラーであれば、どのような形でも神経を損傷させようとしてはいけない。動きを感知するには末梢(神経)の機能が必要だからだ」 「長期間の使用が貧血の原因となることも分かっている。ヘモグロビンレベルも低下させるからだ。血中のヘモグロビンは肺から動作する筋肉へ酸素を運ぶ。その能力が低ければ、持久力や回復力、そして短期の瞬発的な行動に影響が出てくる」 「つまり、私たちがプロフェッショナルフットボーラーを観る時に期待する仕事には、役に立たないものなんだ」 ▽ウナイ・エメリ新監督の下で今シーズンをスタートさせているアーセナル。公式戦20試合無敗を継続し、プレミアリーグでも上位争いに食い込んでいるが、もし主力選手が安価な娯楽から手を引けばさらにパフォーマンスを向上させることとなりそうだ。 2018.12.08 14:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース