CSKAモスクワの猛追を振り切りアーセナルが準決勝進出!《EL》2018.04.13 06:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、CSKAモスクワvsアーセナルが12日に行われ、2-2で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。

▽5日に行われた1stレグでは、ラムジーとラカゼットがそれぞれ2ゴールずつ決めて4-1で勝利したアーセナル。その後のリーグ戦でも、サウサンプトンに逆転勝利を収めて公式戦6連勝とし、1stレグの勢いそのままに迎えた2ndレグでは、前回から2選手を変更。ジャカとムヒタリアンに代えて、ウェルベックとエルネニーを先発に起用した。

▽序盤は青赤のホームユニフォームを身に纏ったCSKAモスクワがボール支配率を高めていく。しかし攻撃にアイデアを欠き、アーセナルのブロックを崩すことができない。

▽方やアーセナルは攻撃時には人数をかけコンビ―ネーションで攻略していく。15分頃には、バイタルエリアでのパス回しから右サイドを上がってきたベジェリンへ。最終ラインを抜けてクロスを送るが相手にクリアされてしまう。

▽先に決定機を迎えたのはアーセナル。27分、カウンターから一気に相手陣内を攻め上がると、最後はボックス右に侵入したラカゼットがシュートを放つ。しかしDFのスライディングタックルに絡まれてしまう。

▽38分にジャゴエフの負傷交代というアクシデントに見舞われたCSKAモスクワはその直後、クチャイェフの右サイドからのクロスをナバブキンが競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKチェフがこれをファインセーブ。しかし、こぼれ球をチャロフが詰めてCSKAモスクワが1点を返し、合計スコアを2-4とした。

▽迎えた後半、勝ち抜けにはあと2点が必要なCSKAモスクワは50分、ゴロビンのミドルシュートをGKチェフにブロックされたこぼれ球をナバブキンが押し込んで追加点。1-4という厳しい状況からついに準決勝進出まであと1点というところまできた。

▽勢いを増すホームチームは53分、ボックス手前左の位置で得たFKの場面でゴロビンが強烈なシュートを見舞うがGKチェフが掻き出す。余裕がなくなったアーセナルも57分に、ベジェリンのクロスからエルネニーが頭でネットを揺らすがオフサイドの判定。

▽その後も主導権を握るのはCSKAモスクワ。70分にはイグナシェビッチが強烈なミドルシュートで闘志を見せる。しかし75分、アーセナルはウェルベックが左サイドを突破すると、一度中のエルネニーに預けて自身はボックスの中へ。そこへエルネニーがダイレクトで繋げると、ゴール前でフリーとなったウェルベックがゴール右隅にシュートを沈めて、準決勝進出を一気に手繰り寄せる1点を奪った。

▽再び厳しい状況に立たされたCSKAモスクワはその後、前がかりになってゴールを奪いに行くが、後半アディショナルタイムには、逆にカウンターを突かれラムジーにダメ押し弾を決められてしまう展開に。その直後試合はタイムアップを迎え、2ndレグは2-2のドロー。2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

就任から約10年…アーセナル、ガジディスCEOの退任&ミラン入閣を発表

▽アーセナルは18日、クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるイヴァン・ガジディス氏が10月末に退任し、12月1日からミランのCEOに就任することを発表した。また、クラブは今後ラウール・サンレヒ氏がフットボールディレクター、ヴィナイ・ヴェンカテシャム氏がマネージングディレクターを務めることも併せて伝えている。 ▽ガジディス氏は2009年にアーセナルのCEOへ正式就任。長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督を支えたほか、近年ではバルセロナからラウール・サンレヒ氏、ドルトムントからスヴェン・ミスリンタート氏の2人の敏腕ディレクターの引き抜き、今夏のウナイ・エメリ監督の招へいも成功させた。 ▽退任が決定したガジディス氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私はこの10年間、偉大なこのクラブで仕事に打ち込むことができた。そして、今アーセナルは新たな章に突入する。私はそのチャレンジを確固たるものにするためにできる限りのことはしてきた。それは世界レベルの施設を作ること、そしてクラブの価値を担う全ての分野で優れた指導者を招へいすることだ。もちろん、ウナイ・エメリ、ラウール・サンレヒ、ヴィナイ・ヴェンカテシャムもそうだ」 「私の人生で最も難しい決断だった。しかし、10年が経ち、新たなリーダーシップ、エネルギーで刺激を与え、新たな時代に向かってクラブが前進するためには適切な時だと考えている。クラブのポジティブな変化を信じているし、楽しみにしている。私個人としては、ミランと共に新たな挑戦に向かう」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェルベックの二の舞だけは…、キャラガーがラッシュフォードを危ぶむ

▽元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガーがマンチェスター・ユナイテッドに所属する同代表FWマーカス・ラッシュフォードを心配した。イギリス『Squawka』が報じた。 ▽ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2016年のヨーロッパリーグ(EL)ミッティラン戦で先発出場を果たしてトップチームデビュー。その一戦でいきなり2得点の活躍を見せつけ、鮮烈なインパクトを残した。以後、2016年にA代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップのメンバーにも招集。今シーズンからユナイテッドで新たに背番号「10」を受け継いだ。 ▽だが、主戦場のセンターフォワードの位置には現在、ベルギー代表FWロメル・ルカクという絶対的な存在がいるため、ピッチに立っても両サイドでのプレーがほとんど。今シーズンもここまでセンターフォワードとしてプレーしたのは、プレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦しかない。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』に登場したキャラガー氏は、そのラッシュフォードについて次のように言及。かつてユナイテッドの次代を担う点取り屋として期待を集めながら大成に至らなかったアーセナルのイングランド代表FWダニー・ウェルベックの名前を挙げ、20歳FWの将来を危ぶんだ。 「マーカス・ラッシュフォードには、ダニー・ウェルベックのような選手になってもらいたくないね。彼はセンターフォワードとしてユナイテッドのトップチームに上がってきた。だが、主に両サイドで使われ、今じゃチームプレーヤーだ。仮にアーセナルに移籍しても、同じ状況だろう。確実にだ。彼自身も望んだことじゃないだろうがね」 ▽なお、『Squawka』が伝えたラッシュフォードとウェルベックのユナイテッドでのプレミアリーグ通算個人成績は以下のとおり。 ◆ラッシュフォード 試合数:81 総プレー時間:4,490 得点数:17 アシスト数:8 ◆ウェルベック 出場数:92 総プレー時間:5,203 得点数:20 アシスト数:9<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シアラー氏はアーセナルに辛辣! 「良いチームと思っていないからシティやチェルシー相手の負けよりキツい」

▽かつてニューカッスルやブラックバーンで活躍した元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏は古巣ニューカッスルのアーセナル相手の敗戦にショックを受けているようだ。同氏がイギリス『BBC』のサッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』で語った。 ▽開幕4戦未勝利で厳しいスタートを切ったニューカッスルは今季初勝利を目指しプレミアリーグ第5節でアーセナルと対戦。前半はゴールレスの拮抗した展開に持ち込んだものの、後半立ち上がりの2失点によって1-2の敗戦を喫した。 ▽古巣の敗戦に気分を害していたのか、『マッチ・オブ・ザ・デイ』で同試合に関してコメントを求められたシアラー氏は刺激的な語り口で自身の感想を語った。 「今回の敗戦はシティやトッテナム、チェルシー戦の敗戦と比べて個人的にこたえているよ。私はアーセナルを良いチームだとは思っていないからね」 「今日の試合は少しチグハグな内容だった。ニューカッスルの前半の戦い方は悪くなかった。アーセナルの動きはスローで攻撃に意外性もなかった。同時にラカゼットとオーバメヤンの連係もほとんどなかったからね」 「しかし、トレイラの投入が試合を変えた。アーセナルは後半に入ってより良いチームになり、勝利に値したと思っているよ」 ▽今回のシアラー氏の発言は古巣敗戦ゆえの負け惜しみなのか、単純にアーセナル相手なら勝てる可能性が高いと純粋に思っていたのかは不明だが、アーセナルファンにとってはせっかくの3連勝に水を差す発言になったかもしれない。 2018.09.17 22:31 Mon
twitterfacebook
thumb

バイリーが今冬のユナイテッド退団を計画! スパーズ&アーセナルが関心

▽マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(24)が来年1月のクラブ退団を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽2016年にビジャレアルからユナイテッドに加入して以降、負傷離脱を除いてジョゼ・モウリーニョ監督のファーストチョイスのセンターバックとされてきたバイリー。だが、今季はプレミアリーグ第2節のブライトン戦での低調な出来をポルトガル人指揮官から非難されると、翌節のトッテナム戦は懲罰的な意味合いでベンチ外となり、直近2試合では試合最終盤の守備固めでの起用とポジションを失っている。 ▽この状況を受けて、バイリーは来年1月のタイミングでのユナイテッド退団を考え始めたようだ。 ▽なお、そのバイリーに関してはトッテナムとアーセナルの2チームが獲得に関心を示しているという。マウリシオ・ポチェッティーノ、ウナイ・エメリの両監督はバイリーをビジャレアル時代から評価しており、共にセンターバックの新たなオプションとして獲得に関心を持っているようだ。 2018.09.17 15:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ラカゼット、かざしたその手を歓喜ではなく凶器に使う? ジャカの無視に小さな抵抗

▽アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは歓喜を祝うためにかざしたその手を最終的に凶器として扱うことを選んだ。イギリス『101GREAT GOALS』が同選手の悲哀を伝えている。 ▽アーセナルは15日に行われたプレミアリーグ第5節のニューカッスル戦を2-1で勝利し、リーグ戦3連勝を飾った。だが、同試合でフル出場を飾ったラカゼットは、歓喜を味わうはずのゴールセレブレーションでフラストレーションを溜めることになった。 ▽アーセナルは後半立ち上がりの49分にMFグラニト・ジャカのゴールで待望の先制点を記録した。そして、ジャカのゴールを祝うために多くの選手がスイス代表MFを囲んだ中でラカゼットは後方でハイタッチを行うため、手をかざしてスタンバイ。 ▽だが、FWピエール・エメリク・オーバメヤンと熱い抱擁を行い、その他のチームメートととも喜びを分かち合ったジャカだが、後方で健気に手をかざし続けるラカゼットには一向に気付かない。すると、ジャカのつれない態度に怒ったラカゼットはそのかざしていた手で同選手の頭を叩き、その場を立ち去っていった。 ▽好き好き光線を出し続けながらも鈍感なジャカは一向に気付かず、乙女心を傷つけられたラカゼットの姿を中継映像で見た多くの女性サポーターは、SNSで共感のメッセージを送ったとか、送らなかったとか…。なお、リヨンとフランス代表でチームメートのバルセロナDFサミュエル・ユムティティは、爆笑を表す絵文字と共に「僕だったら君に手を差し伸べたはず」とイジりのツイートをしていた。 ◆ジャカ、気付いてあげて… https://twitter.com/ArsenalMoh8/status/1041393878899859457 2018.09.17 15:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース