CSKAモスクワの猛追を振り切りアーセナルが準決勝進出!《EL》2018.04.13 06:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、CSKAモスクワvsアーセナルが12日に行われ、2-2で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。

▽5日に行われた1stレグでは、ラムジーとラカゼットがそれぞれ2ゴールずつ決めて4-1で勝利したアーセナル。その後のリーグ戦でも、サウサンプトンに逆転勝利を収めて公式戦6連勝とし、1stレグの勢いそのままに迎えた2ndレグでは、前回から2選手を変更。ジャカとムヒタリアンに代えて、ウェルベックとエルネニーを先発に起用した。

▽序盤は青赤のホームユニフォームを身に纏ったCSKAモスクワがボール支配率を高めていく。しかし攻撃にアイデアを欠き、アーセナルのブロックを崩すことができない。

▽方やアーセナルは攻撃時には人数をかけコンビ―ネーションで攻略していく。15分頃には、バイタルエリアでのパス回しから右サイドを上がってきたベジェリンへ。最終ラインを抜けてクロスを送るが相手にクリアされてしまう。

▽先に決定機を迎えたのはアーセナル。27分、カウンターから一気に相手陣内を攻め上がると、最後はボックス右に侵入したラカゼットがシュートを放つ。しかしDFのスライディングタックルに絡まれてしまう。

▽38分にジャゴエフの負傷交代というアクシデントに見舞われたCSKAモスクワはその直後、クチャイェフの右サイドからのクロスをナバブキンが競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKチェフがこれをファインセーブ。しかし、こぼれ球をチャロフが詰めてCSKAモスクワが1点を返し、合計スコアを2-4とした。

▽迎えた後半、勝ち抜けにはあと2点が必要なCSKAモスクワは50分、ゴロビンのミドルシュートをGKチェフにブロックされたこぼれ球をナバブキンが押し込んで追加点。1-4という厳しい状況からついに準決勝進出まであと1点というところまできた。

▽勢いを増すホームチームは53分、ボックス手前左の位置で得たFKの場面でゴロビンが強烈なシュートを見舞うがGKチェフが掻き出す。余裕がなくなったアーセナルも57分に、ベジェリンのクロスからエルネニーが頭でネットを揺らすがオフサイドの判定。

▽その後も主導権を握るのはCSKAモスクワ。70分にはイグナシェビッチが強烈なミドルシュートで闘志を見せる。しかし75分、アーセナルはウェルベックが左サイドを突破すると、一度中のエルネニーに預けて自身はボックスの中へ。そこへエルネニーがダイレクトで繋げると、ゴール前でフリーとなったウェルベックがゴール右隅にシュートを沈めて、準決勝進出を一気に手繰り寄せる1点を奪った。

▽再び厳しい状況に立たされたCSKAモスクワはその後、前がかりになってゴールを奪いに行くが、後半アディショナルタイムには、逆にカウンターを突かれラムジーにダメ押し弾を決められてしまう展開に。その直後試合はタイムアップを迎え、2ndレグは2-2のドロー。2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

「準備はできている」アーセナルレジェンドが古巣監督就任に意欲

▽元アーセナルのパトリック・ヴィエラ氏が、イギリス『タイムズ』のインタビューで古巣の監督就任に意欲を見せている。『ESPN』が伝えた。 ▽1996年から2005年にかけてアーセナルでプレーした元フランス代表MFヴィエラ氏。先日退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督と同時期にクラブに加入し、2003-04シーズンのプレミア無敗優勝を成し遂げた“インビンシブルズ”の主力の1人であったレジェンドは、同監督の後任の1人として見られている。 ▽2011年の現役引退後は監督業に移行し、2016年からはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティを率いているヴィエラ氏は『タイムズ』の取材で、ヨーロッパ帰還への「準備はできている」ことを明らかにした。 「アーセナル監督の候補に挙げられることは名誉なことだね。私はそこで9年過ごした。私の愛するクラブだよ」 「私はそこで最高のフットボールをしたし名前を広めることができた。アーセナルとはより深い関係を築きたいとは思っているが、それだけでは監督は務まらない。しかし、ヨーロッパに戻る準備はできているよ」 ▽現在MLSはシーズン真っ只中だが、ヴィエラ氏はこうもコメントしている。 「もし電話が来たら本当に難しいだろう。我々はシーズン途中だ。私はシティ・フットボール・グループの一員としてベンチに座っている。決定を下すのは彼らだ。契約はまだ残っているからね」 2018.04.27 01:26 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル監督の勇退に、F1界のスーパースターも賛辞

▽先日発表されたアーセン・ヴェンゲル監督のアーセナル退任に、F1レーサーのルイス・ハミルトン氏も賛辞の声を送っている。同氏がイギリス『スカイ・スポーツ』に語った。 ▽今月20日、ヴェンゲル監督の今季限りでの退任が発表された。現役監督最長となるガナーズでの22年間の生活に幕を閉じるレジェンドにF1界のスーパースターも敬意を表している。 「僕はいつもアーセンに大きな敬意を持っていた。誰に対してもチームへの信頼を示し、チームの状態が良い時も悪い時も、そして外部の人間が何を言おうが、忠誠心を持って彼はやってきた。だけど、彼が自分の価値観と真摯に向き合い、努力を続けてきたことは本当に素晴らしいと思う」 「チームが必ずしも成功したわけではない。だが、彼には自分のやってきたことに誇りを持ってほしいと思っている」 「幸い僕は何度か彼に会える特権を持っていた。僕をチームの練習に誘ってくれたんだ。快く歓迎してくれたよ。“僕らの”ボスに会えることは本当に素晴らしいことだった。なんて言ったって僕は5歳の頃からアーセナルのファンだからね」 「彼の幸運を祈っている。彼の未来は彼が想い描いた通りの輝かしいものになるだろう」 2018.04.27 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】ヴェンゲル退任発表のガナーズが決勝進出を懸けて優勝候補アトレティコと初対決!《アーセナルvsアトレティコ・マドリー》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、アーセナルvsアトレティコ・マドリーが日本時間26日28:05にアーセナル・スタジアムでキックオフされる。初顔合わせとなったアーセナルとアトレティコの優勝候補2チームによる、事実上の決勝戦の第1ラウンドだ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)敗退組CSKAモスクワとの準々決勝を2戦合計6-3で制したアーセナルは、クラブ史上初のEL制覇と来季CL出場権獲得へまた一歩近づいた。しかし、国内リーグでは前々節のニューカッスル戦で公式戦8試合ぶりの敗戦を喫すると、20日には22年間クラブを率いてきたヴェンゲル監督の今季限りでの退任が発表され、クラブに激震が走った。それでも、直近のウェストハムとのダービーでは一時追いつかれながらも終盤のゴールラッシュで4-1の大勝。フランス人指揮官に有終の美を飾らせようと、チームは再び一丸となった姿勢を見せている。 ▽一方、スポルティング・リスボンとの準々決勝を1勝1敗で終えるも2戦合計2-1で逃げ切りベスト4進出を果たしたアトレティコ。だが、勤続疲労や選手層の薄さが目立つチームは、国内リーグ前々節のレアル・ソシエダ戦で0-3の完敗を喫すると、前節のベティス戦もゴールレスドローで終え2戦未勝利。この結果、リーガ逆転優勝の可能性はほぼゼロとなった。そのため、新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの最初のシーズンを良い形で終えるためにもクラブ史上3度目のEL制覇は必須だ。 ▽共にヨーロッパのコンペティションの常連同士ながら公式戦では初対決となる。唯一、2009年のエミレーツカップで対戦した際にはアーセナルが2-1で勝利している。また、両チームに在籍した古巣対戦の選手もおらず、非常にフレッシュな顔合わせとなる。その一方で、アーセナルでは元レアル・マドリーMFエジル、チェルシーでは元チェルシーのFWジエゴ・コスタ、FWトーレス、DFフィリペ・ルイスとかつてライバルチームに在籍したプレーヤーもいる。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-2-3-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ベジェリン、ムスタフィ、コシエルニー、モンレアル MF:ラムジー、ジャカ MF:エジル、ウィルシャー、ウェルベック FW:ラカゼット 負傷者:MFカソルラ、ムヒタリアン、エルネニー、ウィルシャー、エジル 出場停止者:FWオーバメヤン ▽レギュレーションの問題でオーバメヤンが登録メンバー外となり引き続き欠場する。負傷者に関してはカソルラ、ムヒタリアンに加えて、直近のウェストハム戦で負傷したエルネニーの欠場が確定。また、ウィルシャーやエジルのコンディションも危ぶまれる。 ▽システムは局面によってジャカがアンカーに近い立ち位置を取る[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。もちろん、2トップのアトレティコ対策として[3-4-3]のオプションもあるが、勝利が求められるホームでの初戦だけにヴェンゲル監督がサプライズを行う可能性は低い。前線の構成に関してはウィルシャーやエジルの状態次第でイウォビが代役を担うことになる。 <div style="text-align:center;">◆アトレティコ・マドリー◆ 【4-4-2】</div> ▽アトレティコ・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オブラク DF:ヴルサリコ、サビッチ、ゴディン、リュカ MF:コレア、トーマス、サウール、コケ FW:ガメイロ、グリーズマン 負傷者:DFフィリペ・ルイス、フアンフラン、FWジエゴ・コスタ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはフィリペ・ルイスとフアンフランのベテランサイドバックが共に欠場する。その一方で、筋肉系のトラブルで直近3試合を欠場したジエゴ・コスタは遠征メンバー入りを果たしており、復帰の可能性を残す。 ▽ジエゴ・コスタの先発起用が難しいため、オプションの[4-1-4-1]の可能性はなく[4-4-2]の採用が濃厚だ。注目は中盤のメンバー構成とグリーズマンの相棒。アウェイ仕様でより守備的に戦うならば、コレア(ビトロ)に代えてガビを起用する“クアトロ・ピボーテ”も考えられる。また、前線でよりタメを作ることを考えれば、ガメイロではなく高さと強さのトーレスを起用するはずだ。 ★注目選手 ◆アーセナル:FWアレクサンドル・ラカゼット<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、昨夏加入が内定していた意中のクラブと対峙するラカゼットだ。昨夏、アトレティコ移籍がクラブ間、個人ともに内定していたラカゼットだったが、FIFAからの補強禁止処分の影響で移籍は破談に終わり、新天地はアーセナルとなった。そのアーセナルではシーズン序盤こそ結果を残せたものの、その後は低迷するチームと共に自身も思うように結果を残せず。それでも、ヒザの手術から復帰して以降の公式戦6試合では6ゴールを挙げる活躍を見せており、レギュレーションの問題でオーバメヤンを起用できないELではエースストライカーの役目を担う。盟友グリーズマンを含め本来チームメートになるはずだったアトレティコの面々を相手にきっちり仕事を果たしたい。 ◆アトレティコ・マドリー:FWアントワーヌ・グリーズマン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アトレティコの注目プレーヤーはグリーズマンだ。今季もアトレティコのエースとして活躍するグリーズマンだが、シーズンを通してパフォーマンスに波がある。今シーズンのリーガでは前半戦19試合で5ゴールと得点力不足に苦しんだ一方、後半戦に入ってからは2度のハットトリック(1試合は4ゴール)を含む14ゴールを記録している。ただ、直近の公式戦5試合では3ゴールを記録しているものの、試合毎のパフォーマンスのばらつきが目立っており、ややエースとして信頼感にかける状態だ。今回の一戦に向けては頼れる相棒、ジエゴ・コスタの不在が予想されており、前線で孤立を強いられる可能性が高い。その中でガメイロやコレアと連携しながら少ない決定機を確実に決め切る勝負強さが求められる。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル「私の決断ではない」発言を弁解…事実上の解任説に終止符

アーセン・ヴェンゲル監督は、退任の時期は自身の決断ではないと話したことについて弁解を図っている。<br><br>昨シーズン終了後に新たに2年契約を結んだヴェンゲル監督だが、20日に1年の契約期間を残しての退任を発表。これを受け、フランス人指揮官はクラブから解任されるよりも辞任を選んだと考えられていた。<br><br>26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグのアトレティコ・マドリー戦の前日会見でヴェンゲル監督は「それ以外のことはすでに話していたが、退任のタイミングは私の決断ではない」と主張し、事実上の解任ではないのかと憶測が広がっている。<br><br>しかし、25日の遅くにアーセナルは、ツイッターでヴェンゲル監督の発言として「退団に合意した後、クラブがあの時期に発表した決定を下したことに満足している。その発表のタイミングは正しいものだったとこれで明らかになると願っている」と退任ではなく、退任発表のタイミングが自身の決断ではなかったとの主旨のコメントを投稿した。<br><br>また、この会見でヴェンゲル監督はアトレティコ・マドリー戦について「(ヨーロッパリーグで)優勝できれば最高の別れになるかって? 私にはわからない。ただ、私はできる限りのことをしたいと思う。それに、このチームの選手たちとともに何か特別なことを成し遂げたい」と意気込みを語っている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.26 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが明かすアーセナル退任後の現時点での考えは?

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、自身の今後について現時点での考えを明かした。アイルランド『RTE』が伝えている。 ▽在任22年間でプレミアリーグ3回、FAカップ7回のタイトル獲得を誇るヴェンゲル監督。プレミアリーグ優勝から14年も遠ざかり、今シーズンも6位と在任中で最低の成績に終わる可能性も高まる中、20日にクラブを通じて今シーズン終了後の退任を発表した。 ▽アーセナル退任後について問われたヴェンゲルは、現時点ではまだ分からないとコメントしつつも「働くことは確か」だと休暇を取らないことを明かしている。 「正直にどうするかはまだ分からないよ」 「少し休暇をとるかって? 働き続けることは確かだろうね。私のプライドは、契約の最終日までベストを尽くすことにある。今はそれに集中するよ」 2018.04.26 09:20 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース