ユーベOBが古巣の悲劇的敗退に言及! ピルロ同情もデル・ピエロはブッフォン発言に不快感2018.04.13 00:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは11日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦し、敵地で3-1の勝利を収めた。しかし、2戦合計3-4のスコアで無念の敗退となった。試合終了間際に微妙な判定で与えられたFWクリスティアーノ・ロナウドのPK弾が結果に大きな影響を与えた一戦に関して、ユベントスのレジェンド2人がコメントしている。

▽1stレグで0-3と敗れていたユベントスの突破は難しいと思われたが、アウェイの地で脅威の追い上げを見せて3点差を追いついた。2戦合計3-3で迎えた試合は、延長戦に入るかと思われた後半アディショナルタイム、DFメディ・ベナティアがMFルーカス・バスケスを倒しPKを献上。この判定に激昂したGKジャンルイジ・ブッフォンがマイケル・オリヴァー主審に猛抗議の末に一発退場。そして、C・ロナウドが急遽投入されたGKヴォイチェフ・シュチェスニー相手にきっちり決めて、マドリーの劇的突破が決まった。

▽物議を醸した今回の一戦に関して元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏は、自身の引退試合に向けた公式会見の場で以下のように語っている。

「あの場面でPKを与えることは簡単な選択だったかもしれない。しかし、審判がもうちょっと常識や勇気を持っていれば、流すこともできたはずだ」

「仮に、自分があの試合のピッチにいたならば、完全に燃え尽きてしまったと思う。ああいう形のゲームをしていた中、試合終了まで10秒ほどのところであんな負け方をすれば、狂ってしまうよ」

「今回の敗戦は2、3日引きずってしまうものだけど、彼らにはリーグ戦が残っている。だから、ここからリーグ戦に集中していく必要がある」

▽ピルロ氏がブッフォンを始め、元チームメートへの同情や判定への不満を示した一方、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏は異なる反応を示した。

▽同氏はイタリア『スカイ・スポルト』でブッフォンの「1stレグでの明らかなPKが認められなかったのならば、93分に起きた疑わしい場面でスポットを指せないはずだ」との発言が理解し難いものだと語り、盟友を諫めている。

「正直なところ、ジジ(ブッフォン)が試合後に審判に関して語ったことは理解し難いものだった」

「私が理解できなかったのはジジが1stレグの判定を持ち出したことだ。素晴らしいことか醜いことかはわからないが、フットボールはその瞬間、瞬間を分析していくものなんだ」

「個人的に彼は数日後には、審判に関して試合後に話したものと別な形の意見を話すと思っている」

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチがC・ロナウド加入に「獲得は大当たり」! 自身の残留は明言せず

▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、今夏レアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関して言及した。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。 ▽ユベントスは先日、クラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金で、サッカー界最高のプレーヤーの1人であるC・ロナウドを獲得した。 ▽そのスーパースターに加入に関して、ピャニッチは18日夜にトリノの地元レストランで『スカイ・スポルト・イタリア』の記者から質問を受け、以下のようにコメントしている。 「彼の獲得は大当たりだと思う。偉大なプレーヤーだからね」 ▽続けて「ユベントスでC・ロナウドと共にプレーするのか」との質問を受けたピャニッチは、「おやすみ」とだけ記者団に伝えて自身の車でレストランを後にした。 ▽なお、ピャニッチの去就に関してはマンチェスター・シティとチェルシーのプレミアリーグ勢に加え、バルセロナが獲得に関心を示している。その一方で、ユベントスがサラリー面を大幅に改善した新契約を掲示して慰留に動いているとの報道もある。 2018.07.19 16:27 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーとユベントス関係者がルガーニ移籍に関して会談…提示額に開きがあるも交渉は前進へ

チェルシーの関係者がダニエレ・ルガーニの移籍についてユベントスの関係者と会談したことが分かった。『Goal』の取材で明らかになっている。<br><br>今夏、アントニオ・コンテ氏を解任し、マウリツィオ・サッリ監督を招へいしたチェルシーは、エンポリ時代に同指揮官の下でプレーしたルガーニの獲得に興味。そして、チェルシーの関係者ファーリ・ラマダニ氏とユベントスのスポーティング・ディレクター、ファビオ・パラティチ氏は同選手の移籍に関して18日にミラノで話し合いの場を設けた。<br><br>ユベントスが設定するルガーニの売却額は5000万ユーロ(約66億円)とされており、チェルシーの提示額は4000万ユーロ(約53億円)と双方の間にはまだまだ開きがあるが、この会談は良い方向へと進んだようだ。さらに、ユベントスは今夏に1億ユーロ(約131億円)でクリスティアーノ・ロナウドを獲得しており、収支バランスを保つためにも数名の売却が必須だ。<br><br>イタリア代表としても7キャップを誇る23歳のルガーニだが、所属するユベントスでは十分な出場機会を得られず。ジョルジョ・キエッリーニ、メディ・ベナティア、アンドレア・バルザーリの牙城を崩せず、2017-18シーズンの出場数は26試合と限定的なため、新天地を求める可能性も十分にあり得る。<br><br>またルガーニに加え、チェルシーはチームメイトのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得にも興味を持っているとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「レアル退団は最大の後悔」パヌッチ氏が同じくセリエA移籍を選んだロナウドに忠告

元レアル・マドリーのクリスティアン・パヌッチ氏は、ユベントスに加入したクリスティアーノ・ロナウドが古巣から離れたことを後悔する時が来るかもしれないと話した。<br><br>現役時代にローマやイタリア代表で活躍したパヌッチ氏は、1996年から3シーズンわたりレアル・マドリーに所属し、リーガエスパニョーラ優勝やチャンピオンズリーグ制覇などタイトルを獲得。そして、1999年にサンティアゴ・ベルナベウを離れ、インテルへと渡った。<br><br>しかし、新天地でパヌッチ氏は困難に直面。そして、この移籍について同氏は「マドリーから離れた時、私は確信していた。マドリーから離れたかったが、これはキャリアの中で最大の愚行だったし、今でも後悔している」と約20年経っても悔やむ決断だったとスペイン『El Partidazo de COPE』で明かした。<br><br>今夏、パヌッチ氏と同様にレアル・マドリーを離れ、セリエA王者のユベントスに加入したロナウドについて「クリスティアーノは世界一の選手だから、ユベントスでも活躍するはずだ。彼には勝者の血が流れている。それに、彼の後を追って他の良い選手たちもイタリアへやって来るだろう」と同選手のみならず、イタリアフットボール界にも良い影響を与えると話した。<br><br>さらに、パヌッチ氏はジネディーヌ・ジダン監督も退任した古巣のレアル・マドリーは新シーズンに大きな困難に直面するとも語った。<br><br>「マドリーにとって難しいシーズンになる可能性がある。ジダンとクリスティアーノが去った。彼らの代わりは簡単には見つからないし、チャンピオンズリーグ3連覇の後ならなおさらだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ジダン氏のフロント入りを否定か

▽ユベントスは、ジネディーヌ・ジダン氏のフロント入りを否定しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先日、スペイン『Libertad Digital』によってジダン氏のアシスタント・スポーツ・ディレクター就任が近づいていることが伝えられた。1996年から2001年までユベントスで活躍し、2度のスクデットを獲得したレジェンドをユベントスがフロントに迎え入れるオファーを出したようだ。 ▽しかし、『カルチョメルカート』やスペイン『アス』がすぐにこれを否定。そのポジションにはすでにパベル・ネドベド氏が就いており、ユベントスにそのような意図はないという。 ▽5月31日に約2年半務めたレアル・マドリーの監督を辞任し、早くもカタール代表やフランス代表の監督就任の噂が立っているジダン氏。果たして、今後どのような形でサッカーに関わっていくのだろうか。 2018.07.18 15:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、CR7加入のユーベ復帰か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)にユベントス復帰の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドに復帰したポグバ。しかし、再三にわたり、ジョゼ・モウリーニョ監督との不仲が取り沙汰され続けており、今夏の去就にも注目が集まっている。『トゥットスポルト』によれば、ポグバはモウリーニョ監督の下での生活に飽き飽きしている様子だ。 ▽また、ポグバがロシア・ワールドカップ優勝後にインスタグラム(paulpogba)でライブ動画を配信した際、ユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディから冗談めかして復帰を問われ、ポジティブな反応を示したことも憶測に拍車をかけたという。 ▽今夏のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド加入により、勢いを増すユベントス。果たして、ポグバの連れ戻しも実現させてしまうのだろうか。 2018.07.18 13:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース