ユーベOBが古巣の悲劇的敗退に言及! ピルロ同情もデル・ピエロはブッフォン発言に不快感2018.04.13 00:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは11日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦し、敵地で3-1の勝利を収めた。しかし、2戦合計3-4のスコアで無念の敗退となった。試合終了間際に微妙な判定で与えられたFWクリスティアーノ・ロナウドのPK弾が結果に大きな影響を与えた一戦に関して、ユベントスのレジェンド2人がコメントしている。▽1stレグで0-3と敗れていたユベントスの突破は難しいと思われたが、アウェイの地で脅威の追い上げを見せて3点差を追いついた。2戦合計3-3で迎えた試合は、延長戦に入るかと思われた後半アディショナルタイム、DFメディ・ベナティアがMFルーカス・バスケスを倒しPKを献上。この判定に激昂したGKジャンルイジ・ブッフォンがマイケル・オリヴァー主審に猛抗議の末に一発退場。そして、C・ロナウドが急遽投入されたGKヴォイチェフ・シュチェスニー相手にきっちり決めて、マドリーの劇的突破が決まった。

▽物議を醸した今回の一戦に関して元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏は、自身の引退試合に向けた公式会見の場で以下のように語っている。

「あの場面でPKを与えることは簡単な選択だったかもしれない。しかし、審判がもうちょっと常識や勇気を持っていれば、流すこともできたはずだ」

「仮に、自分があの試合のピッチにいたならば、完全に燃え尽きてしまったと思う。ああいう形のゲームをしていた中、試合終了まで10秒ほどのところであんな負け方をすれば、狂ってしまうよ」

「今回の敗戦は2、3日引きずってしまうものだけど、彼らにはリーグ戦が残っている。だから、ここからリーグ戦に集中していく必要がある」

▽ピルロ氏がブッフォンを始め、元チームメートへの同情や判定への不満を示した一方、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏は異なる反応を示した。

▽同氏はイタリア『スカイ・スポルト』でブッフォンの「1stレグでの明らかなPKが認められなかったのならば、93分に起きた疑わしい場面でスポットを指せないはずだ」との発言が理解し難いものだと語り、盟友を諫めている。

「正直なところ、ジジ(ブッフォン)が試合後に審判に関して語ったことは理解し難いものだった」

「私が理解できなかったのはジジが1stレグの判定を持ち出したことだ。素晴らしいことか醜いことかはわからないが、フットボールはその瞬間、瞬間を分析していくものなんだ」

「個人的に彼は数日後には、審判に関して試合後に話したものと別な形の意見を話すと思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ、ユーベの新旧リーダーに尊敬の眼差し「偉大なチャンピオンで模範」

ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマンに移籍したGKジャンルイジ・ブッフォンらについて語った。<br><br>ユベントスで3年目のシーズンを送るピャニッチは、昨シーズン限りで17年間所属したクラブを退団し、新天地パリへと旅立ったブッフォンの存在を振り返った。また現在、2005年からユベントスでプレーする34歳のDFジョルジョ・キエッリーニがブッフォンの後継として役割を務めていることを明かしている。<br><br>「ジジ(ジャンルイジの愛称)はレジェンドだよ。それにおそらく、史上最強のGKだと思う。彼はロッカールームでも重要な人物だった。チームの模範であり、ユベントス愛が伝わって来た。彼が退団した後、&ldquo;キエッロ(キエッリーニの愛称)&rdquo;が僕らのリーダーになった。彼とジジは、『ユーベとは何か』を理解させてくれる。2人とも真面目でプロフェッショナルで偉大なチャンピオンであり、僕らが目指すべきモデルだと思う。敵ではなく、チームメートとして持ちたいものだね」<br><br>またボスニア人MFは、今冬の移籍市場でのユベントス復帰の可能性が報じられているマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバについて言及。「きっとファンは皆、彼の獲得を夢見ているだろう。ここへやって来た選手たちは皆、素晴らしい選手たちだし、これからクラブがどんな補強をするべきか検討してくれるだろう。『ようこそ』ではなくて『お帰り』になるのかな」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 21:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今冬退団も…? モウリーニョとの関係が最悪な状態に

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、来年1月の移籍市場で退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽9月に副キャプテンをはく奪され、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が取り沙汰されたポグバ。一時は鎮火したかに思われたが、1日に行われたプレミアリーグ第14節サウサンプトンを2-2で終えた後、モウリーニョ監督がフル出場していたポグバを“ウイルス”と罵倒したという情報が、各紙を駆け巡った。 ▽そして、5日の第15節アーセナル戦でポグバは途中出場からの15分間のプレーに留まり、続く8日の第16節フルアム戦ではベンチで90分間を見守っている。 ▽『デイリー・メール』によると、モウリーニョ監督は自身の戦術に適応できないポグバに呆れているという。ユナイテッドの上層部に売却の意思がないことも伝えられているが、今冬の退団も十分にあり得るシチュエーションとみなされている。 ▽なお、候補に挙がっているのは、以前から関心が伝えられているバルセロナと古巣のユベントス。8900万ポンド(現在のレートで約126億円)もの移籍金で2016年夏に到着したワールドカップ覇者は、退団を選ぶことになるのだろうか。 2018.12.11 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「ユベントスは本当に強い。重要な局面で力を出せる」ブラジル代表MFが自負

ユベントスに所属するブラジル代表MFドウグラス・コスタが9日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、自身やチームの現状などについて語った。<br><br>ユベントスでの2シーズン目を送るD・コスタは、8年連続リーグ優勝を目指して無敗の快進撃を続けるチームについて自身の見解を示した。<br><br>「僕がチームに加わってから、チームは成長を続けている。良いプレーを必ずしも見せられないときもあるが、重要な局面では力を出せる。チャンスを多く作れなくても、好機を生かすことができる。このチームは本当に強い」<br><br>続いてブラジル人MFは、ユベントスのライバルチームに目を向けた。またバイエルンで指導を受けた現ナポリ監督のカルロ・アンチェロッティについてもコメントを残している。<br><br>「もちろんナポリがライバルだろう。だがインテルも僕らと互角に戦っていたね。ミランも良いプレーをしているし、ローマについても同じことが言える。アンチェロッティ?透明性があるし、バイエルンでは僕に良くしてくれて、素晴らしい人物だったと思う。あのシーズン、僕はケガの影響でチームメイトよりもスタートが少し出遅れた。ようやく復帰できたとき、チームはすでに完成していた。それでもアンチェロッティは僕に対してもフェアに接してくれた」<br><br>ユベントスは12日、チャンピオンズリーグでグループ首位突破を懸けて、ヤングボーイズ戦へ挑む。D・コスタは、「ホームでマンチェスター・ユナイテッドに負けてしまったのは残念だった。だが首位を確保することは重要だと思う」と述べ、グループリーグ最終節での勝利を願った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリアに来いよ! C・ロナウドがメッシにラブコール

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにラブコールを送った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽C・ロナウドは2009年夏、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに加入。メッシと共にリーガエスパニョーラ屈指の2大プレーヤーとして活躍したが、今夏にユベントス移籍を決断した。 ▽C・ロナウドは長らく凌ぎを削り合ってきたそのメッシについて、「恋しいか?」と問われると、次のように返答。将来的なセリエA参戦を願った。 「いや、彼の方が僕のことを恋しがっているんじゃないかな!」 「僕はこれまでイングランドやスペイン、イタリア、ポルトガル、そして代表チームでプレーしてきた」 「僕の人生は挑戦さ。それが好き。それに、人々を幸せにしたい」 「いつか彼がイタリアに来ることを願うよ。僕のように、チャレンジしてほしいね」 「でも、彼があの場所で幸せなら、僕はその決断を尊重する」 「彼は素晴らしい選手でナイスガイ。でも、僕は寂しくない。これは僕の新しい人生さ。幸せだよ」 2018.12.10 21:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース