【セリエA第32節プレビュー】同勝ち点の3位ローマvs4位ラツィオのダービー開催2018.04.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが最下位ベネヴェントに辛勝し、2位ナポリがキエーボに劇的逆転勝利を飾ったことで4ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではローマがフィオレンティーナに、インテルがトリノにそれぞれ敗れた一方、ラツィオがウディネーゼに逆転勝利し、CL圏内の4位に浮上している。迎える第32節は勝ち点60で並ぶ3位ローマと4位ラツィオのローマ・ダービーが日曜日のナイトゲームに開催される。

▽前節ウディネーゼ戦をインモービレの1ゴール1アシストの活躍で逆転勝利したラツィオは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のザルツブルク戦を1-4と大逆転負けし、ベスト8敗退となった。リーグ戦でのCL出場に懸ける状況に絞られた中、ローマに比べて試合間隔が2日短い不利な点を跳ね除けることはできるか。

▽一方、5連勝中の好調フィオレンティーナに0-2と屈し、2試合勝利から見放されている3位ローマだが、火曜日に行われたCLバルセロナ戦を3点のビハインドを跳ね除けて奇跡のベスト4進出を果たした。クラブ史に残る逆転劇を演じ、最高のチーム状態となっている中、地元のライバルを撃破して3位死守となるか。

▽今節もう一つの注目試合であるミランvsナポリは、日曜日のデイゲームに開催される。前節サッスオーロ戦を1-1の引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった6位ミラン(勝ち点52)は、3試合勝利から見放され、CL出場権争いからほぼ脱落した。ナポリ戦ではボヌッチが出場停止となる中、CL出場権獲得へわずかな望みを残すためにも勝利を手にできるか。

▽対するナポリ(勝ち点77)は前節キエーボ戦を終盤の2ゴールで逆転勝利し、ユベントスとの4ポイント差を維持して逆転スクデット獲得へ望みをつないだ。今節はベストメンバーで臨める中、ミランを下してユベントス追走となるか。

▽ベネヴェント相手にディバラのPK弾2つ含むハットトリックで打ち合いを制したユベントス(勝ち点81)は、EL出場権獲得を目指す8位サンプドリア(勝ち点48)をホームに迎える。水曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では逆転不可能と思われた中、3点のビハインドを追いつく大健闘の闘いを見せた。結果的に主審の厳しいPK判定で敗退となり、精神的に難しい中での試合となるが、セリエA7連覇に向けて気持ちを切り替え、勝利を掴めるか。

▽最後にトリノ戦を落とし、5位に転落したインテル(勝ち点59)は、土曜日のナイトゲームにEL出場権獲得を争う9位アタランタ(勝ち点48)とのアウェイ戦に臨む。ブロゾビッチが出場停止となるが、ローマ勢がダービーで潰し合う間隙を縫って難敵に勝利し、CL圏内返り咲きとなるか。

◆セリエA第32節
▽4/14(土)
《22:00》
カリアリ vs ウディネーゼ
《25:00》
キエーボ vs トリノ
ジェノア vs クロトーネ
《27:45》
アタランタ vs インテル

▽4/15(日)
《19:30》
フィオレンティーナ vs SPAL
《22:00》
サッスオーロ vs ベネヴェント
ボローニャ vs ヴェローナ
ミラン vs ナポリ
《25:00》
ユベントス vs サンプドリア
《27:45》
ラツィオ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

アリソンの退団決定的もローマFWは強気の姿勢…主力が続々退団も立ち直ってきた過去

ローマに所属するディエゴ・ペロッティはGKアリソンの退団について大きな損失になると認めつつ、クラブは立ち直ることができると主張している。イタリア『スカイ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、セリエA37試合でわずか28失点とチームの堅守に貢献。チャンピオンズリーグの準決勝進出の立役者ともなったが、今夏はリバプール行きが濃厚となっている。6700万ポンド(約98億8000万円)で合意に至っているとも伝えられ、正式発表も間もなくとのこと。<br><br>昨シーズンはモハメド・サラーを失い、さらに今夏はラジャ・ナインゴランの放出が決まったローマにとっては、さらなる主力の流出となる。それでも、ペロッティはクラブがこの苦境にも対処できると話す。<br><br>「アリソンは僕らにとって本当に重要なキーパーだった。多くのセーブでポイントと試合を勝ち取ってくれた。しかし、これがフットボールの世界だ。チームはあらゆる方面で改善のために動いている。シーズンの終わりまでどうなるか見てみよう」<br><br>「確かにアリソンは素晴らしいやつだし、ロッカールームでも強い影響力を持っていたから大きな損失だ。彼が行ってしまうのは残念だけど、人生もそういうものだ。サラーもナインゴランも去ったが、ローマは進み続ける。昨シーズンと同じようにしないとね」<br><br>ローマは主力を放出している一方で、ハビエル・パストーレ、ユースティン・クライファート、ダビデ・サントンなどを獲得している。<br><br>近年はサラーの他にもミラレム・ピャニッチやフランチェスコ・トッティの引退など、多くのスターを失ってきたローマだが、2013-14シーズン以降は4位以下を取ったことがない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アリソンがリバプールへ移動、ローマファンには「ありがとう」

▽ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)が18日、移籍先のリバプールへ飛び立ったようだ。 ▽ローマのチャンピーノ空港で姿を捉えられたアリソンは、イタリア『スカイ・スポーツ』の直撃を受けて、「ローマファンにありがとうと言いたい。申し訳ないけど、あとでまた話をするよ」とコメント。 ▽今後、21日にリバプールでメディカルチェックを受ける予定となっているようだ。 ▽リバプールはアリソン獲得に向けて、ローマが要求していたGKの史上最高移籍金となる7500万ユーロ(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、ローマが受け入れたと報じられている。 2018.07.19 03:52 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍金98億円でアリソンのリバプール移籍が合意と報道

▽リバプールがローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の獲得で合意に至ったようだ。『スカイ・イタリア』やイギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽リバプールはローマが要求していた移籍金7500万ユーロ(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、ローマが受け入れたとのことだ。なお移籍金は2年分割になると報じられている。 ▽2017-18シーズンにローマで正GKの座を掴んだアリソンは、ロシア・ワールドカップでもブラジルの正GKを務めた。 ▽これまでGKの史上最高移籍金は元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロだったが、リバプールはその額を大きく上回る移籍金を提示した格好だ。 2018.07.18 23:52 Wed
twitterfacebook
thumb

世界と肩を並べる日本が誇る史上最高のプレーヤー・中田英寿

▽サッカー界には数多くのレジェンドが存在する。ブラジルには“神様”と呼ばれるペレ、アルゼンチンには“神の子”と呼ばれるディエゴ・マラドーナ、ドイツには“皇帝”と呼ばれるフランツ・ベッケンバウアー。その他にも、それぞれの国で伝説的な選手として多くを語られる選手が居る。 ▽日本にもレジェンドは存在する。メキシコ・オリンピックの銅メダル獲得に貢献した釜本邦茂、50歳を超えた現在でも現役でプレーを続けている“キングカズ”こと三浦知良。そして、特別な異名こそ無いものの日本サッカー史に名を残したレジェンドが居る。“ヒデ”の愛称で知られる中田英寿だ。 ▽幼いころにサッカーを始めた中田は、U-15日本代表に選出。その後は、全ての年代別日本代表に選出され、U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)、U-19アジアユース、ワールドユース(現U-20ワールドカップ)、そしてオリンピックと、世代別の国際大会に全て“飛び級”で出場していた。 ▽オリンピックには、19歳の時にアトランタ・オリンピック、そして23歳でシドニー・オリンピックに出場。オーバーエイジではなく、2度出場した珍しい経歴を持つ。Jリーグ入団時も多くのクラブがオファーを出し、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。国内でその実力を見せつけ、20歳の1997年に日本代表デビューを果たした。 ▽中田は、21歳で1998年のフランス・ワールドカップに出場。司令塔として、中盤でゲームメイクを担っていた中田のプレーは、チームは3連敗で終わったものの、欧州各クラブのスカウトの目に留まった。アーセナルやユベントスなどからも声が掛かっていたが、中田はペルージャを選択し、セリエAに挑戦した。 ▽ペルージャでは、開幕戦のユベントス戦で2ゴールを挙げるセンセーショナルなデビュー。セリエA1年目にして10ゴールを達成し、イタリア国内に大きなインパクトを与えることに。2年目のシーズン途中にはローマへと移籍。その後、日本人として初となるセリエA優勝メンバーとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽中田は、トップ下のポジションで長年プレーし、相手との駆け引きから生まれるスルーパスを得意としていた。ローマでは、エースであるFWフランチェスコ・トッティとのポジション争いの影響で、ボランチを経験。パルマに移籍してからは3トップの右サイドを任されることも増えた。パルマ時代には、アドリアーノ、アドリアン・ムトゥとのコンビが旋風を巻き起こし、『トリアイナ(三叉の槍)』と称されていた。 ▽ワールドカップでは、1998年のフランス大会に続き、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会に出場。2002年の日韓大会では、グループステージ第3戦のチュニジア代表戦で、ダイビングヘッドから自身のワールドカップ初ゴールを記録。ドイツ・ワールドカップのブラジル代表戦後、センターサークルで天を仰いだ姿は記憶に残っていることだろう。この大会を最後に、現役を引退した。 ▽類稀なるサッカーセンスを持ち、視野の広さ、フィジカルの強さ、正確なパス、ゲームと読む力と日本サッカー史上最高の選手とも言える中田英寿。そんな中田が、現在好評配信中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』に登場する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> ▽ゲーム内に登場する中田英寿は、“スルーパス”や“ミドルシュート”のスキルを持っており、“光プレイ”と呼ばれるシュートでは、前述のイタリア名門チームを優勝に導いた伝説のミドルシュートが再現されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽そんな中田英寿が★5選手として獲得できるスカウトは、7月25日(水)の10時59分まで開催。さらに、『サカつくRTW』にログインするだけで、「★3 中田英寿(ルーキー)」を獲得できるログインボーナスキャンペーンも開催中! この機会に日本を代表するレジェンド中田英寿をぜひ『サカつくRTW』で獲得しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> 2018.07.18 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ブラジル代表GKアリソン獲得へGK史上最高の移籍金92億円提示か

▽リバプールがローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)獲得に向けてGK史上最高額の移籍金となる7000万ユーロ(約92億3000万円)を提示するようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽2017-18シーズン、ローマで正GKの座を掴み、ロシア・ワールドカップでもブラジルの正GKを務めたアリソンに対し、リバプールはチャンピオンズリーグ決勝でミスを犯すなど不安定さが目に付くドイツ人GKロリス・カリウスに代わる新守護神として注目。 ▽これまでGKの史上最高移籍金は元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロだったが、リバプールはその額を大きく上回る7000万ユーロを提示し、ローマの守護神を引き抜く意思を固めているようだ。 ▽なお、アリソンにはレアル・マドリーへの移籍が噂されるベルギー代表GKティボー・クルトワの後釜としてチェルシーも獲得に興味を示しており、一足早くリバプールが動いた格好となっている。 2018.07.18 03:24 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース