【セリエA第32節プレビュー】同勝ち点の3位ローマvs4位ラツィオのダービー開催2018.04.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが最下位ベネヴェントに辛勝し、2位ナポリがキエーボに劇的逆転勝利を飾ったことで4ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではローマがフィオレンティーナに、インテルがトリノにそれぞれ敗れた一方、ラツィオがウディネーゼに逆転勝利し、CL圏内の4位に浮上している。迎える第32節は勝ち点60で並ぶ3位ローマと4位ラツィオのローマ・ダービーが日曜日のナイトゲームに開催される。

▽前節ウディネーゼ戦をインモービレの1ゴール1アシストの活躍で逆転勝利したラツィオは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のザルツブルク戦を1-4と大逆転負けし、ベスト8敗退となった。リーグ戦でのCL出場に懸ける状況に絞られた中、ローマに比べて試合間隔が2日短い不利な点を跳ね除けることはできるか。

▽一方、5連勝中の好調フィオレンティーナに0-2と屈し、2試合勝利から見放されている3位ローマだが、火曜日に行われたCLバルセロナ戦を3点のビハインドを跳ね除けて奇跡のベスト4進出を果たした。クラブ史に残る逆転劇を演じ、最高のチーム状態となっている中、地元のライバルを撃破して3位死守となるか。

▽今節もう一つの注目試合であるミランvsナポリは、日曜日のデイゲームに開催される。前節サッスオーロ戦を1-1の引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった6位ミラン(勝ち点52)は、3試合勝利から見放され、CL出場権争いからほぼ脱落した。ナポリ戦ではボヌッチが出場停止となる中、CL出場権獲得へわずかな望みを残すためにも勝利を手にできるか。

▽対するナポリ(勝ち点77)は前節キエーボ戦を終盤の2ゴールで逆転勝利し、ユベントスとの4ポイント差を維持して逆転スクデット獲得へ望みをつないだ。今節はベストメンバーで臨める中、ミランを下してユベントス追走となるか。

▽ベネヴェント相手にディバラのPK弾2つ含むハットトリックで打ち合いを制したユベントス(勝ち点81)は、EL出場権獲得を目指す8位サンプドリア(勝ち点48)をホームに迎える。水曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では逆転不可能と思われた中、3点のビハインドを追いつく大健闘の闘いを見せた。結果的に主審の厳しいPK判定で敗退となり、精神的に難しい中での試合となるが、セリエA7連覇に向けて気持ちを切り替え、勝利を掴めるか。

▽最後にトリノ戦を落とし、5位に転落したインテル(勝ち点59)は、土曜日のナイトゲームにEL出場権獲得を争う9位アタランタ(勝ち点48)とのアウェイ戦に臨む。ブロゾビッチが出場停止となるが、ローマ勢がダービーで潰し合う間隙を縫って難敵に勝利し、CL圏内返り咲きとなるか。

◆セリエA第32節
▽4/14(土)
《22:00》
カリアリ vs ウディネーゼ
《25:00》
キエーボ vs トリノ
ジェノア vs クロトーネ
《27:45》
アタランタ vs インテル

▽4/15(日)
《19:30》
フィオレンティーナ vs SPAL
《22:00》
サッスオーロ vs ベネヴェント
ボローニャ vs ヴェローナ
ミラン vs ナポリ
《25:00》
ユベントス vs サンプドリア
《27:45》
ラツィオ vs ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

「ローマの失格はない」 、セリエA会長が明言

▽セリエAの会長であるガエターノ・ミッチケ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリバプール戦でサポーターが問題を起こしたローマに触れた。イタリア『ANSA通信』などが伝えている。 ▽敵地で行われたCL準決勝1stレグでローマファンは試合前にリバプールのファンと衝突。激しい暴行で逮捕者が出ており、53歳のシーン・コックスさんが重体と伝えられている。 ▽この一件を引き起こしたローマ側には、UEFAからペナルティがあるものとみられている。一部では欧州カップ戦からの追放を求める声も出ているところだ。 ▽ミッチケ会長はこの件について、「その可能性は否定できる」とコメント。「起きたことは重大だ。だが、全てが正常になることを願っている」と述べた。 ▽ローマホームの2ndレグは5月2日に開催される。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、この試合には3000人以上のリバプールファンがやってくる。今週末からローマに滞在するファンもいる模様だ。これに備え、ローマでは細心の注意をもって安全対策の会議が行われるという。 2018.04.26 22:35 Thu
twitterfacebook
thumb

サラーをリバプールに放出したローマ...売却せざるを得なかった理由とは?

ローマには、昨夏エジプト代表MFモハメド・サラーをリバプールに放出しなければならない理由があったようだ。モンチSD(スポーツディレクター)が明かしている。<br><br>リバプールは24日のチャンピオンズリーグ準決勝第1戦でローマに5-2と快勝した。この試合の主役となったのがサラーだ。サラーは先制ゴールを含む2得点を叩き込み、勝利に大きく貢献した。<br><br>昨夏ローマからリバプールに3700万ポンド(当時約52億円)で加入したサラーは、古巣相手に大活躍した格好だ。なぜ、ローマはエジプト代表MFを放出してしまったのだろうか。ローマのモンチSDはスペイン『オンダ・セロ』で次のように説明している。<br><br>「我々はサラーをどうしても売らなければいけなかった。UEFAの財政管理から逃れるためだ。我々に他の解決法はなかった。サラーは移籍を望んでいたし、我々は彼の売却を余儀なくされていた」<br><br>サラーは今季公式戦47試合で43得点13アシストと爆発している。リバプールはプレミアリーグのタイトルをマンチェスター・シティに譲ったが、サラーにはPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞が与えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールvsローマの裏で悲劇…ローマサポに襲われたリバプールファン男性が危篤に

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマの裏で悲劇が起こっていた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽24日に行われたリバプールvsローマ。試合はモハメド・サラーの活躍によりリバプールが5-2で勝利。2006-07シーズン以来となる決勝進出に向けて大きく前進した。 ▽しかし、この試合の裏で悲劇が起こっていた。『デイリー・メール』によれば、試合前に暴徒化したローマサポーターがリバプールファンを襲撃。スポーツパブを襲った一部のサポーターがベルトやハンマーを振り回し、53歳の男性が緊急搬入される事態にまで陥った。 ▽この事件の後、男性を襲ったとされる2人の男は殺人未遂で逮捕。合計9人のサポーターが警察に連行されたという。 ▽事態は収束したものの、病院に搬送された男性は危篤状態に。これを受けリバプールは以下のような公式声明を出している。 「我々の思いは、彼とその家族と共にあります。私たちは彼らに全面的な支援を提供いたします。事件後、クラブは救急サービスと連携しこれを続けていく次第であります」 ▽また、警察は事件の更なる詳細を明らかにするため、フェイスブックやツイッターを通じて目撃情報を提供するよう求めている。 2018.04.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

主将ヘンダーソン、勝利を喜ぶも終盤の2失点に「CLの舞台でこのようなことをしていては…」

リバプールのジョーダン・ヘンダーソンは、ローマ戦の終盤に低調なプレーを見せたことを嘆いている。<br><br>24日にアンフィールドで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、リバプールはローマと対戦。35分にモハメド・サラーが先制に成功すると、その後攻撃陣が爆発して後半の途中までに5点のリードを奪う。81分からの短時間でローマに2失点を許すも5-2でリバプールが初戦を制した。<br><br>3点のアドバンテージを持って2戦目を迎えるリバプールが決勝進出の本命という見方が強い。しかし、試合後『BTスポーツ』のインタビューを受けた主将のヘンダーソンは心中穏やかではないようだ。<br><br>「試合を完全にコントロールできたように見えるが、2得点を彼らに与えてしまった。確かに僕たちは良いプレーをして、3点のアドバンテージを持って次の試合に挑めるが、CLの舞台で、このような失点をしてはいけない」<br><br>「でも、この結果をポジティブに捉えるべきだ。今夜は簡単な夜にはならないと分かっていたし、来週の試合も簡単にはいかないだろう。大きな挑戦になるだろうが、次の試合を楽しみにして、彼らに引導を渡せると願っている」<br><br>ローマは先の準々決勝でバルセロナ相手にホームで3点差を追いつき、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めている。そのことを踏まえ、ヘンダーソンはローマでの大一番に向け、早くも気を引き締めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 5-2 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマが24日、アンフィールドで行われ、5-2でリバプールが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。. ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 5.5 2失点もコラロフのミドルシュート、シックのヘディングシュートを阻止 DF 66 アーノルド 6.5 3、4点目の起点に。守備も問題なし 6 ロブレン 5.5 失点場面では豪快に被った。バー直撃のヘディングシュートを浴びせる 4 ファン・ダイク 6.0 終盤、ディフェンスラインを統率できず 26 ロバートソン 6.0 質の高い攻撃参加を続けた MF 21 チェンバレン - 右ヒザを負傷。重傷の可能性も (→ワイナルドゥム 6.0) 緊急出場も感じさせない冷静なプレーだった 14 ヘンダーソン 6.0 リスク管理の効いたプレーぶり 7 ミルナー 6.0 PK献上が痛かったが、セカンドボールをよく拾って攻撃に繋げた FW 11 サラー 8.0 古巣相手に2ゴール2アシストと躍動 (→イングス -) 9 フィルミノ 7.0 サラーの2ゴールをアシストし、4点目を決めた。サラーと抜群の相性 19 マネ 6.0 前半は再三の決定機を逸したが、後半に1ゴール 監督 クロップ 7.0 最後の2失点が余計だったが、3トップを存分に生かした試合運びを見せた ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.0 完全に崩されての失点のため、責任は負えない DF 44 マノラス 5.0 フィジカルで対抗も及ばず 20 ファシオ 4.5 背後のスペースをケアしきれず 5 ファン・ジェズス 4.5 集中はしていたが、対面のサラーに何度も翻弄された MF 24 フロレンツィ 5.5 規律を持ってプレーした 16 デ・ロッシ 5.0 バイタルエリアをフィルミノに使われた 6 ストロートマン 5.0 相手の中盤に押された 11 コラロフ 5.5 前半は強烈かつ正確な左足で好機を作った FW 17 ジェンギズ・ユンデル 5.5 一定のキープ力は見せていたが、前半で交代 (→シック 5.5) 1本際どいヘディングシュートを浴びせる 9 ゼコ 6.0 ボールが入れば確度の高いポストプレーを見せ、反撃の狼煙を上げた 4 ナインゴラン 6.0 前半はシャドーの位置でボールに絡んだ。終盤、アシストを記録しミドルシュートでPK誘発 監督 ディ・フランチェスコ 5.0 勇敢にもハイラインを敷いたが、裏目に出た。ただ、バルセロナ戦同様3-0のスコアで決勝に進出できる条件を作った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽古巣相手に情け容赦のない圧巻のパフォーマンス。メッシを髣髴とさせるプレーで4ゴールに絡んだ。ゴール後、ローマに敬意を表した姿勢にも好感。 リバプール 5-2 ローマ 【リバプール】 サラー(前35) サラー(前45) マネ(後11) フィルミノ(後16) フィルミノ(後24) 【ローマ】 ゼコ(後36) ペロッティ(後40[PK]) 2018.04.25 05:42 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース