【セリエA第32節プレビュー】同勝ち点の3位ローマvs4位ラツィオのダービー開催2018.04.13 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが最下位ベネヴェントに辛勝し、2位ナポリがキエーボに劇的逆転勝利を飾ったことで4ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではローマがフィオレンティーナに、インテルがトリノにそれぞれ敗れた一方、ラツィオがウディネーゼに逆転勝利し、CL圏内の4位に浮上している。迎える第32節は勝ち点60で並ぶ3位ローマと4位ラツィオのローマ・ダービーが日曜日のナイトゲームに開催される。▽前節ウディネーゼ戦をインモービレの1ゴール1アシストの活躍で逆転勝利したラツィオは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のザルツブルク戦を1-4と大逆転負けし、ベスト8敗退となった。リーグ戦でのCL出場に懸ける状況に絞られた中、ローマに比べて試合間隔が2日短い不利な点を跳ね除けることはできるか。

▽一方、5連勝中の好調フィオレンティーナに0-2と屈し、2試合勝利から見放されている3位ローマだが、火曜日に行われたCLバルセロナ戦を3点のビハインドを跳ね除けて奇跡のベスト4進出を果たした。クラブ史に残る逆転劇を演じ、最高のチーム状態となっている中、地元のライバルを撃破して3位死守となるか。

▽今節もう一つの注目試合であるミランvsナポリは、日曜日のデイゲームに開催される。前節サッスオーロ戦を1-1の引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった6位ミラン(勝ち点52)は、3試合勝利から見放され、CL出場権争いからほぼ脱落した。ナポリ戦ではボヌッチが出場停止となる中、CL出場権獲得へわずかな望みを残すためにも勝利を手にできるか。

▽対するナポリ(勝ち点77)は前節キエーボ戦を終盤の2ゴールで逆転勝利し、ユベントスとの4ポイント差を維持して逆転スクデット獲得へ望みをつないだ。今節はベストメンバーで臨める中、ミランを下してユベントス追走となるか。

▽ベネヴェント相手にディバラのPK弾2つ含むハットトリックで打ち合いを制したユベントス(勝ち点81)は、EL出場権獲得を目指す8位サンプドリア(勝ち点48)をホームに迎える。水曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では逆転不可能と思われた中、3点のビハインドを追いつく大健闘の闘いを見せた。結果的に主審の厳しいPK判定で敗退となり、精神的に難しい中での試合となるが、セリエA7連覇に向けて気持ちを切り替え、勝利を掴めるか。

▽最後にトリノ戦を落とし、5位に転落したインテル(勝ち点59)は、土曜日のナイトゲームにEL出場権獲得を争う9位アタランタ(勝ち点48)とのアウェイ戦に臨む。ブロゾビッチが出場停止となるが、ローマ勢がダービーで潰し合う間隙を縫って難敵に勝利し、CL圏内返り咲きとなるか。

◆セリエA第32節
▽4/14(土)
《22:00》
カリアリ vs ウディネーゼ
《25:00》
キエーボ vs トリノ
ジェノア vs クロトーネ
《27:45》
アタランタ vs インテル

▽4/15(日)
《19:30》
フィオレンティーナ vs SPAL
《22:00》
サッスオーロ vs ベネヴェント
ボローニャ vs ヴェローナ
ミラン vs ナポリ
《25:00》
ユベントス vs サンプドリア
《27:45》
ラツィオ vs ローマ
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

”イケメンの天才肌”パストーレ、母国帰還か

ローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(29)に母国帰還の可能性が浮上した。アルゼンチン『TNT Sports』が報じた。 パストーレは昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からローマに加入。2010-11シーズンのパレルモ以来となるセリエA復帰に湧いたが、ケガやイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの台頭により、ここまで公式戦わずか14試合の出場(3得点1アシスト)にとどまっている。 そのパストーレに対して、アルゼンチン屈指の強豪リーベル・プレートが関心を示しているという。左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテーロの穴埋めとして、獲得を検討している模様だ。 なお、パストーレが帰国を決断したとなれば、ウラカンに在籍した2009年以来の母国凱旋となる。フットボール界屈指の“男前ファンタジスタ”の決断はいかに…。 2019.03.19 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、状況次第でマノラス獲得チャンスか

マンチェスター・ユナイテッドがある条件を満たせば、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)を獲得できるかもしれない。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がイタリア『カルチョメルカート』を情報源に報じた。 その条件とは、チャンピオンズリーグ(CL)に出場できるか否かだ。マノラスはCL出場を重視しているとみられ、現時点でセリエA5位につけるローマが出場圏内のトップ4入りを逃した場合、今シーズン終了後に移籍を望む姿勢だという。 そうなれば、ユナイテッドにマノラスの獲得チャンスが巡ってくる格好。ただ、こちらも現時点でプレミアリーグ4位のアーセナルに2ポイント差の5位という状況であり、この機会を生かすも殺すもユナイテッドの今後次第となる様相だ。 なお、ローマが設定するマノラスの契約解除条項額は推定3600万ユーロ(約45億4000万円)。長らくセンターバック強化を狙うユナイテッドは、その候補の1人として挙がり続けてきたマノラスを獲得できるか。今後に注目だ。 2019.03.19 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベGK、古巣の内情明かす「真のローマ主将はトッティでなくデ・ロッシだった」

ユベントスに所属するGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、ポーランドのYouTubeチャンネル『Foot Truck』のインタビューの中で古巣ローマについて語った。<br><br>シュチェスニーは2015年から2シーズンにわたってローマの守護神を務めたが、当時はまだ現役でプレーしていたクラブ生え抜きのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏について語った。<br><br>「ファンはトッティに夢中になっていたが、クラブにとっては健康的でなかったのかもしれない。上手く行かないときに、彼がウォーミングアップを始めたり、ピッチに入ったりすることで、スタジアムの観衆は目を覚まし、試合が新たにスタートするかのようだった。トッティはクラブのレジェンドだが、その存在はあまりに大きく、チーム全体を凌駕しているようだった」<br><br>だがローマにおいて、真の意味でリーダーの役割を担っていたのは、主将を務めていたトッティではなく、同じくローマ下部組織出身で7歳年下のMFダニエレ・デ・ロッシであったと、ユーヴェGKは振り返る。<br><br>「僕の印象では、チームにおいて、常にデ・ロッシが真のカピターノ(主将)だったと思う。ある種の視点からは、『トッティがいてローマがある』と言えたかもしれない。一方、ダニエレは、まさにロッカールーム内の中心人物だった」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.17 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

格下SPALに7戦ぶり白星献上のローマ、ミラノ勢にプレッシャーをかけられず…《セリエA》

ローマは16日、セリエA第28節でSPALとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 ラニエリ新体制となった前節エンポリ戦を辛くも2-1で逃げ切った5位ローマ(勝ち点47)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位インテルを3ポイント差で追う中、出場停止明けのジェコがスタメンに復帰し、エンポリ戦でゴールを決めたシックと2トップを形成した。 ここ6試合勝利のない16位SPAL(勝ち点23)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだローマは右サイドにクライファート、左にエル・シャーラウィを配した。 互いに慎重な入りを見せたことで静かな展開で立ち上がっていく。そんな中22分、ローマが先制される。右クロスからファーサイドのファレスにヘッドで流し込まれた。 続く25分にもクルティッチのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、35分にようやくチャンス。ボックス左に個人技で侵入したジェコが左足でGKを強襲した。 しかし、ハーフタイムにかけても攻撃の形を作れなかったローマは前半を1点ビハインドで終えた。 後半からエル・シャーラウィとクライファートに代えてザニオーロとペロッティを投入したローマは52分、ザニオーロのスルーパスに反応してボックス内に侵入したジェコが相手DFに倒されてPKを獲得.これをペロッティが決めて試合を振り出しに戻した。 しかし57分、今度はボックス内に侵入したペターニャをファン・ジェズスが倒したとしてPKを献上。これをペターニャに決められ、勝ち越されてしまった。 再び追う展開となったローマは73分に同点のチャンス。ペロッティのロングフィードをボックス中央で受けたジェコが胸トラップからシュート。枠を捉えていたが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれてしまった。 終盤にかけてはローマが攻勢に出る流れとなったが、決定機を生み出すには至らず1-2のまま敗戦。格下に7試合ぶりの白星を献上し、明日ダービーを戦うミラノ勢にプレッシャーをかけることはできなかった。 2019.03.17 03:57 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース