セルヒオ・ラモスがCL準決勝1stレグを出場停止へ! 出場停止のユーベ戦でピッチサイドに降りる2018.04.13 00:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するDFセルヒオ・ラモスがチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを出場停止で欠場する可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。▽マドリーは11日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたCL準々決勝2ndレグのユベントス戦を1-3で落とした。それでも、試合終了間際にFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたPKによる劇的ゴールによって、2戦合計4-3のスコアで8年連続のベスト4進出を決めた。

▽しかし、同試合を累積警告による出場停止で欠場していたセルヒオ・ラモスは試合途中までスタンド観戦を余儀なくされていた中、試合終盤にはピッチサイドまで降りて心配そうな様子でピッチ内の戦況を窺っていた。

▽『スカイ・スポーツ』によると、通常欧州サッカー連盟(UEFA)のルールでは出場停止処分中の選手は試合開催中にスタンドでの観戦は認められているものの、ロッカールームやトンネル、ピッチサイドへの立ち入りが認められていないという。そのため、今回立ち入り禁止エリアに侵入したセルヒオ・ラモスには1試合の出場停止処分が科される可能性が高い模様だ。

▽C・ロナウドの圧倒的な勝負強さで準決勝進出を決めたものの、今回のユベントス戦ではセルヒオ・ラモス不在による守備面の問題を露呈したマドリーは、準決勝1stレグでも守備の要を欠いての戦いを強いられるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、アザール獲得失敗ならハマーズのアタッカーへ切り替え?

レアル・マドリーが、ウェストハムに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールを今夏のトップターゲットに据えている。しかし、記事によれば、既に6000万ポンド(約87億円)のオファーを拒否されている模様。また、2回の補強禁止処分を受けたチェルシーがアザールへの全てのオファーを断る可能性も伝えられている。 そのためマドリーは、アザールの獲得に失敗した場合の代替案としてF・アンデルソンの獲得を考慮しているという。なお、ブラジル代表MFの価値は6500万ポンド(約95億円)程と考えられているようだ。 昨夏にクラブレコードとなる推定移籍金3350万ポンド(現在のレートで約49億円)でウェストハムに加入したF・アンデルソン。しなやかなドリブに加え、強烈なシュートを武器とするアタッカーは、今シーズンのプレミアリーグ31試合で8ゴール4アシストを記録している。 2019.03.22 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ、63億円で放出の可能性が浮上

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が、より安価な移籍金で放出される可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。また、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性も報じられている。 しかし、『マルカ』によれば、イカルディに腕章が戻される望みは薄く、以前として将来に関しては不透明だ。これまでは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けていた同選手だが、5000万ユーロ(約63億円)の移籍金で退団する可能性もあるという。 新天地候補としては、インテルのライバルでもあるユベントス、そして以前から獲得が噂されていたレアル・マドリーの名前が挙げられている。 2019.03.22 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー退団説浮上のヴァラン、去就語らず

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)が、去就に関する話題を避けている。スペイン『マルカ』が伝えている。 2011年にランスからレアル・マドリー入りし、初年度から並外れた潜在能力を示したヴァラン。すぐに出場機会を増加させると、25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝に大きく貢献した。 しかし、先日の報道によると、ヴァランは今夏のマドリー退団を検討。今シーズンもここまでの公式戦35試合に出場し、絶対的地位は揺らいでいないが、環境を変えて新たな挑戦をすることを希望していると伝えられていた。 そして、去就について問われたヴァランは以下のように返答。何らかの可能性を示唆することを避けた。 「自分の将来について語りたいとは思わない」 「僕は将来について大っぴらに議論するような人間ではないんだ」 「(ジネディーヌ・ジダン監督がマドリーを離れていた)9ヵ月という期間は長いものではない。昨日のことの様だよ」 「人としても監督としても彼には感謝している」 「彼は以前から僕にとってとても重要な存在だ」 2019.03.22 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アザール、フットボールキャリア原点の人物を明かす

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がフットボールを始める切っ掛けになったことを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 チェルシーのエースとして、今シーズンも公式戦39試合16ゴール11アシストを記録しているアザール。現在ではベルギー代表のキャプテンも務めており、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)では同国史上最高位の3位フィニッシュに大きく貢献する出色のパフォーマンスを見せた。 今やフットボール界を代表する選手の1人となった同選手だが、その原点には一人の伝説的な人物がいるようだ。「ジダンとマルティネスのどちかを選ぶとしたら? 」と問われ、以下のように返答している。 「(ジネディーヌ・)ジダンをとても尊敬している」 「彼は僕のアイドルだ。彼のおかげで(フットボールを)プレーし始めた」 「でも、一緒に勝ち取ってきたのは(ロベルト・)マルティネスだから、彼を選ぶよ」 指揮官として、マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたジダン監督は、現役時代にも世代No.1のプレーヤーとしてユベントスやマドリー、フランス代表で活躍。W杯やユーロ、CLなどあらゆるタイトルを獲得し尽くしていた。 2019.03.22 08:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース