「インテルの新たなマイコンだ」…伊紙がカンセロの飛躍を高評価2018.04.12 23:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルはついに長年の課題だったサイドバックを見つけたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、DFジョアン・カンセロの活躍を取り上げている。▽カンセロは昨年夏にインテルの一員になると、シーズン序盤をケガで棒に振った。その後はイタリア適応に時間がかかり、前半戦はほとんど出番なく終わっている。しかし、昨年末から安定したパフォーマンスで評価を高めると、今では絶対的なレギュラーにまで進化を遂げた。

▽『ガゼッタ』紙は、「インテルの新たなマイコン」とカンセロを高く評価。数字の上でも圧倒的であることを強調している。

▽カンセロはセリエAで19試合に出場している。最初の11試合では495分間の出場でアシストはゼロ。一方、直近8試合では720分間のプレーで2アシストを記録している。もちろんそれだけではなく、1試合平均のチャンスクリエイトは0.55から2.25に大幅改善。1試合あたりのクロス数や、ドリブル成功数も伸びていることがデータで紹介された。

▽ポルトガル代表のカンセロは、バレンシアからレンタル中の選手。もちろん、毎シーズンのように新たなサイドバックを物色してきたインテルは、同選手の完全移籍での獲得を望んでいる。そのための資金を捻出するためにも、来季のチャンピオンズリーグ出場権は必要だと記事は記した。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、「落ち着き」足りずCL敗退…スパレッティ「もたらされたのは混乱」

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、PSV戦で求めている戦いができなかったことを悔やんだ。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>インテルは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でPSVと対戦。結果的には、2位トッテナムがバルセロナと引き分けたため、インテルはPSVにホームで勝利すれば、決勝トーナメント進出を決めることができたが、1-1のドローに終わり、敗退が決まった。<br><br>ミスから先制点を許すなど、不本意なパフォーマンスに終始し、スパレッティ監督も肩を落とした。<br><br>「我々はナーバスになり、求めていた落ち着きを持ってプレーできなかった。だからこそ戦術的レベルで混乱が生まれた。必要としていたのはバランスだったが、代わりに混乱だけがもたらされてしまった」<br><br>フル出場したMFボレハ・バレロも「勝たなければならなかった」と話し、不十分な結果だったことを認めている。<br><br>「最初からあまりに焦ってプレーしてしまい、ドローに終わってしまった。必要な落ち着きがなかったんだ。トッテナムも引き分けだったので、もう1点取ればよかったが、残念なことにチャンスが少なすぎた」<br><br>なお、インテルはグループ3位でヨーロッパリーグへ回ることが決定している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:08 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、貪欲に勝ちに行く姿勢を見せなかったツケを払い無念の3位敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、インテルvsPSVが11日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、トッテナム(勝ち点7)との直接対決に0-1で敗れたインテル(勝ち点7)は勝ち点で並ぶも当該成績の結果、3位に転落。すでに最下位が確定しているPSV(勝ち点1)をホームに迎えた最終戦では2位トッテナムが首位通過を確定しているバルセロナ(勝ち点13)相手の取りこぼしを期待しつつ、勝ち点3奪取での逆転突破を目指した。 ▽7日に行われたユベントスとのイタリア・ダービーを0-1で落としたスパレッティ監督率いるチームはその試合から先発4人を変更。ミランダ、ヴルサリコ、ジョアン・マリオ、ガリアルディーニに代わってデ・フライ、ダンブロージオ、カンドレーバ、ボルハ・バレロを起用した。 ▽逆転突破に向けて勝利が必須のインテルが立ち上がりから相手を押し込んでいく。開始6分にはボックス手前右でイカルディが上げた浮き球クロスをゴール左に走り込んだペリシッチが頭で合わすが、これは相手GKにわずかに触られて左ポストを叩く。その直後にもダンブロージオ、ペリシッチとフィニッシュに絡むが、決め切れない。 ▽すると13分、自陣左サイドでボールを持ったアサモアがベルグヴィンにプレッシャーをかけられて痛恨のボールロスト。そのまま深い位置に運ばれてクロスを許すと、ファーでドフリーのロサーノに頭で合わせられ、まさかの先制点を許した。 ▽さらにミスからの失点でバタつくインテルは直後にも相手のカウンターからDFアサモアのクリアがオフサイドポジションのルーク・デ・ヨングへの絶妙なスルーパスとなり、あわや2失点目というピンチを招くが、ここはGKハンダノビッチの勇敢な飛び出しで何とか凌いだ。 ▽前半半ばから終盤にかけてはボールを持って攻勢を仕掛けるインテルと、鋭いカウンターで応戦するPSVという構図の下でオープンな攻防が続く。 ▽インテルは30分にボックス左に抜け出したペリシッチからのマイナスパスをボックス手前のイカルディがシュートも枠に飛ばせない。さらにセットプレーの流れからデ・フライにもチャンスも相手DFのブロックに遭う。対するPSVはロサーノ、ベルグヴィンを起点とした高速カウンターを幾度も繰り出すと、39分にはベルグヴィンが強烈なブレ球ミドルを枠に飛ばすが、これはインテル守護神の鋭い反応に阻まれた。 ▽先制点に加えてアウェイチームのゲームプランが見事にハマった中、試合はPSVの1点リードで後半へと折り返す。逆転突破に向けてゴールを奪うしかないインテルは立ち上がりの49分にボルハ・バレロのスルーパスに抜け出したイカルディが強烈な右足シュートを放つが、相手GKズートの驚異的な反応速度の前に枠外へはじき出される。直後の53分にはボックス手前で仕掛けたポリターノが低い弾道のシュートを放つが、これもセーブされた。 ▽何とかゴールをこじ開けたいインテルは56分にカンドレーバを下げてケイタ、69分にはアサモアを下げてラウタロ・マルティネスをピッチに送り出す。後半に入って相手のカウンターケアも安定した中、波状攻撃を仕掛けていくが、再三のシュートが相手GKズートの好守に阻まれる。それでも、攻め続けるインテルは73分、ボックス手前右でポリターノが上げた浮き球のクロスをファーサイドでDFの背後を取ったイカルディがヘディングシュート。ニアを狙ったこのシュートがGKズートの手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽この時点で他会場のトッテナムが0-1で負けていたことから83分にポリターノを下げてヴルサリコをピッチに送り込んで試合を落ち着かせるインテルだったが、積極的に2点目を狙いに行かなかったツケを払うことに。ヴルサリコ投入直後の85分にトッテナムが同点に追いついたことで、逆転突破にはもう1点必要となった。 ▽ベンチから情報を聞いてここから決死の猛攻を見せるインテルだが、引き分け良しとするPSVの堅い守備をなかなかこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはボックス内でケイタ、L・マルティネスに決定機もいずれも決め切ることはできず。そして、ほぼ同時刻にタイムアップを迎えたグループB最終節は共に1-1のスコアで終了。この結果、2位トッテナムとの直接対決におけるアウェイゴール差で下回ったインテルは3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることになった。 2018.12.12 07:29 Wed
twitterfacebook
thumb

CL決勝T進出を目指すインテル指揮官「唯一の過ちはバルセロナのことを考えること」

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、11日に行われるPSV戦の前日記者会見に出席し、意気込みを語った。<br><br>インテルは11日、チャンピオンズリーググループB最終節でPSVとジュゼッペ・メアッツァで対戦する。現在3位につけるインテルのグループ突破は、カンプノウで行われる首位バルセロナと2位トッテナムの試合結果にも左右されるが、スパレッティ監督はPSV戦での勝利を目指す。<br><br>「この試合は、私がインテルで指揮を執り始めて以降、最も重要な試合と言える。対戦相手は第3ポットのチームであり、我々の方が第4ポットのチームだ。もし開幕前に、『最終節でトッテナムと突破を懸けて争うことになるだろう』と言われていたら、我々もガッカリはしなかったはずだ」<br><br>「チームの状態は良く、試合に勝利するための武器はすべて揃っている。ただ唯一、犯しうる過ちは、バルセロナの動向を考えてしまうことだ。我々は自分たちの試合に集中しなければならない。試合全体を通じて力を発揮し続けることができない。集中力が低下したときに、相手にチャンスを許してしまう。ビッグクラブとの差は、パルマ戦やアタランタ戦で勝てなかった所にあると思う。」<br><br>またインテル指揮官は、PSV戦の48時間前にマドリードへ赴き、コパ・リベルタドーレス決勝を観戦して物議を醸した主将FWマウロ・イカルディについて言及し、擁護した。<br><br>「何が問題なのか私は分からない。他にも選手は何人かいたし、別におかしなことはない。どこか別の場所で外食するようなものだ」<br><br>提供:goal.com 2018.12.11 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 運にも助けられ無失点で勝利に貢献 DF 2 デ・シリオ 5.5 サイドを走り回り攻守に貢献 19 ボヌッチ 6.0 読みの利いたシュートブロックで相手の決定機を阻止 3 キエッリーニ 6.5 空中戦に強さを見せた。こちらも鋭いシュートブロックで無失点に抑えた 20 カンセロ 6.0 マンジュキッチのゴールをお膳立て。効果的に攻撃に参加していた MF 5 ピャニッチ 6.0 相手の攻撃にいつでも対応できる絶妙なポジショニング (→エムレ・ジャン -) 30 ベンタンクール 6.0 守備に重きを置きながらも要所で攻撃参加。前半には先制のチャンスも 14 マテュイディ 6.0 中盤から激しいプレスでインテルを嫌がらせた FW 10 ディバラ 5.5 ゴールに絡めずも何度か惜しいシュートを放った (→ドグラス・コスタ 5.5) 途中交代から攻撃にアクセント 17 マンジュキッチ 6.5 インテル戦初ゴールとなる決勝弾を記録 7 C・ロナウド 5.5 徹底マークに遭い、なかなか勝負所を作れなかった 監督 アッレグリ 6.5 長所を封じられながらも勝負強さを見せて15戦無敗。無敗優勝も現実味を帯びてきたか ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点はノーチャンス。要所で好セーブが光った DF 2 ヴルサリコ 5.5 ガリアルディーニとのコンビでC・ロナウドに自由を与えなかった 23 ミランダ 5.0 光るところがなかった 37 シュクリニアル 5.5 空中戦で劣るところがあったものの、統率の取れた守備を続けた 18 アサモア 5.0 失点シーン、マンジュキッチにマークを振り切られてしまった MF 77 ブロゾビッチ 5.5 前半には相手の決定機を阻止するビッグプレー。試合を通して守備への貢献が目立った 5 ガリアルディーニ 5.5 右サイドで攻守に貢献。切り替えが早かった (→ケイタ 5.0) 途中出場も見せ場なく 15 ジョアン・マリオ 5.5 豊富な運動量でいろんな場面に顔を出した (→L・マルティネス 5.0) 試合終盤に同点チャンスもあったが… FW 16 ポリターノ 5.5 ウイングでも若干低めの位置を取りつつ前線からのチェック。攻撃のアクセントにも (→ボルハ・バレロ 5.0) ピッチ上に変化をもたらせたが通じなかった 9 イカルディ 4.5 相手のマークに遭いシュート0本に終わった 44 ペリシッチ 5.5 攻撃では最も気を吐いた男。が、今日は同胞のマンジュキッチに軍配 監督 スパレッティ 5.5 試合を通して互角に戦った。前半の決定機が決まっていれば… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マンジュキッチ(ユベントス) ▽なかなかシュートチャンスが来ない中で、虎視眈々とゴールを狙い続けていた。ウノ・ゼロ勝利にインテル戦初ゴールを決めるところはさすがの一言。 ユベントス 1-0 インテル 【ユベントス】 マンジュキッチ(後21) 2018.12.08 06:52 Sat
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチのインテル戦初ゴールでユベントスがイタリア・ダービー制す!《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。 ▽未だ無敗を続ける首位のユベントスは、前節のフィオレンティーナ戦の勝利で早くも勝ち点40に到達。すでに独走態勢に入りつつある中、来週のチャンピオンズリーグ(CL)を睨んでの戦いとなる今節のスタメンは、前節から1人のみ変更。クアドラードを代えてピャニッチが起用された。 ▽一方、前節ローマとのビッグマッチを2度のリードを生かしきれずに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点29)は、こちらも逆転での決勝トーナメント進出が懸かるCLを考慮した戦いになる。前節から3選手の変更となったスタメンは・デ・フライ、ボルハ・バレロ、ケイタに代わり、ヴルサリコ、ガリアルディーニ、ポリターノが名を連ねた。 ▽フォーメーションは共に[4-3-3]で挑んだ両チーム。ファーストシュートはインテル。4分にイカルディがボックス手前から狙ったが相手に当たって枠の外へ。ユベントスは8分に初シュート。左サイドでボールを持ったC・ロナウドの右足クロスに、DFの隙間に飛び出したディバラのヘディングシュートは枠の上へ外れた。 ▽序盤に支配率を高めたのはユベントスは左右からインテルを攻略しにかかるが、クロスは悉く跳ね返される。そんな中、インテルは14分にヴルサリコが攻撃の火種を作ろうとボックス手前右からトライするが、シュートは相手に当たってGKシュチェスニーの手の中に納まった。 ▽なかなかシュートシーンが少ない試合だったが29分、インテルは右サイドへの大きな展開から、ポリターノがゴール前のイカルディにパスを送ると、イカルディのポストプレーに2列目から飛び出したガリアルディーニがフリーでシュートを放つ。しかし、ややインサイドステップにかかり過ぎたシュートは右ポストに嫌われてしまう。さらにその直後にも右サイドからのグラウンダーのクロスにペリシッチが合わせるも枠を捉え切れず。 ▽対してユベントスも35分、デ・シリオのクロスにマンジュキッチが頭で合わせてゴールに迫ると、その直後に左サイドのクロスにベンタンクールが合わせて流し込みにかかるが、ブロゾビッチがスライディングでシュートブロック。ゴールラインを割ってCKに。すると今度はこのCKからキエッリーニがヘディングシュート。これはGKハンダノビッチがファインセーブを見せた。 ▽決定機を作りながらもゴールレスで後半を迎えた両チーム。48分に攻め込まれたユベントスはピャニッチがボールを奪い返してマテュイディへ避難。しかし、マテュイディがコントロールミスを冒しポリターノに奪われると、イカルディとのワンツーからシュートを打たれてしまう。まさかの失点かに思われたが、ボヌッチがシュートブロックに入り、事なきを得た。 ▽後半立ち上がりからヒヤリとしたユベントスは52分に、ボックス左でC・ロナウドからパスを受けたマテュイディが相手を躱してゴール前に折り返す。これにマンジュキッチが相手の前に出てビッグチャンスを迎えるも、シュートは空振りしてしまった。 ▽後半先に動いたインテルは58分にポリターノを下げてボルハ・バレロを投入。だが、試合を動かしたのはユベントスだった。 ▽66分、最終ラインのFKから左サイドのカンセロに繋いだユベントス。カンセロがボックス左から右足で上げたクロスにマンジュキッチが頭で飛び込んでネットを揺らした。 ▽失点後すぐにインテルはガリアルディーニを下げてケイタをピッチへ。ユベントスもディバラを下げてドグラス・コスタが入った。77分にはジョアン・マリオに代えてL・マルティネスを投入したインテルはこれで3枚の交代カードを使い切った。 ▽そのL・マルティネスはファーストプレーからシュートに持っていくが、ボックスの外から放ったシュートは枠の左へ外れた。 ▽ユベントスは82分にピャニッチに代わりエムレ・ジャンがおよそ1カ月半ぶりにピッチに立った。 ▽試合も終盤になり焦り出すインテルは後半アディショナルタイムにL・マルティネスが左サイドからのクロスの跳ね返りをダイレクトで狙っていったがGKがキャッチ。最後まで集中力を切らさず、ユベントスがマンジュキッチのゴールを守り切って試合終了。これでリーグ戦15試合で14勝1分けとした。 2018.12.08 06:51 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース