浦和が明治大学DF岩武克弥の加入内定を発表…大分U-18時代にはJ2で10試合に出場2018.04.12 21:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは12日、明治大学のDF岩武克弥(21)が2019シーズンより加入が内定したことを発表した。

▽岩武は、大分県大分市出身で、大分トリニータU-18に所属。明治大学に進学していた。

▽また、U-15からU-17までの日本代表に選出。2017年には全日本大学選抜に選ばれ、第29回ユニバーシアード競技大会で優勝していた。また、2014シーズンには大分でトップチーム登録され、J2で10試合に出場している。

▽浦和は岩武について「優れた身体能力をベースに1対1の守備に強く、スピードを生かしたサイドからの攻撃参加も魅力」と特徴を紹介している。岩武はクラブを通じてコメントしている。

「このたび明治大学から加入することになりました岩武克弥です。浦和レッズという大変素晴らしいクラブに入れることをとても嬉しく思います。そしてここからが勝負だと思います。これまで支えていただいた監督、チームメイト全ての方々への感謝の気持ちとチャレンジ精神を大事にしながらクラブに貢献できるよう日々精進します。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

世界に通用!日本代表DF槙野智章がイタリア『GQ』のW杯髪型特集5人に選出

▽ファッション誌『GQ イタリア』が、ロシア・ワールドカップを特集。ベストヘアカットを選ぶ中、日本代表DF槙野智章が選出された。 ▽『GQ』が選出したのは、槙野のほか、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークやスイス代表MFヴァロン・ベーラミ、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、アイスランド代表MFルリク・ギスラソンを選出。W杯出場選手の5名に槙野が入ることとなった。 ▽槙野の髪型は、「MAD MEN(マッドメン)」と紹介され、同名の1960年代のニューヨークの広告業界を描いたアメリカのテレビドラマシリーズになぞらえたもの。「明確なビンテージのヘアスタイルで、高校の卒業アルバムのようだ」と紹介されている。 ▽さらに、「我々はこの見た目を好ましく思っている。なぜなら、このエレガントな東洋のディフェンダーの多くの同僚が選ぶヘアスタイルの平均から離れているからだ」と評価されている。 ▽その他、ロフタス=チークは「整った顔に短い髪、手入れされたひげは好青年」、ベーラミは「90年代に愛され流行ったもの」、ジルーは「男らしさ溢れる髪型」、ギスラソンは「ベッカムを想起されるものだった」と評価されている。 ▽試合出場はポーランド代表戦の1試合に留まった槙野だが、ヘディングしても崩れないこだわりの髪型は世界にインパクトを与えたようだ。 2018.07.17 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和にDF茂木力也が復帰! 2017年から期限付きで山形に

▽浦和レッズは15日、モンテディオ山形に期限付き移籍しているDF茂木力也(21)の復帰を発表した。19日からチームに合流する。 ▽埼玉県出身の茂木は、2015年に浦和ユースからトップチームに昇格すると、2016年に愛媛FC、翌2017年から山形に期限付き移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグ8試合に出場していた。 ▽浦和復帰が決まった茂木は両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆浦和レッズ 「このたび、浦和レッズに復帰することになりました。プロ生活をスタートさせたチームにまた戻って来られることをうれしく思います。プロ1年目にチームの力になれず悔しい思いをしたので、山形、愛媛でここまで積み上げてきたものをみなさんに見せられるように精一杯レッズのためにプレーし、レッズのために全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 ◆モンテディオ山形 「この度、浦和レッズに復帰することになりました。1年半の間、地域の皆様から本当に支えられていることを実感しながらサッカーをする事が出来ました。山形では様々なポジションでプレーをさせて頂き、僕自身にとっても素晴らしい経験になりました。プロとしての初ゴールも山形の雪の中決めることが出来、一生の記憶に残るゴールになりました」 「山形では嬉しいことだけではなく、悔しいことも沢山ありましたが、その悔しさがあったからこそ、サッカー選手としても人間としてもまた一歩先に歩みを進められたと思います。この1年半山形で大きく成長できたと思えるように、これからも精一杯プレーします。皆さんにこれから活躍している姿を沢山見せられるよう、浦和レッズで一生懸命頑張っていきます。1年半本当に有難うございました」 2018.07.15 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月4日は、浦和一筋! 英『スカイ』にスコールズと評された男

◆山田直輝 【Profile】 国籍:日本 所属チーム:浦和レッズ 誕生日:1990年7月4日 ポジション:FW 身長:168㎝ 体重:66㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月4日は、浦和レッズの山田直輝だ。 ▽中高生時代から浦和レッズの下部組織に所属し、現在に至るまで浦和でプレーする山田。トップチームデビューを果たしたのは2008年4月の京都サンガ戦。17歳9カ月22日でのことだった。 ▽2009年にはトップチームに正式に昇格し、日本代表にも初招集された。同年5月27日のチリ代表戦で途中出場し1アシストを記録した。その後は鳴かず飛ばずの成績が続き2015年から3シーズンの間湘南ベルマーレへ期限付き移籍した。2017年には明治安田生命J2リーグにおいて39試合に出場し5ゴール6アシストをマーク。まずまずの結果を残した。そして、今シーズンから浦和に復帰している。 ▽かつて、山田が19歳だった頃の2009年、イギリスの有力メディア『スカイ・スポーツ』が山田を世界の有望な選手と位置付け、同国のレジェンド、ポール・スコールズと比較したことが話題となった。 ※誕生日が同じ主な著名人 アルフレッド・ディ・スティファノ(元サッカー選手) ジャンピエロ・ボニペルティ(元サッカー選手) ケンドーコバヤシ(お笑い芸人) GACKT(ミュージシャン) 前山田健一(ミュージシャン) 赤西仁(歌手、俳優) カズレーザー(お笑い芸人/メイプル超合金) 増田貴久(アイドル/NEWS) あびる優(タレント) 2018.07.04 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和にも大打撃…古傷再発のアンドリュー・ナバウト、今季終了を示唆

▽浦和レッズに所属するオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトに長期離脱の可能性が高まっている。 ▽オーストラリア代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)に参戦したナバウト。21日に行われたロシアW杯グループC第2節のデンマーク代表戦に先発したものの、後半途中に古傷の右肩を痛め、75分にピッチを後にした。 ▽オーストラリア代表を率いるベルト・ファン・マルバイク監督は同試合後、「肩の負傷が重く、彼のトーナメントは終わった」とコメント。そのナバウトは本大会ラストマッチの26日に行われたペルー代表戦を欠場している。 ▽今回の代表活動終了後、所属先の浦和での活躍が期待されたナバウトだが、どうやら今シーズン中の復帰は厳しいようだ。『Wide World of Sports』によれば、このままメルボルンに戻り、右肩の手術を受けるという。 ▽伝えられるところによれば、ナバウトは「6カ月のリハビリが必要みたいだ。痛みを伴うけど、少しでも早く治して、(来年の)アジアカップに備えて行きたい」と語り、今シーズンの全欠を明かした模様だ。 ▽また、「手術が必要なのはわかっていた。これが2回目(の手術)だ。手術を受けるつもりだったけど、W杯を考えてリハビリに励んだ」と話し、浦和で右肩を痛めた当時に手術を回避したことを明かした。 2018.06.27 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和所属の豪代表FWナバウトのW杯は終わらない! 「痛みはない。何かが起きるはず」

▽浦和レッズに所属するオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトのロシア・ワールドカップ(W杯)での挑戦はまだ終わっていないようだ。同選手が22日、グループC最終節ペルー戦(26日)の出場の可能性について言及した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽ナバウトは21日に行われたロシアW杯グループC第2節デンマーク戦(1-1)で先発していたが、Jリーグの川崎フロンターレ戦で脱臼していた古傷の右肩を痛め、75分にピッチを後にしていた。 ▽そして、同試合後にはオーストラリア代表を率いるベルト・ファン・マルバイク監督は「肩の負傷が重く、彼のトーナメントは終わった」とコメント。今大会中の復帰の可能性が絶望的であると主張していた。 ▽しかし、22日に記者団の囲み取材に出席したナバウトはペルー戦での復帰を諦めていないと語った。 「2度目の脱臼の場合、回復は早いと聞いているよ。今のところ、僕は問題ない。痛みも感じていない」 「僕はいつでもポジティブでいることを心がけているんだ。もし、リハビリがうまくいけば何かが起きるかもしれない。以前のときに比べてかなり早く回復できるかもしれない」 ▽早期復帰に向けての意気込みを語ったナバウトだが、直近2試合のパフォーマンスを見ると、サッカルーズにおいて絶対的な主力ではないためファン・マルバイク監督がリスクを冒して起用する可能性は低そうだ。ただ、オーストラリアが決勝トーナメントに勝ち上がった場合、戦列に復帰できる可能性が出てきたことは確かだ。 ▽また、今回のケガが比較的軽いことがわかったことは所属する浦和にとっては朗報となりそうだ。 2018.06.23 15:10 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース