浦和が明治大学DF岩武克弥の加入内定を発表…大分U-18時代にはJ2で10試合に出場2018.04.12 21:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは12日、明治大学のDF岩武克弥(21)が2019シーズンより加入が内定したことを発表した。

▽岩武は、大分県大分市出身で、大分トリニータU-18に所属。明治大学に進学していた。

▽また、U-15からU-17までの日本代表に選出。2017年には全日本大学選抜に選ばれ、第29回ユニバーシアード競技大会で優勝していた。また、2014シーズンには大分でトップチーム登録され、J2で10試合に出場している。

▽浦和は岩武について「優れた身体能力をベースに1対1の守備に強く、スピードを生かしたサイドからの攻撃参加も魅力」と特徴を紹介している。岩武はクラブを通じてコメントしている。

「このたび明治大学から加入することになりました岩武克弥です。浦和レッズという大変素晴らしいクラブに入れることをとても嬉しく思います。そしてここからが勝負だと思います。これまで支えていただいた監督、チームメイト全ての方々への感謝の気持ちとチャレンジ精神を大事にしながらクラブに貢献できるよう日々精進します。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

攻撃陣躍動の浦和、イニエスタ不在の神戸に4発快勝! …リージョ監督招へい準備中神戸は4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が、23日に埼玉スタジアム2002で行われ、4-0で浦和が勝利した。 ▽9位・浦和(勝ち点35)は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを1名のみ変更。マルティノスに代えて柏木を起用し、直接対決に臨んだ。 ▽リーグ3連敗中の8位・神戸(勝ち点36)は、1-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを6名変更。ティーラトン、アフメド・ヤセル、藤谷、アンドレス・イニエスタ、大槻、古橋に代えて、渡部、高橋、橋本、ルーカス・ポドルスキ、郷家、長沢を起用した。注目のイニエスタは欠場となった。 ▽チケットが完売し大観衆が詰めかけた試合はホームの浦和が優勢な入りを見せるが、5枚の最終ラインで対応する神戸の守備に苦しみなかなかシュートまで持ち込めない。 ▽浦和は19分にこの試合最初のビッグチャンスを迎える。左サイド高い位置でFKを獲得すると、キッカーの柏木が左足で精度の高いボールを供給。すると、ファーの槙野がドンピシャでヘディングシュートを放ったが、枠を左に外れた。 ▽神戸はここから徐々にディフェンスラインを上げて反撃を試みるが、その矢先に浦和がスコアを動かす。左サイドでボールを持った柏木のクロスが跳ね返されると、ボックス手前中央にボールがこぼれる。反応した青木が右足を振り抜くと、地を這うシュートがGKキム・スンギュの手を弾きネットを揺らした。 ▽前半中に追いつきたい神戸は、ポドルスキが低い位置まで降りてボールを捌きつつチャンスメイクを試みるが、落ち着いて対応する浦和のゴールを脅かすことはできず。31分には右サイドから藤田がロングスローを入れ長沢がボックス右深い位置からクロスを入れたものの、味方が合わせることはできずシュートに至らない。 ▽逆に、38分に浦和のカウンターが発動しボックス内左から柏木がシュートを放つなど、神戸にとって危うい時間が続く。 ▽すると42分、浦和の中盤で好パフォーマンスを発揮している柏木がエースの得点をお膳立てする。ボックス手前中央でボールを受けた柏木は、前を向くと左足を一振り。綺麗なバックスピンのかかったボールはボックス内でワンバウンドし、DF渡部の背後から飛び出した興梠が滑り込みつつ絶妙なタイミングで合わせ、リードを広げた。 ▽直後に前半が終了し、神戸は0-2のビハインドで残りの45分を迎えることに。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽後半に突入しても浦和が早々に神戸ゴールに迫る。53分、シュートのこぼれ球に対応したDF高橋がボックス右でボールコントロールをミスすると、チェックしていた武藤が奪取。そのまま角度がないところからループシュートを放ち、GKキム・スンギュの指先を掠めたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽ボールを持たされるという様な展開が続く神戸は、54分に長沢に代えて古橋を投入。フォーメーションを[4-3-3]に変更し巻き返しを図っていく。 ▽直後には浦和の攻撃の時間が続いたものの、神戸は63分にチャンスを迎える。左CKの場面でキッカーの藤田がニアに上げると、ウェリントンが高い打点のヘディングシュートを放つ。しかし、枠を捉えることができず点差を縮めることはできない。 ▽76分、浦和の攻撃がまたしても火を吹く。ボックス右でルーズボールを拾った柏木が市度の高いクロスを供給すると、ゴール前にフリーで構えていたのは長澤。頭で合わせ、スコアを4-0とした。長澤にとってはこれが今シーズン初ゴールとなっている。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、浦和はホームで連勝を飾った。吉田孝行前監督の後任にフアン・マヌエル・リージョ監督を招へいし、林健太郎アシスタントコーチが暫定指揮中の神戸は、手痛い4連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元浦和や札幌のエメルソンが今年いっぱいで現役引退

▽浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレで活躍したブラジル人FWエメルソン(39)が、12月に現役引退するようだ。ブラジル『globo』が報じている。 ▽ブラジルの名門・サンパウロ出身のエメルソンは2000年から2005年にかけて日本で活躍。札幌では2000年にJ2優勝、浦和では2003年にリーグカップ優勝を経験し、2004年にはJリーグ優秀選手賞と得点王を受賞。通算121得点を記録した。その後、カタールのアル・サッドや母国フルミネンセ、フラメンゴなどを転々とし2011年にコリンチャンスに加入。コリンチャンスでは2012年に日本で開催されたクラブ・ワールドカップでチェルシーを下し優勝を果たしている。 ▽さらにその後は、2度目のフラメンゴ移籍やポンチ・プレッタを経て、2018年にコリンチャンスに復帰。12月に40歳の誕生日を迎えるエメルソンは、今年いっぱいでの引退を決めたようだ。 ▽『globo』によれば、コリンチャンスはエメルソン引退に際し引退試合を行うことを決定。試合日は同選手の誕生日の翌日の12月7日。なお、その試合のチケット代は全てNGOや貧しい地域社会に寄付されるという。 2018.09.20 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤弾で浦和が4戦ぶり勝利! 痛恨敗戦の横浜FMはPO圏16位柏と勝ち点並ぶ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが、16日に日産スタジアムで行われ、2-1で浦和が勝利した。 ▽14位・横浜FM(勝ち点29)は、3-1で勝利した直近のYBCルヴァンカップ準々決勝ガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。松原、喜田に代えて、山中、そして日本代表帰りの天野を起用した。 ▽リーグ3試合未勝利の10位・浦和(勝ち点32)にとって、1-2で敗北した前節のセレッソ大阪戦以来2週間ぶりとなる公式戦。この試合に向けては、最後尾にGK西川、3バックに岩波、マウリシオ、槙野、中盤に橋岡、長澤、青木、宇賀神、2シャドーに武藤、マルティノス、最前線に興梠を起用した。 ▽サイドチェンジを繰り返して攻撃を組み立てる浦和が、9分にチャンスを迎える。右サイドの橋岡がクロスを供給すると、ボックス左の興梠が胸トラップで落としコンパクトにシュートを放つ。しかし、これはGK飯倉のファインセーブに阻まれた。 ▽その後、浦和がやや優勢に試合を進め横浜FMは思うように攻撃が構築できない。それでも18分右サイドを突破した仲川が低く速いクロスを入れると、ニアに飛び込んだ伊藤がボールを捉える。枠を外れたものの惜しいシーンを迎えた横浜FMは、ここから盛り返していく。 ▽続く20分、天野の相手陣内からのスルーパスに抜け出した仲川がボックス内で一対一を迎える。軍配はGK西川に挙がったものの、立て続けに浦和ゴールを脅かした。 ▽しかし、横浜FMが良い時間帯に得点を奪えずにいると、前半終了間際に痛いしっぺ返しを食らう。43分、ボックス手前左からの浦和ボールのFKの場面で、ボールがボックス手前中央の宇賀神にこぼれる。宇賀神が思い切りよく右足を振り抜くと、地を這うシュートがゴール右隅を射抜いた。 ▽前半は、横浜FMが1点のビハインドを背負ったところで終了。リードしている浦和は、ハーフタイム中にマルティノスに代えて荻原を投入し、守備面での改善を図って後半を迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽しかし、前からのプレス強度が下がった浦和は再び横浜FMにチャンスを作られ始める。53分に左CKからの流れで仲川がボックス内からボレーシュートを放てば、58分にもボックス手前でボールを受けた仲川のシュートが浦和ゴールを襲う。どちらもGK西川に阻まれたが、横浜FMがボールを持つ時間が長くなり始める。 ▽押し切りたい横浜FMは65分に大津に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。すると、この采配が的中する。69分、天野のスルーパスに抜け出した遠藤が、左サイドからボックス内中央に折り返す。1トラップしたウーゴ・ヴィエイラが細かいドリブルで対面のDFマウリシオの体勢を崩し、起用に応える得点を沈めた。この得点は、ウーゴ・ヴィエイラにとっての今シーズン10点目となっている。 ▽しかし、79分に浦和が横浜FMのハイライン戦術を逆手に取るようにして流れを引き戻す。センターサークル付近でボールを持った青木が、ロングフィードを供給。うまく抜け出してボックス内でGK飯倉との一対一を迎えた武藤が、ゴール右に流し込んで勝ち越し弾とした。また、この日誕生日の青木がバースデーアシストを記録した。 ▽もう一度スコアを振り出しに戻したい横浜FMは、試合終了間際にウーゴ・ビエイラがボックス手前中央から独力で抜け出してシュートを放つなど攻勢をかけたが、これ以上ネットを揺らすことはできず。2-1のスコアのまま試合が終了した。 ▽この結果、横浜FMは勝ち点26で15位・サガン鳥栖、そして入れ替えプレーオフ圏の16位・柏レイソルと並ぶ事態に。対する浦和は、4試合ぶりの白星で9位に浮上した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和FWファブリシオは全治7カ月…左ヒザ前十字じん帯損傷、内側半月板損傷

▽浦和レッズは14日、ブラジル人FWファブリシオが左ヒザ前十字じん帯損傷、内側半月板損傷と診断され、全治約7カ月と見込まれていることを発表した。 ▽発表によると、ファブリシオは1日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節セレッソ大阪戦で負傷。その試合には先発していたものの、開始早々の8分に左足を痛めて交代を強いられていた。 ▽なお、13日にポルトガルで手術を行ったことも伝えられている。 ▽今夏に浦和入りしたファブリシオは、ここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場してチーム2位の6得点を記録していた。現在、J1リーグ8勝8分け9敗の9位に位置している浦和にとって、痛い離脱となった。 2018.09.14 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「一人一人が色んな感情を持って…」日本代表DF槙野智章、国民への思い巡らす《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は10日、吹田市にあるパナソニック スタジアム吹田でトレーニングを行った。 ▽ロシア・ワールドカップメンバーでもある槙野智章(浦和レッズ)は、自分のような経験のある選手が、色々な感情を持ってプレーする必要があることを強調した。 ◆DF槙野智(浦和レッズ) ──待望の試合ですが 「一人一人が色んな感情を持ってピッチに立たないといけないと思ってます。もちろん若い選手たちはA代表デビューする選手もいるし、夢にまで見たピッチに立てるということを考えているかもしれないですが、経験ある選手としては、ワールドカップが終わって国民の皆さんが関心を持っている時だと思いますので、日本が次にどういう戦いをするかっていうところにすごく注目してますし、『台風や地震で被災した方に』という想いもあるので、いろんな考えと気持ちをもって明日プレーしなくてはいけない、より責任と覚悟を持ってプレーしたいです」 2018.09.10 20:50 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース