【超WS選定週間ベストイレブン/J1第7節】守護神&ドリブラーが長崎にゼイワン初勝利を呼び込む2018.04.12 14:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第7節の9試合が11日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK徳重健太(V・ファーレン長崎/初選出)
▽72分の金子翔太のシュートを右足でブロックした他、待望の瞬間を目前に緊張する試合終了間際のCKでも冷静な対応を見せ、ゼイワン初勝利に貢献。前節5失点の屈辱も見事に晴らした。

DF室屋成(FC東京/初選出)
▽力強いドリブルからOG誘発&ニアへの豪快弾。右サイド攻略で2016年11月以来のリーグ戦4連勝をもたらした。

DFファビオ(ガンバ大阪/初選出)
▽攻撃では右CKから巧みなヘディングで先制弾、守備では体を張り無失点。渇望した今シーズン初勝利の立役者となり、昨年から続いたリーグ未勝利記録の呪縛を解いた。

DF野上結貴(サンフレッチェ広島/初選出)
▽相棒と立ち位置が変わっても安定感は変わらず。強さを見せつけてチームを後方からサポート。

MFキム・ボギョン(柏レイソル/初選出)
▽完璧なトラップからニアサイドへ突き刺して移籍後初ゴール。2点目にも関与し、ACL敗退を含めて連敗中だった柏を明るく照らした。

MF柏木陽介(浦和レッズ/初選出)
▽高精度なボールを供給し、セットプレーから2アシスト。今シーズン初の連勝となる劇的勝利を演出。

MF福満隆貴(セレッソ大阪/初選出)
▽2012年から九州リーグでプレーしていた苦労人がJ1初ゴール。気合を感じさせるプレーで好守に奮闘し、川崎フロンターレの嫌な存在となった。

MF中村慶太(V・ファーレン長崎/初選出)
▽終盤交代時にピッチの外で倒れこんだシーンが全てを物語っている。ボール奪取から先制点の起点となり、前線からの守備も怠らなかったドリブラーがチームを楽に。ゼイワン初勝利の立役者。

FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/3回目)
▽鮮やかなカウンターから今シーズン初勝利を決定づけ、パナソニは狂喜乱舞。リーグ戦5ゴール目にしてようやく彼のゴールが報われた。

FWパトリック(サンフレッチェ広島/初選出)
▽好守を連発していたGK飯倉大樹から途中出場で2ゴールの大仕事。広島移籍後ホーム初得点&初の複数得点。

FW西村拓真(ベガルタ仙台/初選出)
▽キレの良さを披露し、チームを助ける2得点で2位浮上へ導いた。石原直樹の先制点の場面も西村のシュートからだった。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】ウェリントンが大暴れ!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が19日と20日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/初選出) ▽最後の砦としてFC東京攻撃陣を封殺。試合終盤のスーパーセーブは圧巻だった。 DF岡本拓也(湘南ベルマーレ/2回目) ▽試合を通じて気迫のこもったプレーを披露。自らのインターセプトが決勝弾に繋がる。 DF板倉滉(ベガルタ仙台/2回目) ▽セットプレーからゴールを奪い、守備でもソリッドな対応。攻守に光り輝いた。 DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ/初選出) ▽強い対人プレーと推進力を生かした縦突破が印象的。決勝点をお膳立てするなど躍動した。 MF関口訓充(ベガルタ仙台/初選出) ▽2得点を演出する活躍。キレキレなプレーを続け、チームの攻撃を形づくった。 MF山田康太(横浜F・マリノス/初選出) ▽ルーキーとは思えぬ存在感。攻守にわたり、アグレッシブな姿勢が際立った。 MFオスマル(セレッソ大阪/2回目) ▽山口との補完性抜群の中盤を形成。機を見た攻撃参加も迫力があり、相手を苦しめた。 MF高木俊幸(セレッソ大阪/初選出) ▽殊勲の2発。清武の負傷交代により、巡ってきたプレーチャンスを生かした。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/2回目) ▽眩いばかりの輝きを放つ。直接FKを含む2発をマークし、バンディエラぶりを発揮した。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/初選出) ▽個人技から2ゴール。松原との縦関係も良好であり、チームの攻撃を加速させた。 FWウェリントン(ヴィッセル神戸/初選出) ▽圧巻のパワフルプレー。2ゴール2アシストの全得点に絡む活躍で抜群の存在感を示した。 2018.05.21 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】広島の重戦車、無双止まらず!

▽明治安田生命J1リーグ第14節の8試合が12日と13日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK林彰洋(FC東京/初選出) ▽雨が降る悪天候を物ともせず、好セーブを披露。GKク・ソンユンと共に試合を締めた。 DFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/2回目) ▽タイトな守備と後方からのビルドアップ役として機能。申し分のない出来。 DF菅沼駿哉(ガンバ大阪/初選出) ▽巡ってきた先発機会でウーゴ・ヴィエイラを封殺。鋭いカバーリングで守備陣をリード。 DFチョン・スンヒョン(サガン鳥栖/初選出) ▽カバーリング、一対一、いずれも抜群の安定感。浦和攻撃陣を停滞させた。 MF飯尾竜太朗(V・ファーレン長崎/初選出) ▽驚異的な運動量でアップダウン。右サイドを活性化させた。 MF中原彰吾(V・ファーレン長崎/2回目) ▽中盤センターから攻撃陣をリード。攻守に存在感を高めた。 MF守田英正(川崎フロンターレ/初選出) ▽売りの守備力を生かしたボールハントが同点弾に直結。持ち味を存分に発揮した。 MF柏好文(サンフレッチェ広島/2回目) ▽得意の斬り崩しから逆転弾。自由な立ち回りでより相手の脅威に。 FW北川航也(清水エスパルス/初選出) ▽今季初の1試合2発。試合を重ねるごとにストライカーとしての完成度が高まる。 FWパトリック(サンフレッチェ広島/4回目) ▽今季3度目の1試合2発。自身の馬力がもはやチームの戦術に。 FW中村慶太(V・ファーレン長崎/2回目) ▽動き出しで違いを生み、殊勲の2発。ファンマとの関係性も上々。 2018.05.14 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第13節】FC東京のFK名手が多摩川クラシコで異彩を放つ!

▽明治安田生命J1リーグ第13節の9試合が5日と6日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK曽ヶ端準(鹿島アントラーズ/初選出) ▽味方が招いたピンチを身体で阻止。恩師の前で健在ぶりをアピールした。 DF蜂須賀孝治(ベガルタ仙台/初選出) ▽1点目をアシスト。さらに、PKを獲得したほか、3点目も起点に。 DFキム・ミンヒョク(サガン鳥栖/初選出) ▽魅力の空中戦や一対一の場面で存在感。綻びほぼなし。 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽出場停止明けの初戦で堂々プレー。要所で読みの鋭い守備を見せた。 DF太田宏介(FC東京/初選出) ▽精度抜群のFKから2ゴールを演出。キック精度だけでも異彩を放った。 MF深井一希(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽心臓部を担いつつ、技ありゴール。10戦無敗の立役者に。 MF田口泰士(ジュビロ磐田/3回目) ▽好調維持。攻守に効いたプレーぶりを見せ、中盤からゲームを支配した。 MF永木亮太(鹿島アントラーズ/初選出) ▽PK奪取。FKのキッカーとしてだけでなく、持ち前の守備力も発揮した。 FW永井謙佑(FC東京/2回目) ▽追い回しが相手の攻撃に対する抑止力に。その活躍ぶりは監督もMVPに挙げるほど。 FWパトリック(サンフレッチェ広島/3回目) ▽今節も健在。前線での起点となる動きと決定力で攻撃を形作った。 FW西村拓真(ベガルタ仙台/2回目) ▽勝負を決める2ゴール。さらに、先制点の起点になるなど躍動した。 2018.05.07 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第12節】北の大地の助っ人が途中出場で9戦無敗&逆転勝利を呼び込む

▽明治安田生命J1リーグ第12節の9試合が2日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK 林瑞輝(ガンバ大阪/2回目) ▽緊急出場を含め4試合中3度目のクリーンシート。序盤の仙台の猛攻を耐えしのぎ、ウノゼロ勝利を呼び込んだ DF 内田篤人(鹿島アントラーズ/2回目) ▽遠藤康との連携も良く、攻守にわたってらしさを披露。復帰後初となるアシストで鈴木優磨のゴールをお膳立て DF 遠藤航(浦和レッズ/初選出) ▽3バックの右で先発出場。川崎フロンターレの強力な攻撃陣に対し、マウリシオのカバーもしっかり行って無失点を呼び込んだ DF 野上結貴(サンフレッチェ広島/2回目) ▽守っては無失点、攻めてはポスト直撃のミドルシュートとチームの勝利に貢献 MF 遠藤康(鹿島アントラーズ/初選出) ▽右に左に顔を出し、中盤でゲームコントロール。サイドバックを上手く生かすプレーは健在。アシストはならずも決定機を作り出すパスも光った MF 倉田秋(ガンバ大阪/初選出) ▽2戦連発。相手にパスを繋がれるも、一瞬の隙を突いて、落ち着いて流し込んで試合を決めた MF 田口泰士(ジュビロ磐田/2回目) ▽献身的なフリーランが生んだ先制点、相手の隙を突いて決めたロングシュートと2ゴールで勝利に貢献した MF 柏好文(サンフレッチェ広島/初選出) ▽圧巻のスーパーゴール。左サイドからカットインし、右足で巻いたシュートはGKノーチャンス FW ジュリーニョ(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽途中出場ながらチームを敗戦から救う殊勲の2ゴール!逆転勝利に導きチームは9戦無敗に FW アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/初選出) ▽J1初先発で1アシストを記録。右肩を痛めての途中交代は残念だったが、豊富な運動量で最後まで川崎Fを苦しめさせた FW 興梠慎三(浦和レッズ/2回目) ▽かつての指揮官に初勝利をもたらす2ゴール。らしさを見せつけた2点目はさすが 2018.05.03 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第11節】トリコロールの技巧派レフティが俊輔彷彿の芸術FK弾!

▽明治安田生命J1リーグ第11節の9試合が28日から29日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK六反勇治(清水エスパルス/初選出) ▽好セーブ連発で1失点にまとめ上げる。勝利の立役者に。 DFミキッチ(サンフレッチェ広島/初選出) ▽アップダウンでサイドを管轄。さらに、好クロスで決勝点を演出。 DF水本裕貴(サンフレッチェ広島/2回目) ▽守備の要として踏ん張りの効いたプレーぶり。見事な対応が光った。 DFファン・ソッコ(清水エスパルス/初選出) ▽読みの鋭いカバーリングを披露。ボックス内を制圧した。 DF佐々木翔(サンフレッチェ広島/初選出) ▽今季2得点目。守備面においても集中力を切らさず。 MF米倉恒貴(ガンバ大阪/初選出) ▽右サイドハーフとして躍動。攻守に気迫溢れた。 MFマテウス(ガンバ大阪/初選出) ▽弾丸ミドルで来日初ゴール。ことごとくボールを奪い、中盤を支配。 MF大島僚太(川崎フロンターレ/2回目) ▽小林悠の決勝点をお膳立て。司令塔ぶりを存分に発揮した。 MF天野純(横浜F・マリノス/初選出) ▽中村俊輔ばりの直接FK弾含む3得点を演出。出色だった。 FW永井謙佑(FC東京/初選出) ▽3戦連発。アシストも記録するなど相手の脅威に。 FW鄭大世(清水エスパルス/初選出) ▽1得点1アシスト。ホームに13試ぶりの歓喜をもたらした。 2018.04.30 13:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース