スパーズがアピール成功! ストーク戦の2点目がエリクセンからケインに変更! 今季25点目でサラーと4点差に2018.04.12 01:56 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグは11日、7日に行われた第33節、ストーク・シティvsトッテナムでトッテナムが記録した2点目の得点者をMFクリスティアン・エリクセンからFWハリー・ケインに変更したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽トッテナムはストーク戦を2-1で勝利した。ただ、1-1のスコアで迎えた63分の得点シーンに関して得点者がエリクセンなのか、ケインなのかという論争が起きていた。敵陣左サイドでFKを獲得すると、エリクソンのインスウィングのクロスをケインが肩でわずかに触ってゴールに流し込んだ。当初、ケインのゴールと判定されたものの、後にボールに触れてないとしてエリクセンのゴールに訂正されていた。

▽同試合後、ケインは「あれは僕のゴールだった。僕の肩をかすめてゴールに入ったんだ」と主張。これに対してエリクセンは「彼が自分が得点を決めたように喜んでいたので、僕は彼の言葉をそのまま受け取った」と語っていた。

▽さらにマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「映像を確認する時間がなかったけれど、ハリーは自分の肩に触れていると言っていた。ただ、我々にとって一番重要なのは勝ち点3を獲得したことだ。ハリーまたはクリスティアンの得点であっても、私は満足している」と語っていた。

▽とはいえ、3年連続プレミアリーグ得点王を目指すケインにとっては、今季得点ランキングトップの29ゴールを記録している、リバプールFWモハメド・サラーとの得点差を縮めるためにも今回のゴールを自身のものとしたいところ。

▽そこで、クラブはケインをアシストするため、プレミアリーグ側に得点者変更をアピール。そして、リーグ側が再び当該映像を確認した結果、ケインの正当なゴールであることが認められ、今回の得点者変更が実現した。

▽なお、この得点者変更によってケインは今季のリーグ戦ゴール数を25点に伸ばし、サラーに4点差と迫っている。

コメント

関連ニュース

thumb

FA杯準決勝敗退に肩を落とすケイン「酷く失望したこの敗戦は尾を引くだろう」

トッテナムのハリー・ケインは、マンチェスター・ユナイテッドに敗れたことに肩を落とした。<br><br>21日にウェンブリーで行われたFAカップ準決勝でトッテナムはマンチェスター・ユナイテッドと対戦。11分にデレ・アリがトッテナムに先制点をもたらすも、アレクシス・サンチェス、アンデル・エレーラに得点を許して1-2で逆転負けを喫した。この敗戦はトッテナムにとってFAカップ準決勝8連敗となる。<br><br>リーグ戦ではモハメド・サラーに次ぐ26ゴールを挙げるも、この試合ではゴールに絡めなかったケインは「チームのみんなと同様にひどく失望している。今日は僕たちの日じゃなかった」と敗戦への落胆を語った。<br><br>「プレミアリーグの試合に向けて気持ちを入れ替えることが今僕たちにできることだ。まだ4試合残っていて、トップ4フィニッシュを確実にするためだけに戦いたい。この敗戦には傷ついたし、残りのシーズンにも尾を引くだろう」<br><br>「でも、僕たちは良いプレーができている。僕自身の調子も良く、直近の4試合で2点を奪っているから、ひどい状態ってわけでもない。でも時々ストライカーにはこのような時期が訪れる。ストライカーとしてゴールを奪ってチームの手助けをしたいのに、ビッグマッチではそれができていない」<br><br>また、この試合についてケインは「良いスタートを切れて、先制点も奪った。でも、つまらない形で失点を喫し、十分なチャンスを作れない中でさらに失点をしてしまった。その後も僕たちは彼らを崩すのに苦戦した。(チャンピオンズリーグの)ユべントス戦と同様な試合になってしまった。問題は2点目が取れないことだ」とコメントを残している。br><br>提供:goal.com 2018.04.22 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェス&エレーラ弾で逆転! スパーズ撃破のユナイテッドが2季ぶり決勝へ《FA杯》

▽FAカップ準決勝マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが21日、ウェンブリーで行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。この結果、ユナイテッドが決勝へ進出した。 ▽準々決勝ではブライトンを退け、優勝した2015-16シーズンぶりに準決勝に進出したユナイテッド。プレミアリーグでは自らの敗戦からライバル・マンチェスター・シティの優勝をアシストしてしまったが、2シーズンぶりのFAカップ制覇に向けて、GKにデ・ヘア、センターバックコンビはジョーンズとスモーリング、中盤にマタやポグバ、前線にはサンチェス、リンガード、ルカクを並べた。 ▽一方、2年連続での準決勝進出となったトッテナムはリーグ戦ここ2試合勝利無しと若干低調気味。今回の大一番には、GKにフォルム、ディフェンスラインにはD・サンチェスやトリッピアー、中盤の底はE・ダイアーとデンベレを並べ、前線ににはケイン。デレ・アリ、ソン・フンミンらをぶつけた。両チームにとって残りのリーグ戦に向けても調子を上げていきたい一戦だ。 ▽2番目の優勝回数を誇るユナイテッド(12回)と、それに次ぐトッテナム(8回)が激突。開始間もなく、ケインがファーストシュートを放ったトッテナムはその勢いのままユナイテッドのゴールを強襲。対してユナイテッドも縦への推進力を前面に出し、両チームともテンション高く試合に入った。 ▽すると10分、早くも試合が動く。最終ラインのD・サンチェスのロングボールで一気に右サイドを攻め込んだエリクセン。ディフェンスとGKの間にグラウンダーのクロスを入れると、トップスピードで飛び込んだデレ・アリがネットを揺らしてトッテナムが先制した。 ▽この失点からひとつギアを上げたユナイテッドは24分、敵陣右サイドでデンベレからボールを奪うと、奪ったポグバがすかさずクロスを供給。このクロスにディフェンスの背後から飛び込んだサンチェスが頭で決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽その後もチャンスを作った両者。前半アディショナルタイムにはE・ダイアーが左ポスト直撃のシュートを放つなど終始ゴールを匂わせる試合展開となった。 ▽迎えた後半、互角の攻防を見せるユナイテッドとトッテナムは、まずはアウェイチームがチャンスを得る。58分、敵陣中央のエリクセンから左のソン・フンミンにボールが渡ると、ソン・フンミンはこれをダイレクトでゴール前のケインへ。ケインはキックフェイントをひとつ入れてシュートに持ち込むが相手に当たり枠を外れてしまう。 ▽そんな中、次に試合を動かしたのはユナイテッドだった。62分、後方からのロングボールをルカクが潰れてサンチェスに繋げると、ボックス左からクロスを選択。グラウンダーのクロスをルカクが触ってコースを変えリンガードがややスルー気味に見送ると、ファーサイドのエレーラがダイレクトで蹴り込みユナイテッドに逆転弾をもたらした。 ▽その後68分にB・デイビスを下げてルーカス・モウラを投入したトッテナムは、73分にエリクセンが敵陣中央から強烈な左足のシュートを浴びせるが、わずかに枠の右に逸れる。 ▽試合も後半アディショナルタイムに入り、トッテナムはD・サンチェスを前線に上げるパワープレーを敢行。だが、その隙を突かれルカクにカウンターでゴール前まで運ばれるという危ないシーンも。 ▽最後はGKフォルムまでもが攻めあがる場面も見られたがゴールを奪うことはできずここで試合終了。逆転したユナイテッドが2-1で勝利し、2シーズンぶりの決勝進出を果たした。 2018.04.22 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルドー関係者、NL勢関心の逸材マウコムの今夏退団を認める

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)の今季限りでの退団が濃厚なようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ブラジル代表FWネイマールの後継者とも謳われているマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨シーズンはリーグ戦で7ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで30試合に出場し9ゴール6アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽そのマウコムに関してはアーセナルとトッテナムのノースロンドン勢に加え、バイエルン、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが獲得に興味を示している。 ▽この状況の中でボルドーの主要株主の1人であるニコラ・デ・タフェルノース氏がマウコムの今夏売却の可能性を認めた。 「我々のクラブにはクラブを去りたがっている主要なブラジル人プレーヤーがいる。そして、我々はクラブの利益のために彼を売却する準備をしている」 「我々が彼を獲得した大きな理由はクラブの利益を得るためだった。したがって、元々数シーズン以内で売るつもりだった」 ▽すでに英語のレッスンを行うなどプレミア移籍に関心を示しつつ、バイエルンとの個人合意も噂されるマウコムの新天地は果たしてどのクラブになるのか。 2018.04.21 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「ケインも2年以内に移籍するかもしれない」トッテナムOB、無冠が続くチームに警告

トッテナムOBグレアム・スーネス氏は、このままクラブの無冠が続けばFWハリー・ケインがチームを去ることになるだろうと『オムニスポーツ』に語った。<br><br>24歳のケインは、先日発表されたPFA(イングランドサッカー選手協会)年間ベストイレブンに選出。これで4年連続の選出となった。さらに得点王争いでも、トップのリヴァプールFWモハメド・サラーに4点差を付けられているものの、ここまで26ゴールと2位につけており、3年連続でのゴールデンブーツ獲得も射程圏内にある。<br><br>チームの大黒柱であるケインだが、スーネス氏は今後のチームの成績次第ではエースを失うことになると語った。<br><br>「変化があるだろう。ハリー・ケインは移籍し、他の何人かも去るだろう。もしかしたら、監督はクビになるかもしれない。これらは全て2年以内に起こる。ポチェッティーノは今のところ素晴らしい仕事をしていると見られているが、最終的にはタイトルを取れたかどうかで判断されるだろう」<br><br>古巣に厳しい意見を述べたスーネス氏だが、スパーズの見せている攻撃的なサッカーは観客を楽しませていると称賛した。<br><br>「リヴァプールと全く同じだ。素晴らしいフットボールを見せ、サポーターはそれを見るために毎週お金を払う。私は何試合かスカイ(イギリスのテレビ局)で解説を務めた。試合が始まる前は、みんな『素晴らしいゲームになろうだろう』と言っている。(マンチェスター・シティを含む)この3チームは、常に相手より1点でも多く取ろうとしている。それが見るものを楽しませている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、FA杯での激突前にモウリーニョをベタ褒め「未だ世界最高」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を最高の指揮官の1人と褒め称えた。<br><br>今シーズン、ユナイテッドはリーグ優勝には手が届かず、チャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャに不覚を取りベスト16で敗退。連覇を目指したカラバオ・カップでも早々に敗れるなど、タイトル獲得のチャンスはFAカップのみと、サポーターが決して満足できる成績ではない。<br><br>昨夏も今冬も大型補強に動いたにもかかわらず、ライバルであるマンチェスター・シティの独走を許してしまうなど。モウリーニョ監督へは非難の声も挙がっている。<br><br>それでも、ポチェッティーノ監督は、21日にFAカップ準決勝を前に、ポルトガル人指揮官の手腕に疑いの余地はないと語った。<br><br>「私にとって、ジョゼ・モウリーニョはいまだ世界最高の監督の1人だ。なので、改めて誰かに証明する必要はないと考えている。我々と同様に、彼らもCLからの敗退に失望しているだろうが、それでもユナイテッドは素晴らしいシーズンを送っていると思う」<br><br>「今、我々は似たような立場だが、彼らはプレミアリーグで多くのポイントを稼いでいる。トッテナムよりも優れているよ。私からすれば、彼はユナイテッドでの2シーズン目でファンタスティックな働きを見せているね」<br><br>そして、ユナイテッド戦に向けて「素晴らしいメンバーを揃えている彼らが相手だ。間違いなく難しい試合になる。もちろん、モウリーニョも勝利のために何が必要かを理解している監督だ。準決勝は面白い試合になるだろう」とコメントを残している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 17:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース