武田修宏氏、監督解任は「3年前から言っていた」、土田晃之氏は解任の決断に「先進国に近づいた」 2018.04.11 22:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽11日、株式会社タカラトミーが本格的なサッカー対戦ができる、次世代RCサッカーロボット「サッカーボーグ」の発表会を開催。元日本代表FW武田修宏氏とサッカー好きタレントとして知られる土田晃之氏が出席した。イベント終了後、武田氏と土田氏が記者団の取材に応じた。

▽かつて日本代表として活躍した武田氏は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任について「僕は3年前から言っていました。監督が悪いというわけではなく、僕が考える日本サッカーのスタイルには合わないのかなと」と自身の見解を述べ、「ワールドカップ2カ月前なので、選手が頑張る。槙野(智章)選手にはLINEしましたし、長谷部(誠)選手のインタビューも見ましたが、やるのは選手なので僕は彼らに期待したいです」とピッチで戦う選手たちに期待を寄せていた。

▽また、「誰がメンバーに選ばれるかも選手にとっては4年に1度、サッカー選手にとっては1回か2回しか無いチャンスなので、選手には頑張ってもらいたいです。監督も変わったので、悔いの無いようにしてもらいたいです」と語り、選手たちにエールを送った。

▽サッカー好きでも知られる土田氏は監督解任について「僕も全然OKです。この間のヨーロッパ遠征も、これならクビでしょと思っていました」と今回の決定に賛成であるとコメント。さらに「今回の行動は、凄く評価しているというか、日本サッカー協会も一歩先進国に近づいたかなと。これまでは、ここまでギリギリだと、今から代えたらドタバタしちゃうとか、結果出さないとというのがあったと思います。この間の試合を観ていても、これじゃダメでしょというのがみんなあったと思いますね。田嶋(幸三会長)さんはよく決断したなと思います」と語り、日本サッカー協会の決断を支持した。

▽さらに、後任となった西野朗監督については「西野さんは日本人なのでコミュニケーションが取りやすいですし、そろそろ日本人監督がいいなとは思っていたので」と語り、日本人監督を望んでいたことを明かし、「そのうちワールドカップを経験した人が、日本代表監督になるのを楽しみにしています」と、将来の日本代表監督への期待も口にした。

▽武田氏は、「同じ93年のドーハの悲劇の世代の森保(一 U-21日本代表監督)さんとかね。ワールドカップにはぜひサッカーボーグを持って行って欲しいですね」と語り、大会中のレクリエーションの1つとして「サッカーボーグ」を推奨。土田氏「こればっかりやって「サッカーボーグ」が上手くなりましたって帰ってきたらぶっ飛ばします」と語り、やり過ぎを注意していた。

▽西野新監督の印象について武田氏は「アトランタオリンピックには出ましたし、ガンバ大阪ではアジアチャンピオンになりました。決して攻撃的というよりは、しっかりと守って、外国人FWが点を取ったり、カウンターで点を取るスタイルです」とこれまでのスタイルを語り、「ただ、ヨーロッパで活躍する選手が多いので、どうやってコントロールするかが難しいと思います。監督というよりは、長谷部キャプテンを中心に、本田選手とか岡崎選手などのワールドカップ経験者がチームを作ることが大事だと思います」と、選手が中心となって戦うことが重要だと見解を述べた。

▽さらに、「岡田監督の時もやってきたサッカーが勝てなくて、直前でやり方を変えましたし、トルシエさんの時も3バックのメンバーを変えました。西野さんに期待しています」と、残り2カ月で指揮を任された西野監督にもエールを送った。また、「今回よりも先のワールドカップ、長い目で見たら、日本のサッカーをどうするかが重要だと思うので、将来のことを考えたら良い決断だったかなと思います」と、この時期の決断も問題がないとコメントしている。

▽土田氏はこのタイミングでの解任については、「全然悲観していません。済んだことは仕方ないです。この間のヨーロッパ遠征の2試合があったので、その前でも良かったと思いますが、そんなことを言っても仕方ないです」と、過去のことを悔やんでも仕方がないとコメント。また、「選手や監督、協会がもめる時間もなく、全てがめまぐるしいと思います。ワールドカップは選手のものだと思うので、みんながどうしたらいいのかと。今やるべきことをやるべきだと思います」と、前を向いて本大会に臨むことが必要だと語った。

▽サッカースタイルについては「守るサッカーでも良いと思います。どんなに良いサッカーをしても結果がないと意味がないと思います。南アフリカ大会の時も守って色々言われましたが、結果を出しましたから。誰も、前回のブラジル大会を振り返る人はいないでしょ。ザッケローニがパスを回す良いサッカーをしたかもしれないけど、結果が出ないと。勝てばサッカーが盛り上がるし、サッカーファンじゃない人も盛り上がって、Jリーグも見るようになると思います。そうなれば文化として根付くと思います」と語り、ロシア・ワールドカップで結果を残すことの重要性を口にした。

▽また、ハリルホジッチ監督の解任の理由ともされているコミュニケーションについて、武田氏が自身の見解をコメント。「言葉は大事です。外国人監督は契約を変えやすいというのはありますが、通訳が入ると伝わり方が全然違います。言葉が通じることは大事だと思います。日本人監督になると言葉が通じすぎて、良い所も悪い所もあります。僕は長谷部くんに期待します」と語り、言葉が通じることに良し悪しがありながらも、監督交代がプラスに働くと考えているようだった。

▽最後に、ワールドカップで期待することについて土田氏は「グループリーグ突破。決勝トーナメント1回は勝ちたいです。(ベスト8が)見たいです」とコメント。武田氏も「サッカー界にとって、ワールドカップのグループリーグを突破するかどうかは大きいです。サッカーに絶対はないので、結果を出して、日本人の良さ、粘り強く我慢強く、チャンスをものにする。女子もワールドカップで優勝していますし、ぜひ決勝トーナメントに行って、日本中のみなさんにサッカー凄いな、面白いなと思って欲しいです」と語り、ベスト16以上の結果を残してもらいたいと期待を語った。

コメント

関連ニュース

thumb

次期日本代表監督筆頭にヴェンゲル 英紙報道

▽イギリス『デイリー・メール』は、アーセン・ヴェンゲル氏(68)が日本代表監督に就任する可能性を報じた。 ▽かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたことで知られるヴェンゲル氏は、2017-18シーズンを最後に22年間指揮を執ったアーセナルを退団。今後も指導者業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。 ▽東京五輪世代を率いる森保一監督にA代表監督のポストを託す可能性が囁かれる日本サッカー協会(JFA)だが、『デイリー・メール』によれば、ヴェンゲル氏を次期同国代表監督の筆頭に挙げ、長期の指揮を視野に招へいに動いている模様だ。 ▽伝えられるところによると、ヴェンゲル氏は代表ではなく、クラブを率いることを希望している様子。しかし、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着が代表監督就任に突き動かす可能性があるという。 2018.07.20 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【超WSTV】今夜21時から豪華ゲストを招いて『ロシアW杯総括番組』をライブ配信!

▽『超ワールドサッカーTV』では、19日(木)21時から「超WSTV討論会」として、ロシア・ワールドカップを振り返る番組をライブ配信する。 ▽フランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップ。日本代表のベスト16進出や、ドイツ代表のグループステージ敗退といった、様々なサプライズが起きた大会でもあった。 ▽今回は、ワールドカップ期間中に『超ワールドサッカーTV』の裏実況にご出演いただいたゲストの方を迎え、ワールドカップを振り返ると共に、4年後の日本代表についても語っていきたいと思います!なんと、4年後のスタメン予想までしちゃいますよ! ▽是非、『超ワールドサッカーTV』のライブ配信をお楽しみください!! 【出演者】 安永聡太郎さん ベン・メイブリーさん 野村明弘さん 磯佳奈江さん(NMB48) MC(超ワールドサッカー編集部・菅野剛史) 【配信先】 ・Youtube『超ワールドサッカーTV』 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/hZ90WJvbuFE?controls=0&amp;ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> ・Twitter『超ワールドサッカー』 https://twitter.com/ultrasoccer 2018.07.19 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑とウィル・スミスが強力タッグ!ベンチャーファンドを設立…投資を始めた経緯とは?

ロシアW杯に日本代表として出場した本田圭佑のマネジメントを行うHONDA ESTILO 株式会社や、サッカースクール、スポーツ施設の管理・運営を行うSOLTILO株式会社を子会社に持つKSK Group株式会社は18日、アメリカ出身で俳優やプロデューサー業を務めるウィル・スミス氏と共に、ベンチャーファンド「Dreamers Fund」を設立したことを18日に発表した。<br><br>今回のベンチャーファンド設立には、アンカー投資家(=主要投資家)として、日本の経済界大手である野村ホールディングスを迎えることが決定。今後は1億ドル(約110億円)を集めることを目標とし、日本企業の参入が難しいとされているアメリカのアーリーステージ(起業後おおむね2~3年目までの時期)のベンチャー投資を行う予定のようだ。<br><br>■本田が痛感した投資の難しい現実発表によると、現在、世界を代表する有力ベンチャー企業は、アメリカのシリコンバレーを中心に存在しており、これまで、多くの日本企業が海外進出を果たし、コーポレートベンチャーキャピタルの設立や直接投資を行ってきているが、会社設立から間もないアーリーステージで有力ベンチャー企業に投資することは非常に難しい現実があるという。<br><br>本田自身も、2016年に設立した「KSK Angel Fund」での投資経験を通じてこの事実を痛感し、課題を感じており、そこで有力ベンチャーへのネットワークを持つスミス氏と出会ったことで『Dreamers Fund』の共同設立を提案したようだ。<br><br>『Dreamers Fund』は、Uber、Space X、Spotifyといったアメリカの有力ベンチャー企業への投資実績のあるチームで構成され、このような課題を解決することを目的としている。また、単なるベンチャー企業への投資だけでなく、日米双方の強固なネットワークを活用し、日本企業への情報収集は勿論、企業同士の引き合わせやサポートを積極的に行い、高い付加価値を提供していく。<br><br>■「次はサッカーではなく、世界の経済について考えるようになった」本田が投資活動を始めるにあたった経緯として「次はサッカーではなく、世界の経済について考えるようになりました。今の自分に出来ることは何か?そこで出した答えがエンジェル投資でした。同じような想いとビジョンを持った起業家に投資をすることで、5年後、10年後に世界で雇用を創出し、生活に必要なあらゆるモノが安価で手に入る世の中が来れば、今よりも随分とマシな世界になり、子ども達も好きなサッカーをやれるようになるだろう。と考えるようになりました。これがエンジェル投資を始めることになった理由です」と説明。<br><br>さらに、今回のベンチャーファンド設立にあたり以下のようにコメントしている。<br><br>「今回の挑戦は、ドリーマーズ・ファンドを通じてアメリカや日本、そして世界中の人々の生活を良い方向に変えていきたいと思っています。そんなやり甲斐のある挑戦をウィルと取り組めることが本当に楽しみです。彼は平等な社会を創ることに情熱的で、僕はそんな彼を心から尊敬しています。あらゆる困難な問題に立ち向かう起業家と共に歩んで乗り越えていけるファンドを目指していきます」<br><br>また、本田と共に設立に関わっているスミス氏は「ケイスケとドリーマーズ・ファンドで一緒にパートナーを組めることにとてもワクワクしている。僕とケイスケは、僕らのカルチャーを良い方向に導いてくれる、イノベイティブで、先進的な会社を探すことに関して同じ考え方を持っているから、お互いすぐに打ち解けることができた。ドリーマーズ・ファンドで、同じような明確なビジョンをもつ日本の仲間と一緒に仕事をするのは素晴らしい経験だし、まだこれは始まりに過ぎない」と喜びのコメントを残した。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.18 17:59 Wed
twitterfacebook
thumb

伊メディアがロシアW杯を採点「日本は大会のサプライズ。勇気と組織力に及第点」

15日にロシア・ワールドカップが閉幕し、イタリアメディア『ユーロスポーツ』は16日、特集を組み、大会で主役を演じたチームや監督、選手について採点をつけた。日本は及第点の評価を得ている。<br><br>ロシアW杯はフランスの優勝に終わったが、イタリアメディアは今大会を振り返り、今大会で印象に残ったチームや選手、監督に評価を下し、「予測不能で驚かされ、引き込まれるW杯」だったと総評を加えている。<br><br>下馬評を覆し、16強に進出した日本については、「ロシア、スウェーデン、日本の勇気と組織力に6点」との見出しで及第点の評価が与えられている。「日本はラウンド16において、最後までベルギーと熱狂的な試合をして、敗れた」と紹介。準々決勝に進出した開催国ロシアやスウェーデンとともに、「開幕前は注目されておらず、2018年W杯のサプライズとなった3チームだ」と続けた。「3カ国ともに非常に満足できる結果となった」と振り返った。<br><br>一方、グループリーグで敗退となった前回ブラジル大会王者のドイツは「1」の評価となったほか、辛くもラウンド16へ進出したがフランスに敗れたアルゼンチンの指揮官ホルヘ・サンパオリには「0」の最低評価が下された。アルゼンチン代表監督には辛らつな言葉が並ぶ。<br><br>「&ldquo;魔人&rdquo;ホルヘ・サンパオリには0点。(パウロ)ディバラや(ゴンサロ)イグアイン、ましてや(セルヒオ)アグエロよりも、(クリスティアン)パボン、(エンツォ)ペレス、(マクシミリアーノ)メサのような選手を好むとはご乱心だ。W杯でのアルゼンチンの悲惨な結果の真の最大責任者はリオネル・メッシではなく、ホルヘ・サンパオリだ」<br><br>なお「2」の低評価がつけられたGK勢だが、フェルナンド・ムスレラ(ウルグアイ)やウーゴ・ロリス(フランス)、ウィリー・カバジェロ(アルゼンチン)、ダビド・デ・ヘア(スペイン)の名前が挙げられており、日本の川島永嗣の名前はない。だが「おそらくロシアW杯で汚点がなかったのは、(ジョーダン)ピックフォードと(ティボー)クルトゥワだけだ」とし、今大会におけるGKの活躍の物足りなさを指摘した。<br><br>&nbsp;<br><br>以下、『ユーロスポーツ』によるW杯採点(10点満点)。<br><br>&nbsp;<br><br>10点:キリアン・ムバッペ(フランス)<br><br>9点:クロアチア<br><br>8点:オスカル・タバレス監督(ウルグアイ)<br><br>7点:ベルギー、イングランド<br><br>6点:日本、ロシア、スウェーデン<br><br>5点:スペイン<br><br>4点:アフリカ諸国<br><br>3点:ネイマール(ブラジル)<br><br>2点:GK勢<br><br>1点:ドイツ<br><br>0点:ホルヘ・サンパオリ<br><br>提供:goal.com 2018.07.18 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

世界に通用!日本代表DF槙野智章がイタリア『GQ』のW杯髪型特集5人に選出

▽ファッション誌『GQ イタリア』が、ロシア・ワールドカップを特集。ベストヘアカットを選ぶ中、日本代表DF槙野智章が選出された。 ▽『GQ』が選出したのは、槙野のほか、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークやスイス代表MFヴァロン・ベーラミ、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、アイスランド代表MFルリク・ギスラソンを選出。W杯出場選手の5名に槙野が入ることとなった。 ▽槙野の髪型は、「MAD MEN(マッドメン)」と紹介され、同名の1960年代のニューヨークの広告業界を描いたアメリカのテレビドラマシリーズになぞらえたもの。「明確なビンテージのヘアスタイルで、高校の卒業アルバムのようだ」と紹介されている。 ▽さらに、「我々はこの見た目を好ましく思っている。なぜなら、このエレガントな東洋のディフェンダーの多くの同僚が選ぶヘアスタイルの平均から離れているからだ」と評価されている。 ▽その他、ロフタス=チークは「整った顔に短い髪、手入れされたひげは好青年」、ベーラミは「90年代に愛され流行ったもの」、ジルーは「男らしさ溢れる髪型」、ギスラソンは「ベッカムを想起されるものだった」と評価されている。 ▽試合出場はポーランド代表戦の1試合に留まった槙野だが、ヘディングしても崩れないこだわりの髪型は世界にインパクトを与えたようだ。 2018.07.17 21:48 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース