武田修宏氏、監督解任は「3年前から言っていた」、土田晃之氏は解任の決断に「先進国に近づいた」 2018.04.11 22:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽11日、株式会社タカラトミーが本格的なサッカー対戦ができる、次世代RCサッカーロボット「サッカーボーグ」の発表会を開催。元日本代表FW武田修宏氏とサッカー好きタレントとして知られる土田晃之氏が出席した。イベント終了後、武田氏と土田氏が記者団の取材に応じた。

▽かつて日本代表として活躍した武田氏は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任について「僕は3年前から言っていました。監督が悪いというわけではなく、僕が考える日本サッカーのスタイルには合わないのかなと」と自身の見解を述べ、「ワールドカップ2カ月前なので、選手が頑張る。槙野(智章)選手にはLINEしましたし、長谷部(誠)選手のインタビューも見ましたが、やるのは選手なので僕は彼らに期待したいです」とピッチで戦う選手たちに期待を寄せていた。

▽また、「誰がメンバーに選ばれるかも選手にとっては4年に1度、サッカー選手にとっては1回か2回しか無いチャンスなので、選手には頑張ってもらいたいです。監督も変わったので、悔いの無いようにしてもらいたいです」と語り、選手たちにエールを送った。

▽サッカー好きでも知られる土田氏は監督解任について「僕も全然OKです。この間のヨーロッパ遠征も、これならクビでしょと思っていました」と今回の決定に賛成であるとコメント。さらに「今回の行動は、凄く評価しているというか、日本サッカー協会も一歩先進国に近づいたかなと。これまでは、ここまでギリギリだと、今から代えたらドタバタしちゃうとか、結果出さないとというのがあったと思います。この間の試合を観ていても、これじゃダメでしょというのがみんなあったと思いますね。田嶋(幸三会長)さんはよく決断したなと思います」と語り、日本サッカー協会の決断を支持した。

▽さらに、後任となった西野朗監督については「西野さんは日本人なのでコミュニケーションが取りやすいですし、そろそろ日本人監督がいいなとは思っていたので」と語り、日本人監督を望んでいたことを明かし、「そのうちワールドカップを経験した人が、日本代表監督になるのを楽しみにしています」と、将来の日本代表監督への期待も口にした。

▽武田氏は、「同じ93年のドーハの悲劇の世代の森保(一 U-21日本代表監督)さんとかね。ワールドカップにはぜひサッカーボーグを持って行って欲しいですね」と語り、大会中のレクリエーションの1つとして「サッカーボーグ」を推奨。土田氏「こればっかりやって「サッカーボーグ」が上手くなりましたって帰ってきたらぶっ飛ばします」と語り、やり過ぎを注意していた。

▽西野新監督の印象について武田氏は「アトランタオリンピックには出ましたし、ガンバ大阪ではアジアチャンピオンになりました。決して攻撃的というよりは、しっかりと守って、外国人FWが点を取ったり、カウンターで点を取るスタイルです」とこれまでのスタイルを語り、「ただ、ヨーロッパで活躍する選手が多いので、どうやってコントロールするかが難しいと思います。監督というよりは、長谷部キャプテンを中心に、本田選手とか岡崎選手などのワールドカップ経験者がチームを作ることが大事だと思います」と、選手が中心となって戦うことが重要だと見解を述べた。

▽さらに、「岡田監督の時もやってきたサッカーが勝てなくて、直前でやり方を変えましたし、トルシエさんの時も3バックのメンバーを変えました。西野さんに期待しています」と、残り2カ月で指揮を任された西野監督にもエールを送った。また、「今回よりも先のワールドカップ、長い目で見たら、日本のサッカーをどうするかが重要だと思うので、将来のことを考えたら良い決断だったかなと思います」と、この時期の決断も問題がないとコメントしている。

▽土田氏はこのタイミングでの解任については、「全然悲観していません。済んだことは仕方ないです。この間のヨーロッパ遠征の2試合があったので、その前でも良かったと思いますが、そんなことを言っても仕方ないです」と、過去のことを悔やんでも仕方がないとコメント。また、「選手や監督、協会がもめる時間もなく、全てがめまぐるしいと思います。ワールドカップは選手のものだと思うので、みんながどうしたらいいのかと。今やるべきことをやるべきだと思います」と、前を向いて本大会に臨むことが必要だと語った。

▽サッカースタイルについては「守るサッカーでも良いと思います。どんなに良いサッカーをしても結果がないと意味がないと思います。南アフリカ大会の時も守って色々言われましたが、結果を出しましたから。誰も、前回のブラジル大会を振り返る人はいないでしょ。ザッケローニがパスを回す良いサッカーをしたかもしれないけど、結果が出ないと。勝てばサッカーが盛り上がるし、サッカーファンじゃない人も盛り上がって、Jリーグも見るようになると思います。そうなれば文化として根付くと思います」と語り、ロシア・ワールドカップで結果を残すことの重要性を口にした。

▽また、ハリルホジッチ監督の解任の理由ともされているコミュニケーションについて、武田氏が自身の見解をコメント。「言葉は大事です。外国人監督は契約を変えやすいというのはありますが、通訳が入ると伝わり方が全然違います。言葉が通じることは大事だと思います。日本人監督になると言葉が通じすぎて、良い所も悪い所もあります。僕は長谷部くんに期待します」と語り、言葉が通じることに良し悪しがありながらも、監督交代がプラスに働くと考えているようだった。

▽最後に、ワールドカップで期待することについて土田氏は「グループリーグ突破。決勝トーナメント1回は勝ちたいです。(ベスト8が)見たいです」とコメント。武田氏も「サッカー界にとって、ワールドカップのグループリーグを突破するかどうかは大きいです。サッカーに絶対はないので、結果を出して、日本人の良さ、粘り強く我慢強く、チャンスをものにする。女子もワールドカップで優勝していますし、ぜひ決勝トーナメントに行って、日本中のみなさんにサッカー凄いな、面白いなと思って欲しいです」と語り、ベスト16以上の結果を残してもらいたいと期待を語った。
コメント
関連ニュース
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今後の成長の糧に! DF畠中槙之輔「どれだけ良いものをチームに持って帰れるか」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 初の選出となっている横浜F・マリノスDF畠中槙之輔は、2日目にして徐々に代表に馴染み始めているようだ。また、今回の代表活動を成長の糧とすることを志している。 ◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ──代表の雰囲気には馴染めたか 「2日目ですけど、だいぶ色々な選手と話が出来てます」 ──宿舎での生活はどうか 「宿舎は一人部屋なので、自分の時間が多いです。安西幸輝とかと色々な話をしてます」 ──東京ヴェルディの下部組織出身が多いが 「いえ、ヴェルディユースとは言っても結構前の話なので、久々に会う(中島)翔哉君とかは…。(小林)祐希君に関しては、そんなに今まで深く関わったことが無かったので緊張していましたが、凄く話しやすくて心強いです」 ──今シーズン含め代表合宿に参加するまでを振り返って思う所はあるか 「この代表活動でどれだけ良いものをチームに持って帰れるか。チームのレベルもこれから上がっていくと思うので、しっかり責任を持ってやっていきたいと思います」 ──初招集のタイミングについて 「自分が思ったよりも正直早かったですし、このタイミングで呼ばれたことは凄く嬉しかったです。ここまでの努力が間違っていなかったということだと思うので、吸収出来る所は吸収して、やりたいと思います」 2019.03.19 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

代表初招集の安西幸輝、「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピール!《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先の鹿島アントラーズで攻撃的な左サイドバックとして存在感を際立たせ、初のA代表入りを果たしたDF安西幸輝。トレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表定着に向けて持ち味の「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピールすることを誓った。 ◆安西幸輝(鹿島アントラーズ) ──レギュラー争いに入っていくためには? 「自分の特長はやっぱり攻撃。アグレッシブにやるところだと思っています。そこを全面に出していきたいです。正直、経験はないけど、その分、フレッシュさはあるので、まずは試合に出て結果を出すことが大事になってくると思っています」 ──森保ジャパンにおける左サイドバックに求められるプレーの印象とは 「コンパクトな陣形からどんどん飛び出していくサッカーという印象。中盤(2列目)の3人がどんどん前に行くので、それを追い越す動きが求められてくるのかなと思っています」 ──気持ちの高ぶりは? 「サッカーのうまい人たちとやるなかで、『試合に出て、活躍したい』という気持ちがあります。あまり興奮し過ぎると、プレーもうまくいかなくなるので、冷静な気持ちでやっていきたいです」 ──代表選手の実感は? 「あまりないですね。顔なじみがいっぱいいるので。やっぱり香川(真司)さんや乾(貴士)さんとか、一緒にプレーしたことのない選手の高いクオリティにビックリしました」 「あれが『基準』だということは誰しもがわかっていると思うので、そういうところに負けないように、やっていきたいです」 2019.03.19 20:03 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が初代表へ! 自分らしさで勝負《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先のシント=トロイデンでチームトップタイのリーグ戦12ゴールを挙げ、満を持して代表初招集のFW鎌田大地。合流初日のトレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表不参加のブレーメンに所属するFW大迫勇也の代役としてでなく、“己の特長”で勝負することを誓った。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ──ベルギーで前線を務めることで1トップとしてプレーする感覚は掴めているのでは? 「向こうでプレーするようになって、ボールを受ける前の動きや、身体の入れ方は日本にいた頃よりできるようになったと思います」 ──大迫勇也のプレーを観て参考にする部分は? 「『大迫選手みたいになれ』と言われても、絶対になれないです。自分はまた全然違う(タイプ)だと思っていますし、正直、やってみないとわからないという部分の方が強いです」 ──南野拓実とプレーした場合、2トップ気味になってみたり、新たな形ができそうだが 「日本の選手は本当にうまい。細かくパスを回したりできる選手も多いので、チームでやるよりやりやすいと思っています」 ──合流してみて感想は 「初めてリオ世代の代表合宿に行くときより、気持ち的に全然楽でした。リオ世代の選手が多く、元々知っている選手もいたので」 ──冨安健洋から何か情報は 「特に何もないです。部屋に起こしに来るぐらいですね」 2019.03.19 20:02 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース