GKヴァイデンフェラー、現役引退後もドルトムント残留を示唆「それは決まっていたこと」2018.04.11 19:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今季限りでの現役引退を発表しているドルトムントの元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーだが、引退後もフロントとして同クラブに残るようだ。ドイツ『キッカー』がイギリス『スカイ』でのインタビューを引用して伝えている。

▽カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦452試合に出場している。

▽しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。今シーズンはここまで公式戦2試合の出場にとどまっている。

▽昨年10月に今季限りでの現役引退を発表だが、ヴァイデンフェラーはスカイのインタビューで「クラブにとどまるよ。それは決まっていたことなんだよ」とコメント。

▽また、クラブでの役割について問われると「まだ分からないな。きっと、コーチではなく裏方になると思うよ。ただクラブから信頼されているということが、僕には重要なんだ」と、明かしている。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司、ドルトムントから今夏の退団も? クラブが中盤の刷新を計画中と現地報道

ドルトムントは日本代表MF香川真司の放出を考えているかもしれない。ドイツ『シュポルトバザー』が伝えている。<br><br>今シーズンからルシアン・ファブレ監督が率いるドルトムントは今夏の移籍市場でGKマルビン・ヒッツやDFアブドゥ・ディアロ、アクラフ・ハキミやMFトーマス・ディレイニー、FWマリウス・ヴォルフらと複数のレギュラークラスの選手を獲得。一方で、DFソクラティス・パパスタソプーロスやエリック・ドゥルム、MFゴンサロ・カストロやFWアンドリー・ヤルモレンコなどを手放し、戦力整理も進めている。<br><br>そんな中、さらにセンターFWの補強が急務となっているドルトムントだが、報道によるとファーヴル新監督はクラブ幹部にボローニャに所属するチリ代表MFエリック・プルガルを獲得することを要請したという。だが、新たなセントラルMFを加えた場合、すでに飽和状態となりつつある中盤の人員を減らす必要性が生じてくるとのことだ。<br><br>ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はファブレ新監督の入団会見で先日、「我々は全員、より小さなスクワッドを望ましいと考える」と言及。『シュポルトバザー』では、MFでの最有力の放出候補はセバスティアン・ローデだと伝えられているが、「オファー次第では長い間貢献してきたBVBのスターたち、ヌリ・シャヒンやシンジ・カガワも&ldquo;非売品&ldquo;と見られなくなるだろう」との見解が述べられている。<br><br>今オフにはトルコメディアでガラタサライからの興味が伝えられた香川だが、ドルトムントとの契約は2020年まで。それを全うせずに日本代表の背番号10は今夏中に新天地に向かうことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マンジュキッチへのドルトムントのオファーを拒否

▽ドルトムントは、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)の獲得に向け所属先のユベントスへオファーを提示したが、同クラブがこれを拒否したようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、新たなストライカーを求めるドルトムントもマンジュキッチに興味を示しており、すでに正式なオファーを提示した模様だ。 ▽しかし今回の報道によれば、ユベントスはマンジュキッチの放出を容認しておらず、ドルトムントからのオファーを拒否したようだ。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.07.16 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールドがドルトムントからワーグナー監督の愛弟子である元ドイツ代表DFドゥルムを獲得!

▽ハダースフィールドは13日、ドルトムントから元ドイツ代表DFエリック・ドゥルム(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「37」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなるが、クラブ側が翌シーズンの契約延長オプションを保持する。 ▽マインツ、ドルトムントのセカンドチームでのプレーを経て2013年にドルトムントでトップチームデビューを飾ったドゥルムは、左右のサイドバックやウイングバックを主戦場にトップチーム在籍5年間で公式戦97試合に出場。だが、昨シーズンは度重なる負傷の影響で公式戦の出場はなかった。 ▽また、ドイツ代表では通算7キャップも2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていたため、W杯優勝メンバーの1人である。 ▽なお、ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はドルトムントのセカンドチームを率いていた時代にドゥルムを指導し、当時ストライカーだった同選手をサイドバックにコンバートさせた恩師だ。 2018.07.14 06:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ベティスDFバルトラ、乾貴士を歓迎! 元同僚・香川真司に「心配いらないよ」

▽ベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラが、日本代表MF乾貴士(30)の加入を歓迎している。 ▽6月にベティス移籍が決定していた乾は、今月12日に在日スペイン大使館で入団会見を実施。来シーズンに向けての抱負を語り、着用が決定した背番号「14」のユニフォーム姿を披露した。 ▽入団会見終了後、乾貴士はツイッター(@takashi73784537)を更新。それをチームメイトになるバルトラ(@MarcBartra)が引用リツイートをして歓迎した。また、バルトラのドルトムント時代の同僚である日本代表MF香川真司にもメッセージを送っている。※絵文字省略 ◆乾貴士 「入団会見してきましたー!! 大勢の方に来て頂きました!! ありがとうございましたー!! 背番号は14番です よーし、頑張ろう!!!」 ◆マルク・バルトラ 「言っていることはわからないけど、ようこそクラック! シンジ(香川真司)心配いらないよ。僕が彼の面倒を見るからね」 2018.07.12 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーのモロッコ代表SBアクラフ・ハキミがドルトムントに2年間レンタル

▽ドルトムントは11日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(19)を、2020年6月30日までの2年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2006年にレアル・マドリーの下部組織に入団した右サイドバックを主戦場とするアクラフ・ハキミは、2016年7月にプレシーズンマッチでトップチームデビュー。昨季はダニーロのマンチェスター・シティ移籍に伴いトップチームに昇格すると、カルバハルの負傷離脱を受け、2017年10月に行われたリーガエスパニョーラ第7節のエスパニョール戦でリーガデビュー。公式戦17試合に出場し2ゴールを記録していた。また、モロッコ代表としてもロシア・ワールドカップ3試合にフル出場していた。 ▽そのアクラフ・ハキミの獲得についてドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは次のように語っている。 「アクラフ・ハキミは若く、非常にダイナミックなサイドバックであり、レアル・マドリードやモロッコ代表など、非常に高いレベルでプレーしてきた選手だよ」 ▽レアル・マドリーではレギュラーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの他、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス、今夏にレアル・ソシエダから加入の決まったスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラがおり、アクラフ・ハキミの出場機会が限られることが予想されていた。 2018.07.11 22:49 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース