GKヴァイデンフェラー、現役引退後もドルトムント残留を示唆「それは決まっていたこと」2018.04.11 19:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今季限りでの現役引退を発表しているドルトムントの元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーだが、引退後もフロントとして同クラブに残るようだ。ドイツ『キッカー』がイギリス『スカイ』でのインタビューを引用して伝えている。

▽カイザースラウテルンの下部組織で育ったヴァイデンフェラーは、2002年7月にドルトムントへ加入。守護神として公式戦452試合に出場している。

▽しかし、トーマス・トゥヘル前監督がチームを率いてからは出場機会が激減。今シーズンはここまで公式戦2試合の出場にとどまっている。

▽昨年10月に今季限りでの現役引退を発表だが、ヴァイデンフェラーはスカイのインタビューで「クラブにとどまるよ。それは決まっていたことなんだよ」とコメント。

▽また、クラブでの役割について問われると「まだ分からないな。きっと、コーチではなく裏方になると思うよ。ただクラブから信頼されているということが、僕には重要なんだ」と、明かしている。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコがモナコに順当勝利で白星発進《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節、モナコvsアトレティコ・マドリーが18日に行われ、1-2でアトレティコが逆転勝利した。 ▽ドルトムント、クラブ・ブルージュが同居するグループの本命と見られるアトレティコは、昨季は悔しいグループステージ敗退に終わったものの、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。そのアトレティコは今夏、レマルやロドリゴ・エルナンデス、ジェウソン・マルティンスにカリニッチらを獲得したものの、リーガエスパニョーラでは1勝2分け1敗スタートとまさかの躓きを見せた。CLで流れを変えたい中、1-1で辛くも引き分けた直近のエイバル戦のスタメンから2選手を変更。古巣対戦となるレマルはベンチスタートとなった。 ▽一方、レマルの他、ファビーニョ、ケイタにモウティーニョを失ったモナコはリーグ・アンでは1勝2分け2敗と苦戦。そのモナコは古巣対戦となるファルカオが先発となった他、シャドリやヘンリクスといった新戦力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持したアトレティコは6分、浮き球パスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス右から決定的なシュートを浴びせるも、わずかに枠の左に外れてしまう。 ▽すると18分、クロスボールの処理にかかったサウールからファルカオがボールを奪ってボックス右からクロスを送ると、ルーズとなったボールをグランサーが押し込み、モナコが先制した。 ▽失点後、攻撃が停滞していたアトレティコだったが、31分に同点とする。グリーズマンのダイレクトパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス中央に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽さらに追加タイム1分、コケの右CKからホセ・ヒメネスが強烈なヘディングシュートを叩き込んで前半のうちに逆転に成功した。 ▽2点をリードした後半もアトレティコがボールを保持して試合をコントロールする中、モナコは58分にシャドリを諦めてムブラを投入。 ▽それでも流れは変わらず、アトレティコが主導権を握ると、70分にコレアに代えてレマルを投入した。 ▽終盤にかけてもアトレティコが試合をコントロールしてモナコに何もさせず2-1で逃げ切り。順当な勝利で白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のドルトムント、終盤の幸運弾でクラブ・ブルージュに辛勝《CL》

▽ドルトムントは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司は62分からプレーしている。 ▽アトレティコ・マドリー、モナコが同居するグループA。昨季はレアル・マドリー、トッテナムの前にグループステージ敗退に終わったドルトムントは、知将ファブレ監督を招へいした中、ヴィツェルやアルカセル、デラネイら堅実な補強を敢行し、リーグ戦では2勝1分けとまずまずの滑り出しを見せた。そのドルトムントは3-1で勝利した直近のフランクフルト戦のスタメンから4選手を変更。リーグ戦開幕以降ベンチ外が続いていた香川がついにベンチ入りした。 ▽グループ最弱と見られる必勝のベルギー王者クラブ・ブルージュに対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にロイス、2列目に右からヴォルフ、ゲッツェ、サンチョと並べた。 戦前の予想とは違い、引くことなく真っ向勝負を挑んできた相手に対し、ドルトムントは20分にピンチを迎え、ヴォッセンにオンターゲットのシュートを許すも、ロイスのゴールライン前での好クリアで凌いだ。続く23分にはダンジュマのミドルシュートがゴールを襲ったが、ここはGKビュルキが好守で凌ぐ。 ▽格下相手に全くチャンスを作れないドルトムントは38分にもピンチ。デンスウィルのミドルシュートでゴールを脅かされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽選手交代なく迎えた後半も、チャンスを作れないドルトムントは62分にゲッツェに代えて香川を投入。その香川がバイタルエリア中央でボールを受けてアクセントを付けにかかる中、さらにサンチョに代えてプリシッチを投入して攻勢を強めていった。 ▽そのドルトムントは83分のピンチをGKビュルキが凌ぐと、85分に幸運なゴールで先制する。ダフードのスルーパスはロイスに渡らなったものの、ルーズボールをクリアにかかったDFのキックをプリシッチが足に当てると、ふわりと浮いたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となってドルトムントが辛勝。格下相手に薄氷の勝利を手にし、白星スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 05:59 Wed
twitterfacebook
thumb

「香川真司にとって簡単な状況ではない」CL開幕節を前にドルトムント監督が改めて言及

ドルトムントは現地時間18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節でクラブ・ブリュージュと対戦。ドルトムント率いるルシアン・ファブレ監督は前日の記者会見で日本代表MF香川真司の出場する可能性を問われるも明言は避けた。<br><br>ファブレ監督はここまでの公式戦では主にMFモハムード・ダフードや新加入のアクセル・ヴィツェル、トーマス・ディレイニーらを4-3-3の中盤の3人に起用し、このシステムではポジションが存在しないと言われるマリオ・ゲッツェや香川らは苦しい状況が続いている。香川に関してはメンバーにすら含まれておらず、新体制の下では現時点、序列はライバルとされるゲッツェより低いと見られている。<br><br>しかしその一方で、軽傷を負ったディレイニーの帯同が見送られたこともあり、香川はブリュージュ戦でベンチに座る可能性が出てきた。前日会見では、遠征メンバーとして現地入りした23番について「プレーするチャンスは?」との質問が飛び、ファブレ監督は「いつもこのようなことを聞かれる。他の選手についてもね」と苦笑しつつ、次のように返答している。<br><br>「以前も話したが、我々にはMFにおいて非常に多くの選手がいる。彼のような選手にとって、簡単な状況でないことを理解している。明日の試合ではフィールドプレーヤー17人がメンバーに入るが、最終的な判断に関しては様子を見ていきたい。決定するのは今日(17日)ではなく明日となる」<br><br>「ここでこれ以上のことは言えない。ただ言えるのは、我々は多くの試合に控えており、それは我々のミッドフィールダーたちにとっても良いことであることだ」<br><br>続いてスイス人指揮官はゲッツェがプレーする可能性について問われると、このように述べた。<br><br>「ハッキリした答えを出すことはできない。ご存知の通り今は試合の1日前。今日も18時から、そしておそらく明日もまたトレーニングをする。とにかく様子を見たい。10月7日まで3日おきに試合があり、それをこなすためには11人以上の選手が必要だ」<br><br>ファブレ監督はやはり香川やゲッツェの起用について明かさず。だが、似たような理由から出場機会に恵まれないこの2人だが、出番が訪れた際、ほかのMFより大きなインパクトを残さなければ、この状況を覆すことができないとも言えるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2018.09.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループA展望】アトレティコ本命も全チームにチャンスあり

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループAでは実績十分のアトレティコ・マドリーが突破の本命だ。しかし、今季開幕からの戦いぶりを見れば、ドルトムントに首位通過の可能性、モナコとクラブ・ブルージュの突破の可能性も十分にあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:アトレティコ・マドリー ○対抗:ドルトムント △連下:モナコ ☆大穴:クラブ・ブルージュ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆リーガ大苦戦も実績十分~アトレティコ・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季のCLファイナルが本拠地ワンダ・メトロポリターノで開催されるため、今大会出場チームにおいて最もビッグイヤー獲得へのモチベーションが高い昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ。そのクラブの意気込み通りに、今夏の移籍市場ではエースFWグリーズマン、守護神オブラクの残留に始まり、GKアダンやDFアリアス、MFロドリゴ・エルナンデス、MFレマル、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンスの獲得と積極的な動きを見せた。したがって、これまでの実績含めグループ首位通過の本命と言えるはずだ。 ▽ただ、UEFAスーパーカップで宿敵レアル・マドリーを破るまでは良かったものの、今季ここまでのリーグ戦ではセルタ相手に早くも今季初黒星を喫するなど、開幕4試合で1勝1敗2分けと予想外の低迷を見せている。ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力のコンディションの問題に加え、新戦力の適応の遅れや最大の長所である堅守の陰りなど今グループステージの戦いに向けて不安要素は多い。そのため、初戦のモナコ戦、2戦目のドルトムント戦でのパフォーマンスが重要になるはずだ。まずは堅守を取り戻し、そこから攻撃面の精度や連係を深めていきたい。 <span style="font-weight:700;">◆戦術&新戦力適応進めば首位通過も~ドルトムント~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述のアトレティコと同様に昨季はグループステージ敗退を強いられたドルトムントは、ファブレ新監督の下で巻き返しのシーズンに臨む。今夏の移籍市場では主力の流出は最低限にとどめたもののGKヒッツやDFディアロ、MFヴォルフ、MFデラネイ、MFヴィツェル、FWアルカセルなどビッグネームなしの堅実な選手補強となった。 ▽それでも、リーグ戦ではハノーファー戦こそゴールレスドローで終えたもののそれ以外の2試合ではいずれも3ゴール以上を奪っての快勝と上々のスタートを切っている。MFロイスとFWプリシッチの両ウイングを軸に機動力のあるFWフィリップとFWアルカセルを最前線で起用する流動的な攻撃、ヴィツェルとデラネイの新加入選手が睨みを利かせる中盤、ディアロとDFアカンジの若手センターバックコンビを中心とする守備陣と今後連係面での熟成が進めば、より強力なスカッドに成長していくはずだ。なお、今季未だ出場機会のないMF香川はターンオーバーが予想されるリーグ戦でアピールし、サッカー界最高峰の舞台でプレーするチャンスを掴む必要がある。 <span style="font-weight:700;">◆開幕不振で苦戦必至~モナコ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アトレティコ、ドルトムントに次ぐ3番手の評価となったモナコは難しいグループステージの戦いを強いられることになりそうだ。昨季に続きMFレマル、MFファビーニョ、FWケイタらの主力を引き抜かれたチームは代わりにMFゴロビン、MFシャドリ、DFヘンリクスなどを補強したものの、エースFWファルカオやDFグリクらベテランの華麗によるパフォーマンス低下を考えれば、戦力ダウンは否めない。 ▽その不安通りにここまでのリーグ戦ではナントとの開幕戦こそ勝利したものの以降は2敗2分けの4戦未勝利と低迷が続く。智将ジャルディム監督の修正力に加え、MFアホルやMFグランサー、FWムボウラ、FWペッレグリら若手ブレイク候補の覚醒がなければ、グループステージ突破は厳しくなるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆序盤戦の戦い次第で番狂わせも~クラブ・ブルージュ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベルギーリーグ王者として2年ぶりのグループステージに挑むクラブ・ブルージュ。タレントの質や経験値を考えれば、グループ突破は至難の業となる。だが、リーグ開幕から6勝1分けと好調を継続するチームは勢いという面でライバル3チームを大きく上回っており、相手のチーム力が高まるグループステージ後半戦までにアドバンテージを得られれば、突破の可能性は十分にあるはずだ。なお、開幕から好調を維持するイラン代表FWレザエイと190cmのフィジカルモンスター、ウェズレイの強力2トップは必見だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEO、ゲッツェの巻き返しに期待「きっと良い試合を見せてくれるだろう」

ボルシア・ドルトムントに所属するMFマリオ・ゲッツェは新体制の下でまだリーグ戦に出場していない。それでもクラブのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は「今季ドルトムントのために良い試合を見せてくれることを確信している」と期待を口にした。<br><br>ゲッツェは、ルシアン・ファーヴル新監督にはこれまでベンチには置かれるもリーグでの出番は与えられず。2014年ワールドカップでのファイナル、アルゼンチン戦では決勝弾を挙げた英雄だけあって、ドイツ国内ではこの人事はとりわけ注目を浴びている。<br><br>元ドイツ代表のローター・マテウス氏は先日、ドイツ『スカイ』で「ゲッツェは2014年W杯やその前の調子に戻っていない。それから2クラブで、複数の監督の下でプレーしているので、監督のせいにはできない」と述べ、「8番(インサイドハーフ)としては守備力が不足し、9.5番(1.5列目)のポジションはファーヴルのシステムには存在しない」とも指摘。「(ユリアン・)ヴァイグルの場合は出て行く意味はないと思うが、マリオに関しては違うだろう」と他のクラブへの移籍を視野に入れるべきだと話していた。<br><br>これに対し、ヴァツケCEOは『ヴェストフェーリシェ・ルンドシャウ』で反論。「マリオは現在すべてに関して正しく取り組んでいる。良いトレーニングをして、下を向くことなくアピールを続けており、完全に集中している」と強調すると「彼は我々のチームの重要な要素であり、今季きっとドルトムントのために良い試合を見せてくれると信じている」と今後チャンスが訪れる期待を込めながら語った。<br><br>さらにマテウス氏には、「彼はご意見番として、挑発的な説を立てなければいけないのは知っている。だが、ドイツが誇る最も偉大な選手として、マリオのことをそっとして、追撃するような発言を控えてくれれば、と思う」と呼び掛けている。<br><br>チャンピオンズリーグ・グループリーグがいよいよ開幕を迎えるなか、ファーヴル監督はゲッツェ、そしてここまでベンチに含むことすらなかった日本代表MF香川真司らの起用を検討するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 08:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース