鳥栖が元アヤックスユースGKのファン・ウーデンの加入を発表…背番号は「95」2018.04.11 18:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽サガン鳥栖は11日、アヤックスに所属するボブ・ファン・ウーデン(18)が加入することを発表した。ファン・ウーデンは、明治安田生命eJ.Leagueに参戦する。背番号は「95」となる。

▽ファン・ウーデンは、アヤックスユースでGKとしてもプレーした経歴を持つ選手。今シーズンの残り期間をサガン鳥栖でプレーする。

▽アヤックスのFIFAプレーヤーとして活躍したファン・ウーデンは、鳥栖にローンで加入。eスポーツプレイヤーとして活動しつつ、サガン鳥栖U-18選手のトレーニングにも参加するなどの交流も予定。また、ボブ選手は世界最高のFIFAプレイヤー50人のうちの1人とのことだ。ファン・ウーデンはクラブを通じてコメントしている。

「来シーズンは日本でのeスポーツ最初のシーズンになります。アヤックスとサガン鳥栖のパートナーシップが始まったデビューシーズンの一人目の選手になることができるという大きな誇りを感じています。私はユース時代にアヤックスのプレイヤーとして国際的に活躍するという夢がありました。そして今、私はeスポーツの分野でアヤックスを代表する選手になる機会を手にしました。また、これからサガン鳥栖でプレーできるチャンスがあり、サガン鳥栖がFIFAのeスポーツ分野でのスタートと私の大きな夢を後押ししてくれることを願っています。アヤックス、サガン鳥栖のスタッフと共に、タイトルを獲得するために全身全霊を尽くします」

▽また、鳥栖の事業部長である佐藤基彦氏、アヤックスのコマーシャルディレクターMenno Geelen氏もコメントしている。

◆佐藤基彦氏
「アヤックスのユースアカデミーとのパートナーシップを始めてから、新たに私たちは、eスポーツ戦略に於いてもコラボレーションをする意向を表明しました。この分野で最先端を行くクラブになるために挑戦しなければならないと考えています。現時点でアヤックスは、この分野の国際的なリーダーであり、我々はアヤックスとともにeスポーツ分野での躍進を図ろうと考えています。私たちは明治安田生命eJ.LEAGUEのタイトルを手にするという目標を掲げ、ボブ選手の来日を楽しみにしています」

◆Menno Geelen氏
「ボブは、ユースアカデミーでの数年間アヤックスに所属していたため、クラブのことを熟知しています。彼はマタイス・デ・リフトとジャスティン・クライファート(現アヤックストップチーム所属)と同世代のプレイヤーでした。彼はフットボールプレイヤーにはなれなかったにもかかわらず、今もなおアヤックスのためにプレーする重要な選手の一人となっています。アヤックスのeスポーツチームが日本に進出することは、若い世代を世界中につなぐ大きな国際戦略になっています」

コメント

関連ニュース

thumb

GK権田が好守連発に高橋祐J1初弾で鳥栖が首位広島下す! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が、15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽直近の公式戦である前節のFC東京戦を0-0で終え、リーグ2試合負け無しとしている16位鳥栖(勝ち点26)。この一戦に向けては、最後尾にGK権田、最終ラインに藤田、高橋祐、ジョアン・オマリ、三丸、中盤に福田、高橋秀、原川、2シャドーに高橋義、金崎、最前線にフェルナンド・トーレスを起用した。 ▽連勝中の首位広島(勝ち点55)にとっても、3-1で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦以来2週間ぶりとなる公式戦。最後尾にGK林、最終ラインに和田、野上、水本、佐々木、中盤に柴崎、青山、稲垣、柏、最前線にパトリック、渡を起用した。 ▽試合は、フェルナンド・トーレスにボールを集める鳥栖が攻勢をかける展開で始まった。9分には左サイドの福田が右足でクロスを供給し、フェルナンド・トーレスがバックヒールでアクロバティックなシュートを放つ。しかし、これはGK林のファインセーブに阻まれた。 ▽さらに、26分にも鳥栖がゴールに迫る。金崎との連携から右サイドでボールを持った原川が、速い弾道のクロスをボックス内に蹴り込む。すると、フェルナンド・トーレスがヘディングシュートを放ったがこれも枠を捉えない。 ▽守る時間が長くなっている広島は、35分に青山がボックス手前中央からのミドルシュートを放ったが、これは枠の上。結局、両クラブともに持ち味である守備の堅さを発揮し、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、パトリックにボールを集める広島がギアを上げていく。それでも、ボックス右でGK権田と一対一を迎えたパトリックが中央への折り返しを選択し、広島が好機を逃すと、52分には鳥栖にチャンス。ボックス手前中央でボールを持った原川が左足を振り抜くと、ゴール右隅を捉える。しかし、ここもGK林のファインセーブに阻まれた。 ▽その後、広島が立て続けにゴールに迫る。59分にボックス右でフリーのパトリックが至近距離からシュートを放てば、62分にもボックス手前の佐々木が放ったミドルシュートが枠を捉える。しかし、どちらの場面でもGK権田が立ちはだかった。 ▽すると76分、鳥栖の攻撃陣が守護神の健闘に報いる。右サイドでFKを獲得すると、キッカーを務めるのは途中出場の安在。インスウィングで高精度のクロスが上がると、ニアに飛び込んだ高橋祐が頭で合わせ、先制点とした。高橋祐にとっては、記念すべきJ1初ゴールとなっている。 ▽その後、広島は反撃を試みるがなかなかシュートを浴びせることができない。結局、追いつくことは叶わずに試合は終了した。 ▽この結果、鳥栖は首位を下し3試合負けなしに。対する広島は、3試合ぶりの黒星を喫した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京vs鳥栖は互いに決定機掴めずゴールレスドロー!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節、FC東京vsサガン鳥栖が2日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽優勝戦線生き残りがかかる3位のFC東京(勝ち点41)と、残留争いから抜け出したい16位の鳥栖(勝ち点25)が激突。一時は首位のサンフレッチェ広島に迫る勢いを見せたFC東京だったが、ここ4試合は1分け3敗と、広島と共に2位の川崎フロンターレとも差がついてしまった。優勝の可能性を消さないためにも勝利が必須のFC東京は前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを3人変更。丹羽、米本、リンスを代えて、チャン・ヒョンス、橋本、永井が起用された。 ▽一方、こちらも気が休まらない試合が続く鳥栖は前節、フェルナンド・トーレスについにリーグ戦初ゴールが生まれガンバ大阪に快勝。3試合ぶりの勝利を手にし、チームの雰囲気は上向きに。連勝を目指す今節はそのG大阪戦から2選手を変更。熱中症により救急搬送された小林と原川に代えて、藤田と高橋義が先発となった。 ▽まずは5分、ホームのFC東京はボックスからやや離れた位置でFKを獲得。キッカーの太田がゴール前へクロスを送り、チャン・ヒョンスがバックヘッドでゴールを狙ったが、シュートは枠の上へ外れてしまった。さらに13分には再びセットプレーのチャンスで、左CKのこぼれ球を森重がボレーシュートで狙っていく。 ▽攻め続けるFX東京は15分には、ディエゴ・オリヴェイラが高橋のチェックを外しボックス右に侵攻。クロスを送るがジョアン・オマリにカットされ味方には届かなかった。さらに17分には、右サイドを突破した室屋がボックス手前からシュート。さらにそのこぼれ球を大森がダイレクトで狙うが、クロスバーを直撃しゴールとはならなかった。 ▽次々とアタッキングサードに攻め込まれている鳥栖は、ワントップに入っているフェルナンド・トーレスになんとか良い形でボールを供給しようと試みるも、中盤では劣勢で、ゴール前も統率の取れた守備を前に、ほとんどシュートすら打てずに前半を終えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽前半は沈黙していたフェルナンド・トーレスは56分、ボックス右脇の高橋義からのクロスをヘディングシュート。枠には飛ばなかったがエル・ニーニョがようやく目を覚ましてきたか。 ▽FC東京も58分、東が一度フェイントをかませて相手を揺すぶった隙に左足でミドルシュート。しかし、GKにセーブされてしまう。その後、橋本を下げて米本、永井を下げてリンスを投入。前線の活性化を図る。 ▽互いにチャンスを作れないまま試合は終盤へ。86分に、FC東京はリンスがボックス左からシュートを狙うが相手のブロックに阻まれゴールまで飛ばず。 ▽試合はこのまま終了。互いに数少ない決定機を掴み切れず、ゴールレスドロー。FC東京はこれで5試合未勝利、鳥栖は2戦無敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】優勝戦線生き残りor残留争い抜け出し、違う立場の両クラブが相まみえる《FC東京vs鳥栖》

▽明治安田生命J1リーグ第25節が9月2日に開催。3位・FC東京(勝ち点41)が16位・サガン鳥栖(勝ち点25)をホームの味の素スタジアムに迎える一戦に注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆悪相性覆しリスタートへ</span>~FC東京~ ▽FC東京は、前節の湘南ベルマーレ戦をゴールレスドローで終え、直近のリーグ4試合1分け3敗。リーグ折り返しの第18節から数えると、7試合で既に勝ち点を「13」落としている。これは、10勝4分け3敗で駆け抜けた前半戦の17試合で落とした勝ち点と、全く同じ数字だ。また、勝ちの無いここ4試合で、リーグテーブル上でも2位から3位に下降。首位・サンフレッチェ広島との勝ち点差は「11」に広がり、2位・川崎フロンターレ(※1試合未消化)にも勝ち点差を「5」付けられている。さらに、4位・北海道コンサドーレ札幌(※1試合未消化)との差も「3」に縮められるなど、AFCチャンピオンズリーグ出場権確保も危うい状況だ。 ▽そんな急ブレーキ状態のFC東京の今節の相手は、残留プレーオフ圏内の16位に位置している鳥栖。GK権田修一やMF高橋秀人といった元FC東京の選手を擁している同クラブとの相性は悪く、直近6試合4分け2敗と近年勝てていない。守備ベースで試合を進める相手に勝ち切るためには、FWディエゴ・オリヴェイラ以外沈黙気味の攻撃陣に奮起が求められる。悪い流れを断ち切るべく臨む一戦、ホームの喝さいを浴びることはできるのだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆世界的ストライカーの再覚醒に期待</span>~サガン鳥栖~ ▽鳥栖は、前節ガンバ大阪との残留争い直接対決を3-0の快勝で終え、勝ち点を「25」とした。勝ち点21で並び沈む17位・G大阪、18位・V・ファーレン長崎との差を広げ、残留プレーオフ圏外の15位・横浜F・マリノスまで勝ち点差「1」に迫っている。そして、事態を好転させたそのG大阪戦で1G2Aと大活躍したのが、FWフェルナンド・トーレスだ。 ▽今節立ちはだかる強敵でもあり、マッシモ・フィッカデンティ監督の古巣でもあるFC東京は現在、同監督が指揮を執った2015年以来の高順位に。当時に輪をかけた攻守の切り替えの速さを誇る相手を破るため、鳥栖は再び世界屈指のストライカーの能力を引き出すことができるのだろうか。来シーズンに繋ぐ快進撃を繰り広げるため、この一戦での勝利が不可欠だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180901_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:リンス、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽出場停止者は居ない。離脱者に関しては、8月9日に負傷が発表されていたMF橋本拳人が全体練習に合流しており、今節の復帰が濃厚だ。また、前節ベンチ外となっていたチャン・ヒョンスも戦列復帰とみられている。2トップの組み合わせに関しては、FW永井謙佑をジョーカーに置き、前節同様FWリンスをスタメン起用すると予想した。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180901_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:藤田優人、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡 MF:福田晃斗、高橋秀人、原川力、小野裕二 FW:フェルナンド・トーレス、金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ<hr>▽出場停止者はいない。復帰の伝えられていないDF吉田豊のポジションには、豊富な運動量を誇るDF三丸拡の起用が濃厚。また、前節熱中症により救急搬送されたDF小林祐三が大事を取る場合には、DF藤田優人が起用されるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF室屋成</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180901_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーは、右サイドで優れた攻撃性能を披露するDF室屋成だ。中央を個で打開する能力のあるFWディエゴ・オリヴェイラが徹底マークに遭った際、室屋の攻め上がりがカギとなる。時にはボックス内まで入り込み自らゴールを狙うその積極性で、日本代表にも選出された24歳は鳥栖との悪相性を断ち切ることができるのだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆GK権田修一</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180901_10_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽サガン鳥栖の注目プレーヤーはGK権田修一だ。室屋同様に日本代表へ招集された権田は、古巣FC東京との前回対戦で攻守を連発。0-0のゴールレスに持ち込む立役者となっていた。涙を流して移籍を謝罪した昨シーズンの味の素スタジアム凱旋から約1年半、権田はかつてのホームで更に成長した姿を披露できるのだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆心理面で鳥栖有利か</span> ▽今シーズン安定した強さを発揮してきたのはFC東京だ。しかし、優勝という目標を念頭に置けば残り全試合で勝利が求められ、とりわけ順位の低いチームから取りこぼすわけにはいかない。対する鳥栖は、次節が首位広島戦であることを踏まえて、この2試合で勝ち点2以上という戦い方を考えているだろう。堅守速攻が持ち味の両チーム、その武器をより発揮しやすい状況にあるのは鳥栖。FC東京が、これまでの試合でも作り続けているチャンスをしっかりと得点に結びつけられるかが、勝負の分かれ目となりそうだ。FC東京vs鳥栖は、9月2日19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">FC東京vs鳥栖をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.01 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

E-1以来の代表復帰…鳥栖GK権田修一「責任と覚悟を持って臨みたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、9月のキリンチャレンジカップに臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽2017年12月に行われたEAFF E-1選手権以来となる代表復帰となったサガン鳥栖のGK権田修一は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「日本代表のメンバーに選出して頂いて光栄です。日本を代表する責任と覚悟を持って臨みたいと思います」 ▽日本代表は、9月7日(金)に札幌ドーム(北海道)でチリ代表と、11日(火)にパナソニックスタジアム吹田(大阪府)でコスタリカ代表と対戦する。 2018.08.30 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖、準強制わいせつ容疑で逮捕の社員を懲戒解雇処分

▽サガン鳥栖は29日、準強制わいせつ容疑で逮捕された社員の不祥事を受け同日懲戒解雇処分としたことを発表した。 ▽また、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役社長竹原稔氏には、監督者責任の不備として報酬月額の全てを6カ月間(2018年8月29日付)返上することも併せて伝えている。クラブは「弊社社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、被害に遭われた女性、関係者の皆さまに改めてお詫び申し上げます。弊社では、今後このようなことが起きぬよう社員教育の徹底に一層努めてまいります」と謝罪している。 ▽既報によれば、逮捕された鳥栖の社員は福岡市博多区の公園でモデルの勧誘を装い、女性の身体を触った疑い。28日に逮捕されたという。 2018.08.29 15:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース