“ラ・レアル”のレジェンド、シャビ・プリエトが今季限りでの現役引退を発表! 貴重なワンクラブマンがまた1人去る2018.04.11 02:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・ソシエダは10日、スペイン人MFシャビ・プリエト(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの14シーズンでクラブ歴代5位となる公式戦530試合に出場してきた。

▽ソシエダは偉大なるワンクラブマンの引退発表に際して、「君のピッチ内外における偉大さは“ラ・レアル”のファミリーの間で永遠に記憶される。これまでありがとう! シャビ!」と、心温まるメッセージを送っている。

▽なお、シャビ・プリエトは現地時間11日午後に公式会見に出席する予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダのスペイン代表DF巡り” マージーサイド・ダービー”勃発か

リバプールとエバートンが、レアル・ソシエダに所属するスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『noticiasdegipuzkoa』の情報を引用してイギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 レアル・マドリー下部組織出身のジョレンテは、本職のセンターバックに加え、右サイドバック、守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つジョレンテは、ビルドアップでも貢献可能な現代型のDFだ。2012年にトップチームデビューを果たした当初、十分な出場機会を得ることはできなかったが、ラージョ、マラガへのレンタル移籍を経て2017年にソシエダに完全移籍で加入。すると、定位置を確保し、今シーズンは公式戦18試合に出場している。 そして、成長する万能型DFに目を光らせているのが、マージーサイドの2クラブだ。リバプールは、DFデヤン・ロブレン(29)の度重なる負傷に苦しめられており、本来アンカーのMFファビーニョ(25)をセンターバックで起用する試合も。駒不足解消のために新戦力を求めている。 一方のエバートンは、長らくキャプテンを務めてきたDFフィル・ジャギエルカ(36)が今夏で契約満了。加えて、レンタルで加入しているDFクルト・ズマ(25)も、所属元のチェルシーが2回の補強禁止処分を受けた影響で、来シーズンもエバートンに残れる可能性は低い。 そして、センターバックの獲得を目指す両クラブの熱い目線は、奇しくもライバルと同じ選手のもとへ。リバプールに関しては、既に2500万ポンド(約36億円)前後の移籍金を用意しているようだ。ジョレンテには4280万ポンド(約62億円) の契約解除金が設定されているが、ソシエダがこの額を下回る金額でのオファーも受け入れる可能性はあると伝えられている。 2019.03.08 16:44 Fri
twitterfacebook
thumb

EL出場権争いのソシエダ、チーム得点王のウィリアン・ジョゼが右足負傷で4~6週間の離脱

ソシエダは4日、ブラジル代表FWウィリアン・ジョゼが再び右ハムストリングにグレード2の損傷を負ったことを発表した。 ウィリアン・ジョゼは、3日に行われたリーガエスパニョーラ第26節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場。しかし、27分に右足ふくらはぎを負傷すると、プレー続行が不可能となり、スペイン人FWジョン・バウティスタと交代していた。 その後の検査の結果、ウィリアン・ジョゼの右ハムストリングにグレード2の損傷が見つかったとのこと。ソシエダは同選手の離脱期間をに関して明かしていないが、フランス『レキップ』は4~6週間程度の離脱になると伝えている。 現在、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位セビージャと3ポイント差の9位に位置するソシエダにとって、今季ここまでチームトップの9ゴールを記録しているウィリアン・ジョゼの離脱は大きな痛手となる。 2019.03.05 03:50 Tue
twitterfacebook
thumb

2戦連発のモラタが移籍後初のドブレーテ! 10人のアトレティコが公式戦4戦連続の完封勝利!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第26節のレアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが3日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが2-0で勝利した。 前日のエル・クラシコを制した首位のバルセロナを7ポイント差で追う2位のアトレティコ(勝ち点50)が、2019年に入って8戦無敗と好調を維持する8位のソシエダ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。 前節のビジャレアル戦をモラタの移籍後初ゴールなどで勝ち切ったアトレティコは3試合連続クリーンシートの公式戦3連勝と好調を維持。4連勝を目指す今節に向けてはビジャレアル戦から先発2人を変更。サビッチとアリアスに代わってゴディンとフアンフランが起用され、2トップにはモラタと古巣対戦のグリーズマンが引き続き並んだ。 好調のチーム同士の一戦は立ち上がりから一進一退の攻防を見せる。ボール支配率を高めながらサイドを起点に幾つか良い仕掛けを見せるホームのソシエダだが、対人に長けたアトレティコの守備陣を前に最後の場面で阻止される。 一方、なかなか攻撃の形を見いだせなかったアトレティコも18分には背後にスプリントしたモラタが相手DFとGKの連係ミスを誘い、無人のゴールへシュートを流し込もうとするが、ここは相手DFの粘りの寄せもあり枠に飛ばすことができない。 その後、ソシエダの主砲ウィリアン・ジョゼが負傷しバウティスタが緊急投入されるアクシデントに見舞われた中、アトレティコが得意のセットプレーから畳みかけるゴールを奪う。 まずは30分左CKの場面でキッカーのレマルが左足アウトスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだゴディンが頭でフリックしたボールを中央のモラタがダイビングヘッドで合わせ、2試合連続ゴール。続く33分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのコケがゴール前に入れた鋭いクロスを再びモラタが頭で合わせ、ドブレーテを達成した。 効率の良い攻めで2点のリードをもって試合を折り返したアトレティコはフィリペ・ルイスに代えてアリアスをハーフタイム明けに投入。この交代でフアンフランが左サイドバック、アリアスが右サイドバックに入った。 後半はビハインドを追うソシエダがアトレティコを終始押し込んでいきオヤルサバルやサンドロが積極的にシュートを放っていく。すると、守勢が続くアトレティコは58分、レマルを下げてトーマスを投入。中盤に4人のピボーテを配した“クアトロ・ピボーテ”で逃げ切りを図ろうとするが、63分にはコケがこの試合2枚目の警告を受けて退場に。 攻めあぐねながらも数的優位を手にしたソシエダは74分に後半最大の決定機。サンドがゴール前に入れたクロスをバウティスタが頭で合わせて枠の左隅に飛ばすが、ここはGKオブラクが見事な反応で枠外にはじき出す。 その後は割り切って自陣に守備ブロックを形成し、最後までソシエダの反撃を撥ね返し続けたアトレティコが、数的不利を背負いながらも公式戦4試合連続のクリーンシートで4連勝を達成した。 2019.03.04 04:28 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・ソシエダ、DFケビン・ロドリゲスとDFル・ノルマンの契約を2022年まで更新

レアル・ソシエダは12日、ポルトガル代表DFケビン・ロドリゲス(24)[写真]とフランス人DFロビン・ル・ノルマン(22)との契約を2022年6月30日まで更新したことを発表した。 2015年にディジョンからレアル・ソシエダに加入したケビン・ロドリゲスは、左サイドバックを主戦場とするDF。今季はリーガエスパニョーラで6試合に出場している。 一方、2016年にブレストからレアル・ソシエダに加入したル・ノルマンは、センターバックを本職とするDF。今季はリーガエスパニョーラで3試合に出場していた。 2019.02.13 00:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダがビルバオにシーズンダブル! 禁断移籍固辞のオヤルサバルが前回対戦に続くゴール!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第22節、レアル・ソシエダvsアスレティック・ビルバオによるバスク・ダービーが2日に行われ、ホームのソシエダが2-1で勝利した。 2019年に入って2勝2分けで9位のレアル・ソシエダ(勝ち点27)と、3勝1分けで11位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点27)による、今季2度目のバスク・ダービー。 新年に入って復調を見せるバスクの両雄による注目の一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。その流れの中で押し気味に試合を運んでいたホームチームが相手のミスを突いて先制に成功する。 16分、相手セットプレーのクリアボールに反応したオヤルサバルがダニ・ガルシアとの競り合いを制して相手陣内を独走すると、エリア外に飛び出したGKも冷静にかわして無人のゴールへ流し込んだ。 昨夏、禁断の移籍も噂されたラ・レアルの10番のゴールでリードを手にしたホームチームはその後もリズムよく試合を進め、ウィリアン・ジョゼらに2点目のチャンスも訪れる。 一方、前半半ばを過ぎて徐々に盛り返したビルバオは30分に同点機。サン・ホセの左からのクロスをゴール右のコルドバが頭で合わすが、これは相手GKルジのワンハンドセーブに阻まれた。 その後も白熱の攻防が繰り広げられたが、前半終了間際にソシエダが突き放す。45分、右サイドからのクロスのこぼれ球に反応したウィリアン・ジョゼがペナルティアーク付近から強烈な右足の反転シュートをゴール右上隅に突き刺した。 迎えた後半、2点を追うビルバオはサン・ホセ、コルドバを下げてベニャト、ラウール・ガルシアをハーフタイム明けに同時投入。立ち上がりからリスクを冒して攻勢を仕掛けていくが、イニャキ・ウィリアムズやムニアインが抑え込まれてなかなかチャンスを作れず。 その後、73分にはベニャトのミドルシュートでようやく惜しい場面を作り出したビルバオは81分にセットプレーの競り合いでイニゴ・マルティネスがラウール・ナバスのエルボーを受けてPKを獲得。ここでキッカーのラウール・ガルシアのシュートはGKルジに一度止められたが、跳ね返りを冷静に蹴り込んで1点を返す。 このゴールで追い上げムード漂うアウェイチームに対してソシエダは守備的な選手交代できっちり対応。GKまで攻撃参加した終盤のパワープレーもしのぎ切って2-1の勝利。3-1で勝利した前回対戦に続く白星を収めてシーズンダブルを決めた。 2019.02.03 02:14 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース