白熱の日韓戦はドロー! なでしこは後半盛り返すもW杯出場権は最終節オーストラリア戦に持ち越し《AFC女子アジアカップヨルダン2018》2018.04.11 00:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は10日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB第2節の韓国女子代表戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽FIFA女子ワールドカップ(W杯)・フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、7日に行われたベトナム女子代表との重要な初戦を岩渕真奈の全ゴールに絡む活躍などで4-0の大勝スタートを飾った。

▽勝利でW杯出場権獲得が決定する第2戦ではオーストラリア女子代表との初戦を0-0のドローで終えた韓国と激突。高倉監督はこの重要な日韓戦に向けてベトナム戦から先発5人を変更。猶本光や横山久美、中島依美らに代わって清水梨紗、長谷川唯、隅田凜、田中美南の日テレ・ベレーザ所属の4選手に川澄奈穂美が先発入り。引き続き[4-4-2]の布陣を採用した中、GKに山下杏也加、4バックは右から清水、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から川澄、阪口夢穂、隅田、長谷川、2トップに岩渕真奈、田中が入った。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、開始7分になでしこはピンチを招く。ロングフィードに抜け出したイ・ミナにボックス内へ進入されるも、INAC神戸所属の相手MFのシュートは飛び出したGK山下が身体を張ったセーブで阻む。

▽その後も相手の強靭なフィジカルを前に苦戦が続くなでしこは要所でプレスを剥がされて縦に早い攻撃を受けるなど、耐える状況が続く。22分にはボックス手前の川澄からゴール前に飛び出す岩渕へスルーパスが出るが、ここは飛び出したGKに処理される。

▽前半半ばを過ぎても試合展開に変化はなし。球際のところで劣勢を強いられるなでしこはなかなか良い形でボールを奪えず、ボールを持った場面でも前線でタメを作れず、フィニッシュに持ち込めない。39分には相手との競り合いで鼻の頭を切った岩渕が流血してベンチで治療を受けるアクシデントにも見舞われたが、日本のエースは不屈の闘志でプレーに復帰。前半終了間際には相手陣内深くで良い場面も作ったなでしこだったが、シュート0本で前半を終えた。

▽迎えた後半、流れを変えたい高倉監督はハーフタイム明けに田中を下げて菅澤優衣香を投入。より前線でターゲットになれるセンターフォワードの投入で修正を図る。しかし、後半立ち上がりも守勢に回る場面が目立つが、54分にボックス内でイ・ミナに与えた決定機を隅田の好カバーで凌ぐなど、我慢強い守備で失点を許さない。

▽時間の経過と共に相手の運動量の低下、菅澤のポストプレーの機能で反撃に出始めたなでしこ。62分には川澄の左CKをニアに飛び込んだ菅澤が強烈なヘディングシュートで合わすが、これはわずかに枠の左。それでも、ようやくファーストシュートを放って勢い付くと、66分に川澄のミドルシュート、70分にはボックス内で菅澤と続けてフィニッシュのシーンを作り出す。

▽後半も半ばを過ぎると、試合の流れは完全になでしこへと傾く。前半に比べて岩渕や川澄、長谷川といった前線のプレーヤーのボールタッチが増え、個での仕掛けや連係での崩しも見られるようになる。その流れの中で長谷川や隅田にチャンスも相手守備に阻まれる。

▽その後、86分に川澄を下げて横山をピッチに送り出したなでしこは最後まで果敢にゴールを目指す。試合終了間際の92分には右サイド深くでボールを受けた岩渕が鋭いカットインでボックス内に持ち込んで左足を振り抜く。しかし、ニア上を狙ったシュートは相手GKの好守に阻まれ、劇的な決勝点とはならず。前後半で主導権が入れ替わる白熱の日韓戦はゴールレスドローで決着。勝ち点4で暫定首位をキープしたなでしこは、13日に行われるオーストラリアとのグループ最終節でW杯出場権獲得及びグループステージ突破を目指すことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今後の成長の糧に! DF畠中槙之輔「どれだけ良いものをチームに持って帰れるか」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 初の選出となっている横浜F・マリノスDF畠中槙之輔は、2日目にして徐々に代表に馴染み始めているようだ。また、今回の代表活動を成長の糧とすることを志している。 ◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ──代表の雰囲気には馴染めたか 「2日目ですけど、だいぶ色々な選手と話が出来てます」 ──宿舎での生活はどうか 「宿舎は一人部屋なので、自分の時間が多いです。安西幸輝とかと色々な話をしてます」 ──東京ヴェルディの下部組織出身が多いが 「いえ、ヴェルディユースとは言っても結構前の話なので、久々に会う(中島)翔哉君とかは…。(小林)祐希君に関しては、そんなに今まで深く関わったことが無かったので緊張していましたが、凄く話しやすくて心強いです」 ──今シーズン含め代表合宿に参加するまでを振り返って思う所はあるか 「この代表活動でどれだけ良いものをチームに持って帰れるか。チームのレベルもこれから上がっていくと思うので、しっかり責任を持ってやっていきたいと思います」 ──初招集のタイミングについて 「自分が思ったよりも正直早かったですし、このタイミングで呼ばれたことは凄く嬉しかったです。ここまでの努力が間違っていなかったということだと思うので、吸収出来る所は吸収して、やりたいと思います」 2019.03.19 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

代表初招集の安西幸輝、「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピール!《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先の鹿島アントラーズで攻撃的な左サイドバックとして存在感を際立たせ、初のA代表入りを果たしたDF安西幸輝。トレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表定着に向けて持ち味の「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピールすることを誓った。 ◆安西幸輝(鹿島アントラーズ) ──レギュラー争いに入っていくためには? 「自分の特長はやっぱり攻撃。アグレッシブにやるところだと思っています。そこを全面に出していきたいです。正直、経験はないけど、その分、フレッシュさはあるので、まずは試合に出て結果を出すことが大事になってくると思っています」 ──森保ジャパンにおける左サイドバックに求められるプレーの印象とは 「コンパクトな陣形からどんどん飛び出していくサッカーという印象。中盤(2列目)の3人がどんどん前に行くので、それを追い越す動きが求められてくるのかなと思っています」 ──気持ちの高ぶりは? 「サッカーのうまい人たちとやるなかで、『試合に出て、活躍したい』という気持ちがあります。あまり興奮し過ぎると、プレーもうまくいかなくなるので、冷静な気持ちでやっていきたいです」 ──代表選手の実感は? 「あまりないですね。顔なじみがいっぱいいるので。やっぱり香川(真司)さんや乾(貴士)さんとか、一緒にプレーしたことのない選手の高いクオリティにビックリしました」 「あれが『基準』だということは誰しもがわかっていると思うので、そういうところに負けないように、やっていきたいです」 2019.03.19 20:03 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が初代表へ! 自分らしさで勝負《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先のシント=トロイデンでチームトップタイのリーグ戦12ゴールを挙げ、満を持して代表初招集のFW鎌田大地。合流初日のトレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表不参加のブレーメンに所属するFW大迫勇也の代役としてでなく、“己の特長”で勝負することを誓った。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ──ベルギーで前線を務めることで1トップとしてプレーする感覚は掴めているのでは? 「向こうでプレーするようになって、ボールを受ける前の動きや、身体の入れ方は日本にいた頃よりできるようになったと思います」 ──大迫勇也のプレーを観て参考にする部分は? 「『大迫選手みたいになれ』と言われても、絶対になれないです。自分はまた全然違う(タイプ)だと思っていますし、正直、やってみないとわからないという部分の方が強いです」 ──南野拓実とプレーした場合、2トップ気味になってみたり、新たな形ができそうだが 「日本の選手は本当にうまい。細かくパスを回したりできる選手も多いので、チームでやるよりやりやすいと思っています」 ──合流してみて感想は 「初めてリオ世代の代表合宿に行くときより、気持ち的に全然楽でした。リオ世代の選手が多く、元々知っている選手もいたので」 ──冨安健洋から何か情報は 「特に何もないです。部屋に起こしに来るぐらいですね」 2019.03.19 20:02 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース