第1回大会から100周年を迎える2030年大会に南米3カ国が共催で立候補へ2018.04.10 12:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽第1回大会から2030年で100周年を迎えるワールドカップ。その候補地に、南米の3カ国が立候補することを発表した。

▽今回立候補を表明したのは、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの3カ国。アルゼンチンサッカー協会(AFA)によると、アルゼンチンの8都市、パラグアイ、ウルグアイから2都市ずつの合計12都市が会場の候補となるようだ。

▽現在は2022年のカタール・ワールドカップまで開催地が決定。2026年はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が共催で立候補している。2030年の開催地の立候補はまだ受け付けられていないが、先に表明した形となった。

▽1930年に第1回大会が開催されたウルグアイ、1978年に第11回大会が開催されたアルゼンチン、そしてパラグアイにとっては決定すれば初のワールドカップ開催となる。

▽現行の32カ国出場から、48カ国出場に変更されることもあり、様々な面での課題はまだあるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「母親を亡くした子供のように泣いていた」元コーチが16年コパ・アメリカ敗戦後のメッシについて明かす

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、2016年のコパ・アメリカ決勝で敗れた後、相当打ちひしがれていたようだ。<br><br>バロンドールを5度受賞する世界最高の選手と名高いメッシは、バルセロナで数々の記録を打ち立て、タイトルを手にするなど活躍。しかし、アルゼンチン代表としては2014年のワールドカップ決勝で敗れ、コパ・アメリカでも2015年、2016年と2年連続で準優勝に終わるなどいまだにタイトルを掴めていない。<br><br>アルゼンチン代表での悲願のタイトル獲得を3年連続で逃した当時のメッシの様子について、アルゼンチン代表とバルセロナでフィットネスコーチを務めたエルヴィオ・パオロロッソ氏が『Jogo Bonito』で振り返った。<br><br>「コパ・アメリカ決勝後のロッカールームはとてもいたたまれない状態だった。その後、深夜2時頃にロッカールームに行った時、独りでいるレオを見かけた。母親を亡くした子供のように泣いていた。彼は取り乱していて、誰も慰めることのできない状態だった。彼とハグして、少しの間一緒になって涙を流した」<br><br>「バルセロナとアルゼンチンで彼を見てきて、私が彼のためにできることは感謝の言葉を表すことだけだ。彼とは常にうまく協力してやって来れた」<br><br>この一戦の後、一時は代表引退を表明したメッシだが、その後復帰してアルゼンチン代表のロシア・ワールドカップ出場権獲得に貢献。しかし、本大会のラウンド16で優勝したフランス代表に敗れて、再び苦汁をなめることになった。<br><br>現在、メッシはアルゼンチン代表でのプレーを続行するかどうかの決断を迫られているが、暫定的にチームを指揮するリオネル・スカローニ氏は同選手のために背番号10を空けて待っていると話している。<br><br>提供:goal.com 2018.09.15 08:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップ、代表監督への興味を認める

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、将来的に代表チームの監督を務めるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽現役時代にプレーしたバルセロナで監督デビューを飾り、2008年から2012年の間に14個のタイトルをもたらしたグアルディオラ監督。その後、バイエルンで7個のタイトルを獲得すると、2016年から指揮するシティでは昨シーズンにプレミアリーグ史上初の勝ち点「100」到達での優勝を成し遂げた。 ▽当代最高の指揮官として名を馳せているグアルディオラ監督が、代表チームでの采配に意欲を示している。大手『Movistar+』の、元レアル・マドリー幹部ホルヘ・バルダーノ氏との対談の中で語った。 「もし機会があれば代表チームを指揮してみたい。確かにそうだ。求められればだけどね」 ▽また、バルダーノ氏の故郷であるアルゼンチン代表での指揮を勧められると、ジョークを交えて否定した。 「アルゼンチン? いや、遠慮するよ! 」 2018.09.14 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアvsアルゼンチンは両者譲らずゴールレスドロー! 《国際親善試合》

▽国際親善試合のコロンビア代表vsアルゼンチン代表が12日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽2012年から指揮を執ったホセ・ぺケルマン前監督が退任し、U-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めているコロンビアは、2-1で勝利した直近の国際親善試合ベネズエラ代表戦からスタメンを4名変更。アリアス、ボルハ、ウリベ、バッカに代えて、パラシオス、マチャド、クエジャール、ムリエルを起用した。 ▽スカローニ暫定監督の下で再起を図るアルゼンチンは、3-0で勝利した直近の国際親善試合グアテマラ代表戦からスタメンを6名変更。ルジ、サラビア、パレデス、パラシオ、パボン、シメオネに代えて、アルマーニ、ブストス、パラシオス、メサ、バッタリア、イカルディを起用した。注目のディバラは、2戦続けてベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く一戦。ロ・セルソと良い距離を保つイカルディを起点に攻め込むアルゼンチンに対し、コロンビアはクアドラードがよくボールに絡みサイドからの攻撃で応酬していく。 ▽アルゼンチンが攻め切れない展開が目立ち始めた27分、クアドラードの中盤でのボール奪取からコロンビアのカウンターが発動。ボックス手前中央でボールを受けたファルカオが、左足でミドルシュートを狙う。しかし、枠を捉えたシュートはGKアルマーニに阻まれた。 ▽親善試合らしからぬインテンシティの高さを見せた試合は、互いに譲らずゴールレスで折り返すことに。 ▽後半に入ると、48分にまたしてもクアドラードがボールを奪取。今度は自陣低い位置で奪い最前線にフィードを送ると、反応したムリエルが右サイド遠い位置から思い切って狙う。しかし、鋭いシュートは再びGKアルマーニに阻まれた。 ▽相手に傾きつつある展開を変えたいアルゼンチンは、54分にパラシオスに代えてディバラを投入。切り札の起用で主導権奪取を試みる。対するコロンビアも、62分にムリエルに代えてバッカを投入しリズムチェンジを図った。 ▽しかし、その後も崩しを図るアルゼンチンに対してコンパクトな陣形を意識したコロンビアがカウンターを狙うという構図は変わらず。中盤での奪い合いが続く試合は、肉弾戦の様相を呈し始める。 ▽78分、コロンビアはクアドラード、ファルカオに代えてディアス、S・ビジャを投入。徐々にテストを意識した布陣に切り替えていく。 ▽すると結局、試合は動きを見せることなく終了。両チームともにロシアW杯後最初の代表ウィークを1勝1分けの成績で終えることとなった。 2018.09.12 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

伝説の地メキシコでマラドーナの“神の手”がさく裂!

▽アルゼンチン代表のレジェンドでメキシコ2部リーグに属するドラドス・シナロアのディエゴ・マラドーナ監督が、早速メキシコを沸き立たせている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽史上最高の選手の1人として、必ず名前が挙がるマラドーナ監督。その伝説は枚挙に暇がないが、中でも有名なのは“神の手”ゴールだろう。1986年のメキシコ・ワールドカップ(W杯)準々決勝イングランド代表戦に出場した英雄は、ゴールレスで迎えた後半4分に手でボールに触れて得点を記録。もちろん反則行為だが、主審はこのプレーに笛を吹くことができず。マラドーナ監督はその後“5人抜き”ゴールも沈め、試合は2-1でアルゼンチンの勝利に終わった。 ▽その試合後のインタビューで、先制点がハンドだったのではないかと聞かれたマラドーナ監督は、「ただ神の手が触れた」とコメント。誉められた行為ではないが普段の型破りな人柄と合わせ、こうしてメキシコの地で“神の手”伝説が誕生した。 ▽それから32年、ドラドス・シナロアが今月6日にマラドーナ監督の招へいを発表。再びメキシコの地に足を踏み入れることとなった。 ▽『マルカ』によると、マラドーナ監督の到着でメキシコの空港は人の波で溢れる事態に。そして、1人のファンが肩を組み2ショット写真を撮ろうとしたところ、同監督が右手でプッシュ。写真撮影を拒否し、またしても神の手を炸裂させた。 ▽マラドーナ監督は1997年の現役引退後、アルゼンチン代表などを率い、2011年からアル・ワスル(UAE)を指揮。2017年から今年4月までアル・フジャイラ(UAE)の監督を務めた。指揮官としてはここまで結果を残すことができていないが、再び人々を熱狂の渦に巻き込むことはできるのだろうか。 2018.09.11 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン守護神ロメロはメッシ忖度に不満? 「今回、背番号10が使われないことが理解できない」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロは、バルセロナFWリオネル・メッシに対するアルゼンチンサッカー協会(AFA)の忖度に不満を感じているようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で期待外れのベスト16敗退となったアルゼンチンは、大会後にホルヘ・サンパオリ監督が解任され、現在はリオネル・スカローニ暫定監督の下でW杯後最初の代表ウィークを戦っている。 ▽そのアルゼンチン代表ではW杯の結果に失望し代表引退も囁かれるメッシが、2018年中の代表活動不参加が大きな話題となっている。また、今回の代表ウィークではユベントスFWパウロ・ディバラなど所属クラブで背番号10を着用している選手がいるにも関わらず、これまでメッシが背負ってきた背番号10が不使用となっており、これはメッシの復帰を希望するAFA側のアピールではないかとの指摘もされている。 ▽この背番号10不使用問題に関して正GKを務めるロメロは理解しがたいものだと不満を示している。 「これまで背番号10のユニフォームは常に使用されてきた」 「なぜ、今回使われていないのか理解できないよ。それに関して僕は何も尋ねなかったし、何も求めなかった。僕自身、背番号10が今回使われないことを知らなかったからね」 「これまですべてのフレンドリーマッチで使用可能だった。だけど、今回使われないのは何か理由があるんだろうね」 「もしレオが戻ってくれば、背番号10とキャプテンマークは彼のものだ。誰もそのことに疑いはないはずだ」 「だけど、すべてのフレンドリーマッチで使用可能な中、レオがここに居ないなら誰もがその番号を使用できるはずだ」 2018.09.09 15:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース