昨季限りでC大阪を退団したMF関口訓充が、2012年以来6年ぶりに仙台へ復帰2018.04.10 09:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ベガルタ仙台は10日、昨シーズンまでセレッソ大阪に所属した元日本代表MF関口訓充(32)の加入を発表した。

▽関口は東京都出身で帝京高校から2004年に仙台に入団。当時J2の仙台で主力として活躍すると2009年にはJ1昇格に貢献。その後も主力としてプレーし、2010年、2011年と日本代表に選出されていた。

▽2013年からは浦和レッズへと完全移籍。しかし、思うような出場機会を得られないでいると、2015年にC大阪へと移籍した。J1通算129試合6得点、J2通算247試合20得点を記録している。関口はクラブを通じてコメントしている。

「ベガルタ仙台サポーターのみなさんお久しぶりです。6シーズンぶりに仙台に復帰する事ができ、とてもうれしく思います。また同時に、このような機会を作ってくださったすべての関係者の方々に本当に感謝しています」

「まずはしっかり試合に出場し、悲願のタイトル獲得に向けて全身全霊をかけて1試合1試合戦っていきます。そして仙台を離れ、経験をしてきたことをチームに還元し、より良いチームになるようがんばっていきますので応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

天皇杯準Vの仙台、渡邉晋監督の続投発表 「ともに熱く戦いましょう」

▽ベガルタ仙台は10日、渡邉晋監督(45)の来シーズン続投を発表した。 ▽渡邉監督は2014年4月から仙台を指揮。今シーズンは明治安田生命J1リーグで5位以上の目標に及ばなかったものの、就任以降最高位の11位でフィニッシュした。そして、天皇杯でもクラブ初の決勝に進出。惜しくもクラブ初タイトルとはならなかったが、1年を通じて一定の成果を残した。 ▽来シーズンが6年目の指揮となる渡邉晋監督は続投決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメント。来年のさらなる飛躍を誓った。 「2018シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。そして、来シーズンもチームを指揮するチャンスをいただいたことに心から感謝を申しあげます。今は選手とチームの確かな「成長」、同時に乗り越えなければならない「壁」を感じています。天皇杯準優勝の悔しさを胸に、その大きく分厚い壁に「挑戦」する覚悟です。ともに熱く戦いましょう。2019 Shine Together!」 2018.12.10 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

奥埜博亮が感じた仙台に足りなかったもの 「やっぱり…」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台のMF奥埜博亮が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。チャンスがありながら無得点に終わった自身のプレーぶりや、勝敗を分けた浦和との差について語った。 ◆MF奥埜博亮(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_okuno_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>――自身のプレーについて 「最後はバテた。決勝という舞台で、シュートを打つチャンスがあったし、枠に飛ばしていかないといけなかった」 ――相手との差について 「やっぱりゴールの部分だと思う。相手は1点を獲って、僕らは無得点で負けた」 「チャンスは何回かあったので、ゴール前での落ち着きだったり、ゴールに流し込むところだったりをモノにしていかないと難しくなる」 2018.12.10 01:03 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台守護神のシュミット・ダニエル、スーパーゴールを回想 「僕の準備次第で…」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台の日本代表GKシュミット・ダニエルが試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。結果的に勝敗を分けたDF宇賀神友弥のスーパーゴールを阻止できなかったことに悔しさを滲ませた。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) ──試合を振り返って 「相手にあまりチャンスがない中で負けたので、すごく責任を感じている」 ──失点シーンについて 「少しだけだが、蹴る瞬間のところがブラインドになってしまって、その分、反応が遅れた。自分の中に『何かできたんじゃないかな』という思いがある。準備次第で止められたのかもしれないが、スーパーゴールに変わりはない」 ──見せ場は作れたが 「特にゴールを守るというシーンはなかったので、余計に責任を感じる」 ──試合が終わっての感想は 「率直に、チームメイトやスタッフ、チームに関わる全ての人たちに感謝の気持ちでいっぱい」 ──この経験をどう生かしていきたいか 「もう1回、天皇杯の決勝に立って、今度こそ勝ちたい。今年に関して言えば、リーグでもっともっとできたという思いがあって、良い順位で終わりたかった」 「もちろん、天皇杯を勝ち上がることも大事だが、リーグをどれだけ良い順位で終われるかがチームを作って行く上で大切になってくる」 2018.12.10 01:02 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉滉、準Vに悔しさ…レンタル加入先の仙台に「すごく感謝」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台のDF板倉滉が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。悔しさをのぞかせつつ、川崎フロンターレからレンタル加入の今シーズンを振り返り、「すごく感謝しかない」と語った。 ◆DF板倉滉(ベガルタ仙台) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_itakura_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──試合を振り返って 「すごく悔しい。試合内容というより、来てくれた多くのサポーターに勝って優勝を届けたかったという思いが強かったので」 ──序盤は良かったが 「プレーしている感覚としては、悪い感じじゃなかったし、いつも通りパスを繋いで戦うことができていた印象があった」 「スーパーゴールを決められたけど、慌てず、落ち着いてプレーできていたと思う。でも、1点が遠かった」 「後半に入っても、自分たちがやりたいことはできていたけど、最後のところでゲームを決められなかった。そこらへんは次の課題になる」 ──今シーズン、収穫はあったか 「シーズンを通して、仙台がやりたいことは徐々にできるようになってきた感がある」 「監督を先頭にみんながついて行っていたし、プレーしていて良いチームだったなと思う」 「リーグ戦に関しては5位以上を目指して戦っていたので、11位という結果はすごく悔しい」 「結果論だけど、勝ち点0をどうにか1ポイントに、勝ち点1をどうにか3ポイントに持っていけた試合があった」 「ちょっとしたことだけど、そこを突き詰めていければ、もっと上の順位に行けるチームだなと感じている」 ──試合に出続けて学んだことはあるか 「初めての移籍だったので不安があったけど、強化部や監督、選手を含めて良い人たちですごく受け入れてくれた」 「試合に出させてもらえたし、自分の良さも周りのカバーによって出させてもらった。すごく感謝しかない」 「でも、こういった緊迫した試合を重ねる中で、90分間の集中力やハードワークの部分に足りなさを感じた」 「そういったところはまた来年も取り組んでいかなければいけないと思っている」 2018.12.10 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

準V仙台の野津田岳人「決勝の舞台で同点に追いつく力はチームにも自分にも…」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台のMF野津田岳人が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。直接FKや流れの中で複数のシュートチャンスがありながら無得点に終わった自身の出来に悔しさを露わにした。 ◆MF野津田岳人(ベガルタ仙台) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_notsuda_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──試合を振り返って 「何も考えられないぐらい悔しさしかない」 ──試合内容への手応えは 「相手のプレッシャーの中でも自分たちのサッカーをやれた。チャンスがなかったわけでもない」 「でも、決勝の舞台で同点に追いつく力は、チームにも自分にも足りなかった。そこが特に悔しい」 「自分に関しても、シュートチャンスがたくさんあったのに、全て外してしまった。本当に本当に悔しい気持ちでいっぱい」 ──セットプレーも数多かったが 「CKのフィーリングは良かったが、合わなかった。直接FKも3本あったのに、1本も決められなかった。本当に自分の力不足を感じた」 ──天皇杯決勝を知る選手の1人だが、成長を感じたか 「前回のように何もできなかった感じはなかったし、自分らしさも出せたと思う。ただ、結果を残さなければ意味がない」 2018.12.10 01:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース