昨季限りでC大阪を退団したMF関口訓充が、2012年以来6年ぶりに仙台へ復帰2018.04.10 09:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ベガルタ仙台は10日、昨シーズンまでセレッソ大阪に所属した元日本代表MF関口訓充(32)の加入を発表した。

▽関口は東京都出身で帝京高校から2004年に仙台に入団。当時J2の仙台で主力として活躍すると2009年にはJ1昇格に貢献。その後も主力としてプレーし、2010年、2011年と日本代表に選出されていた。

▽2013年からは浦和レッズへと完全移籍。しかし、思うような出場機会を得られないでいると、2015年にC大阪へと移籍した。J1通算129試合6得点、J2通算247試合20得点を記録している。関口はクラブを通じてコメントしている。

「ベガルタ仙台サポーターのみなさんお久しぶりです。6シーズンぶりに仙台に復帰する事ができ、とてもうれしく思います。また同時に、このような機会を作ってくださったすべての関係者の方々に本当に感謝しています」

「まずはしっかり試合に出場し、悲願のタイトル獲得に向けて全身全霊をかけて1試合1試合戦っていきます。そして仙台を離れ、経験をしてきたことをチームに還元し、より良いチームになるようがんばっていきますので応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

今季初先発の清武2発でC大阪逆転勝利! …仙台は連敗に突入《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節のセレッソ大阪vsベガルタ仙台が25日にキンチョウスタジアムで行われ、2-1でC大阪が勝利した。 ▽C大阪は0-1で敗北した前節のガンバ大阪との“大阪ダービー”からスタメンを3名変更。柿谷、水沼、高木に代えて、ヤン・ドンヒョン、清武、福満を起用した。 ▽対するリーグ2試合勝ちのないの仙台は0-3で敗北した前節のジュビロ磐田戦からスタメンを3名変更。GK関、中野、梁勇基に代えて、GKシュミット・ダニエル、椎橋、永戸を起用した。 ▽試合が動きをみせたのは10分、仙台が右CKからチャンスを作り出す。クロスは相手DFにクリアされ、反応した野津田の放ったシュートは枠を捉えなかったが、ルーズボールに走り込んだ蜂須賀が流し込んで先制点とした。 ▽その後、中盤での奪い合いが続く展開の中、C大阪はなかなかチャンスを得ることができない。33分には左CKから清武がインスウィングのクロスを入れたが、味方には合わなかった。 ▽前半終了間際の44分、C大阪がビッグチャンスを得る。左CKの場面でクロスは相手DFに跳ね返されたものの、こぼれ球に反応した山口が強烈なミドルシュートを放つ。しかし、シュートはバーに阻まれた。 ▽折り返しを迎えて後半に突入すると、C大阪が早々に決定機得る。46分、ボックス左の杉本が山なりの柔らかいクロスを供給。しかし、ファーサイドの福満が狙ったボレーシュートは枠に飛ばすことができなかった。 ▽すると51分、C大阪にとって待望の同点弾が生まれる。最前線の杉本がボールをキープし、ボックス左に走り込む清武にボールを渡す。清武が細かいドリブルで中央に切り込み、右足を振り抜いてネットを揺らした。また、この得点はC大阪にとってJ1でのホーム通算500得点目となった。 ▽さらに60分、杉本の落としを受けた山口がまたしても強力なミドルシュートを放つ。GKシュミット・ダニエルが弾いたところを、素早く反応した清武が押し込んで自身の2得点目となる逆転弾を決め切った。 ▽先発出場して自らの実力を猛アピールした清武は、74分に高木と交代。ピッチを退く際には、ホームサポーターから盛大な拍手が送られた。 ▽仙台は、試合終了間際の90分にボックス手前左でFKを獲得。しかし、途中出場の梁勇基が巻くように放ったシュートはGKキム・ジンヒョンの正面に飛び、同点にはできず。結局、仙台が巻き返すことはなく試合が終了した。 ▽この結果、C大阪は清武の2ゴールにより前節の敗北を払拭する逆転勝利を果たすことに。対する仙台は連敗に突入した。 2018.04.25 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台MF富田晋伍に第三子となる次男誕生 「心から感謝」

▽ベガルタ仙台は24日、MF富田晋伍(31)に第三子となる次男が20日に誕生したことを発表した。 ▽富田は、2005年から仙台一筋でプレー。今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場している。 ▽クラブの発表を受け、富田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「無事にかわいい男の子を出産してくれた妻と、元気に産まれてきてくれた息子に心から感謝しています。大切な家族が1人増えたので、より一層気を引き締め、チームの勝利に貢献できるように、これからも全力でプレーしていきたいと思います」 2018.04.24 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台FWジャーメイン良がプロA契約締結…今季ここまで公式戦12試合に出場

▽ベガルタ仙台は23日、FWジャーメイン良(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽ジャーメイン良は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレ戦でプロA契約変更に必要な規定出場時間に到達した。 ▽アメリカ人の父と日本人の母を持つジャーメイン良は仙台に今シーズン入団。ここまでJ1リーグ7試合、ルヴァンカップ5試合(1得点)に出場している。 ▽プロA契約締結発表を受け、ジャーメイン良はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「A契約を締結することができ、うれしく思います。ここからが本当の勝負だと思っていますので、さらに高みを目指し、チームの勝利に貢献できる選手になるために日々のトレーニングに全力で取り組んでいきたいと思います」 2018.04.23 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

松浦連発! 小川大貴プロ初弾! 田口移籍後初弾! 3発で堅守・仙台撃破の磐田、今季初の連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のベガルタ仙台vsジュビロ磐田が21日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-0で磐田が勝利した。 ▽ここまで4勝3分け1敗で2位につける仙台(勝ち点15)と、3勝2分け3敗で11位に位置する磐田(勝ち点11)の一戦。前節の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終えて2試合負けなしで2位に浮上した仙台は、その一戦から先発メンバーを4人変更。菅井と石原、ジャーメイン良らに代えて金正也と梁勇基、中野を起用した。また、板倉が負傷から復帰した。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利して、3試合ぶり白星飾った磐田は、その一戦から先発メンバーを3人変更。櫻内と山田、上原に代えて小川大貴と松浦、山本を起用した。 ▽試合は序盤から磐田の川又が積極的にゴールに迫る。一方、徐々にボールを保持して攻撃を組み立てる仙台は18分、パスを受けた石原がボックス手前から右足シュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた磐田は20分、敵陣中央左でFKを獲得。中村がゴール前へクロスを送ると、川又がファーサイドにフリーで走り込んだが、手前でワンバウンドしたボールにうまく頭を当て切れずゴールとはならない。 ▽その後は仙台の時間帯が続いた。仙台は石原、磐田は川又をターゲットにクロスからチャンスを作ったが互いにゴールは生まれず0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半、磐田にビッグチャンスが到来。49分、中村のパスを受けたギレルメがボックス左に侵攻してクロス。ファーサイドでフリーとなっていた田口がダイビングヘッドで合わせるも、GK関の好守に阻まれてしまう。 ▽それでも磐田は57分、中村の右足クロスをボックス内の田口が流れるようなトラップからボレーシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球にいち早く反応していた松浦がプッシュして先制点を記録した。 ▽先制に成功した磐田はさらにその1分後、自陣ハーフウェイライン付近右でパスを受けた小川大貴が敵陣に持ち込み、ギアを上げてボックス手前に侵攻すると思い切りよく左足を振り抜く。これがゴール右上隅へと吸い込まれて、あっという間に試合を2-0にする。なお、小川大貴はこれがプロ初ゴール。 ▽連勝に大きく近づいた磐田は82分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの中村がクロスを選択。うまく走り込んだ田口が頭で合わせ、移籍後初ゴールとなるチームの3点目を叩き込んだ。 ▽結局試合は3-0で試合終了。ここまで堅守を誇っていた仙台から3ゴールを奪った磐田が今シーズン初のリーグ戦連勝。一方の仙台は上位キープへ手痛い黒星を喫した。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台DF大岩一貴に第一子となる長男が誕生「より謙虚にひたむきに」

▽ベガルタ仙台は20日、17日にDF大岩一貴に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽大岩は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「元気な子を出産してくれた妻と、無事産まれてきてくれた息子に心から感謝しています。新たに家族が増えたことをエネルギーにして、ベガルタ仙台の勝利に貢献していけるよう、より謙虚にひたむきにサッカーに取り組んでいきたいと思います」 ▽大岩は2016年にジェフユナイテッド千葉から加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグにここまで7試合に出場し、現在2位のチームの好調キープに貢献している。 2018.04.21 08:36 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース