HSVのFW伊藤達哉、シャルケ戦での活躍で現地ファンの心を掴む! 2018.04.10 09:06 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVに所属するFW伊藤達哉が、シャルケ戦での活躍でファン・サポーターの心をつかんだようだ。

▽柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年7月にハンブルガーSVに加入した。今シーズンはU-23チームとしてレギオナルリーガ(ドイツ4部相当)で主にプレーしていたが、2017年9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦で途中出場を果たしてトップチームデビュー。以降、トップチームのメンバーに入り続け、出場回数を積み重ねている。

▽そんな中、今月7日に行われた第29節のシャルケ戦ではトップチームで初のフル出場。切れ味鋭いドリブルでゴールを演出するなど、3-2の16試合ぶり勝利に貢献している。

▽すると、その活躍がファンの心を掴んだようだ。HSVの公式ツイッター(@HSV_English)が伊藤のユニフォームが売り切れたことを報告している。※絵文字省略

「SOLD OUT!(売り切れ!)」

「シャルケ戦で印象的な活躍を見せた後、ファンたちはNo.43 伊藤のユニフォームをクラブショップになくなるほど購入されました!」

「しかし、大丈夫です! すぐにhttps://shop.hsv.de/から入荷します」

コメント

関連ニュース

thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】フレッシュな人材が求められるサイドアタッカー。ブンデス1部で活躍中の20歳に注目 伊藤達哉

▽4月7日に電撃解任された日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が21日に再来日し、世間を騒がせている。前指揮官は「まだ終わっていない」と強調していて、約1カ月半後に迫った2018年ロシア・ワールドカップ参戦に強い未練をのぞかせている。 ▽しかしながら、日本サッカー協会の田嶋幸三会長にとっては「もう終わったこと」と他人事。西野朗後任監督も近日中に欧州視察に出かける予定で、前任者に会うつもりはないという。日本の要人たちのこうした立ち振る舞いを見ているとハリルホジッチ監督が哀れに思えてくるが、一度下された決定が覆ることがないのがサッカー界の常識。ロシアには新体制で挑むのは間違いないはずだ。 ▽そういう中、注目されるのが、西野新監督がどのようなメンバー選考をするのかという点。川島永嗣(メス)や吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)といったベースとなる人材は外せないが、前任者も流動的な起用を見せていたサイドアタッカーは別。そのタイミングで調子のいい人間を使うという方向を西野監督も採るのではないだろうか。 ▽そこで急浮上する可能性が出てきたのが、ドイツ・ブンデスリーガ1部のハンブルガーSV(HSV)で最近4試合連続スタメンを勝ち得ている20歳の伊藤達哉。ドイツには原口元気や宇佐美貴史(ともにデュッセルドルフ)のような年長者が何人かいるが、彼らがプレーしているのはブンデス2部。1部の浅野拓磨(シュツットガルト)は2018年に入ってから一度も公式戦出場機会を得ていない。彼らに比べて伊藤の活躍ぶりが目立つのは確かだろう。 ▽東京・台東区出身で、柏レイソルのアカデミーで育った166㎝の小柄なアタッカーは2014年4月にUAEで開催されたアルアイン・インターナショナルチャンピオンシップでHSVのスカウトの目に留まり、2015年7月に正式契約を結ぶことになった。 ▽そこからしばらくはセカンドチームで自己研鑽に励んでいたが、今季に入ってからマルクス・ギスドル元監督によってトップチームに引き上げられた。9月24日のレバークーゼン戦で後半37分からピッチに送り出された時点ではテスト的な抜擢だと見られたが、そこから7試合連続出場を果たし、完全なる戦力と位置付けられていった。 ▽Jリーグ経験者の鎌田大地(フランクフルト)や関根貴大(インゴルシュタット)でさえ、出番を得られていないのに、J経験のない若武者がブンデス1部の名門クラブで高評価を得たのは、やはり驚きに値する。「タツは確かに非凡な才能を持った選手だけど、あんまり持ち上げないでください」と同じクラブのキャプテン・酒井高徳がプレッシャーから守ったことも本人にとってはプラスに働いたのだろう。 ▽今年1月にギスドル監督が解任され、ベルント・ホラーバッハ監督、3月にはクリスティアン・ティッツ監督に指揮官が変わっても、伊藤が冷遇されることはなかった。とりわけ現体制になってからは、左MFの定位置を獲得。2部降格危機に瀕する名門を持ち前のハードワークと献身的な姿勢、高度なドリブルテクニックとゴールへの推進力で支えている。4月21日のフライブルクとの下位直接対決でも後半43分まで出場。全身全霊のこもったプレーで1-0の勝利に貢献してみせた。こういった一挙手一投足を見るにつけ、今の日本代表に必要な人材ではないかと感じる人も少なくないはずだ。 ▽ドイツの屈強な男たちと堂々と渡り合っている現状を踏まえると、フィジカル的な部分は全く問題ない。外国人慣れしているからメンタル的に臆することもない。そして何より大きいのは自ら大胆な仕掛けができること。3月のマリ戦(リエージュ)でA代表デビューを飾り、初ゴールを挙げた中島翔哉(ポルティモネンセ)と似たタイプと見られることもあるだろうが、伊藤の方が間違いなく守備やハードワークができる。そこはワールドカップの大舞台を戦ううえで必要不可欠な要素。伊藤は今、そのメンバーに選ばれるだけのポテンシャルを備えているのだ。 ▽左サイドは原口、宇佐美、中島に加え、西野監督が好む司令塔タイプの清武弘嗣(セレッソ大阪)や倉田秋(ガンバ大阪)など候補者が数多くいる。ただ、そのいずれも決定的な決め手がない。であれば、今後の日本サッカー界のためにも若く伸び盛りの伊藤を連れていくのはありではないか。右サイドに関しても、今、欧州で最も活躍している堂安律(フローニンヘン)を抜擢したら面白い。2020年東京五輪世代の2人を両サイドに据えるのはリスクが高いかもしれないが、そのくらいのリスクを冒さない限り、沈滞ムードの色濃く漂っている日本代表は変わらない。監督交代という大ナタが振るわれた今だからこそ、大胆な選手抜擢もできるはずだ。 ▽果たして西野監督はどう考えているのか。今回の欧州視察ではHSVに足を運ぶという情報もあるだけに、非常に興味深い。ここでベテランや経験豊富な人間ばかりを選ぶという消極的なメンバー選考をせず、近未来の日本代表に希望が見えてくるような人選を、ぜひともお願いしたいものである。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

残留圏と勝ち点5差のHSV、奇跡へ向けて酒井高は「どんな試合も捨てるつもりはない」

主将のDF酒井高徳を始めとするハンブルガーSV(HSV)は、まだまだ残留を諦めていないようだ。ドイツ『インフランケン』が報じた。<br><br>HSVは21日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクと対戦。今節の結果次第では史上初の降格が決まってしまう可能性もあったが、ルイス・ホルトビーの1点を守りきり、貴重な勝ち点3を手にした。フル出場を果たした酒井は「どんな試合も捨てるつもりはありません」とすでに次節以降を見据えている。<br><br>好守で白星に貢献したGKユリアン・ポラースベックも「今日は良い気分だが、明日からは(次節の)ヴォルフスブルク戦にフォーカスしなければならない」と話している。<br><br>現在、勝ち点30で降格圏に沈むHSVだが、14位のヴォルフスブルクまで勝ち点は5差。次節で勝利することができれば、残り2試合で勝ち点は2差と、射程圏に入る。奇跡の残留へ向け、まだまだ諦める様子はない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤先発のHSV、残留争うフライブルクに勝利で逆転残留に望み《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは21日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクをホームに迎え、1-0で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は87分までプレーしている。 ▽前節ホッフェンハイム戦を0-2と完敗し、クラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)は、負傷が心配された酒井高が先発。伊藤も3試合連続先発となった。 ▽4連敗で残留プレーオフに回らなければならない16位に後退したフライブルク(勝ち点30)に対し、[4-3-3]で臨んだHSVは伊藤が左ウイング、酒井高が左サイドバックに入った。 ▽コスティッチの仕掛けを起点に積極的な入りを見せたHSVだったが、徐々にトーンダウン。フライブルクに押し込まれる展開を強いられると、30分にはFKからソユンクにヘディングシュートでGKを強襲される。 ▽さらに35分、ボックス内から立て続けに決定的なシュートを許したHSVだったが、GKポラースベックがファインセーブで阻止。42分にもゴール至近距離からシュートを打たれる大ピンチを迎えるも、ここもGKポラースベックが好セーブで凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半から右ウイングに伊藤を回したHSVが主導権を握り返すと54分、先制する。ボックス中央でルーズボールを拾ったホルトビーがDF2人を個人技でかわして最後は左足でねじ込んだ。 ▽先制したHSVはワルドシュミッドに代えてウッドを投入。攻撃の圧力をかけ続けると、71分に数的優位となる。コスティッチを倒したソユンクに2枚目のイエローカードが提示されて退場となった。 ▽終盤にかけてもHSVがフライブルクの反撃を許さずに1-0で逃げ切り。5連敗となったフライブルクに対し、残り3試合で5ポイント差に迫っている。 2018.04.22 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

崖っぷちHSV、酒井高徳は欠場濃厚…負ければブンデス創設以来初の2部降格の可能性も

▽日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)は、21日に行われるブンデスリーガ第31節でホームにフライブルクを迎える。残留を懸けた重要な一戦だ。 ▽HSVは第30節を終えた時点で勝ち点22で17位に位置。このままではクラブ史上初めてブンデスリーガ1部からの降格が決まってしまう危機的状況となっている。 ▽入れ替え戦が行われる16位とは現在勝ち点差は「8」。現時点でその16位に位置しているのが今節激突するフライブルクだ。その決戦に向けて行われた練習では、DF酒井高徳が足首のケガで欠席。負けられない一戦に向けてHSVはキャプテンを欠いて戦うことが濃厚となった。 ▽もし第31節でHSVが敗れた場合、ある条件が揃ってしまえばその時点で2部降格が決定してしまう。それは14位のヴォルフスブルク(勝ち点30)がアウェイのボルシアMG戦で勝利し、且つ15位のマインツ(勝ち点30)がアウグスブルクとのアウェイ戦で勝利した場合だ。ドイツ『キッカー』によれば、HSVが降格となればブンデス創設以来19966日目にして初めてクラブが2部降格を味わってしまうことになるという。 2018.04.18 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初の降格迫るHSV…主将・酒井高徳は諦めず「信じないといけない」

ハンブルガーSV(HSV)は、14日に行われたブンデスリーガ第30節でホッフェンハイムに0-2と敗れた。試合後、DF酒井高徳は「残留を信じている」とかたった。ブンデスリーガ公式日本語版が伝えた。<br><br>前節2位シャルケ相手に勝利を挙げたHSV。酒井高徳、伊藤達哉両日本人選手も先発し、勢いを持ってポイントを獲りたいところだったが、18分に失点。さらにその9分後にもゴールを奪われる。結局、敵地で終始圧倒され、0-2と敗れた。<br><br>試合後、主将を務めた酒井高徳は「がっかりしている」と語った。<br><br>「敗戦はいつでも辛いものです。前半は自分たちのプラン通りのプレーができなかった。後半からは良い反応ができましたが、ブンデスリーガで勝つためには良いプレーを45分するだけでは足りません。がっかりはしていますが、それでもやり続けますし、まだ全てのことを信じています」<br><br>この結果、HSVは勝ち点22から伸ばせず。15日に試合を控えている入れ替え戦圏内の16位マインツとは5ポイント差。残り4試合となったブンデスリーガで、残留が非常に厳しくなった。<br><br>それでも、キャプテンは諦めていないようだ。<br><br>「(残留を)まだ信じています。信じないといけません。サッカーでは、信じられないようなことも起こります。そういうものを僕自身もたくさん見てきました。そういう望みを各々が持ち、チームとして信じて、やり続けていきます。それ以外のことはできませんし、皆で一緒に希望を持って自分たちの道を進みます」<br><br>「今日の試合終了後も、ファンたちは僕たちのことを信じてくれていることを見せてくれました。僕たちと同じ気持ちでいるということです。次節、ホームでファンと一緒にまた勝ち点3を獲得したいと思います」<br><br>クラブ史上、未だブンデスリーガから降格を経験したことがないHSV。奇跡的な残留を果たすことが出来るだろうか。残り4試合の相手は、フライブルク、ヴォルフスブルク、フランクフルト、ボルシアMGだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.15 19:59 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース