ハリル監督解任は岡崎慎司に追い風?レスター地元紙が特集「チャンスは急激に高まっている」2018.04.10 08:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
レスター地元紙『レスター・マーキュリー』は、日本代表の指揮官交代はFW岡崎慎司のロシア・ワールドカップ出場に追い風となると考えているようだ。

JFA(日本サッカー協会)は9日、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約解除を発表。後任に西野朗氏が就任することを発表した。W杯開幕2カ月前の人事に、日本のみならず世界中に衝撃が走っている。

そんな中、『レスター・マーキュリー』は「シンジ・オカザキのワールドカップへの望みが高まった」と題し特集。昨年11月に続き、3月のベルギー遠征でも招集外となった31歳のFWに、追い風が吹いているとしている。

「日本代表として歴代3位となる50ゴールをマークするオカザキを2回連続で招集しなかったハリルホジッチは、ロシア行きのチケットをつかむも、マリ戦のドローやウクライナ戦の敗戦など低調な結果を続け、大きなプレッシャーに晒されてきた。4年前はアルジェリアを率いて決勝トーナメントに進んだ65歳の指揮官だが、W杯まで2カ月のこのタイミングでクビを切られた」

「ハリルホジッチは、オカザキのクラブでの役割、ストライカーとして十分に得点を奪えていないことを批判していた。しかし、日本が監督交代に踏み切ったことで、31歳の彼がワールドカップに出場できるチャンスは急激に高まっている」

2010年の南アフリカ、2014年のブラジルと、2大会連続でW杯に出場している岡崎。経験豊富なストライカーは、日本代表としてロシアのピッチを踏むことが出来るのだろうか。

 


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース