ライプツィヒとのCL出場権争いを制したレバークーゼンが4位浮上《ブンデスリーガ》2018.04.10 05:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節、ライプツィヒvsレバークーゼンが9日に行われ、1-4でレバークーゼンが快勝した。

▽前節ハノーファーとの打ち合いを制して4位に浮上したライプツィヒ(勝ち点46)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのマルセイユ戦を1-0と先勝し、ベスト4に近づいた中、チャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位死守を目指した。

▽一方、アウグスブルクにゴールレスドローに終わった5位レバークーゼン(勝ち点45)、2戦勝利から見放されている中、CL出場権獲得へ正念場の一戦を迎えた。

▽立ち上がりからオープンな展開で推移したCL出場権争い。まずはレバークーゼンが4分にFKの流れからバウムガルトリンガーがヘディングシュートでオンターゲットを記録すると、ライプツィヒは15分にN・ケイタがミドルシュートで応戦。すると、17分に試合を動かした。Y・ポウルセンのヘッドでの落としを、ペナルティアーク右のサビツァーが右足を一閃。これがゴール左に決まってライプツィヒが先制した。

▽失点したレバークーゼンはS・ベンダーが負傷によってプレー続行不可能となってレトソスが投入される。その後はレバークーゼンが攻勢に出ると、31分に決定機。ハフェルツのスルーパスに抜け出したブラントがボックス中央に侵入。DFに寄せられながらトゥキックシュートを浴びせるが、GKグラーチにセーブされた。

▽ハーフタイムにかけては互いにゴールに迫った中、45分にレバークーゼンが試合を振り出しに戻した。ロングカウンターからベイリーが右サイドを持ち上がってクロス。ボックス中央に走り込んだハフェルツがボレーシュートでゴール左に叩き込んだ。

▽迎えた後半開始6分、レバークーゼンが逆転に成功する。ゴールキックの流れからボックス中央に侵入したブラントがそのままシュートを蹴り込んだ。さらに56分、FKの流れからボックス右のレトソスがボレーシュートを蹴り込み、一気にリードを2点に広げる。

▽畳みかけるレバークーゼンは、69分に勝負を決定付けた。ウパメカノのミスパスをカットしてショートカウンターに転じると、ブラントの右クロスをフォラントが確実にゴールへ流し込んだ。

▽終盤にかけてはレバークーゼンが余裕を持って時間を消化。4-1のまま勝利し、4位に浮上している。一方、敗れたライプツィヒは6位転落となった。
コメント
関連ニュース
thumb

元ドイツ代表FWキースリンクが現役時代の不正明かす! 妻をフィットネステストの替え玉に

▽昨季限りで現役を引退した元ドイツ代表FWシュテファン・キースリンク氏(34)が現役時代に行った自身の不正行為を明かした。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 ▽現役時代にニュルンベルク、レバークーゼンで活躍した元ドイツ代表FWのキースリンク氏は、今年10月から12年間に渡って在籍した古巣レバークーゼンでスポーツ部門のアドバイザーに就任している。 ▽そのレバークーゼンのレジェンドストライカーは現役時代に妻をフィットネステストの替え玉として起用していたことを明かした。 「僕はプレシーズンの準備期間に1度も100パーセントの力でエクササイズをしたことはなかった」 「コーチングスタッフは僕に心拍数の測定とすべてのエクササイズを保存する測定器を渡してくるんだ」 「そして、僕の妻はとても運動好きで、彼女は僕に渡されたリストバンド(測定器)を着用して度々激しいエクササイズをこなしてくれたんだ」 「彼女はとてもうまくやってくれたし、誰にも気付かれたことはなかった」 ▽ドイツ人選手は勤勉というイメージを完全に払しょくするキースリンク氏の告白よりも、キースリンク氏に割り当てられたエクササイズを問題なくこなせる奥さんのアスリート能力に驚かされるばかりだ。 2018.12.06 17:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが欧州100点目を記録! 韓国人選手史上2人目

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)が5日に行われたサウサンプトン戦(3-1で勝利)で1ゴールを記録し、ヨーロッパのキャリアで通算100ゴールを達成した。『koreaherald』が伝えている。 ▽ソン・フンミンは5日、日本代表DF吉田麻也を擁するサウサンプトンをホームに迎えたプレミアリーグ第15節でフル出場を果たすと、後半の55分にFWハリー・ケインのクロスを冷静にワンタッチで流し込み、自身の今季リーグ戦2点目とした。 ▽そして、今回の得点によってソン・フンミンはハンブルガーSV、レバークーゼン、トッテナムで積み上げてきた公式戦での得点数が「100」の大台に乗った。 ▽2010年から2013年まで在籍したHSVでは78試合に出場し20ゴール。2013年から2015年まで在籍したレバークーゼンでは87試合に出場し29ゴール。そして、2015年から在籍するトッテナムでは157試合に出場し51ゴールを記録している。 ▽なお、韓国人選手では1970年代後半から1980年代にダルムシュタット、フランクフルト、レバークーゼンで活躍した元韓国代表FWのチャ・ボムグン氏が欧州通算121ゴールという記録を残している。そして、同氏に続いて100ゴールを達成したソン・フンミンは今季中、あるいは来季に記録更新を目指す。 2018.12.06 13:21 Thu
twitterfacebook
thumb

久保先発のニュルンベルクがホームで引き分けリーグ7戦未勝利《ブンデスリーガ》

▽久保裕也の所属するニュルンベルクは3日、ブンデスリーガ第13節でレバークーゼンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。久保は58分までプレー。 ▽前節のシャルケ戦で大敗を喫しリーグ戦6戦未勝利中のニュルンベルクは、前節からスタメンを4人変更。出場停止のバウアーやパラシオス、GKマゼニアらに代えてケルクやミシジャン、GKブレドウらをスタメンに起用した。 ▽久保を2トップの一角に起用した[4-4-2]で試合に臨んだニュルンベルクは、立ち上がりからレバークーゼンにボールを保持されると10分にピンチ。ブラントの右CKをボックス中央左で拾ったS・ベンダーが、雨で濡れたピッチでバランスを崩しながらもシュート。しかし、これはクロスバーに弾かれた。 ▽難を逃れたニュルンベルクだが、レバークーゼンに主導権を握られると、30分に失点を許す。ブラントのパスをボックス右深くで受けたフォラントがクロスを供給すると、GKブレドウがパンチングしたセカンドボールをゴール前でハフェルツに拾われると、冷静にゴール右隅へシュートを流し込まれた。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはニュルンベルク。57分、左CKのセカンドボールを再び拾ったケルクが左クロスを供給。一度は相手DFにクリアされたが、こぼれ球をボックス中央のマルグリッターが流し込んだ。 ▽同点とされたニュルンベルクは、58分に久保を下げてズレリャクを投入。さらに77分にはケルクを下げてパラシオスをピッチに送り出した。しかし、その後もスコアは動かず1-1で試合終了。ニュルンベルクは、リーグ戦7試合未勝利となっている。 2018.12.04 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫が今季2ゴール目もブレーメン、レバークーゼンに6失点大敗で2位浮上のチャンスを逸する《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは28日、ブンデスリーガ第9節でレバークーゼンをホームに迎え、2-6で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は79分までプレーし、今季2ゴール目を記録している。 ▽前節シャルケ戦を勝利して2連勝とした3位ブレーメン(勝ち点17)は、大迫が[3-5-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽13位レバークーゼン(勝ち点8)に対し、 ブレーメンは8分に失点する。ブラントのパスを受けて右サイドのスペースを突いたベララビのクロスを、ファーサイドのフォラントに押し込まれた。 ▽失点後、前がかるブレーメンは23分に同点のチャンス。ボックス左のアウグスティンションがGKを強襲するシュートを浴びせ、ルーズボールをクルーゼがシュートするもゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽したたかにカウンターを狙うレバークーゼンがベララビ、ハフェルツらに決定機が訪れていた中、38分に突き放した。大迫からボールを奪取してカウンター返しを浴びせ、右サイドのベララビのクロスのルーズボールをブラントが蹴り込んだ。 ▽さらに45分、フォラントのスルーパスを受けたボックス右のベララビがチップキックシュートを流し込み、3-0で前半を終えた。 ▽後半からDFのフリードルに代えてピサーロを投入したブレーメンは、51分にベララビに右ポスト直撃のシュートを浴びてひやりとさせられる。 ▽そのブレーメンの反撃は55分、左クロスに大迫が左足で合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。それでも60分、ピサーロが1点を返す。クラーセンのスルーパスをボックス中央で受けたピサーロがGKとの一対一を制した。 ▽ピサーロの今季初ゴールで2点差としたブレーメンは62分、CKから大迫がルーズボールを蹴り込むと、一度はオフサイドと判定されるもVARの末にゴールと認められ、1点差に詰め寄った。 ▽押せ押せムードのブレーメンだったが、67分に突き放される。フォラントのスルーパスでボックス左まで進入したハフェルツにチップキックシュートでGKとの一対一を制された。 ▽さらに72分、CKからドラゴビッチにゴールを許すと、77分にはハフェルツにこの試合2点目を決められて2-6。大迫が今季2ゴール目を決めたものの、ブレーメンは守備が崩壊する大敗を喫し、2位浮上のチャンスを逸した。 2018.10.29 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、終了間際に同点弾許しドロー…原口はフル出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節が20日に行われ、レバークーゼンはハノーファーと対戦。ケガ明けの浅野拓磨はベンチスタート、日本代表から戻ってきた原口元気はスタメンとなった。<br><br>試合は25分にハノーファーが先制。フロレント・ムスリージャが直接FKでゴールを挙げて待望の先制点を奪う。しかし、34分に中盤から飛び出しを見せたラース・ベンダーが右足で流し込み、レバークーゼンがスコアをタイに戻す。<br><br>しかし、ハノーファーがまたもセットプレーからスコアを動かす。右からのコーナーはクリアされてファーに流れるも、DFフェリペがダイレクトボレーで豪快にネットを揺らす。再びハノーファーがリードを奪った。その3分後、フェリペは2枚目のイエローカードで退場となり、ハノーファーは数的不利に陥ってしまう。<br><br>それでも、ハノーファーは時間を使いながら、終盤までリードを保つ。しかし、アディショナルタイムに落とし穴が。カリム・ベララビの右サイドからの強烈なシュートがゴール左へ突き刺さる。これがラストプレーとなり、2-2で終了した。<br><br>原口は守備で奮闘しながらフル出場。浅野は出番なしとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 00:59 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース