ライプツィヒとのCL出場権争いを制したレバークーゼンが4位浮上《ブンデスリーガ》2018.04.10 05:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節、ライプツィヒvsレバークーゼンが9日に行われ、1-4でレバークーゼンが快勝した。

▽前節ハノーファーとの打ち合いを制して4位に浮上したライプツィヒ(勝ち点46)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのマルセイユ戦を1-0と先勝し、ベスト4に近づいた中、チャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位死守を目指した。

▽一方、アウグスブルクにゴールレスドローに終わった5位レバークーゼン(勝ち点45)、2戦勝利から見放されている中、CL出場権獲得へ正念場の一戦を迎えた。

▽立ち上がりからオープンな展開で推移したCL出場権争い。まずはレバークーゼンが4分にFKの流れからバウムガルトリンガーがヘディングシュートでオンターゲットを記録すると、ライプツィヒは15分にN・ケイタがミドルシュートで応戦。すると、17分に試合を動かした。Y・ポウルセンのヘッドでの落としを、ペナルティアーク右のサビツァーが右足を一閃。これがゴール左に決まってライプツィヒが先制した。

▽失点したレバークーゼンはS・ベンダーが負傷によってプレー続行不可能となってレトソスが投入される。その後はレバークーゼンが攻勢に出ると、31分に決定機。ハフェルツのスルーパスに抜け出したブラントがボックス中央に侵入。DFに寄せられながらトゥキックシュートを浴びせるが、GKグラーチにセーブされた。

▽ハーフタイムにかけては互いにゴールに迫った中、45分にレバークーゼンが試合を振り出しに戻した。ロングカウンターからベイリーが右サイドを持ち上がってクロス。ボックス中央に走り込んだハフェルツがボレーシュートでゴール左に叩き込んだ。

▽迎えた後半開始6分、レバークーゼンが逆転に成功する。ゴールキックの流れからボックス中央に侵入したブラントがそのままシュートを蹴り込んだ。さらに56分、FKの流れからボックス右のレトソスがボレーシュートを蹴り込み、一気にリードを2点に広げる。

▽畳みかけるレバークーゼンは、69分に勝負を決定付けた。ウパメカノのミスパスをカットしてショートカウンターに転じると、ブラントの右クロスをフォラントが確実にゴールへ流し込んだ。

▽終盤にかけてはレバークーゼンが余裕を持って時間を消化。4-1のまま勝利し、4位に浮上している。一方、敗れたライプツィヒは6位転落となった。

コメント

関連ニュース

thumb

先制許すもバイエルン、ベララビ退場のレバークーゼンに3発快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節、バイエルンvsレバークーゼンが15日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。 ▽前節シュツットガルト戦を3-0と快勝し、2連勝スタートとしたバイエルンは、3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、ニャブリを起用した。 ▽2連敗スタートとなったレバークーゼンに対し、開始2分、フォラントのシュートがボックス内のチアゴの手に当たり、PKを献上する。しかし、キッカーのフォラントが枠の左を狙ったシュートはGKノイアーがセーブ。ところが、バイエルンの選手がキックの前にボックス内に入っていたとして蹴り直しとなると、今度はヴェンデウに決められ、先制を許した。 ▽それでも10分、ヴェンデウのキックミスからショートカウンターに転じ、ボックス左のトリッソが左足ボレーでゴール右へ蹴り込み、すかさず同点とした。 ▽さらに19分、バイエルンが一気に逆転する。キミッヒのフィードのルーズボールをボックス右のロッベンが拾うと、豪快なボレーシュートでゴール左上に突き刺した。 ▽その後、27分に負傷したL・ベンダーに代わってブラントを投入したレバークーゼンに対し、バイエルンは30分にミュラーがミドルシュートでGKを強襲。ハーフタイムにかけてもバイエルンが一方的な展開としたまま2-1で前半を終えた。 ▽後半もバイエルンが敵陣で試合を進める展開が続いた中、終盤の80分にレバークーゼンに退場者が出る。途中出場のベララビが後方からラフィーニャのアキレス腱を踏みつけた。 ▽そして89分、数的優位となったバイエルンは途中出場のハメス・ロドリゲスがヘディングシュートを決めて3-1で快勝。開幕3連勝としている。 2018.09.16 05:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第3節プレビュー】連勝スタートのバイエルンvs連敗スタートのレバークーゼン、大迫vs久保の日本人対決

▽代表ウィーク前に行われた前節では大迫が移籍後リーグ戦初ゴールを決め、ブレーメンが今季初勝利を収めた。王者バイエルンはシュツットガルトに快勝した一方、シャルケとレバークーゼンがまさかの2連敗スタートとなり、ドルトムントが引き分けに終わっている。迎える第3節では土曜にバイエルンvsレバークーゼン、日曜に大迫vs久保の日本人対決が組まれている。 ▽まずはバイエルンvsレバークーゼンから。前節シュツットガルト戦ではレヴァンドフスキとミュラーの1ゴール1アシストなどで3-0と快勝し、2連勝スタートとしたバイエルン。コバチ体制下で順調なスタートを切った中、2試合で5失点と守備が崩壊し、まさかの2連敗スタートとなったレバークーゼンを撃破して3連勝スタートとなるか。 ▽続いて大迫ブレーメンvs久保ニュルンベルク。フランクフルト戦では長谷部との対決が実現しなかった中、オフサイドトラップをかいくぐって今季初ゴールをマークした大迫。2試合連続ゴールでチームの勝利に貢献できるか。 ▽対する久保はマインツ戦でも幾つかゴールに迫るシーンを生み出し、存在感を見せている。パフォーマンスは悪くないだけにそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、代表の先輩である大迫の前でゴールとなるか。 ▽金曜には香川ドルトムントvs長谷部フランクフルトが行われる。共に前節はベンチ外と厳しい立場にあるが、試合に絡むことはできるか。 ▽ハノーファーはライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。前節ドルトムント戦で2試合連続先発となった浅野は見せ場なく前半のみの出場となった。原口は出場機会がなかったが、強豪ライプツィヒ戦で2人は存在感を見せられるか。2試合連続ベンチ外と苦しい宇佐美はホッフェンハイムとのホーム戦を戦う。 ◆ブンデスリーガ第3節 ▽9/14(金) 《27:30》 ドルトムント vs フランクフルト ▽9/15(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs ヘルタ・ベルリン マインツ vs アウグスブルク ライプツィヒ vs ハノーファー バイエルン vs レバークーゼン デュッセルドルフ vs ホッフェンハイム 《25:30》 ボルシアMG vs シャルケ ▽9/16(日) 《22:30》 ブレーメン vs ニュルンベルク 《25:00》 フライブルク vs シュツットガルト 2018.09.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコ、レバークーゼンのドイツ代表SBヘンリクスを獲得

▽モナコは28日、レバークーゼンのドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、ドイツ『キッカー』によると移籍金は2000万ユーロ(約26億円)とのことだ。 ▽レバークーゼンの下部組織で育った両サイドバックをこなせる右利きのヘンリクスは、2015年8月にトップチームデビュー。これまでレバークーゼンで公式戦76試合に出場して5アシストを記録。昨季はブンデスリーガで23試合に出場し、準主力として活躍していた。 ▽ドイツ代表としてはU-15から選出され、2017年5月にトップ代表デビュー。これまで3試合に出場している。 2018.08.29 05:01 Wed
twitterfacebook
thumb

家族を愛するドイツ代表の逸材FW、親兄弟のために家を買う 「僕らはテラスハウスに住んでいた」

ドイツ代表FWユリアン・ブラントが、自身と家族の結びつきについて語った。ブンデスリーガ公式サイトが、ドイツ紙『ビルト』で語ったコメントを伝えている。<br><br>2013-14シーズンにレバークーゼンでデビューしたブラントは、ここまで同クラブで公式戦173試合に出場して32得点を記録。22歳ながらドイツ代表としても19試合に出場しており、世界屈指の若手として評価されている。<br><br>そのブラントは、自身を支えてくれている家族に対する感謝を述べて、あるエピソードを語っている。<br><br>「僕たち(家族)はブレーメンのテラスハウスに住んでいたんだ。5人家族としては狭かったよ。でも、すごく居心地は良くて好きだったけどね。僕はプロになって若手として十分なお金を稼げるようになった時、家族により大きな家を購入したんだ。本当に僕の(家族に対する)気持ちだったんだ。僕の両親や兄弟がお金を払うことはないよ。そうなることだけは、僕が嫌だったんだ」<br><br>「僕ら家族の結びつきは非常に強いんだ。とても特別なものだ。両親と3人兄弟だね。父親に代理人をしてもらっているのも、僕の希望だった。すごく良い仕事をしてくれているね。争ったことなんてない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.23 14:41 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ビッグクラブ関心のベイリーと2023年まで契約延長!

▽レバークーゼンは19日、U-23ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 ▽高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは、2015年にヘンクでプロデビュー。昨夏加入したレバークーゼンでは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ30試合を含む公式戦34試合に出場し12ゴール6アシストを記録した。 ▽今夏にはチェルシーやリバプールといったプレミア勢ほか、ローマやマドリーからも関心を寄せられていた。 2018.08.19 21:45 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース