【質疑応答5】田嶋幸三JFA会長、西野朗新監督の契約は「ロシアW杯まで」…好成績が残せなかった場合の責任は?2018.04.09 22:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。西野朗監督の契約期間や、本大会で好成績が残せなかった際の責任について明かしている。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──4年前のW杯が終わった後に『W杯を知っている・世界のトップを知っている』ことが監督の条件でした。(当時と会長・技術委員長が違うこともあるが)西野氏を選んだことで今までの流れとの矛盾が生まれているが、西野さんを選んだことのポジティブな理由は
「ザッケローニ監督が成果を出すことが出来なかったことの反省、技術委員会の反省で『ザッケローニ監督がW杯で指揮していなかった』という指摘がありました。それでW杯経験がある人として、アギーレさん、そして次にハリルホジッチ監督になりました。これまでW杯で素晴らしい成果を上げていました」

「ここは緊急事態になってしまったということです。最後までハリルホジッチ監督をサポートし続けた西野さんを選んだということです。スタッフはみんなサポートを惜しまなかったわけですけども、その中でも西野さんが今までの経験等であったということで、今外部の全く関係ない人を連れてきて指揮をさせる方がリスクが高いと思いました。そのため、内部の人を選びました。ただ、もしこのロジックを続けていくと岡田(武史)監督以外は日本代表の監督ができなくなるということで、W杯後は考えないといけないと思っています」

──西野監督の契約期間と、後任の技術委員長は
「契約期間はロシアW杯までです。後任の技術委員長は人選しており、木曜までに理事会で出したいなと思います」

──ウクライナ戦後に解任を決めていたか
「ウクライナ戦を前に法務的な手続きについて調べたことはありません。それくらいハリルホジッチ監督を信頼・サポートをしていくという結論になっていました。今回、マリ戦・ウクライナ戦の後に様々な情報を収集した中で、これは最終的な決断になるかもしれないと思い、様々なことを分析し始めたということです。そのために時間がかかったというのはあります」

──誰と話し合って決めたか
「最終的な意思決定は、会長の専権事項だと監督に対しては認識していました。ただ、多くの方に相談しました。よく漏れなかったなと思うくらい、いろんな人に相談しました。ただ、緊急を要する結論ですから私が決めました」

──これまでの話からいかに技術委員会が機能していなかったかがなんとなく分かりました。その中での英断について、W杯ベスト16入りがノルマになると思うが、達成できなかった場合の会長ご自身の責任は
「この決断をしなければ私の責任はなかったのか? ということです。会長というのはその時、その時で日本サッカー界の発展のために必要な決断をしていくことが責任だと思っています。辞める辞めないを軽々に言うつもりはありません。1%でも2%でもベスト16に入れる可能性を上げるための選択をしたと考えています。それが私の責任です」

「技術委員会が全く機能していなかったというのは、そんなことありません。彼らは必死になってこの代表チームをサポートし、改善していくために動いていたことは事実です。ただ、監督が主導的な立場にあり、監督主導でやっているように思われたと思いますが、そのサポートをやってきているのを私はよく見ています。全く機能していなかったというのは、僕は当たっていないと思っています」

「ベスト16が突破できたか、できなかったかという責任についてはその都度考えなくてはいけないと思います。誰かが辞めれば済むのかという問題も含めて私は考えているつもりです。その責任を恐れて何もしないのではなく、少しでも勝つ可能性を考えてやっていく、その決断をしたということが責任だと思います」

──ハリルホジッチ監督は『メンバー発表は2段階』であることを言っていたが
「大筋なところを変えるつもりはありません。ただ、今後どうしていくかは木曜日までに分かればお伝えしたいと思います」

「ありがとうございました。この危機を良い方向に持っていきたいと思っています。オールジャパンで我々のコーチングスタッフ、アドミニストレーション、トレセンコーチ、サッカー協会、JFAハウスにいる人、みなさん、メディアを通して応援してくださっている皆様、本当に日本が団結していく良いチャンスにしたいと思います。残念ながら今、違った方向であったと認識しています。良い方向に向く日本代表にしていきたいと思います。ぜひ応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成はいつもどおりのプレーを心がける《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたFC東京のDF室屋成は、以下のように意気込みを語っている。 ◆DF室屋成 「日本代表メンバーに選出いただき、大変嬉しく思います。チームとしてアジアカップ優勝をめざすとともに、個人としてもいつもどおりのプレーを心がけチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 2018.12.12 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が口にするのは結果「結果にこだわってプレーしたい」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽フル代表としては自身初の国際大会となる清水エスパルスのFW北川航也は、結果にこだわることを誓った。 ◆FW北川航也 「日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師を胴上げへ! 広島MF青山敏弘、DF佐々木翔が意気込む《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督制で精神的支柱としての役割を果たすサンフレッチェ広島MF青山敏弘と、今シーズン復活を遂げたDF佐々木翔は以下のように意気込みを語っている。 ◆MF青山敏弘 「日本代表に選ばれて光栄です。今大会ではタイトルを目指し、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」 ◆DF佐々木翔 「日本代表に選出されて嬉しく思います。難しい戦いが待っていると思いますが、日本の代表として責任を持ち、全力で戦います。応援をよろしくお願いいたします」 2018.12.12 16:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース