【質疑応答5】田嶋幸三JFA会長、西野朗新監督の契約は「ロシアW杯まで」…好成績が残せなかった場合の責任は?2018.04.09 22:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。西野朗監督の契約期間や、本大会で好成績が残せなかった際の責任について明かしている。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──4年前のW杯が終わった後に『W杯を知っている・世界のトップを知っている』ことが監督の条件でした。(当時と会長・技術委員長が違うこともあるが)西野氏を選んだことで今までの流れとの矛盾が生まれているが、西野さんを選んだことのポジティブな理由は
「ザッケローニ監督が成果を出すことが出来なかったことの反省、技術委員会の反省で『ザッケローニ監督がW杯で指揮していなかった』という指摘がありました。それでW杯経験がある人として、アギーレさん、そして次にハリルホジッチ監督になりました。これまでW杯で素晴らしい成果を上げていました」

「ここは緊急事態になってしまったということです。最後までハリルホジッチ監督をサポートし続けた西野さんを選んだということです。スタッフはみんなサポートを惜しまなかったわけですけども、その中でも西野さんが今までの経験等であったということで、今外部の全く関係ない人を連れてきて指揮をさせる方がリスクが高いと思いました。そのため、内部の人を選びました。ただ、もしこのロジックを続けていくと岡田(武史)監督以外は日本代表の監督ができなくなるということで、W杯後は考えないといけないと思っています」

──西野監督の契約期間と、後任の技術委員長は
「契約期間はロシアW杯までです。後任の技術委員長は人選しており、木曜までに理事会で出したいなと思います」

──ウクライナ戦後に解任を決めていたか
「ウクライナ戦を前に法務的な手続きについて調べたことはありません。それくらいハリルホジッチ監督を信頼・サポートをしていくという結論になっていました。今回、マリ戦・ウクライナ戦の後に様々な情報を収集した中で、これは最終的な決断になるかもしれないと思い、様々なことを分析し始めたということです。そのために時間がかかったというのはあります」

──誰と話し合って決めたか
「最終的な意思決定は、会長の専権事項だと監督に対しては認識していました。ただ、多くの方に相談しました。よく漏れなかったなと思うくらい、いろんな人に相談しました。ただ、緊急を要する結論ですから私が決めました」

──これまでの話からいかに技術委員会が機能していなかったかがなんとなく分かりました。その中での英断について、W杯ベスト16入りがノルマになると思うが、達成できなかった場合の会長ご自身の責任は
「この決断をしなければ私の責任はなかったのか? ということです。会長というのはその時、その時で日本サッカー界の発展のために必要な決断をしていくことが責任だと思っています。辞める辞めないを軽々に言うつもりはありません。1%でも2%でもベスト16に入れる可能性を上げるための選択をしたと考えています。それが私の責任です」

「技術委員会が全く機能していなかったというのは、そんなことありません。彼らは必死になってこの代表チームをサポートし、改善していくために動いていたことは事実です。ただ、監督が主導的な立場にあり、監督主導でやっているように思われたと思いますが、そのサポートをやってきているのを私はよく見ています。全く機能していなかったというのは、僕は当たっていないと思っています」

「ベスト16が突破できたか、できなかったかという責任についてはその都度考えなくてはいけないと思います。誰かが辞めれば済むのかという問題も含めて私は考えているつもりです。その責任を恐れて何もしないのではなく、少しでも勝つ可能性を考えてやっていく、その決断をしたということが責任だと思います」

──ハリルホジッチ監督は『メンバー発表は2段階』であることを言っていたが
「大筋なところを変えるつもりはありません。ただ、今後どうしていくかは木曜日までに分かればお伝えしたいと思います」

「ありがとうございました。この危機を良い方向に持っていきたいと思っています。オールジャパンで我々のコーチングスタッフ、アドミニストレーション、トレセンコーチ、サッカー協会、JFAハウスにいる人、みなさん、メディアを通して応援してくださっている皆様、本当に日本が団結していく良いチャンスにしたいと思います。残念ながら今、違った方向であったと認識しています。良い方向に向く日本代表にしていきたいと思います。ぜひ応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今後の成長の糧に! DF畠中槙之輔「どれだけ良いものをチームに持って帰れるか」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 初の選出となっている横浜F・マリノスDF畠中槙之輔は、2日目にして徐々に代表に馴染み始めているようだ。また、今回の代表活動を成長の糧とすることを志している。 ◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ──代表の雰囲気には馴染めたか 「2日目ですけど、だいぶ色々な選手と話が出来てます」 ──宿舎での生活はどうか 「宿舎は一人部屋なので、自分の時間が多いです。安西幸輝とかと色々な話をしてます」 ──東京ヴェルディの下部組織出身が多いが 「いえ、ヴェルディユースとは言っても結構前の話なので、久々に会う(中島)翔哉君とかは…。(小林)祐希君に関しては、そんなに今まで深く関わったことが無かったので緊張していましたが、凄く話しやすくて心強いです」 ──今シーズン含め代表合宿に参加するまでを振り返って思う所はあるか 「この代表活動でどれだけ良いものをチームに持って帰れるか。チームのレベルもこれから上がっていくと思うので、しっかり責任を持ってやっていきたいと思います」 ──初招集のタイミングについて 「自分が思ったよりも正直早かったですし、このタイミングで呼ばれたことは凄く嬉しかったです。ここまでの努力が間違っていなかったということだと思うので、吸収出来る所は吸収して、やりたいと思います」 2019.03.19 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

代表初招集の安西幸輝、「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピール!《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先の鹿島アントラーズで攻撃的な左サイドバックとして存在感を際立たせ、初のA代表入りを果たしたDF安西幸輝。トレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表定着に向けて持ち味の「攻撃姿勢」と「フレッシュさ」でアピールすることを誓った。 ◆安西幸輝(鹿島アントラーズ) ──レギュラー争いに入っていくためには? 「自分の特長はやっぱり攻撃。アグレッシブにやるところだと思っています。そこを全面に出していきたいです。正直、経験はないけど、その分、フレッシュさはあるので、まずは試合に出て結果を出すことが大事になってくると思っています」 ──森保ジャパンにおける左サイドバックに求められるプレーの印象とは 「コンパクトな陣形からどんどん飛び出していくサッカーという印象。中盤(2列目)の3人がどんどん前に行くので、それを追い越す動きが求められてくるのかなと思っています」 ──気持ちの高ぶりは? 「サッカーのうまい人たちとやるなかで、『試合に出て、活躍したい』という気持ちがあります。あまり興奮し過ぎると、プレーもうまくいかなくなるので、冷静な気持ちでやっていきたいです」 ──代表選手の実感は? 「あまりないですね。顔なじみがいっぱいいるので。やっぱり香川(真司)さんや乾(貴士)さんとか、一緒にプレーしたことのない選手の高いクオリティにビックリしました」 「あれが『基準』だということは誰しもがわかっていると思うので、そういうところに負けないように、やっていきたいです」 2019.03.19 20:03 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が初代表へ! 自分らしさで勝負《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、2日目のトレーニングを行った。 所属先のシント=トロイデンでチームトップタイのリーグ戦12ゴールを挙げ、満を持して代表初招集のFW鎌田大地。合流初日のトレーニング終了後、メディア陣の囲み取材を受け、代表不参加のブレーメンに所属するFW大迫勇也の代役としてでなく、“己の特長”で勝負することを誓った。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ──ベルギーで前線を務めることで1トップとしてプレーする感覚は掴めているのでは? 「向こうでプレーするようになって、ボールを受ける前の動きや、身体の入れ方は日本にいた頃よりできるようになったと思います」 ──大迫勇也のプレーを観て参考にする部分は? 「『大迫選手みたいになれ』と言われても、絶対になれないです。自分はまた全然違う(タイプ)だと思っていますし、正直、やってみないとわからないという部分の方が強いです」 ──南野拓実とプレーした場合、2トップ気味になってみたり、新たな形ができそうだが 「日本の選手は本当にうまい。細かくパスを回したりできる選手も多いので、チームでやるよりやりやすいと思っています」 ──合流してみて感想は 「初めてリオ世代の代表合宿に行くときより、気持ち的に全然楽でした。リオ世代の選手が多く、元々知っている選手もいたので」 ──冨安健洋から何か情報は 「特に何もないです。部屋に起こしに来るぐらいですね」 2019.03.19 20:02 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース