【質疑応答3】本番まで2カ月…田嶋幸三JFA会長が考える日本の目指すべき道、日本らしいサッカーとは2018.04.09 22:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。日本サッカーの目指すべき道やこれまでの継続性について、西野監督が就任するまでの流れを明かしている。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──日本サッカーが目指すべき道は
「もちろん基本的な戦術やベースは一緒だと思っています。ただ、監督によってやり方が変わるのが事実です。実際、ハリルホジッチ監督がやろうとした速い攻撃が必要なのは我々もわかっているつもりです。それができるかどうか、選手たちが全うできるかどうかを踏まえ、これまでのW杯で通用したところ、しなかったところ、今のサッカーに合うもの、合わないものを分析して我々はチームを作っていかなくてはいけないと思っています」

「最近はやるサッカーに大きな差がなくなってきていることは事実です。自分たちでしっかりと判断し、監督の指示だけでなく自分たちがその場その場で一番良い選択ができるというようなプレーに期待したいです。もちろんベースには監督がやりたいサッカーが出てくると思いますけど、そこはまた木曜日に訊いていただきたいと思います。日本らしいサッカーが確立されてきている中で、それをやはり私は志向してきてほしいと思っています」

──日本らしいサッカーとは
「しっかりとボールをつないでいくサッカーです。これは私の意見ですから、監督がどう思うかは木曜日に訊いて欲しいと思います。ただこういうサッカーが日本のサッカーだと言って、できるものではないと思っています。世界のサッカーに私たちがアダプトしていくことによって、それが自然に日本のサッカーになっていくんだと思います」

──2カ月前での監督交代で、田嶋会長の協会としての責任についてどう考えているか
「これをそのまま放置することで、私の責任がなくなるのかというとそうではないと思います。私は日本サッカー協会の会長としてどんなことにおいても、日本のサッカーの発展を第一に考えなくてはいけないと思っています。そういう意味では、今回2カ月前であったにも関わらず、このような選択をしなくてはいけなかったことには、W杯で勝つ可能性を数%でも上げていきたいということなんです」

「もちろん監督を変えて決勝まで行くぞとか、そんなドラスティックに変わることはない。これは私も一番分かっています。ただ、むざむざと見ている訳にはいかなかったということです。この状況を打破するために監督を交代するという決断をしたということです。ここまでなってしまったことに対する責任はもちろんあるかもしれませんが、みんなが本当にハリルホジッチ監督をサポートし、良くしようとしてきた中で、バランスが崩れてしまったというのが今の状況です。その状況、状況で僕らは決断を変えていかざるを得ない」

「今まではハリルホジッチ監督に続投して頂くということでサポートしてきましたが、ここに来てその状況が変わってしまったということです」

──西野監督に伝えたのはいつか、メンバー発表はこれまでの予定と変わらないか
「西野さんに打診をしたのは先週です。先週の前半です。名古屋で会いました。その次の金曜日の夜にも会って、話をしています。その中で、西野さんは皆さんもご存知の通りとても慎重な方です。しっかりと考えた上で結論を出してくれました。ただ、最終的には僕がハリルホジッチ監督に伝えた後と決めていたので、最終的に決めたのは土曜日の後です」

「メンバー発表などの細かい点については、基本的に流れが大きく変わることはありません。それも木曜日にお伝えしたいと思います。西野さんは慎重な方なので、最初はハッキリとは言わなかったです」

──この4年間で3人目の監督だが、代表強化の継続性についてどのように考えているか
「会長が代わることは2年間の任期ごとに可能性があることなので自然なことです。技術委員長も代わっていますが、基本的な流れは変えてはいけない部分があると思っています。育成や指導者要請の部分はしっかりと過去を踏襲し、日本のスタイルを築き上げていると思います。もちろん良い方向に修正して改善することは当然必要です。それは今後も実行していきます。人が代ろうと代わらなかろうとそれは実行していかなくてはいけません。ただ、頻繁に代わることが良いことかというと、必ずしもそうでないことの方が多いと思います。ただ、その都度事情があるので、一概に全てダメだとは言えないと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

左ヒザ負傷の酒井宏樹は3週間の離脱…今季中の復帰は微妙もW杯は問題なし

▽マルセイユは23日、日本代表DF酒井宏樹が左ヒザ内側側副じん帯の損傷で全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷していた。 ▽今回のケガによって酒井はMF南野拓実との日本人対決が期待されたヨーロッパリーグ準決勝のザルツブルク戦の欠場が確定。また、5月19日に予定されるリーグ・アン最終節アミアン戦での復帰も微妙な状況で今季中の復帰は絶望的だ。 ▽その一方で、リハビリが順調に進めば、2カ月後に控えるロシア・ワールドカップ本大会の出場は十分に可能だ。 2018.04.23 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯大丈夫? 酒井宏樹、左ヒザのねん挫か

▽フランス『レキップ』がマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹の離脱期間を報じた。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷。主力の右サイドバックに君臨する日本代表として開幕まで2カ月を切ったロシア・ワールドカップ出場にも心配の声が挙がっているところだ。 ▽『レキップ』が報じたところによれば、酒井は診断の結果、左ヒザのねん挫で内側側副じん帯の損傷が判明。具体的な期間こそ明記されていないものの、今後数週間の離脱を余儀なくされる可能性があるという。 ▽なお、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は、負傷の酒井に関して、26日にホームで行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのザルツブルク戦の欠場を明言している。 2018.04.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ元日本代表監督が今週末来日へ! JFA幹部との会談と共に反論会見実施へ

▽フランス『レキップ』は19日、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督(65)が今週末に来日する見込みであると報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽ただ、『レキップ』の伝えるところによれば、ハリルホジッチ前監督は今回の決定に関して不満と憤りを示しており、契約解除に向けた正式な書類にサインしていないという。 ▽また、JFA幹部から今回の解任理由に関して改めての説明を求めていると報じられていたハリルホジッチ前監督は、現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末に前述のJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めているようだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jヴィレッジ再始動に向け、メッセージボードに夢。鈴木隆行氏「監督で世界へ」、大黒将志「ゴールし続ける」

▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。 ▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。 ▽イベントでは元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんによるトークショーが実施。その後、メッセージボード「みんなの夢が、動き出す。」がお披露目された。 ▽このメッセージボードは、スポーツに関する夢を書き込み、貼り付けるというもの。子供たちとともに、ゲストの3名も夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽鈴木氏は「監督で世界へ」と書いたとのこと。「今、プロの監督を目指して勉強をしています。選手としてはプレーできないので、監督となって、世界に出ていけるように、夢は大きく持っています」とコメント。「もしかしたら、この子達とやるかもしれないですし。オグリ(大黒)ともやるかもしれないですね」と、将来の指導者としての夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽大黒は「ゴールし続ける」を夢として書いたとのこと。「それが仕事なので、できる限り長く続けていきたいです」とコメントした。 ▽さらに、「僕も将来監督をやりたいと思っているので、まずはタカさん(鈴木氏)のコーチをやらせてもらって、学んでいきたいです」とオファー。すると鈴木氏は「こういった個性が強い2人が監督とコーチになると上手くいきません。僕みたいに適当にやる人がいたら、真面目で頭がクールな人がいいと思います」とオファーをやんわりと断っていた。またパンサー尾形さんは「僕もホペイロで入れてください」とオファーしていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽このメッセージボードは、Jヴィレッジ再始動までに行われるカウントダウンイベントにも登場。各地で、夢を書き込むことが可能となっており、最終的にはJヴィレッジ内に設置される予定となっている。 2018.04.19 23:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース