【質疑応答3】本番まで2カ月…田嶋幸三JFA会長が考える日本の目指すべき道、日本らしいサッカーとは2018.04.09 22:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。日本サッカーの目指すべき道やこれまでの継続性について、西野監督が就任するまでの流れを明かしている。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──日本サッカーが目指すべき道は
「もちろん基本的な戦術やベースは一緒だと思っています。ただ、監督によってやり方が変わるのが事実です。実際、ハリルホジッチ監督がやろうとした速い攻撃が必要なのは我々もわかっているつもりです。それができるかどうか、選手たちが全うできるかどうかを踏まえ、これまでのW杯で通用したところ、しなかったところ、今のサッカーに合うもの、合わないものを分析して我々はチームを作っていかなくてはいけないと思っています」

「最近はやるサッカーに大きな差がなくなってきていることは事実です。自分たちでしっかりと判断し、監督の指示だけでなく自分たちがその場その場で一番良い選択ができるというようなプレーに期待したいです。もちろんベースには監督がやりたいサッカーが出てくると思いますけど、そこはまた木曜日に訊いていただきたいと思います。日本らしいサッカーが確立されてきている中で、それをやはり私は志向してきてほしいと思っています」

──日本らしいサッカーとは
「しっかりとボールをつないでいくサッカーです。これは私の意見ですから、監督がどう思うかは木曜日に訊いて欲しいと思います。ただこういうサッカーが日本のサッカーだと言って、できるものではないと思っています。世界のサッカーに私たちがアダプトしていくことによって、それが自然に日本のサッカーになっていくんだと思います」

──2カ月前での監督交代で、田嶋会長の協会としての責任についてどう考えているか
「これをそのまま放置することで、私の責任がなくなるのかというとそうではないと思います。私は日本サッカー協会の会長としてどんなことにおいても、日本のサッカーの発展を第一に考えなくてはいけないと思っています。そういう意味では、今回2カ月前であったにも関わらず、このような選択をしなくてはいけなかったことには、W杯で勝つ可能性を数%でも上げていきたいということなんです」

「もちろん監督を変えて決勝まで行くぞとか、そんなドラスティックに変わることはない。これは私も一番分かっています。ただ、むざむざと見ている訳にはいかなかったということです。この状況を打破するために監督を交代するという決断をしたということです。ここまでなってしまったことに対する責任はもちろんあるかもしれませんが、みんなが本当にハリルホジッチ監督をサポートし、良くしようとしてきた中で、バランスが崩れてしまったというのが今の状況です。その状況、状況で僕らは決断を変えていかざるを得ない」

「今まではハリルホジッチ監督に続投して頂くということでサポートしてきましたが、ここに来てその状況が変わってしまったということです」

──西野監督に伝えたのはいつか、メンバー発表はこれまでの予定と変わらないか
「西野さんに打診をしたのは先週です。先週の前半です。名古屋で会いました。その次の金曜日の夜にも会って、話をしています。その中で、西野さんは皆さんもご存知の通りとても慎重な方です。しっかりと考えた上で結論を出してくれました。ただ、最終的には僕がハリルホジッチ監督に伝えた後と決めていたので、最終的に決めたのは土曜日の後です」

「メンバー発表などの細かい点については、基本的に流れが大きく変わることはありません。それも木曜日にお伝えしたいと思います。西野さんは慎重な方なので、最初はハッキリとは言わなかったです」

──この4年間で3人目の監督だが、代表強化の継続性についてどのように考えているか
「会長が代わることは2年間の任期ごとに可能性があることなので自然なことです。技術委員長も代わっていますが、基本的な流れは変えてはいけない部分があると思っています。育成や指導者要請の部分はしっかりと過去を踏襲し、日本のスタイルを築き上げていると思います。もちろん良い方向に修正して改善することは当然必要です。それは今後も実行していきます。人が代ろうと代わらなかろうとそれは実行していかなくてはいけません。ただ、頻繁に代わることが良いことかというと、必ずしもそうでないことの方が多いと思います。ただ、その都度事情があるので、一概に全てダメだとは言えないと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

2大会ぶり2度目の優勝目指すなでしこはイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同じグループDに《女子W杯フランス2019》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は8日、フランスのパリで来年6月に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019の組み合わせ抽選会を開催し、グループ分けが決定。この結果、なでしこジャパン(女子日本代表)はグループDに入り、イングランド女子代表、スコットランド女子代表、アルゼンチン女子代表と対戦することが決定した。 ▽2015年のカナダ大会で準優勝のなでしこは今大会で2大会ぶり2度目の優勝を目指す。その悲願達成に向けて重要となるグループステージは、前回大会3位で4大会連続5回目の出場となるイングランド、大会初出場のスコットランドのヨーロッパ勢と、南米予選を3位で終えてパナマとの大陸間プレーオフを制し、3大会ぶり3回目の出場を決めたアルゼンチンの3チームと対戦する。 ▽なお、2019年6月10日に行われるグループ初戦はパリでアルゼンチンと、同14日に行われる第2戦はレンヌでスコットランドと、同19日に行われる第3戦はニースでイングランドと対戦する。 ▽今回の抽選結果を受けて高倉麻子監督は以下のようなコメントを残している。日本サッカー協会(JFA)が伝えた。 「どのグループに入ってどのチームと対戦することになっても難しい試合になることは間違いありません。ワールドカップで再びトロフィーを掲げるという大きな目標はありますが、そこにたどり着くために一つ一つの試合を全力で戦い、その中で成長していきたいと思っています。私たちはチャレンジャーです。対戦国の分析もしますが、まずはなでしこジャパンのサッカーを追求していきたいと思います」 ▽なお、女子W杯フランス2019のグループステージ組み分けは以下の通り。 ◆FIFA女子ワールドカップフランス2019グループ組み分け ▽グループA フランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア ▽グループB ドイツ、中国、スペイン、南アフリカ ▽グループC オーストラリア、イタリア、ブラジル、ジャマイカ ▽グループD イングランド、スコットランド、アルゼンチン、日本 ▽グループE カナダ、カメルーン、ニュージーランド、オランダ ▽グループF アメリカ、タイ、チリ、スウェーデン 2018.12.09 13:11 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表メンバー発表! 久保建英、中村敬斗、齊藤未月ら《ブラジル遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、ブラジル遠征を行うU-19日本代表メンバーを発表した。 ▽今回は、FW久保建英(横浜F・マリノス)やFW中村敬斗(ガンバ大阪)、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)、DF橋岡大樹(浦和レッズ)らJリーグでも出場機会を得る有望株が招集を受けた。 ▽ブラジル遠征は13〜23日まで実施。第1戦や第2戦の相手は現時点で未定だが、第3戦はU-19ブラジル代表との対戦が決まっている。 ◆U-19日本代表メンバー GK 大迫敬介(サンフレッチェ広島) 谷晃生(ガンバ大阪) DF 橋岡大樹(浦和レッズ) 宮本駿晃(柏レイソル) 角田涼太朗(筑波大学) 川井歩(サンフレッチェ広島) 瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18) 菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 小林友希(ヴィッセル神戸U-18) MF 齊藤未月(湘南ベルマーレ) 中島元彦(セレッソ大阪) 郷家友太(ヴィッセル神戸) 山田康太(横浜F・マリノス) 平川怜(FC東京) 斉藤光毅(横浜FCユース) 西川潤(桐光学園高校) FW 田川亨介(サガン鳥栖) 宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 中村敬斗(ガンバ大阪) 久保建英(横浜F・マリノス) 2018.12.07 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

2018年新語・流行語トップ10…「(大迫)半端ないって」が入選

▽年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が3日に発表され、サッカー界から「(大迫)半端ないって」が入選した。 ▽「(大迫)半端ないって」の言葉が誕生したのは、日本代表FW大迫勇也(現ブレーメン)が鹿児島城西高校に在学時代。全国高校サッカー選手権準々決勝で負けた滝川第二高校の選手がロッカールームで発したフレーズだ。 ▽その大迫は今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に出場。グループステージ第1節のコロンビア戦で決勝点を決めたことで、沸騰ワードとしてSNSで再び脚光を浴び、各方面のメディアでも注目を集めた。 ◆2018ユーキャン新語・流行語大賞トップテン 「そだねー」(年間大賞) 「eスポーツ」 「(大迫)半端ないって」 「おっさんずラブ」 「ご飯論法」 「災害級の暑さ」 「スーパーボランティア」 「奈良判定」 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 「#MeToo」 2018.12.03 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑩】ルーキーイヤーの今季劇的成長を遂げた中盤のダイナモ。日本代表でもボランチの軸に?守田英正(川崎フロンターレ/MF)

▽真冬の寒さの中、3万7000人超の大観衆が詰めかけた東京・味の素スタジアムで24日に行われた2018年J1第33節のFC東京vs川崎フロンターレ戦。前半のうちに知念慶の先制点でリードしていたJ1王者・川崎Fが勝負を決めたのは後半5分の2点目だった。 ▽GKチョン・ソンリョンの縦パスを低い位置で受けた守田英正が反転しながら家長昭博に絶妙のボールを通し、エウシーニョと中村憲剛がワンツー。エウシーニョが折り返したところに知念が詰め、そのこぼれ球を長谷川竜也が頭で押し込む形だった。この理想的なカウンターは守田が家長に出した時点で勝負ありだったと言っても過言ではない。今季流通経済大学から加入したルーキーとは思えない中盤のダイナモの成長を色濃く感じさせるシーンだった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">DAZNで王者川崎Fの最終節を観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽「結構タテタテのパスだったんで、僕も角度はなかったですけど、相手が僕に食いついてくるのが1回目に首を振った時に見えたんで、アキ君と憲剛さんがいて、2人とも出せる状況だったんですけど、アキ君の方が角度があったんで出しました。そんな技をいつ身に着けた? どうですかね。普段、憲剛さんや(大島)僚太君がやってることを見よう見まねでやってるだけなんで、自ずとイメージが湧く感じですね」 ▽背番号25は淡々とコメントしていたが、川崎FというJ1連覇を果たした絶対王者のチームで自己研鑽していることは非常に大きな意味を持つ。もともと「ボール奪取職人」という色合いの強かった守田が、中村憲剛や家長、大島ら高度な技術と戦術眼を備えた面々と共演することで、自分に足りないものを補えるからだ。「ウチは『隙あらば行く』ってプレーを常に目指しているチーム。そういうビジョンと頭を養うのはホントに日々の積み重ねしかない」と中村憲剛も神妙な面持ちで話したが、この環境にいられることを守田自身が大いに感謝しているはず。むしろ川崎Fにいなければ、森保一監督率いる日本代表に抜擢されることもなかっただろう。 ▽9月シリーズは山口蛍(セレッソ大阪)のケガによる追加招集はあったが、11月シリーズは青山敏弘(サンフレッチェ広島)の右ひざ負傷で空いた1枠に確実に滑り込み、堂々と選出された。16日のベネズエラ戦(大分)は目下、ボランチのファーストチョイスである柴崎岳(ヘタフェ)と遠藤航(シント=トロイデン)がスタメン出場したが、守田も20日のキルギス戦(豊田)でインパクトを残すことに成功した。とりわけ際立ったのが、後半28分の大迫勇也(ブレーメン)の3点目の場面。鋭い縦パスを前線に供給し、北川航也(清水エスパルス)から大迫へとつながった。そういった気の利いたプレーができるようになった守田を森保監督も高く評価しているはず。青山の状態次第ではあるが、1月の2019年アジアカップ(UAE)のメンバー滑り込みも現実味を帯びてきたと言っていい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">DAZNで守田英正の活躍を観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽「代表には代表のスタイルがあるから、そのスタイルに合わない選手だと評価されてしまうと、こっちでいいプレーをしていても絶対にメンバーに入らない。自分から代表のスタイルに合わせていくことを意識しないといけない。最初は知らないところからのスタートでしたけど、徐々に慣れてきましたし、こっちでやるいいプレーを残しつつ、スピード感や判断の部分で変えなきゃいけないところもある。そうやって代表でやった経験は川崎Fでも生きてると思います。憲剛さんみたいに何でもできる存在になりたいですね。ただ、『起用貧乏』みたいな感じになってしまうのもいけないので、何か自分に確立したものを持てるようにしていきたい」と守田は単なるボール奪取職人で終わるつもりはない。 ▽今の代表ボランチの構成を見ると、非凡な攻撃センスを備えたロシア・ワールドカップ組の柴崎、守備のアグレッシブさが武器の遠藤と三竿健斗(鹿島アントラーズ)という構成で、中間的な選手が少ない。遠藤もベルギー移籍で確実にゲームメーク力をアップさせているし、三竿も鹿島でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇によってスケールアップを果たしている。 ▽ただ、守田にはJ1王者・川崎Fで自分を磨けるという強みがある。この1年間でこれだけ目覚ましい進化を遂げたのだから、まだまだ大きく変貌できる。大阪・高槻市の中体連から金光大阪高校を経て、流経大に進んだ経歴を見ても、まだまだ洗練されていないセンスや戦術眼というものが多々あるはずだ。そこはJクラブ育ちの遠藤や三竿とは異なる部分。10代の頃からスター街道を歩んできた柴崎とも違うだろう。こういう遅咲きの選手が25歳を過ぎてブレイクするケースは少なくないだけに、ここからどうなるかが興味深いところだ。 ▽「今のレベルで『誰にも負けない』って言えるものはまだない。『僕と言ったらこれ』というのを周りから認めてもらえるようにならないといけないし、特徴を出していかないといけない」と本人も語気を強める。球際の強さやボール奪取力のレベルを上げ、攻撃の起点になれるようなパス出し、展開力も備えていけば、「オールラウンドな中盤のダイナモ」という位置づけになれるかもしれない。中村憲剛を筆頭にいい先輩の長所や強みを最大限吸収して、「オリジナルの守田英正」を作るべく、努力を続けてほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">川崎フロンターレを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.30 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング! 日本は50位変動なし、アジア3位も変わらず

▽国際サッカー連盟(FIFA)は29日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽日本代表は前月の50位から変動なし。アジア勢全体でも3番手という立ち位置に変わりはない。 ▽全体ではベルギー代表が3カ月連続の1位。ポルトガル代表が6位に浮上している。 ◆<span style="font-weight:700;">11月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.クロアチア(4) 5.イングランド(5) 6.ポルトガル(7) 7.ウルグアイ(6) 8.スイス(8) 9.スペイン(9) 10.デンマーク(10) 11.アルゼンチン(12) 12.コロンビア(11) 13.チリ(13) 14.スウェーデン(17) 14.オランダ(15) 16.ドイツ(14) 17.メキシコ(16) 18.イタリア(19) 19.ウェールズ(18) 20.ポーランド(21) 20.ペルー(21) 22.オーストリア(24) 23.セネガル(25) 24.ルーマニア(26) 25.アメリカ(23) 26.チュニジア(22) 27.スロバキア(28) 28.ウクライナ(27) 29.イラン(30) 29.セルビア(35) 31.ベネズエラ(29) 32.パラグアイ(31) 33.アイルランド(33) 34.ボスニア・ヘルツェゴビナ(32) 35.北アイルランド(34) 36.コスタリカ(37) 37.アイスランド(36) 38.スコットランド(40) 39.トルコ(38) 40.モロッコ(47) 41.オーストラリア(42) 42.チェコ(48) 43.ギリシャ(42) 44.ナイジェリア(44) 44.モンテネグロ(39) 46.ブルガリア(45) 46.ノルウェー(48) 48.ロシア(41) 49.DRコンゴ(46) 50.日本(50) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(29) 2.オーストラリア(41) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(50)</span> 4.韓国(53) 5.サウジアラビア(69) 6.シリア(74) 7.中国(76) 8.UAE(79) 9.レバノン(81) 10.オマーン(83) 2018.11.29 19:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース