【質疑応答2】新監督に西野朗氏…田嶋幸三JFA会長「このタイミングだからこそ彼」「日本らしいサッカーを」2018.04.09 22:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。大会2カ月前での解任理由や、西野新監督がどのようなスタイルで本大会に臨むのかを明かした。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──W杯まであと2カ月というタイミングでの解任はデメリットが多いと思うが、それ以上に変えなくてはいけない状況だったということか
「その通りです。間違いありません。逆に言うとこのタイミングだからこそ西野監督になったと思っています。もしももっと前なら西野監督ではないこともあったかもしれません。この時期であることを考えれば、この時期だからこそ、この決断をした。それぐらいの状況になっていたというふうに認識しました」

──もう少し早くジャッジできたと思うが
「常に監督を変えることのリスクというものがあります。変えないリスクもあります。そういうものを常に比べながら私たちは議論してきました。変えれば必ず良くなる魔法があるなら、我々はその方法を取るかもしれません。ただ、我々は様々な観点から変えるリスクもあると議論してきました。予選の時からハリルホジッチ監督をサポートすることには変わりない、これからもやるぞと常に考えてやってきた。それが最後の最後のところで変わってしまったということです。タイミングとしては遅いのではないかというのはありますけど、最後までハリルホジッチ監督のチームをまたグッと固まれるようなチームにしたいということで、3月も努力した訳ですけども残念ながらそれが実現できなかったということです」

──西野新監督はこれまでやってきたことを踏襲するのか、ガラリと変えるのか、どういった日本サッカーを構築するのか
「真に今日本サッカーと言ってくれました。その部分は一番大事にしないといけません。もちろんこれまでやってきたことを全否定する訳ではありません。ただ、西野監督がやりたいことを、やりたいスタッフで、それを全面的にサポートしていきます。そして、我々が築き上げてきたスカウティングであったり、コレクティブに戦う選手たちの能力をしっかりと出していける日本らしいサッカーをやっていきたいと思っています。これは是非木曜日に(西野朗監督へ)同じ質問をして頂けたらと思います」

──後任候補は他にいたのか
「最終的な段階では内部からということで考えていました。西野監督、手倉森(誠)コーチ、内部からはそういう人たちになると考えていました。常に他の人も考えていないといけないと思っていましたが、今は名前を出すべきではないと思っています」

──ハリルホジッチ監督は最終準備のエキスパートと言われていた。結果的に彼が力を発揮する前に解任した。それに対して西野監督に能力の疑いはないが、準備期間が短いことについて
「最終的に良いチームにするということを考えると、チームが一緒になってお互い信頼し合い、コミュニケーションを取り合ってこそそういうことができると思いました。ただ、それができないのではないかと思ったからこの決断に至りました。ベースはそこだと考えています」

「そして緊急事態ということで西野さんにお願いしました。今までの準備を知っていた方がやるべきだと思いました。この3週間が短いか、長いかは分かりません。逆に言えば短いからこそみんなが集中できる。もしも早くやっていれば、また違う摩擦などが出るかもしれない。この短い時期だからこそ西野さんにお願いしたということもあります。実質集まれるのが3週間。そこでみんながやれることを全てやるということで、このスタッフにしました。具体的なスタッフについても木曜日に話をさせていただきます」

──最初の話で法務と話をしたとのことだが、どのような内容で契約解除に関するご相談をされたかと、交代されるスタッフについて
「まず法務について。どういう形で解除の手続きが完結するのか、契約を途中で切るときにどのような義務が発生するのかを離しました。ウクライナ戦後に時間を要したのは、そういう点をしっかりやるためでした。その上でお伝えしにいきました。ただ、法務上はその必要はなかったですけど、私は彼に誠意を持って伝えたいということで、それが効果があるかどうかは別として実行させて頂きました」

「現在のところ、ハリルホジッチ監督本人に伝えているのは、コーチのジャッキーさん、シリルさん、GKコーチのルガさん。この3名については契約を解除しました。FIFAに訴訟する可能性はゼロではないかもしれませんが、我々は契約に基づき、誠意を持って今後も対応していくつもりです」

コメント

関連ニュース

thumb

ビリアが頚椎骨折…ロシアW杯出場もピンチか

▽ミランは22日、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの負傷を発表した。 ▽ビリアは21日にホームで行われた第34節のベネヴェント戦(0-1でミランが敗戦)で負傷。検査の結果、頚椎に骨折が見つかった。今後のさらなる検査を受けることになるという。 ▽アルゼンチン代表としてロシア・ワールドカップ最終予選13試合に出場するなど主力を張るビリア。今夏の本大会に間に合えば良いが、果たして…。 2018.04.23 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース