【質疑応答2】新監督に西野朗氏…田嶋幸三JFA会長「このタイミングだからこそ彼」「日本らしいサッカーを」2018.04.09 22:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。大会2カ月前での解任理由や、西野新監督がどのようなスタイルで本大会に臨むのかを明かした。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──W杯まであと2カ月というタイミングでの解任はデメリットが多いと思うが、それ以上に変えなくてはいけない状況だったということか
「その通りです。間違いありません。逆に言うとこのタイミングだからこそ西野監督になったと思っています。もしももっと前なら西野監督ではないこともあったかもしれません。この時期であることを考えれば、この時期だからこそ、この決断をした。それぐらいの状況になっていたというふうに認識しました」

──もう少し早くジャッジできたと思うが
「常に監督を変えることのリスクというものがあります。変えないリスクもあります。そういうものを常に比べながら私たちは議論してきました。変えれば必ず良くなる魔法があるなら、我々はその方法を取るかもしれません。ただ、我々は様々な観点から変えるリスクもあると議論してきました。予選の時からハリルホジッチ監督をサポートすることには変わりない、これからもやるぞと常に考えてやってきた。それが最後の最後のところで変わってしまったということです。タイミングとしては遅いのではないかというのはありますけど、最後までハリルホジッチ監督のチームをまたグッと固まれるようなチームにしたいということで、3月も努力した訳ですけども残念ながらそれが実現できなかったということです」

──西野新監督はこれまでやってきたことを踏襲するのか、ガラリと変えるのか、どういった日本サッカーを構築するのか
「真に今日本サッカーと言ってくれました。その部分は一番大事にしないといけません。もちろんこれまでやってきたことを全否定する訳ではありません。ただ、西野監督がやりたいことを、やりたいスタッフで、それを全面的にサポートしていきます。そして、我々が築き上げてきたスカウティングであったり、コレクティブに戦う選手たちの能力をしっかりと出していける日本らしいサッカーをやっていきたいと思っています。これは是非木曜日に(西野朗監督へ)同じ質問をして頂けたらと思います」

──後任候補は他にいたのか
「最終的な段階では内部からということで考えていました。西野監督、手倉森(誠)コーチ、内部からはそういう人たちになると考えていました。常に他の人も考えていないといけないと思っていましたが、今は名前を出すべきではないと思っています」

──ハリルホジッチ監督は最終準備のエキスパートと言われていた。結果的に彼が力を発揮する前に解任した。それに対して西野監督に能力の疑いはないが、準備期間が短いことについて
「最終的に良いチームにするということを考えると、チームが一緒になってお互い信頼し合い、コミュニケーションを取り合ってこそそういうことができると思いました。ただ、それができないのではないかと思ったからこの決断に至りました。ベースはそこだと考えています」

「そして緊急事態ということで西野さんにお願いしました。今までの準備を知っていた方がやるべきだと思いました。この3週間が短いか、長いかは分かりません。逆に言えば短いからこそみんなが集中できる。もしも早くやっていれば、また違う摩擦などが出るかもしれない。この短い時期だからこそ西野さんにお願いしたということもあります。実質集まれるのが3週間。そこでみんながやれることを全てやるということで、このスタッフにしました。具体的なスタッフについても木曜日に話をさせていただきます」

──最初の話で法務と話をしたとのことだが、どのような内容で契約解除に関するご相談をされたかと、交代されるスタッフについて
「まず法務について。どういう形で解除の手続きが完結するのか、契約を途中で切るときにどのような義務が発生するのかを離しました。ウクライナ戦後に時間を要したのは、そういう点をしっかりやるためでした。その上でお伝えしにいきました。ただ、法務上はその必要はなかったですけど、私は彼に誠意を持って伝えたいということで、それが効果があるかどうかは別として実行させて頂きました」

「現在のところ、ハリルホジッチ監督本人に伝えているのは、コーチのジャッキーさん、シリルさん、GKコーチのルガさん。この3名については契約を解除しました。FIFAに訴訟する可能性はゼロではないかもしれませんが、我々は契約に基づき、誠意を持って今後も対応していくつもりです」

コメント

関連ニュース

thumb

ロシアW杯MVPのモドリッチ、準優勝に悔しさ滲ます「長い時間考え込みそうだ」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)のMVPに輝いたクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、受賞への喜びを語り、決勝戦を振り返った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽モドリッチはキャプテンとして今大会全7試合に先発。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦では見事なミドルシュートを叩き込んで首位通過に導くと、決勝トーナメントに入って3戦連続延長戦を戦ったチームの心臓として奮闘。決勝ではフランスに2-4と敗れて初優勝こそならなかったものの、クロアチアを史上初の準優勝に導いていた。 ▽チームをけん引し続けたモドリッチは、MVPの受賞にあたってチームメイトに感謝。それでも初優勝を逃したことに対して悔しさを滲ませた。 「この賞を受賞できて誇りに思うよ。チームメイト全員に感謝したい。彼らの手助けがなければ受賞することはできなかったからね」 「僕らはW杯優勝の寸前まで迫った。このことについては確かに長い時間考え込んでしまいそうだ。それでも誇りに思うよ」 「試合後のファンのサポートはみんなを幸せにしてくれる。僕らが大きなことを成し遂げたということを理解してもらえると思う。僕らは勇敢に戦った。勝つために全力を尽くした。ただ、運がなかったね」 「僕らはこれまでで最も良い試合ができたと思ってる。しかし、いくつかの不運のなさや残念なゴールがフランスを有利にしてしまった」 2018.07.16 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯優勝に導いた決勝のMOMグリーズマン「何が何だかわからないよ」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝に歓喜している。『FIFA.com』が伝えた。 ▽フランスは15日、ロシアW杯決勝でクロアチア代表と対戦。この日先発したグリーズマンは18分、FKから相手のオウンゴールを誘発して先制点をもたらした。さらに1-1で迎えた38分にはPKを決めて勝ち越しゴールを奪取。その後チームは2点を追加するなど4-2で勝利して、5大会ぶり2度目のW杯優勝を成し遂げた。 ▽レ・ブルーをW杯優勝に導いたグリーズマンは決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出。試合後、以下のように喜びを語った。 「何が何だかわからないよ。このチームを本当に誇りに思う。選手たちやスタッフ、テクニカル・スタッフやメディカル・スタッフもそうだ。僕らは本当に団結したグループだった」 「僕らは驚くべきことを成し遂げた。歴史を作った。それを楽しむよ。家族に会いに行ってパーティに行くんだ。明日のフランスは同じことになる。僕らはフランスの人々と楽しむよ」 2018.07.16 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

初優勝逃すも初決勝進出の大躍進…クロアチア指揮官「誇りを持たなくてはならない」

▽クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝を振り返った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽クロアチアは15日、ロシアW杯決勝でフランスと対戦。初の決勝進出を果たしたクロアチアは18分にオウンゴールで先制点を与えてしまうが、28分にペリシッチのゴールで同点に。それでも38分にPKを与えてしまい、1-2と勝ち越しを許して試合を折り返す。後半攻勢を強めたが、2点を追加されてしまい1-4とリードを広げられると、69分にマンジュキッチのゴールで2点差に縮めたが追いつくことができず。2-4で敗れて、同国史上初のW杯優勝とはならなかった。 ▽試合後、ダリッチ監督は決勝戦を回想し、試合をペースを握っていたことを強調するも、フランスの優勝を祝福。その後、今大会大躍進を見せたクロアチアの選手たちを労った。 「まずはフランスのタイトル獲得を祝福したい。我々は試合開始からの20分間とてもうまくプレーして試合をコントロールしていた。その後セットプレーからオウンゴールをしてしまった。そこから活気を取り戻したが、今度はペナルティを与えてしまったね」 「私は選手たちを祝福しなければならない。おそらくこれまでの我々の試合で一番良かった。試合を支配することができた。それでも敗北は認める。フランスのような強い相手はミスを許してくれない。我々は少しだけ悲しさを感じているが、同時に自分たちが成し遂げてきたことに誇りを持たなくてはならない」 2018.07.16 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

5大会ぶり2度目のW杯優勝…デシャン、若きレ・ブルーを称賛「全てが正しかった訳ではないが」

▽フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝への喜びを語った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽フランスは15日、ロシアW杯決勝でクロアチア代表と対戦。3大会ぶり決勝進出を果たしたフランスは、18分に相手のオウンゴールで先制点を奪うと、28分に同点弾を許したが、38分にグリーズマンがPKを決めて2-1と勝ち越して試合を折り返す。後半攻勢を強めた相手に対して、カウンターを仕掛けて59分にポグバ、65分にムバッペが決めて4-1にすると、相手に1点を与えたものの、それ以上の失点は許さず。4-2で勝利したフランスが5大会ぶり2度目のW杯優勝を成し遂げた。 ▽試合後、デシャン監督は決勝戦を含めた今大会を回想。若い選手たちが多い中でも「メンタルや心理的な部分で素晴らしいものがあった」とコメントしている。 「とても若いチームだった。メンバーのうち14人がW杯に初めて出場した。それでもクオリティが高かった」 「しかしまだまだ不完全だ。今日は全てが正しかった訳ではない。ただ、ワールドカップを戦う上で大事なメンタルや心理的な部分で素晴らしいものがあった。決勝の前半ではそれが十分ではなかったが、2-1でリードしていた」 「我々は世界チャンピオンとなった。フランスはこれからの4年間で世界のトップに立つ。名を残していくことが必要だ」 2018.07.16 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

“王様”ペレ氏が現役復帰!?ムバッペの自身と同じ偉業に「私もスパイクを磨かないと」

元ブラジル代表ペレ氏が、自身の記録に並んだフランス代表FWキリアン・ムバッペへ賞賛の言葉を送った。<br><br>フランスは、15日に行われたロシア・ワールドカップ決勝でクロアチアを4-2で下し、20年ぶり2度目の制覇を達成した。<br><br>世界が見守る大一番で、フランス4点目となるゴールを奪い、19歳ながら堂々としてプレーを披露したムバッペ。ペレ氏が1958年大会で達成して以来、10代で決勝でゴールを挙げた史上2人目の選手となった。<br><br>この快挙に&ldquo;王様&rdquo;もSNSで称賛のメッセージを送った。<br><br>「W杯決勝でゴールを挙げた史上2人目だ! ムバッペ、クラブへようこそ。いくつか仲間を持つのは素晴らしいものだよ」<br><br>「キリアンが私の記録に並んだのなら、私もスパイクを磨かないとね&hellip;」<br><br>大会の最優秀若手選手にも選ばれたムバッペ。弱冠19歳の怪物は、今後ペレ氏のような偉大なキャリアを歩んでいけるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 08:08 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース