【質疑応答1】突然の解任通告にハリルホジッチ監督も「なんでこの時期に?」…田嶋幸三JFA会長が明かす2018.04.09 22:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。3月末のベルギー遠征からこういう決断に至った経緯やハリルホジッチ監督に直接伝えた時の同監督のリアクションについて明かした。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──ベルギー遠征後には現在の体制で本大会に臨むことを明言したが、それから約10日間でこの結論に至った経緯、そして意志決定したのは田嶋会長か

「メディアの皆さんに嘘をつくということではありませんが、我々はこれがどの監督であったとしても常に様々なことが起こることを想定して、様々なことを考えた上で議論しています。最終的に契約解除という結論に至るまでには、W杯予選を突破する前後、様々な状況で我々は議論してきました。もちろん、西野技術委員長とも議論し、スタッフとも議論し、岡田(武史)副会長とも議論をしながら、我々はこのチームが最善の方向に行くことをサポートしてきました」

「その中で、マリ戦とウクライナ戦を戦ったベルギー遠征は、ロシアW杯にとって重要な遠征でした。ハリルジャパンが立ち直る、もっと良い方向に行くきっかけにしたいということで、西野技術委員長が最後までハリルジャパンをサポートするために努力してきたということは皆さんのご存知の通りです」

「ただ、選手的にコミュニケーションや信頼関係が薄れたという部分がマリ戦とウクライナ戦の後に出てきてしまった。それが最終的なきっかけになったことは事実です。西野監督は先週に日本サッカー協会理事、技術委員長、Jリーグの理事も辞任されました。そして私がこの緊急の状況として、技術委員長であった西野氏を監督として選びました。そしてどのようなスタッフにするのかということは、監督に一任しています」

──ハリルホジッチ監督に直接契約解除を伝えた時の同監督の反応について
「4月7日フランス時間の18時にパリのホテルで直接会いました。今まで彼とは多くのミーティングをしてきましたが、皆さまの様々な報道にすごく敏感な方で、その度に私と話をしてきました。僕は彼にずいぶん前『メディアからハリルホジッチさんに解任だという情報を伝えるつもりは一切ない。言うのであれば私が直接言います』と申し上げました。そういう意味でも、実際に法務関係の方としっかり話した上でフランスに向かった訳で、紙一枚でも良いということを言われましたが、先ほど申し上げたように彼が本当に必死になって日本代表を強くしようとし、W杯の出場権を獲得したという実績も考慮して、私は礼を尽くし直接言うことを選びました」

「直接伝えた時の状況でいえば、やはりびっくりしていたというのが僕の印象です。まさかこのことを言われるとはということで多少動揺していましたし、怒りもあったことは事実です。『どうしてなんだ?』と理由を含めて訊かれたのも事実です。ただ、あれがあった、これがあった、何があったということを羅列するつもりはありませんでした。事実として契約を解除することを伝えて、選手とのコミュニケーションやそういうものが足りないということは伝えました。実際には総合的ないくつかのことがあるのは事実ですが、やめていただく方を傷つけるというよりは、私たちはそこでしっかりと線を引いたということをお伝えすることが大事だと思い、今のようなことを伝えました」

「彼は『満足ではない。なんでこの時期に?』ということをおっしゃいましたけど、私としてはそれをしっかりと伝えて、少しでも日本が勝てるようにしたいという気持ちからこの決断に至ったことを彼に伝えました」

──これまで様々な表現で選手から意見が出ていたこともあった一方で、W杯予選突破時には多くの選手がハリルホジッチ監督の戦術に可能性を感じていたことも事実だと思います。そこのネガティブ要素とポジティブ要素のバランスが3月の時点でどのようになったと捉えているか

「もちろん様々な意見があり、皆さま以上にその状況を把握しているつもりです。予選を突破する前から把握しながらやっていて、コミュニケーションや信頼関係があったものが、信頼する選手に対してだんだんと変わり、逆転してしまったのがマリ戦とウクライナ戦だと認識しています」

──コミュニケーションや信頼関係の溝がここまで深まってしまう前に、協会もしくは西野技術委員長の職務として留めることはできなかったのか
「西野技術委員長のみならず、様々なスタッフがこういう状況を含めて打開しようだとか、新たな方法を取り入れようとか、様々なことを議論してきたというふうに報告を受けています。そういう努力をしてきたことも事実ですし、ハリルホジッチ監督がしっかりと自分の方法をおっしゃってきたことも事実です。そういう色々な繰り返しがありましたが、残念ながらそこをしっかりと埋めるまでには至らなかった。これができなかったのは、事実として認めますけども、実際にそれに対してトライしてきたことも間違いないことだと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: 日本 0-1 コロンビア《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗北した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190322_25_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 東口順昭 5.5 ほとんど難しいプレーはなかった DF 5 室屋成 5.5 積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを持たせた 16 冨安健洋 5.5 ハンドでPKを与えてしまったが、それを除けば及第点の出来に。セットプレーでゴールに迫る場面も 3 昌子源 6.0 欧州仕込みの守備はコロンビア代表相手にも通じた 4 佐々木翔 5.5 この試合は攻撃よりも守備での貢献が目立った。S・ビジャのスピードに上手く対応 (→安西幸輝 -) MF 7 柴崎岳 5.5 フリーでパスを受けられる場面も多く、何本か効果的な縦パスも通っていた 6 山口蛍 5.0 高いインテンシティを見せた (→小林祐希 5.0) 途中出場から積極性を見せシュートも2本記録。もっとプレー時間が欲しかった 21 堂安律 5.0 ドリブルでの仕掛けは期待が持てたが、少しスペースが足りなかったか (→乾貴士 5.0) 香川投入後すぐにピッチに立ち、中島含めた3人のファンタジスタが共演。ドリブルでチャンスメイク 9 南野拓実 5.5 積極的にシュートを打つ姿勢は相手の脅威に。前半最初の決定機も南野だった (→鎌田大地 -) 8 中島翔哉 6.5 昨年11月以来の出場に。ドリブルやクロスで何度もチャンスを演出 FW 18 鈴木武蔵 5.0 身体能力では劣っていなかった。前半の決定機を決めておきたかったが… (→香川真司 5.0) ロシアW杯後初招集初出場となった。クラブでの好調さを持ち込むことはできなかったが、球離れは良く無難に捌いた印象 監督 森保一 5.5 森保ジャパン発足以降初招集の選手を積極的に起用した。やはり大迫なきセンターフォワードの後釜が課題か ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 中島翔哉(日本代表) 今の日本代表の攻撃の中心はこの男。アジリティの高いドリブルはコロンビアの選手たちにも恐怖を与えた。 日本 0-1 コロンビア 【コロンビア】 ファルカオ(後19[PK]) 2019.03.22 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

森保ジャパン、今年ホーム一発目黒星 W杯再戦マッチでティグレPK弾に沈む《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 先のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦したコロンビア代表が、アジアカップ後、今年初のホームゲームとなった森保ジャパン。W杯以来約9カ月ぶりの代表復帰で注目を浴びた香川がベンチスタートとなり、大迫不在の1トップとして代表デビューの鈴木を先発メンバーに抜擢した。 過去4度の対戦で1勝1分け2敗の日本代表は[4-2-3-1]の布陣を用い、最後尾に東口、最終ラインに右から室屋、冨安、昌子、佐々木を並べ、2ボランチに柴崎、山口を配置。最前線に入った鈴木の後方に堂安、南野、中島を並べて立ち上がった。 ケイロス新体制初陣の相手にキックオフから果敢なプレッシングと縦に鋭い仕掛けを試みた日本代表。早々の4分に自陣右サイドを崩されてムリエルのクロスからビジャにワンタッチシュートを許すが、シュートはクロスバーを叩き、事なきを得る。 冷や汗をかいた日本代表はハメスやファルカオ、ダビンソン・サンチェスら欧州の第一線で活躍するスター選手を先発に並べる相手に真っ向勝負。堂安や南野、中島が積極果敢にシュートを放っていき、コロンビア代表ゴールマウスに襲いかかる。 引かずの戦いを演じる日本代表はA代表デビューの鈴木に見せ場。28分に左サイドから中に絞った中島の縦パスを南野がスルーした場面に続き、36分に中島のクロスからチャンスが巡ってきたが、ヘディングシュートを枠に飛ばせず、不意にする。 前半と同じく後半早々にもピンチを招いた日本代表は63分、途中出場のサパタが放ったシュートを冨安がブロックするが、ハンドを取られて痛恨のPK献上。これをファルカオにゴール左に決められ、コロンビア代表に先制を許してしまう。 反撃に出たい日本代表は65分、鈴木を下げ、代表復帰の香川を投入すると、続く71分に堂安と山口に代えて、乾と小林、79分に南野に代えて代表デビューの鎌田をピッチへ。森保体制下初の面子を試運転しながら同点ゴールを目指す。 そのなか、83分にバイタルエリア左から中島が果敢にゴールを狙っていくが、個人技から放ったゴール左上角を突いた右足シュートは相手GKが横っ飛びのファインセーブ。攻勢の展開に持ち込むが、ゴールマウスをこじ開けることができない。 その後、A代表デビューの安西をピッチに送り出した日本代表だが、最後までゴールが遠く、ティグレのPK弾に泣く形で今年の初戦は黒星。26日に行われる次戦、ノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と激突する。 2019.03.22 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場の上田がハットトリック!U-22日本大会初戦で8発圧勝!《AFC U-23選手権タイ2020予選》

U-22日本代表は22日、AFC・U-23選手権タイ2020予選でU-22マカオ代表と対戦し、8-0で勝利した。 森保一監督が率いるU-22日本代表だが、同指揮官はフル代表を兼任してキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦とボリビア代表戦に臨むため、横内昭展コーチが監督代行を務める。 試合は[3-4-2-1]をベースに試合を進める日本が主導権を握る。サイド攻撃をメインに再三チャンスを作るものの、ゴール前での精度を欠きネットを揺らすまでには至らず、試合を折り返した。 それでも日本は後半に齊藤を下げて上田を投入すると攻撃陣が爆発。まずは51分に、三好の左CKから町田がヘディングシュートを決めて先制に成功。その直後の54分には、前田がボックス右手前を打開しクロスを供給すると、ニアサイドに走り込んだ上田のワンタッチシュートが決まり追加点を奪う。さらに、60分にも三好の後方からのフィードを収めた上田が再びゴールネットを揺らしリードを3点に広げた。 これで試合を決定づけた日本の勢いは止まらず、67分にはボックス中央手前から遠藤が左足のミドルシュートを突き刺し4点目。69分には、バイタルエリア左でルーズボールを拾った前田がそのままボックス内に侵攻。左足で放ったシュートが決まりリードを5点に広げた。 畳みかける日本は、三好のスルーパスに反応した上田がDFを躱して、右足でのシュートが決まりハットトリックを達成。さらに72分にはボックス右の三好からのクロスをゴール前の前田がプッシュし、7点目を記録した。 また、78分には久保が途中出場。試合終了間際の95分に、その久保がCKから板倉のゴールをお膳立て。最数的に、日本は大量8得点を奪いマカオに圧勝。初戦をモノにした日本は、24日に第2戦でU-22東ティモール代表と、26日に第3戦でU-22ミャンマー代表と対戦する。 ◆試合結果 U-22日本代表 8-0 U-22マカオ代表 【日本】 町田浩樹(後6) 上田綺世(後9) 上田綺世(後15) 遠藤渓太(後22) 前田大然(後24) 上田綺世(後25) 前田大然(後27) 板倉滉(後50) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:大南拓磨、板倉滉、町田浩樹 MF:藤谷壮、松本泰志(→78分 中山雄太)、齊藤未月(→46分 上田綺世)、遠藤渓太 MF:三好康児(→78分 久保建英)、岩崎悠人 FW:前田大然 2019.03.22 20:17 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵がワントップで先発起用! 2列目にはお馴染み三銃士《キリンチャンレンジカップ》

本日22日に日産スタジアムでキックオフ(19時20分)を迎えるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 今年1月から2月にかけて行われたアジアカップでは、決勝でカタール代表に敗れ2大会ぶりのアジア王者奪還とはならなかった森保ジャパン。6月に行われるコパ・アメリカ、ひいては2022年のカタール・ワールドカップのアジア予選に向けて、新戦力の発掘も視野に入れた今回の一戦。だが、スタメンはこれまでの顔ぶれとほとんど変わらず、FW鈴木武蔵がワントップで先発起用された。 ◆vsコロンビア 日本代表スタメン GK 東口順昭 DF 佐々木翔 昌子源 室屋成 冨安健洋 MF 山口蛍 柴崎岳 中島翔哉 南野拓実 堂安律 FW 鈴木武蔵 2019.03.22 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

森保ジャパン特集!! 『週刊 超ワールドサッカー!』第12号は最新の日本代表に迫る!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第12号が発売されました。 今号はキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表&ボリビア代表戦に臨む『日本代表』特集! 最新の森保ジャパンに迫ります! 最新の招集メンバーへの取材を通して得たコメントから、日本代表初招集となった5選手の能力値を分析! 独断と偏見で作成したチャートでご紹介します! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190322_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190315_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.03.22 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース