【質疑応答1】突然の解任通告にハリルホジッチ監督も「なんでこの時期に?」…田嶋幸三JFA会長が明かす2018.04.09 22:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を発表した。

▽ハリルホジッチ監督は、2015年3月にハビエル・アギーレ監督の後任として日本代表の監督に就任。ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、初戦のUAE代表戦で敗れながらも、その後は順調に結果を残し、グループ首位で6大会連続6度目のワールドカップ出場に導いた。しかし、その後のヨーロッパ遠征やEAFF E-1サッカー選手権では成績が振るわず。3月下旬のマリ代表、ウクライナ代表といったロシアW杯グループリーグの相手を見据えた試合でも敗れていた。

▽同会見に出席し、ハリルホジッチ監督の解任とJFA技術委員長を務める西野朗氏(63)が後任として日本代表を指揮することを発表したJFAの田嶋幸三会長はメディア陣からの質疑に応対。3月末のベルギー遠征からこういう決断に至った経緯やハリルホジッチ監督に直接伝えた時の同監督のリアクションについて明かした。

◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会)
──ベルギー遠征後には現在の体制で本大会に臨むことを明言したが、それから約10日間でこの結論に至った経緯、そして意志決定したのは田嶋会長か

「メディアの皆さんに嘘をつくということではありませんが、我々はこれがどの監督であったとしても常に様々なことが起こることを想定して、様々なことを考えた上で議論しています。最終的に契約解除という結論に至るまでには、W杯予選を突破する前後、様々な状況で我々は議論してきました。もちろん、西野技術委員長とも議論し、スタッフとも議論し、岡田(武史)副会長とも議論をしながら、我々はこのチームが最善の方向に行くことをサポートしてきました」

「その中で、マリ戦とウクライナ戦を戦ったベルギー遠征は、ロシアW杯にとって重要な遠征でした。ハリルジャパンが立ち直る、もっと良い方向に行くきっかけにしたいということで、西野技術委員長が最後までハリルジャパンをサポートするために努力してきたということは皆さんのご存知の通りです」

「ただ、選手的にコミュニケーションや信頼関係が薄れたという部分がマリ戦とウクライナ戦の後に出てきてしまった。それが最終的なきっかけになったことは事実です。西野監督は先週に日本サッカー協会理事、技術委員長、Jリーグの理事も辞任されました。そして私がこの緊急の状況として、技術委員長であった西野氏を監督として選びました。そしてどのようなスタッフにするのかということは、監督に一任しています」

──ハリルホジッチ監督に直接契約解除を伝えた時の同監督の反応について
「4月7日フランス時間の18時にパリのホテルで直接会いました。今まで彼とは多くのミーティングをしてきましたが、皆さまの様々な報道にすごく敏感な方で、その度に私と話をしてきました。僕は彼にずいぶん前『メディアからハリルホジッチさんに解任だという情報を伝えるつもりは一切ない。言うのであれば私が直接言います』と申し上げました。そういう意味でも、実際に法務関係の方としっかり話した上でフランスに向かった訳で、紙一枚でも良いということを言われましたが、先ほど申し上げたように彼が本当に必死になって日本代表を強くしようとし、W杯の出場権を獲得したという実績も考慮して、私は礼を尽くし直接言うことを選びました」

「直接伝えた時の状況でいえば、やはりびっくりしていたというのが僕の印象です。まさかこのことを言われるとはということで多少動揺していましたし、怒りもあったことは事実です。『どうしてなんだ?』と理由を含めて訊かれたのも事実です。ただ、あれがあった、これがあった、何があったということを羅列するつもりはありませんでした。事実として契約を解除することを伝えて、選手とのコミュニケーションやそういうものが足りないということは伝えました。実際には総合的ないくつかのことがあるのは事実ですが、やめていただく方を傷つけるというよりは、私たちはそこでしっかりと線を引いたということをお伝えすることが大事だと思い、今のようなことを伝えました」

「彼は『満足ではない。なんでこの時期に?』ということをおっしゃいましたけど、私としてはそれをしっかりと伝えて、少しでも日本が勝てるようにしたいという気持ちからこの決断に至ったことを彼に伝えました」

──これまで様々な表現で選手から意見が出ていたこともあった一方で、W杯予選突破時には多くの選手がハリルホジッチ監督の戦術に可能性を感じていたことも事実だと思います。そこのネガティブ要素とポジティブ要素のバランスが3月の時点でどのようになったと捉えているか

「もちろん様々な意見があり、皆さま以上にその状況を把握しているつもりです。予選を突破する前から把握しながらやっていて、コミュニケーションや信頼関係があったものが、信頼する選手に対してだんだんと変わり、逆転してしまったのがマリ戦とウクライナ戦だと認識しています」

──コミュニケーションや信頼関係の溝がここまで深まってしまう前に、協会もしくは西野技術委員長の職務として留めることはできなかったのか
「西野技術委員長のみならず、様々なスタッフがこういう状況を含めて打開しようだとか、新たな方法を取り入れようとか、様々なことを議論してきたというふうに報告を受けています。そういう努力をしてきたことも事実ですし、ハリルホジッチ監督がしっかりと自分の方法をおっしゃってきたことも事実です。そういう色々な繰り返しがありましたが、残念ながらそこをしっかりと埋めるまでには至らなかった。これができなかったのは、事実として認めますけども、実際にそれに対してトライしてきたことも間違いないことだと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

世界に通用!日本代表DF槙野智章がイタリア『GQ』のW杯髪型特集5人に選出

▽ファッション誌『GQ イタリア』が、ロシア・ワールドカップを特集。ベストヘアカットを選ぶ中、日本代表DF槙野智章が選出された。 ▽『GQ』が選出したのは、槙野のほか、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークやスイス代表MFヴァロン・ベーラミ、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、アイスランド代表MFルリク・ギスラソンを選出。W杯出場選手の5名に槙野が入ることとなった。 ▽槙野の髪型は、「MAD MEN(マッドメン)」と紹介され、同名の1960年代のニューヨークの広告業界を描いたアメリカのテレビドラマシリーズになぞらえたもの。「明確なビンテージのヘアスタイルで、高校の卒業アルバムのようだ」と紹介されている。 ▽さらに、「我々はこの見た目を好ましく思っている。なぜなら、このエレガントな東洋のディフェンダーの多くの同僚が選ぶヘアスタイルの平均から離れているからだ」と評価されている。 ▽その他、ロフタス=チークは「整った顔に短い髪、手入れされたひげは好青年」、ベーラミは「90年代に愛され流行ったもの」、ジルーは「男らしさ溢れる髪型」、ギスラソンは「ベッカムを想起されるものだった」と評価されている。 ▽試合出場はポーランド代表戦の1試合に留まった槙野だが、ヘディングしても崩れないこだわりの髪型は世界にインパクトを与えたようだ。 2018.07.17 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】第2回大会の優勝者は日本!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。ついに優勝国が決まりました! ▽フランスvs日本というカードとなった決勝戦。849票もの投票から優勝に輝いたのは日本でした!今回は稀に見る接戦で、全体の52%の票を集めた日本が僅差で勝利。フランスの本大会との“2冠”を阻止しました。 ▽最後は総合力で見てみようと、2カ国でそれぞれ最も投票数の多かった2名を選出する形を取りましたが、日本人の美しさは世界トップクラスのようです。 ▽今回で2回目の開催となった『超WS美女ワールドカップ』。1回目はドイツが優勝しましたが今回は日本の優勝で幕を閉じることになりました。投票して下さったユーザーの皆さん、温かい目で見守って下さった方たちに感謝しつつ、今回の企画を締めさせていただきたいと思います。ありがとうございました。 ◆超WS美女ワールドカップ・決勝結果 フランス 408-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">441 日本</span> ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.07.17 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の金狼に再び豪州行きの噂

▽日本代表FW本田圭佑(32)にオーストラリア行きの可能性が再び浮上した。オーストラリア『SBS』が報じた。 ▽今年6月に契約満了でパチューカを退団した本田。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。 ▽その日本の金狼に対して様々な憶測が飛び交う中、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリーが改めて関心。数百万ドルのマーキー選手として獲得を希望しているという。 ▽ロシアW杯後、日本代表キャリアの終焉を明かした本田。果たして、新天地はどこになるのだろうか。 2018.07.16 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.07.15 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】決勝カードはフランスvs日本!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』もついにベスト4まできました。 ▽ここまでの激戦を制してベスト4入りを果たしたのはフランス、ブラジル、ウルグアイ、そして日本。グループリーグから安定した強さを見せてきたフランスはブラジルと対戦し、全体の55%の票を集めて強敵ブラジルに競り勝ちました。 ▽一方、こちらもグループリーグから圧倒的だった日本はウルグアイと対戦しましたが、ここでもおよそ8割の票を集めて大勝を収めました。 ▽よって、決勝戦はフランスvs日本というカードに。本大会でも決勝進出となったフランスの“2冠達成”か、はたまた我らが日本か…。最後までお付き合いください。 ◆超WS美女ワールドカップ・準決勝結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フランス 251</span>-205 ブラジル ウルグアイ 97-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">415 日本</span> ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.07.13 19:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース