堅守モンペリエの牙城を崩せなかったマルセイユ、ゴールレスドローで4位後退…《リーグ・アン》2018.04.09 06:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは8日、リーグ・アン第32節でモンペリエと対戦し、0-0の引き分けに終わった。酒井はフル出場している。

▽来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内死守を目指す3位マルセイユ(勝ち点62)が、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う6位モンペリエ(勝ち点45)をホームに迎えた一戦。

▽ミッドウィークにEL準々決勝1stレグのライプツィヒ戦を行ったマルセイユは、その試合から先発を2人変更。ミトログルとアンギッサに代えてジェルマン、マキシム・ロペスを先発で起用した。

▽立ち上がりから押し気味に試合を進めるマルセイユは3分、パイエのパスでボックス右深くまで侵入したB・サールがマイナスの折り返しを供給。これをボックス中央に走り込んだサンソンがダイレクトシュートで合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽主導権を握りながらもモンペリエの堅守に苦戦するマルセイユは、アタッキングサードでの連係ミスや質を欠いたプレーが続く。結局、マルセイユは最後までモンペリエの守備ブロックを攻略できず、前半は枠内シュート0本で終了した。

▽後半も前半同様にマルセイユが押し気味に試合を運ぶと55分、パイエの右クロスをボックス右で収めたサンソンが左足でシュートを放ったが、これは左ポストに弾かれる。さらに直後の56分にも、アマヴィのミドルシュートでモンペリエゴールを脅かすも、これは相手GKがキャッチ。

▽ゴールの遠いマルセイユは、59分にジェルマンを下げてミトログルを投入。さらに59分にはパイエを下げてアンギッサをピッチに送り出した。すると67分、B・サールの右クロスをゴール前に走り込んだミトログルが左足で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

▽90分には、B・サールの右クロスからファーサイドのエンジエがダイレクトボレーで合わせたが、これは枠を大きく外した。結局、試合は0-0でタイムアップ。マルセイユはモンペリエGKルコントの牙城を崩せずに勝ち点1を積み上げるにとどまった。

コメント

関連ニュース

thumb

【ELプレビュー】GS同居の2チームが決勝進出懸けて再激突! 酒井負傷欠場で南野との日本人対決ならず《マルセイユvsザルツブルク》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、マルセイユvsザルツブルクが日本時間26日28:05にベロドロームでキックオフされる。グループIで同居したDF酒井宏樹のマルセイユと、MF南野拓実のザルツブルクが決勝進出を懸けて再激突する日本人対決だ。 ▽準々決勝で今回の対戦相手ザルツブルクの姉妹クラブであるRBライプツィヒを2戦合計5-3で下し、14年ぶりのベスト4進出を果たしたマルセイユ。以降のリーグ戦ではトロワ、リールと格下相手にきっちり連勝を飾り4位キープに成功。残り4試合となったリーグ・アンで2位モナコ、3位リヨンと勝ち点1差のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに踏みとどまっている。 ▽一方、ザルツブルクはセリエAの強豪ラツィオとの対戦となった準々決勝初戦を敵地で2-4で落とし、ホームでの第2戦も先制される絶体絶命の状況を強いられた。だが、そこから3点差を引っくり返す奇跡の逆転劇をみせ2戦合計6-5での勝ち抜けを決めクラブ史上初のベスト4進出を果たした。また、以降の公式戦3試合ではマッテルスブルクとの国内カップを制して決勝進出を果たすと共に、リーグ戦でも2連勝を飾り首位を快走。シーズン3冠の可能性を残して今回の一戦を迎えた。 ▽両チームは今季グループステージで初顔合わせとなっており、グループ首位通過したザルツブルクがホームで1-0、アウェイで0-0と1勝1分けの戦績で優位に立つ。なお、日本人対決が期待される今回の準決勝だが、酒井が直近のリール戦で左ヒザを負傷して3週間の離脱を強いられており、2試合ともに欠場が確定。一方、南野はベンチスタートが濃厚だ。 <div style="text-align:center;">◆マルセイユ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽マルセイユ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:プレ DF:ブナ・サール、ラミ、ロランド、アマヴィ MF:マキシム・ロペス、グスタボ MF:トヴァン、パイエ、オカンポス FW:ミトログル 負傷者:GKマンダンダ、DF酒井宏樹、ブバカル・カマラ、ロランド 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては守護神マンダンダ、酒井の主力2選手の欠場が確定。また、軽傷を抱えるロランドとカマラの両センターバックに関しても間に合うか微妙なところだ。 ▽システムに関しては[4-2-3-1]、[4-1-4-1]のメインシステムに加えて、[3-4-3]もオプションに持っているが、今回の一戦では[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。仮に、前述のロランドとカマラが間に合わない場合、グスタボが最終ラインに入って守備的MFのアンギッサがボランチの一角に入る。また、マキシム・ロペスかオカンポスに代わってサンソン、ミトログルに代わってジェルマンが起用される可能性もある。 <div style="text-align:center;">◆ザルツブルク◆ 【4-3-1-2】</div> ▽ザルツブルク予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ヴァルケ DF:ライナー、カレタ=カル、ラマーリョ、ウルマー MF:ハイダラ、サマッセコウ、シュラガー、バロン・ベリシャ FW:ダブール、ファン・ヒチャン 負傷者:なし 出場停止者:なし ▽主力に出場停止者、負傷者ともになし。システムに関しては中盤フラットの[4-4-2]と[4-3-1-2]を併用しているが、今回の試合では[4-3-1-2]で臨む見込みだ。 ▽スタメンに関しては前述の11人を予想したが、南野やグルブラドセン、ヤボといった攻撃陣がスタメンに抜擢される可能性もある。 ★注目選手 ◆マルセイユ:FWフロリアン・トヴァン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マルセイユの注目プレーヤーは絶対的エースのトヴァンだ。2016年1月に復帰して以降、シーズンを経るごとに存在感を増す25歳のレフティは今季ここまでの公式戦47試合で22ゴール17アシストとマルセイユの攻撃の核を担う。卓越した左足の精度、アジリティを武器に右ウイングのポジションから鋭い仕掛けでチャンスを演出すれば、質の高い動き出しでゴール前に飛び出してフィニッシュの役割を担うなど、多彩な仕掛けで攻撃に厚みを加える。現在、トップ下のパイエや1トップのミトログルらが復調を見せており、自身に依存していた攻撃のバランスも改善傾向。そのため、今回の一戦ではカットインからの左足のシュートや細かいパス交換からの飛び出しと自身の得意なプレーに集中して相手ゴールをこじ開けたい。 ◆ザルツブルク:FWファン・ヒチャン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ザルツブルクの注目プレーヤーは進境著しい若手アタッカーのファン・ヒチャンだ。リザーブチームのリーフェリング時代も含めザルツブルク加入4年目を迎えた22歳の韓国代表FWは、ブレイクを果たした昨季に続き今季も安定したパフォーマンスを継続。今季は序盤こそケガの影響でパフォーマンスが上がり切らなかったものの、チームがEL決勝トーナメント進出を果たすと、そこからの出場5試合で1ゴール2アシストに重要なPK奪取とクラブ史上初のベスト4進出に大きく貢献している。177cmと上背はないものの当たり負けしない強靭なフィジカルに加え爆発的なスピードは、裏への抜け出しやファーストディフェンダーという攻守両面で効いている。また、レンジを問わないパワフルなシュートは劣勢が予想される中でチームにとって大きな武器となるはずだ。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

左ヒザ負傷の酒井宏樹は3週間の離脱…今季中の復帰は微妙もW杯は問題なし

▽マルセイユは23日、日本代表DF酒井宏樹が左ヒザ内側側副じん帯の損傷で全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷していた。 ▽今回のケガによって酒井はMF南野拓実との日本人対決が期待されたヨーロッパリーグ準決勝のザルツブルク戦の欠場が確定。また、5月19日に予定されるリーグ・アン最終節アミアン戦での復帰も微妙な状況で今季中の復帰は絶望的だ。 ▽その一方で、リハビリが順調に進めば、2カ月後に控えるロシア・ワールドカップ本大会の出場は十分に可能だ。 2018.04.23 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯大丈夫? 酒井宏樹、左ヒザのねん挫か

▽フランス『レキップ』がマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹の離脱期間を報じた。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷。主力の右サイドバックに君臨する日本代表として開幕まで2カ月を切ったロシア・ワールドカップ出場にも心配の声が挙がっているところだ。 ▽『レキップ』が報じたところによれば、酒井は診断の結果、左ヒザのねん挫で内側側副じん帯の損傷が判明。具体的な期間こそ明記されていないものの、今後数週間の離脱を余儀なくされる可能性があるという。 ▽なお、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は、負傷の酒井に関して、26日にホームで行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのザルツブルク戦の欠場を明言している。 2018.04.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

EL日本人対決のチケットが大人気! サイトがダウン→復旧後に完売

▽26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのマルセイユvsザルツブルク。このチケットが思わぬ人気となっているようだ。マルセイユが公式サイトで明かした。 ▽日本人にとっては、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとFW南野拓実が所属するザルツブルクの対戦ということもあり、注目を集めている。しかし、それはヨーロッパの地元ファンにとっても同じだったようだ。 ▽マルセイユは、22日にチケットの販売を開始。しかし、同時に4万5000人のファンが座席を購入しようとしたとのこと。この影響で、チケット販売サイトのサーバーがダウンしてしまったということだ。 ▽マルセイユはクラブ公式サイトに声明を発表。「このような状態に陥った方々に、心から謝罪します。次回の販売時には、必要と思われる教訓を活かします」と、サイトに接続できなかった方への謝罪を行った。 ▽なお、その後にサイトは復旧。しかし、すぐに全チケットが売り切れたと、マルセイユは報告している。日本代表DF酒井宏樹はヒザを傷め欠場の見込みだが、マルセイユファンは決勝進出に向けてヒートアップしているようだ。 2018.04.23 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ指揮官、負傷交代の酒井宏樹について「ヒザの十字靭帯ではないと思うが…」

▽マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督が、リール戦で負傷交代した日本代表DF酒井宏樹について口を開いた。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽マルセイユは21日、リーグ・アン第34節でリールをホームに迎えた。酒井を先発起用したマルセイユは、12分に先制ゴールを記録して幸先良いスタートを切った。しかし19分、芝に足を取られた酒井が負傷して倒れ込み、ピッチの外へ。その後22分に負傷交代した。チームは5-1で快勝したものの、不動の右サイドバックの負傷に不安を残した。 ▽試合後、指揮官のルディ・ガルシア監督は、酒井について言及。「ヒザの十字靭帯ではないと思う」と語ったが、早期復帰は困難であるとコメントした。 「私は医者ではないが、印象としてヒザの十字靭帯ではないと思う。ただ、すぐに復帰することは難しいだろう。ケガがひどくないことを願っているよ」 2018.04.22 08:57 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース