ベトナムに4発圧勝のなでしこジャパンが運命のW杯アジア最終予選を白星スタート!《AFC女子アジアカップヨルダン2018》2018.04.08 00:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は7日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB第1節のベトナム女子代表戦に臨み、4-0で快勝した。

▽FIFA女子ワールドカップ(W杯)・フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、長崎で行われた壮行試合のMS&ADカップ2018のガーナ女子代表戦で7-1の大勝を飾り、今大会初戦に向けて最高の準備を整えてきた。

▽韓国女子代表、オーストラリア女子代表という難敵と同居したグループステージ初戦ではグループで最もFIFAランクが低いベトナム相手に必勝を目指した。高倉監督はこの初戦に向けて前述のガーナ戦から先発4人を変更。GKに山下杏也加、4バックは右から有吉佐織、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島依美、猶本光、阪口夢穂、増矢理花。2トップに岩渕真奈、横山久美が起用された。

▽W杯アジア最終予選を兼ねた重圧のかかる今大会の初戦。しかし、立ち上がりから攻勢を見せるなでしこは3分に電光石火の先制点を挙げる。阪口の浮き球パスに抜け出した岩渕がボックス右ライン際で相手DFからボールを奪い、マイナスにパス。これを増矢が短く横山に繋ぐと、ボックス中央から横山が放った右足シュートがGKの腕を弾いてネットに吸い込まれた。

▽若きエースストライカーの先制ゴールで勢いづくなでしこはその後も岩渕の鋭い仕掛けで相手ゴールを脅かす。すると17分には阪口の縦パスを右サイド深くで受けた岩渕がそのままドリブルでボックス内に切り込み、グラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだ中島がワンタッチで流し込んだ。

▽前半20分までに2点のリードを手にしたなでしこはここから徐々に相手の反撃を受ける。しかし、猶本と阪口のボランチコンビが冷静にフィルターをかけてピンチの芽を摘み、キャプテンのDF熊谷も出足鋭いチェックで相手攻撃陣を自由にさせない。

▽前半終盤にかけて積極的に3点目を狙うなでしこは38分に絶好機。中央を抜け出した岩渕がボックス内でGKとの一対一を迎えるが、ここはシュート体勢に入ったところでDFのカバーリングに遭い、打ち切れない。それでも、終始安定した試合運びを見せたなでしこが前半を2点リードで終えた。

▽迎えた後半、左サイドのスペースに飛び出した増矢からボックス内でパスを受けた岩渕がいきなり決定機を迎えるが、ゴール左角度のないところから放ったシュートはGKのセーブに遭う。続く49分には似たような位置から再び岩渕が右足アウトにかけたシュートを放つが、再び相手GKの好守に防がれる。

▽その後も攻勢を続けるなでしこは54分、中島の右クロスをニアに飛び込んだ岩渕が頭で合わすが、これは右ポストを叩く。それでも、57分には左CKの場面でキッカーの横山が入れたボールが相手DFにクリアされてファーに流れると、これを猶本がダイレクトで折り返す。そして、ゴール前でフリーの岩渕が難なく流し込んだ。

▽岩渕がようやく決定機を決め切り、後半最初のゴールを奪ったなでしこは63分に横山を下げて田中美南を投入。すると66分、岩渕とのパス交換でゴール前に抜け出した鮫島がGKと一対一に。鮫島のシュートはGKに防がれるも、これを田中がタップインして投入からわずか3分できっちり結果を残した。

▽この4点目で勝利を大きく近づけたなでしこは69分に増矢を下げて菅澤優衣香、80分には中島に代えて川澄奈穂美を続けて投入。3枚の交代カードを使い切って試合をクローズにかかる。その後、5点目こそ奪えなかったものの最後まで相手に決定機を与えない盤石の試合運びを見せたなでしこが4-0で快勝。運命のW杯アジア最終予選で白星スタートを飾った。なお、なでしこは10日に行われるグループB第2節で韓国と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

酒井宏樹「勝つことだけを考えて試合に臨みたい」《AFCアジアカップ2019》

21日に行われるAFCアジアカップ2019の決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、DF酒井宏樹が公式記者会見に出席した。 ◆DF酒井宏樹(マルセイユ) 「選手としては明日もいつもどおり責任感を持って、勝つことだけを考えて試合に臨みたいと思う」 ――サウジアラビアには17年のW杯予選や07年のアジアカップ準決勝でも負けているが… 「サウジアラビアに関してはアジアで大きなチームというのはみんな知っていると思う。常に日本の壁となってきた対戦相手であるのは間違いない。決勝トーナメント1回戦からこういう大きなチームと対戦できることをプラスに思うしかないですし、僕らは負けられない立場。それをピッチで表現できればと思う。戦術はまだまだしゃべれないことも多いので、明日の試合で見てもらえればと思う」 ――決勝トーナメントの難しさをどう考えているか 「グループステージも終わったし、ここからはノックアウトステージ。とりあえず勝つことでしか先に進めないのでそこを重要視したいし、チームとしての完成度を求めていかないといけない」 ――サウジアラビアは9番のストライカーがいないが。 「ゲームプランについてはここで深くはしゃべれないけど、9番のストライカーが出ようが、出なかろうが、レベルの高い選手がそろっているのは間違いない。しっかりとスカウティングして、いい入りをしたい」 ――ウズベキスタン戦の室屋の活躍は刺激になったか。第3戦を見て感じたことは 「もちろん第3戦の試合を見て、いい刺激になったのは間違いない。強いチームは同じポジションに2人いい選手がいるのは間違いない。それはマルセイユでも常日頃、体験している。自分と同じポジションの選手が活躍することを素直に喜べる状態は常に持っているので、いい関係性を持てているのは確かだと思う」 ――リーグ戦と決勝トーナメントで試合に臨むうえで変えなければいけないこと、変えてはいけないことはあるか 「僕はDFの選手なので、とにかく最初に失点しないことを心がけたい。失点しなければ負けないと思っているし、攻撃陣を信頼している。相手より1点でも多く取れれば先に進めるので、そこだけを考えればいいかなと思う」 ――比較的日本は新しいチームとして参加しているが、経験が不足している部分もあるのでは 「大前提としてピッチ内で年齢は関係ない。経験は異なるが、若くして海外に出ている選手もいる。誰がイニシアチブを取るかとかではなく、チームとして戦っていければ。僕を含めて年齢を重ねている選手たちはそういう困難な状況になったときこそチームを支えられるようにしたい」 2019.01.20 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

森保一監督「最善の準備をして、明日の試合は持てる力を発揮してもらえれば」《AFCアジアカップ2019》

21日に行われるAFCアジアカップ2019の決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、DF酒井宏樹が公式記者会見に出席した。 ▽森保一監督は、臀部の負傷でグループステージ2試合を欠場しているブレーメンのFW大迫勇也について「状態は上がってきている。今日の練習を見てからメディカルと話して考えていきたい」と明かした。 ◆森保一監督(日本代表) 「明日から始まる決勝トーナメントに向けて、これまでチームとして戦い、そして決勝トーナメントにつなげてきた。明日から始まる決勝トーナメントに向けても、今日の練習でチームとして最善の準備をして、明日の試合は持てる力を発揮してもらえればと思う」 ――グループステージでは22人起用したが、明日も経験を積ませることを重視するのか、ベストな11人を起用するのか 「グループステージで22人にプレーしてもらったが、経験を積ませるためだけとは思っていない。我々は決勝トーナメントで勝ち進むために必要だと思って選手にはプレーしてきてもらった。明日の試合はサウジアラビアに対して勝利を目指して戦うために選手を決めていきたいと思う」 ――3試合戦って次の試合が最も難しい試合になると予想しているか 「これまでの3試合も非常に難しい試合し、厳しい試合だったと思っている。次の試合はさらに厳しく、難しい試合になることは覚悟して臨まないといけない。それだけの力を持った選手がサウジアラビアにはいるのでしっかり準備したい」 ――リーグ戦と決勝トーナメントで試合に臨むうえで変えなければいけないこと、変えてはいけないことはあるか 「まずは得点も大切だが、相手に得点を与えない、失点しないこと。守り重視の試合をするという意味ではないですけど、先に失点しないことは心がけてサウジアラビア戦に臨まないといけない。グループステージからやってきたことで忘れてほしくないのは、選手たちがどんな状況であっても、先制されても継続力を持って戦い抜いてくれたことで3勝できた。どんなことが起きてもチームとしてお互いに支え合って戦い続けることは常にやってほしい」 ――サウジアラビアが3戦目に負けたことが与える影響はあるか 「3戦目でサウジアラビアはカタールに負けたということで、メンタル的に次の試合で反省を生かしながらモチベーションを上げてくると思う。次の試合は絶対に勝つという気持ちが強くなると思うで、我々はそれを受けずに、我々もこの試合の主導権をつかみ取るというしっかりした気持ちで準備しないといけない思っている」 「また、3戦目の影響とは別としてサウジアラビアは個のレベルも高いし、チームとしてのレベルも高い。攻守ともにアグレッシブに戦ってくることを踏まえて我々は準備して、明日の勝利を目指して戦えればと思う。見てくれている人にいい試合を見せられればと思っている」 ――大迫は試合に出場できる状態か。中2日で準々決勝もあるが、そのことも考えた選手起用になるか 「大迫の状態だが、状態は上がってきている。今日の練習を見て、練習のあとにどういう状態なのかをメディカルと話して考えていきたい。選手起用については、まずは大前提として明日の試合に勝つ、勝利を目指すための選手起用を考える。これまでの3試合もそう考えてきた。この大会を通してチームを成長させるということで、先を見据えないといけない部分もあるが、今にどれだけベストを尽くすか。明日の試合も勝利を目指して、チームとして戦えるように選手起用を考えていきたい」 2019.01.20 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ、ポッド分けが決定 日本代表はポッド3

南米サッカー連盟(CONMEBOL)が18日、6月に開催されるコパ・アメリカ2019のポット分けを発表した。 ブラジル開催となる今年のコパ・アメリカは6月14日〜7月7日まで開催。CONMEBOL加盟国である10カ国のほか、1999年以来2度目の出場となる日本代表とカタール代表が招待国として参戦する。 日本代表はベネズエラ代表やパラグアイと同じポッド3に。カタール代表はポッド4に入ったが、日本代表とグループステージで同組にならないという。なお、抽選会は24日に行われる。 ◆ポッド1 ブラジル代表(3位) ウルグアイ代表(7位) アルゼンチン代表(11位) ◆ポッド2 コロンビア代表(12位) チリ代表(13位) ペルー代表(20位) ◆ポッド3 ベネズエラ代表(31位) パラグアイ代表(32位) 日本代表(50位) ◆ポッド4 エクアドル代表(57位) ボリビア代表(59位) カタール代表(93位) ※カッコ内はFIFAランキング 2019.01.19 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

森保一監督「最後は我々が勝つ」《AFCアジアカップ2019》

日本代表を率いる森保一監督は18日、報道陣の囲み取材に対応した。前日に行われたウズベキスタン代表戦を2-1で逆転勝利し、AFCアジアカップUAE 2019のグループステージを首位で通過した日本。21日に行われるラウンド16ではサウジアラビア代表との対戦が決まった中、取材に対応した森保監督は以下のようにコメントした。 ◆森保一監督(日本代表) 「改めて3試合を通して大会の厳しさを感じることができました。チームとしての経験値も、厳しい試合をものにしていくことと、1試合1試合、チームとして共通理解を高め、深めながらやってこられたと思います」 「残念ながら東口はプレーできていませんが、チーム全体としてチームのコンセプトを共有してやっていこうとしている中で昨日のウズベキスタン戦で結果につながったことは次に向けて良かったと思います」 ――武藤選手がゴールを取りましたが 「FWの選手は得点を取ると自信がさらに深まると思いますし、チームとしても得点を取るべき選手が取ることで、今後に向けて自信になると思います」 ――決勝トーナメント1回戦から決勝までの4試合で、中3日、中2日のスケジュールが続くが 「次の一戦に向けて少しでも回復、リフレッシュしてもらう時間を取りながら、戦術的な部分、やるべきことを準備していきたいです。プレー時間は異なるが、試合に出ていない選手も頭を使って全員で戦っています。練習の時は集中してしっかりとやる、オフの時間はプライベートな時間も使えるよう、やっていければと思います」 ――大迫の状態について 「もちろん大迫の存在は大きいが、彼が居なくなった時に必ず力のある選手が居てくれると思っています。特徴の違う選手が入ることになりますが、その選手の特徴に合わせてやっていけたらと思います」 ――海外組と国内組のコンディションのバラつきについて 「大会前から試合を通してフィジカルのコンディションを上げることができればと考えていました。第3戦まででほとんどの選手がスタメン出場でき、ゲーム感、ゲーム体力という部分では、決勝トーナメントへ向け、チームとして良い状態が作れたと思います」 ――ここまでのチームマネジメントについて 「選手が少しでもモヤモヤ感がなく、思い切ってプレーしてほしい。試合に使える選手も限られていて、ストレスがたまる選手もいて当たり前ですし、自分が一番だと思っている選手が代表選手だと思っています。その気持ちは大切にしていきたいです。疑問があれば、何でも話してもらいたい。すべて納得できる話ができるかはわかりませんが、話せることはオープンに話していこうと思っています」 ――決勝トーナメントについて 「基本的にはいつも言っているとおり、目の前の試合に最善を尽くして、勝利を目指して最善の準備をすることだけだと思います」 ――サウジ戦は第1戦のトルクメニスタン戦と同じ現地時間昼の15時になるが 「15時の試合は暑いと思うが、そこは選手たちに覚悟を持ってやってもらいたいです。経験値としてうまく生かしてもらいたいです」 ――決勝トーナメントに向けての手応えについて 「我々はボールを握り、スピーディな展開で動かし、的確なポジションを取って連動して攻撃できている時は相手もかなり難しい戦いを強いられていると思います。昨日の試合でも使い分けてやってくれましたが、ロストしたボールを素早く奪い返す、それがダメだったら我慢強くやるということができていたと思います」 「その局面にあった最良な選択ができれば、良い試合ができると思っています。ここまでギリギリの試合で勝ってきているので、それをチームとして忘れず、難しい試合になるということを常に覚悟して、上手くいかない時に粘り強くやって、流れを引き寄せて、最後は我々が勝つという気持ちを持ってやりたいです」 2019.01.18 23:06 Fri
twitterfacebook
thumb

日本人監督で初のアジア杯制覇に挑戦/六川亨の日本サッカー見聞録

1月17日、アジアカップのグループリーグ最終戦があり、ウズベキスタン代表と対戦した日本代表は武藤、塩谷のゴールで2-1の逆転勝ちを収め、グループFを首位で突破。21日の決勝トーナメント1回戦でグループE2位のサウジアラビア代表と対戦することになった。 試合前日の記者会見で森保一監督が示唆したように、日本はスタメン10人を入れ替える前代未聞の選手起用を見せた。アジアカップでは初めての出来事であるし、過去の記憶を辿っても、2005年の東アジア選手権でジーコ監督がトライしただけだ。 そのときは初戦で北朝鮮に0-1で敗れたため、第2戦の中国戦でジーコ監督は総入れ替えを断行したが、どちらかというと懲罰的な意味での全取っ替えだった。 それに比べ、今回はサブ組のストレス解消と、決勝トーナメントに向け警告を受けた選手(権田、酒井、堂安、南野)ら主力を温存する目的があったと推測できる。結果は“吉”と出たし、むしろ過去2戦よりも落ち着いて見られるほど日本の試合運びは安定していた。 W杯に限らず、初戦の難しさと勝つことの重要性、そしてグループリーグで2連勝することのアドバンテージを改めて感じたものだ。試合後の武藤嘉紀は「こういうことがあるとチームの底上げにつながると思うし、誰が出ても変わらないことを証明できた」と胸を張ったが、逆にサウジアラビア戦ではどのようなスタメンをチョイスするのか。森保監督も今頃は頭を悩ませているのではないだろうか。 そのアジアカップだが、日本が初めて本格的に参戦したのは1992年に地元広島で開催された大会からだった。それまでは予選が国内リーグと重なること、決勝大会は天皇杯と重なるといった理由から辞退することが多かった。 本格参戦した92年以降、日本は9大会連続9回目の出場を果たし、最多記録となる4度の優勝を飾っている。その歴史を振り返ってみると、外国人監督の歴史でもある。初優勝は92年広島大会のハンス・オフト監督、2度目は自国開催のW杯を控えた2000年のレバノン大会で、フィリップ・トルシエ監督が率いたチームは中村俊輔や名波浩を擁し、「アジア最強」と称されるほど圧倒的な強さで優勝した。 連覇のかかる2004年中国大会は前述のジーコ監督で、準々決勝のヨルダン戦ではPK戦でGK川口能活のファインプレーもあり、接戦を制しての連覇だった。そして2011年カタール大会はアルベルト・ザッケローニ監督が準決勝の韓国戦、決勝のオーストラリア戦とアジアのライバルを連破してアジアの頂点に立った。 ただ、00年まではチーム一丸となって優勝に突き進んだものの、ジーコ・ジャパンになってからは、いわゆる“国内組”と“海外組”との軋轢も生じるようになった。試合に出られない選手らはベンチに座っていても笑顔はなく、練習中もあまり喜怒哀楽を表さない。しかし、選手は監督に不満をぶつけることなく耐えてきた。 それはジーコ監督に限らず、ザッケローニ監督、そして前回のハビエル・アギーレ監督も同じたったような記憶がある。 ところが森保監督は、今大会の2試合目が終わった時点で試合に出られない理由を選手から聞かれ、しっかりと説明したという。ここらあたり、言葉の壁がないのが日本人監督のアドバンテージと言えるだろう。 アジアカップに日本人監督で臨むのは今回が2度目となる。1996年のUAE大会に臨んだ加茂周監督は、グループリーグこそ突破したものの準々決勝のクウェート戦でロングボールからの2失点により0-2と敗退した。それ以来となる日本人監督によるアジアカップ。果たして森保監督は、日本人監督としてアジアの頂点を極めることができるのか。今後の選手起用も含めて目の離せない森保ジャパンである。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.01.18 22:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース