ベトナムに4発圧勝のなでしこジャパンが運命のW杯アジア最終予選を白星スタート!《AFC女子アジアカップヨルダン2018》2018.04.08 00:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は7日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB第1節のベトナム女子代表戦に臨み、4-0で快勝した。

▽FIFA女子ワールドカップ(W杯)・フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、長崎で行われた壮行試合のMS&ADカップ2018のガーナ女子代表戦で7-1の大勝を飾り、今大会初戦に向けて最高の準備を整えてきた。

▽韓国女子代表、オーストラリア女子代表という難敵と同居したグループステージ初戦ではグループで最もFIFAランクが低いベトナム相手に必勝を目指した。高倉監督はこの初戦に向けて前述のガーナ戦から先発4人を変更。GKに山下杏也加、4バックは右から有吉佐織、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島依美、猶本光、阪口夢穂、増矢理花。2トップに岩渕真奈、横山久美が起用された。

▽W杯アジア最終予選を兼ねた重圧のかかる今大会の初戦。しかし、立ち上がりから攻勢を見せるなでしこは3分に電光石火の先制点を挙げる。阪口の浮き球パスに抜け出した岩渕がボックス右ライン際で相手DFからボールを奪い、マイナスにパス。これを増矢が短く横山に繋ぐと、ボックス中央から横山が放った右足シュートがGKの腕を弾いてネットに吸い込まれた。

▽若きエースストライカーの先制ゴールで勢いづくなでしこはその後も岩渕の鋭い仕掛けで相手ゴールを脅かす。すると17分には阪口の縦パスを右サイド深くで受けた岩渕がそのままドリブルでボックス内に切り込み、グラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだ中島がワンタッチで流し込んだ。

▽前半20分までに2点のリードを手にしたなでしこはここから徐々に相手の反撃を受ける。しかし、猶本と阪口のボランチコンビが冷静にフィルターをかけてピンチの芽を摘み、キャプテンのDF熊谷も出足鋭いチェックで相手攻撃陣を自由にさせない。

▽前半終盤にかけて積極的に3点目を狙うなでしこは38分に絶好機。中央を抜け出した岩渕がボックス内でGKとの一対一を迎えるが、ここはシュート体勢に入ったところでDFのカバーリングに遭い、打ち切れない。それでも、終始安定した試合運びを見せたなでしこが前半を2点リードで終えた。

▽迎えた後半、左サイドのスペースに飛び出した増矢からボックス内でパスを受けた岩渕がいきなり決定機を迎えるが、ゴール左角度のないところから放ったシュートはGKのセーブに遭う。続く49分には似たような位置から再び岩渕が右足アウトにかけたシュートを放つが、再び相手GKの好守に防がれる。

▽その後も攻勢を続けるなでしこは54分、中島の右クロスをニアに飛び込んだ岩渕が頭で合わすが、これは右ポストを叩く。それでも、57分には左CKの場面でキッカーの横山が入れたボールが相手DFにクリアされてファーに流れると、これを猶本がダイレクトで折り返す。そして、ゴール前でフリーの岩渕が難なく流し込んだ。

▽岩渕がようやく決定機を決め切り、後半最初のゴールを奪ったなでしこは63分に横山を下げて田中美南を投入。すると66分、岩渕とのパス交換でゴール前に抜け出した鮫島がGKと一対一に。鮫島のシュートはGKに防がれるも、これを田中がタップインして投入からわずか3分できっちり結果を残した。

▽この4点目で勝利を大きく近づけたなでしこは69分に増矢を下げて菅澤優衣香、80分には中島に代えて川澄奈穂美を続けて投入。3枚の交代カードを使い切って試合をクローズにかかる。その後、5点目こそ奪えなかったものの最後まで相手に決定機を与えない盤石の試合運びを見せたなでしこが4-0で快勝。運命のW杯アジア最終予選で白星スタートを飾った。なお、なでしこは10日に行われるグループB第2節で韓国と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】アジア大会パキスタン戦に見る「対応力」の欠如

▽インドネシアのジャカルタで開催されているサッカーのアジア大会。日本は14日の初戦でネパールを1-0で下すと、16日はパキスタンに4-0で勝って決勝トーナメント進出が確定した。ただし、チームとしてまとまった練習ができずに臨んだ大会とはいえ、2試合を通じて早くも明らかになった課題がある。それは引いて守られた相手をいかに崩すのか――フル代表がアジアでの戦いで苦戦を強いられるのと同じ課題でもあった。 ▽日本に限らず、アジアのレベルは年々アップしている。このため、実力的に劣るネパールやパキスタンといえども10-0で勝てるような時代ではない。とはいえパキスタン戦の前半のように、相手が“普通のサッカー"をすればスペースも生まれるだけに技術の差でゴールを重ねることができた。 ▽しかし、ネパール戦は相手が6BKで守備を固めてくると、なかなかこじ開けられない。同じことは16日のパキスタン戦の後半も当てはまり、日本は横パスやバックパスをつなぐだけで、ほとんど効果的な攻撃を仕掛けることはできなかった。 ▽ゴール前に人数を割いて守備を固める相手に対し有効な攻撃方法は次の4つが上げられる。ロングやミドルで相手を引き出す。ドリブルで仕掛けて数的優位な状況を作る。空中戦ならゴール前を固めていても人数に関係なく勝負できる。FKやCKなどセットプレーを有効活用する(PKを獲得できれば最高)、といったところだろう。 ▽ただし、ロングやミドルはそのリバウンドから、そしてドリブル突破はこぼれ球からカウンターを食らうリスクもある。このため常にリスクマネジメントを考慮しておかなければならない。 ▽そしてヤング・ジャパンはパキスタン戦の後半でどのような選択をしたかというと、ロングやミドルシュートは皆無。前田(松本)や旗手(順天堂大)といった快足FWはいるものの、ドリブル突破を仕掛けられるドリブラーは今大会に招集されていない。そして空中戦を仕掛けることもなければ、セットプレーにも工夫がなかった。 ▽その象徴が、後半のCKだ。2度ほどショートコーナーを選択したものの、相手に詰められると最後はバックラインまで戻し、パス回しのためのパスに終始していた。森保監督は今大会に限らず「目標はベスト4」をどの大会でも掲げると宣言した。試合間のインターバルが短い大会のため、そして4-0とリードしたので体力の消耗とケガを避ける意味でパス回しを選択したのであれば文句はつけない。 ▽しかし、ネパール戦から大幅にメンバーを変更したのは、連戦を考慮してターンオーバー制を採用したのと同時に、森保監督は多くの選手をテストしたかったのではないだろうか。だとすれば、攻撃に工夫の見られない、消極的なパス回しに終始した後半は消化不良の45分だったと言える。 ▽テレビのアナウンサーはしきりに森保監督が目指す「対応力」を強調していた。そこで改めてショートコーナーを取り上げたい。なぜヤング・ジャパンはショートコーナーを選択したのか。パキスタンが制空権を握っているのなら理解できるが、実際は日本と互角か日本が上回っていた。ならばGKの出られないライナー性のクロスを入れるとか、ニアでワンクッション入れるなど工夫はいくらでもあったはず。対戦相手に応じて戦略を変えることこと「対応力」ではないだろうか。 ▽年齢的に年下で、いきなり集まってぶっつけ本番という状況ではあるが、実力的に差があるのは明白なため、それを言い訳にはできない。改めて「対応力」のなさ、守りを固められると打つ手がなくなる日本の現実を見せつけられたアジア大会の2試合だった。願わくば、試合を重ねることで成長して欲しいものだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.17 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

前半ゴールラッシュでU-21日本代表が連勝! 前田、旗手に岩崎2発! 《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は16日、アジア競技大会第2戦でU-23パキスタン代表と対戦し、4-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽1-0で勝利した第1戦U-21ネパール代表戦から、中1日で行われたパキスタン戦。このタフな日程に、日本はGK小島、MF長沼、松本以外のスタメン8名を入れ替え、最終ラインに岡崎、板倉、大南、中盤に長沼、遠藤、松本、神谷、最前線には岩崎、旗手、前田が送り出された。 ▽試合開始直後から、日本は前田を中心に前線から素早くプレスをかけている。1分、3バックの右に入っている岡崎が、最終ラインの裏にフィードを供給。抜け出した岡崎がクリアに出たパキスタンGKの頭上を越すシュートを放ち、幸先良くネットを揺らした。 ▽さらに8分、左サイドでボールを持った大南が、ボックス内に浮き球のスルーパスを送る。駆け込んだ旗手がゴール左下隅に沈め、追加点。10分には、岩崎の激しいプレスからショートカウンターを発動させ、旗手とのワンツーを使い前田がシュートを放つ。タイミングをずらしたグラウンダーのシュートが決まり、スコアを3-0とした。 ▽35分、日本の勢いが止まらない。左サイドに抜け出した遠藤からのクロスをボックス内の旗手が収め、岩崎に渡す。岩崎はパキスタンDFにチェックされながらも右足を振り抜き、自身のこの日2得点目を突き刺した。 ▽その後も、日本が支配しつつ試合が進行していく。しかし、シンプルな裏へのフィードを織り交ぜつつ繰り出した攻撃は、6バックス気味になった相手に対してやや停滞。前半は4-0のスコアで折り返しを迎えた。 ▽後半も、前半半ば以降の流れを引き継ぐかのように、やや大人しめの展開が続く。52分には、右サイドを上がった長沼のクロスから前田のヘディングシュートが枠を捉えたが、パキスタンGKにセーブされ得点とはならず。 ▽73分、もう一度ギアを上げたい日本はMF神谷に代えてDF原を投入。最終ラインの中央に入っていた板倉が一列上がり、原が3バックのセンターを務めることに。 ▽しかし、直後にロングカウンターの処理をするためにボックスの外まで飛び出したGK小島が、パキスタンFWと激しく交錯。77分に、GKオビとの交代を余儀なくされた。さらに81分には、やや疲れのみえる遠藤に代えて初瀬を起用。3枚のカード全てを使い切る。 ▽結局、後半は1点も決めることができないまま試合が終了した。終盤には幾度かパキスタンがゴールに迫るシーンも見られたが、日本は主導権を握ったままシャットダウン。この結果、日本は決勝トーナメント進出に王手をかけた。19日には、グループ全勝をかけてU-23ベトナム代表と激突する。 2018.08.16 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯後初のFIFAランキングが発表! 優勝フランスが1位、準優勝クロアチアが4位に! 日本は55位でアジア3位

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のFIFAランクが発表された6月に61位だった日本代表は6つ順位を上げて55位に浮上。アジアではイラン(32位)、オーストラリア(43位)に次ぐ3番目で変わらなかった。 ▽また、ロシアW杯で5大会ぶり2度目の優勝を飾ったフランスが1位に、初の決勝進出を果たして準優勝という好成績を残したクロアチアが順を20も上げて4位に浮上している。 ▽今回からFIFAランキングの算出方法が変更に。これまでの2006年方式では、過去48か月間の国際Aマッチを対象とし、勝ち点や試合の重要度、対戦国間の強さ、大陸連盟間の強さに基づいて算出されてきた。しかし、これでは強豪国との試合が組みづらいアジアやアフリカ、北中米カリブ海のチームが対戦国間の強さや大陸連盟間の強さでポイントが得られず。さらにW杯予選といった公式戦で高いポイントを得て、親善試合の回数を少なくすることで、FIFAランキングを保つ国が出てくるといったデメリットがあった。 ▽そこで今回は上記のデメリットを解消し、すべてのFIFA加盟国にFIFAランキングの向上機会を均等に与えることを目的に見直し。すべての国際Aマッチを対象に、これまでの平均化ではなく、既存のポイントに加算・減算し、親善試合より国際大会の結果を重視する方式に変更された。 ◆<span style="font-weight:700;">8月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.フランス(7) 2.ベルギー(3) 3.ブラジル(2) 4.クロアチア(20) 5.ウルグアイ(14) 6.イングランド(12) 7.ポルトガル(4) 8.スイス(6) 9.スペイン(10) 9.デンマーク(12) 11.アルゼンチン(5) 12.チリ(9) 13.スウェーデン(24) 14.コロンビア(16) 15.ドイツ(1) 16.メキシコ(15) 17.オランダ(17) 18.ポーランド(8) 19.ウェールズ(18) 20.ペルー(11) 21.イタリア(19) 22.アメリカ(25) 23.オーストリア(26) 24.チュニジア(21) 24.セネガル(27) 26.スロバキア(28) 27.北アイルランド(29) 28.ルーマニア(30) 29.アイルランド(31) 30.パラグアイ(32) 31.ベネズエラ(33) 32.コスタリカ(23) 32.イラン(37) 32.アイスランド(22) 35.ウクライナ(35) 36.セルビア(34) 37.コンゴ(38) 38.トルコ(38) 39.ボスニア・ヘルツェゴビナ(40) 40.スコットランド(42) 41.モンテネグロ(43) 42.ギリシャ(44) 43.オーストラリア(36) 44.チェコ(46) 45.ガーナ(47) 46.モロッコ(41) 47.ブルガリア(49) 47.カメルーン(49) 49.ロシア(70) 49.ナイジェリア(48)  55.日本(61)  57.韓国(57)  65.エジプト(45) 69.パナマ(55) 70.サウジアラビア(67) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(32) 2.オーストラリア(43) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(57) 5.サウジアラビア(70) 6.シリア(73) 7.中国(75) 8.UAE(77) 9.レバノン(79) 10.オマーン(84) 2018.08.16 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F加入内定の筑波大MF三笘のゴールでU-21日本がネパールとの初戦に勝利!《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は14日、アジア競技大会第1戦でU-23ネパール代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽大会初戦となるU-23ネパール代表戦に向けては、GK小島、杉岡、初瀬、立田、長沼、原、三笘、三好、松本、渡辺、上田をスタメン起用。[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 ▽序盤から自力で勝る日本が次々とゴールに迫っていく。3分、三笘が個人技で中央を突破。ボックス左からシュートを放つが、ここはGKの正面。続いて7分に、味方のパスから右サイドを突破した長沼が右サイド深くからクロスを入れると、ボックス中央でフリーとなっていた三笘が落ち着いて流し込んでゴールイン。日本が先制した。 ▽先制後は勢いが衰え、なかなかシュートまで運べない展開が続く。そんな中、25分にボックス右に侵攻した上田がシュートを放つがGKにキャッチされてしまう。圧倒的なボール保持率を誇る日本だが、時折ネパールの選手が見せる激しいプレッシングにボールを失う場面も。それでも相手の攻撃を許さなかった日本は1点リードのまま後半へ。 ▽57分には、ゴール前でボールを奪った上田が決定機を迎えるがオーバーエイジ枠で参加しているGKカイラン・チェムゾンがファインセーブ。さらに67分には、敵陣中央の味方からの鋭いスルーパスが、ボックスの密集地帯を抜けて上田の下へ。上田は反転してシュートするものの、DF2人に挟まれながら放ったシュートは、力なく枠の外に。 ▽攻め込みながらも追加点が奪えない日本。80分には、DFの立田が強烈なミドルシュートでネパールゴールを強襲。相手GKも弾き返すのが精いっぱいだった。 ▽その後は、ネパールの反撃を受けた日本だったが、失点を許すすことなく試合終了。初戦を1-0で勝利し、勝ち点「3」を獲得した。 ◆試合結果 U-21日本代表 1-0 U-23ネパール代表 【日本】 三笘薫(前7) 2018.08.14 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

【特集】東京五輪経由カタール行きへ…編集部厳選のアジア競技大会注目選手!

▽10日から、第18回アジア競技大会の男子サッカーが開幕。日本代表は14日の21時に初戦を迎える。 ▽U-23の世代別代表で参加が可能な今大会だが、日本は森保一監督が率いる東京オリンピック代表に当たる、U-21日本代表で参加。まずは、2年後に迫った東京オリンピックに向けた強化の一貫として位置づけているようだ。 ▽「1試合でも多く経験したい」とメンバー発表会見で森保監督は語ったが、既にメンバー選考はスタート。今大会は、Jリーグの関係や欧州リーグの開幕時期も重なり、現状招集できるベストメンバーを呼んだと明かしている。 ▽4年後のカタール・ワールドカップを目指す日本代表指揮官も兼任する森保監督だけに、今大会での活躍がA代表への近道にもなるはずだ。そこで、今大会に招集されたメンバーから注目すべき選手をピックアップしたい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆DF立田悠悟(20) 所属:清水エスパルス<hr>▽清水の下部組織出身の立田は、190cm近い長身が武器。本職はセンターバックでありながら、プロ2年目の今シーズンは右サイドバックとして開幕戦で先発出場。すると、第2節のヴィッセル神戸戦では初ゴールを記録。さらに、第9節まで先発出場。その後試合に絡まない時期があったが、第16節からは再びスタメンの座を勝ち取っている。 ▽線の細かった立田だが、ウェイト強化にも力を入れ、ヤン・ヨンソン監督(清水)の下ではサイドバックとしてのプレーも習得。サイドバックとしての伸び代はまだまだあるものの、今後センターバックに戻った時には何段階もレベルアップしたプレーが見られるはずだ。高さに加え、ビルドアップ能力もつけており、3バック、4バック、サイドバック、センターバックと最終ラインのキーマンになり得る存在の立田に注目だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆DF杉岡大暉(19) 所属:湘南ベルマーレ<hr>▽FC東京の下部組織で育ち、市立船橋高校ではインターハイで全国制覇を成し遂げた杉岡。2017年に湘南に入団すると、1年目の開幕戦でいきなり先発デビュー。第2節で初ゴールを記録し、明治安田生命J2リーグで37試合に出場し3得点を記録。チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献した。 ▽今シーズンはJ1で経験を積み、ここまでの全20試合(先発19試合)に出場。左ウイングバック、3バックの左と、守備だけでなく攻撃面でも成長を見せ、2年目の今シーズンも大きく成長を見せている。 ▽2017年に行われたU-20ワールドカップにも出場し、全4試合を経験。元センターバックであることから、対人守備の強さを発揮し、攻撃参加も湘南で成長した走力を活かして左サイドを活性化させた。日本代表としても選手層が薄い左サイドバックだけに、杉岡の飛躍が期待される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF神谷優太(21) 所属:愛媛FC<hr>▽東京ヴェルディの下部組織出身ながら、ユース昇格後に青森山田高校に編入。2016年に湘南ベルマーレに入団した。1年目からデビューを果たすと、明治安田生命J1リーグで14試合に出場。YBCルヴァンカップにも4試合出場するなど経験を積んだ。しかし、2017年はケガの影響でJ2の出場が7試合に。U-20ワールドカップのメンバーからも漏れていた。 ▽今シーズンは、J2の愛媛FCへとレンタル移籍を決断。自身の成長のために武者修行に出ると、背番号「10」を背負い、ここまで20試合に出場。チーム最多の5得点を記録し、苦しむチームをけん引している。 ▽キック精度、高い技術、そしてハードワークできる走力。さらには、負けん気の強さと高い目標に向かって進める精神力を持ち合わせている。将来的に日本の中盤を支える可能性も持つ神谷。まずは、U-21日本代表としてアジアの地で武者修行の成果を見せてもらいたい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF三笘薫(21) 所属:筑波大学(川崎フロンターレ内定)<hr>▽川崎フロンターレの下部組織出身。U-18まで所属すると、トップチームに昇格せずに筑波大学への進学を選んだ。2017年の関東大学サッカーリーグで優勝に貢献。さらに、2年生ながら天皇杯に出場し、ベガルタ仙台戦で2ゴールの活躍を見せる。 ▽ユニバーシアード代表のほか、U-20日本代表にも選出。U-21日本代表としては、トゥーロン国際大会にも出場し、ゴールも記録。2年連続で川崎Fの特別指定選手となり、2020シーズンからの加入内定も発表された。 ▽特徴はドリブル能力の高さ。ボールスキルが高く、テクニカルなドリブルで相手をかわしていくプレーが特徴。レフティーでもあり、対峙したDFにとってはやりづらいはずだ。そして、前線への飛び出しからゴールを奪う力もあり、アタッカーとして今大会でも違いを作れるかに期待だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF渡辺皓太(19) 所属:東京ヴェルディ<hr>▽東京ヴェルディの下部組織出身で、2016年に2種登録でJ2デビュー。2017年からトップチームに昇格した。166cmと上背はないものの、豊富な運動量とポジショニングの良さ、判断の良さに秀でている中盤の選手だ。 ▽守備力が特徴の選手だが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下で大きく成長。攻撃面でも違いを生み出せることができ、攻守にわたってチームを支えることが可能な選手だ。元々はトップ下の選手であっただけに、ボランチ、シャドーのどちらでもプレー可能。現在はインサイドハーフとしてプレーしており、さらに戦術面の向上も見られる。 ▽中盤の全ての役割を担うことが可能な渡辺。ピッチを駆け回る渡辺の特徴を生かせれば、チームとしては大きな力となることは間違いない。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆FW前田大然(20) 所属:松本山雅FC<hr>▽2017シーズンに期限付き移籍した水戸ホーリーホックで大ブレイクを果たした前田。爆発的なスピードを武器に、明治安田生命J2リーグで36試合に出場し13得点を記録した。 ▽今シーズンからは古巣の松本山雅FCに復帰。ここまでリーグ戦24試合に出場し6得点を記録し、J2首位を走るチームをけん引している。 ▽前述の通り、前田の最大の特長は爆発的なスプリント力だ。一瞬で相手選手を剥がすスピードは圧巻で、加速力はJリーグ屈指。さらに、シュート能力も持ち合わせており、ただ早い選手という訳ではない。代表経験が少ない前田だけに、今大会で結果を残し、まずは東京オリンピックを目指したい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆FW旗手怜央(20) 所属:順天堂大学(川崎フロンターレ加入内定)<hr>▽3年生ながら現在の大学サッカー界をけん引するストライカー。MF三笘薫(筑波大学)とともに、2020年からの川崎フロンターレ加入が内定している。静岡学園高校出身の選手であり、テクニックもあるストライカー。さらに、身体の強さもあり、前線では様々なプレーを見せる。 ▽今年1月のAFC U-23選手権にも出場。Jリーグでプレーする選手たちの中にあって、その存在感を示し、今大会のメンバーにも選ばれた。上背はないものの、体幹の強さを武器とし、さらにはスピードもある。その上、足元の技術に優れ、トラップの技術が高く、相手DFの逆を取り、シュートチャンスを作る動きが特徴的だ。 ▽今大会に招集されたFWは前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大学)を含めた3名。自身が出場しなかったトゥーロン国際大会では上田がスーパーサブとして結果を残す活躍。今大会でチャンスを掴み、結果を残したいところだ。 2018.08.14 15:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース