サッカー界に再び悲劇…仏2部ル・アーヴルの18歳DFが逝去2018.04.07 21:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するル・アーヴルは7日、U-19フランス代表DFサンバ・ディオプ(享年18)の逝去を発表した。現時点で同選手の死因に関する情報は明かされていない。フランス『レキップ』が伝えている。

▽ル・アーヴルはクラブ公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「今回の出来事はすべてのプレーヤーおよびスタッフ、ボランティア、管理者、幹部にとって悲劇的なものです」

「同時にサンバの家族に対して、心から哀悼の意を捧げます」

▽今シーズン、ル・アーヴルのBチームで21試合に出場していたディオプは今週中にトップチームのトレーニングにも参加していた。その中であまりにも突然すぎる訃報となった。

▽なお、ル・アーヴルは今回のディオプの訃報を受けて、今週末に開催予定だったスタッド・ランス戦が延期になることを伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、マルセイユは4発快勝も仏メディアの評価は及第点…守備面の不安指摘

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、チームは大勝を収めながらも、自身は高評価とはいかなかった。<br><br>マルセイユは16日、リーグ・アン第5節でギャンガンと対戦。試合はフロリアン・トヴァンの2ゴールなどで4-0と快勝を収めた。今季4度目のフル出場を果たした酒井だったが、フランス『footmercato』ではかろうじて及第点の「5.5」という採点となり、守備面での不安を指摘されている。<br><br>「今夜日本人選手は困難に陥っていた。いくつか興味深い攻め上がりもあったが、後ろにスペースができ、そこをテュラムに生かされた。しかし、幸運なことにギャンガンはゴールできなかった。また、57分の先制点では起点になっている」<br><br>また、最高点はディミトリ・パイェ、トヴァンの「7.5」となった。マルセイユは5試合を終えた勝ち点10。首位のパリ・サンジェルマンと勝ち点5差の3位となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥヘルが最高のスタート! 就任初年度のリーグ・アン開幕5連勝はPSG史初

▽今シーズンからパリ・サンジェルマン(PSG)の指揮を執るトーマス・トゥヘル監督がクラブ史上最高のスタートを切った。 ▽PSGは、14日にホームで行われたリーグ・アン第5節でサンテチェンヌと対戦。出場停止処分中のフランス代表FWキリアン・ムバッペや、ブラジル代表FWネイマールを欠いた戦いだったが、MFユリアン・ドラクスラーや、FWエディンソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリア、FWムサ・ディアビのゴールで快勝した。 ▽これにより、連覇を狙うPSGは開幕から無傷の5連勝。『Opta(@OptaJean)』によれば、トゥヘル監督は、就任初年度のリーグ・アン開幕から5連勝を飾ったPSG史上初の監督だという。国内リーグで最高の滑り出しを見せるPSGは18日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第1節でリバプールとアウェイで対戦する。 ◆リーグ・アン戦績 ▽8/12 第1節 vsカーン 3-0 ○ ▽8/18 第2節 vsギャンガン 3-1 ○ ▽8/25 第3節 vsアンジェ 3-1 ○ ▽9/1 第4節 vsニーム 4-2 ○ ▽9/14 第5節 vsサンテチェンヌ 4-0 ○ 2018.09.15 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

今季初先発のドラクスラー、ライバルのムバッペを絶賛「あんな選手見たことない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のMFユリアン・ドラクスラーが、自身の状況やポジション争いについて言及している。<br><br>2017年1月にPSGへ加入し、レギュラーの座を掴んだドラクスラー。同年に行われたコンフェデレーションズカップにもドイツ代表として参加し、MVPを受賞するなど優勝に大きく貢献した。<br><br>しかし、昨季開幕前にPSGは超大型補強を敢行し、ネイマールやキリアン・ムバッペといったスターが加入。その影響でスタメンを奪われ、今季は第4節まででリーグ戦の出場時間はわずか32分にとどまっていた。それでも、ネイマールとムバッペが欠場した第5節のサンテチェンヌ戦では今季初先発。22分に先制点を決めるなど、フル出場を果たして4-0の勝利に大きく貢献している。<br><br>試合後、ドイツ代表MFは『Sport1』に対し、ポジション争いのライバルである19歳のムバッペや自身の状況について語っている。<br><br>「(ムバッペは)あの年齢にも関わらず、ピッチ上で巨大な存在感を放っている。ボールを要求し、プレーを組み立てる。彼のような選手は見たことがないね。ネイマールと並び、僕が一緒にプレーした中で最高の選手だ」<br><br>「PSGは非常に野心的であり、特に僕のポジションは競争が激しい。安心できる場所にいないけど、トレーニングで自分自身を証明していく必要がある。最終的には、トーマス・トゥヘル監督が信頼してくれることを願っているよ」<br><br>また、今季から指揮を執るトゥヘル監督については、良い印象を抱いているようだ。<br><br>「戦術面で素晴らしいコーチだ。よく冗談を言っているよ。トレーニングは多様化しており、彼は多くのことを要求してくる。練習でトライしなかったり、80%しか出していないでいると、すぐにそれを理解して厳しくなるね」<br><br>リーグ・アン5連勝を飾ったPSGは、18日にチャンピオンズリーグでリバプールと激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.15 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニ&ディ・マリア弾などで快勝のPSGが開幕5連勝!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第5節でサンテチェンヌと対戦し、4-0で勝利した。 ▽開幕4連勝中のPSGは、前節のニーム戦からスタメンを4人変更。出場停止のムバッペやネイマール、マルキーニョスらに代えてドラクスラーやヴェッラッティ、ベルナトらをスタメンに起用した。 ▽試合は一進一退の展開が続く中、先手を取ったのはPSG。23分、バイタルエリア手前でボールを受けたヴェッラッティが浮かせたパスをボックス内に供給。これをボックス中央に走り込んだドラクスラーが頭でトラップすると、浮き球を再びヘディングで流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードするPSGは、後半開始早々に追加点を奪う。ラビオの高速パスをボックス内で受けたカバーニがペランに倒されてPKを獲得。このPKをカバーニが確実にゴール右に沈めた。 ▽幸先良く追加点を奪ったPSGは、76分にもボックス右から仕掛けたディアビのクロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ファーサイドでこれを受けたディ・マリアがゴールエリア左付近からシュートを突き刺した。 ▽PSGは84分にも、ボックス右に抜け出したドラクスラーの折り返しからディアビがゴールに流し込み、4点目。そのまま4-0で試合終了を迎えたPSGが、開幕5連勝を飾った。 2018.09.15 06:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース