サッカー界に再び悲劇…仏2部ル・アーヴルの18歳DFが逝去2018.04.07 21:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するル・アーヴルは7日、U-19フランス代表DFサンバ・ディオプ(享年18)の逝去を発表した。現時点で同選手の死因に関する情報は明かされていない。フランス『レキップ』が伝えている。

▽ル・アーヴルはクラブ公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「今回の出来事はすべてのプレーヤーおよびスタッフ、ボランティア、管理者、幹部にとって悲劇的なものです」

「同時にサンバの家族に対して、心から哀悼の意を捧げます」

▽今シーズン、ル・アーヴルのBチームで21試合に出場していたディオプは今週中にトップチームのトレーニングにも参加していた。その中であまりにも突然すぎる訃報となった。

▽なお、ル・アーヴルは今回のディオプの訃報を受けて、今週末に開催予定だったスタッド・ランス戦が延期になることを伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、マテュイディにPSG加入を勧められていた? ネイマールについても言及

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の入団会見に臨んだ元GKジャンルイジ・ブッフォンが、チームメイトになるフランス代表MFブレーズ・マテュイディとブラジル代表FWネイマールについて語っている。『フットボールイタリア』が伝えた。 ▽ユベントス退団後、新天地を探していたブッフォンは7日にPSG加入が発表。契約期間は2019年6月30日までだが、2年目の契約延長オプションが付随している。 ▽9日に入団会見を行ったブッフォンは、マテュイディにPSG加入を勧められていたことを告白。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト8敗退となったブラジル代表FWネイマールについて言及した。 「ブレーズ(・マテュイディ)は特別な人だよ。僕らの間にはとても強い共感があるんだ。彼にはこのクラブに来るように勧められたし、『ジジ(ブッフォンの愛称)、あなたのような選手がパリに必要だ。ドレッシングルームはとても快適だよ』とね」 「ネイマールについてかい? 僕ら全員は幸せと困難な瞬間を経験する。彼はその段階なのかもしれないね。もし彼が正しい方法でそれに立ち向かおうとするのなら、その手助けがしたい」 「ネイマールはロシアで失望を味わい、リベンジへの怒りと世級を抱いてここに戻ってくるだろう。これはPSGにとって良いことだよ。驚くべき才能を持っているしね」 2018.07.11 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、同い年ブッフォンのPSG移籍に驚き「40歳でチームを変えるなんて」

新シーズンに向けて始動したミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが9日、記者会見に出席し、同い年の40歳GKジャンルイジ・ブッフォンの移籍についてコメントしている。<br><br>2017-18シーズン限りで17年間を過ごしたユベントスを退団したブッフォンは6日、パリ・サンジェルマンへの加入が発表された。ブッフォンと同じく1978年1月生まれのガットゥーゾは、イタリア代表の元同僚GKに驚きを隠せない。<br><br>「彼が40歳でチームを変えるなんて、考えもしなかった。それもヨーロッパの強豪クラブへ移籍した。私の記憶が正しければ、2010年には背中がボロボロだと言って、終わった選手としてみなされていた。それが今になってもまだ、ジジが話題になるなんてね&hellip;」<br><br>過去に背中のトラブルを抱えながらも、トップレベルでのプレーを続けている40歳GKに尊敬の眼差しを送った。<br><br>続いてガットゥーゾは、名門ミランの指揮を執るプレッシャーについても自身の考えを明かしている。<br><br>「プレッシャーは感じるが、恐れてはいない。私はこのプレッシャーが好きだし、全力を尽くしたい。自分自身は一人目のサポーターであり、監督であり、ウルトラスのボスでもある。このクラブの指揮を執ることができて誇りに思う」<br><br>また現在、ミランには、GKジャンルイジ・ドンナルンマと、ナポリからフリーで加入したGKホセ・マヌエル・レイナがおり、トップレベルのGKが2人所属している。<br><br>「コンディションの良い方がプレーする。偉大なGK2人がいるが、いないよりは良いだろう。私にとって問題かもしれないが、これで構わない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.10 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォンが移籍の舞台裏明かす「PSGのオファーなければ引退した」ロナウドにも言及

9日のパリ・サンジェルマン入団会見を終えたGKジャンルイジ・ブッフォンは、イタリア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、移籍の舞台裏を明かしている。<br><br>ブッフォンは17年間所属したユベントスを退団し、40歳でPSGへ移籍することを決断した。そのきっかけは5月のことだった。<br><br>「PSGとの縁は、5月初めに生まれた。僕はすでにサッカー引退後の準備を進めていた。その時、この電話がかかってきたんだ。数日間は、受けるべきなのかどうか検討した。それから練習中に、まだ続けたい気持ちがあることに気づいて、『シー(はい)』と答えたんだ。高いレベルでプレーを続けられるということが重要だった。ある程度のレベルのクラブが僕に興味を持ってくれるなんて、思ってもいなかった」<br><br>またブッフォンは、ユベントスの会長から残留の選択肢も与えられていたが、チーム内に混乱をきたさないために、契約終了とともに退団することを決断したと明かしている。<br><br>「(アンドレア)アニェッリ会長には、正直、率直に感謝しなければならない。このような形で別れを告げることができて素敵だった。会長は、僕が望むならば、あと1~2年は残ってくれても良いと言ってくれた。だがユベントスにおいて7年連続でタイトルを獲得したことは僕にとって誇りであり、その後で僕が問題を起こすなんてできなかった。PSGからオファーがなければ引退するのが相応しかったと考えている」<br><br>■C・ロナウドのユーベ移籍を歓迎なおレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス入りが囁かれているが、元ユーベのレジェンドは移籍を歓迎した。<br><br>「僕は不快に思わない。彼のゴールは不快だったけどね。ユベントスはイタリアサッカーでも最高の場所だ。ユベントスのC・ロナウドが見られたら、僕は幸せだよ。ユーベのファンが新たな夢を見ることができるからね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.10 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

40歳ブッフォン、PSGでの野心は「CLだけじゃない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に加入したGKジャンルイジ・ブッフォンが、新天地でのお披露目を行った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽「皆さんに偉大なジャンルイジ・ブッフォンを紹介することができ、本当にうれしく思う」と話したのはナセル・アル・ケライフィ会長だ。40歳で新たな挑戦に乗り出す同選手はまず、「新しい冒険を始めることになり、とてもうれしく思っている。新しいエネルギーがあふれるね」と始めた。 ▽長く過ごしたユベントスを退団してイタリアを出た守護神は、「自分はずっとピッチの上でレギュラーを獲ってきた。スポーツは競争だ。40歳だけど、心身ともに万全さ。まだ偉大なGKであることを証明したいね」と意欲十分で、「自分ができると思ううちはやりたい。そう感じなくなったときは引退するよ。40歳のGKというのは、34歳のフィールドプレーヤーと同じじゃないかな」と述べている。 ▽PSGの目標であり、ブッフォンの悲願でもあるチャンピオンズリーグについては、そこまでとらわれていない。同選手は「チャンピオンズリーグに対する強迫観念はない。チャンピオンズリーグのことだけを考えるのはクレイジーだ」と述べ、「僕はPSGが成長してより大きな目標に達することに貢献できたらと思っている」と話した。 2018.07.10 04:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベス、全治6カ月で開幕アウトか…PSGが右ヒザ手術完了を発表

▽パリ・サンジェルマンは5日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの手術完了を発表した。 ▽ダニエウ・アウヴェスは、5月8日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝のレ・ゼルビエ戦で右ヒザを痛め、後日の検査で前十字じん帯の損傷が判明。これにより、ブラジル代表として臨むはずだったロシア・ワールドカップ(W杯)の出場を逃した。 ▽クラブの発表によれば、ダニエウ・アウベスは離脱期間を短縮すベく、時期を開けて5日に手術。だが、これを取り上げたブラジル『グローボ』によれば、全治6カ月程度の離脱期間が見込まれ、来シーズンの開幕に間に合わない可能性が高いという。 2018.06.06 13:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース