サッカー界に再び悲劇…仏2部ル・アーヴルの18歳DFが逝去2018.04.07 21:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するル・アーヴルは7日、U-19フランス代表DFサンバ・ディオプ(享年18)の逝去を発表した。現時点で同選手の死因に関する情報は明かされていない。フランス『レキップ』が伝えている。▽ル・アーヴルはクラブ公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「今回の出来事はすべてのプレーヤーおよびスタッフ、ボランティア、管理者、幹部にとって悲劇的なものです」

「同時にサンバの家族に対して、心から哀悼の意を捧げます」

▽今シーズン、ル・アーヴルのBチームで21試合に出場していたディオプは今週中にトップチームのトレーニングにも参加していた。その中であまりにも突然すぎる訃報となった。

▽なお、ル・アーヴルは今回のディオプの訃報を受けて、今週末に開催予定だったスタッド・ランス戦が延期になることを伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

ラビオ母親がPSGに苦言「息子はPSGの囚人だ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代理人を務める母親が同クラブを批判した。スペイン『マルカ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるラビオだが、クラブからの再三の契約延長オファーを固辞。この振る舞いを受けて、クラブはすでに交渉をストップすると共に、一時はリザーブチーム送りにしていた。そのため、同選手は昨年12月11日以来、公式戦の出場はない。 さらに、ラビオはチームがチャンピオンズリーグ(CL)敗退の屈辱を味わった中、パリのナイトクラブで遊んでいることが発覚したことや、ユナイテッドOBの元フランス代表DFパトリス・エブラがインスタグラムに投稿したユナイテッドのPSG撃破を熱狂的に喜ぶ動画に『いいね』をしたことで今月27日までの謹慎処分を科せられた。 その他、ラビオには昨年12月のマルセイユへの遠征の際に遅刻したこと、今年1月のドーハでのトレーニングキャンプに無断欠席したことを理由に数カ月分の倫理ボーナス(月給の数パーセント)の支払い拒否を通達されていた。 すでにクラブとの関係が完全に終わり、ユース時代を含めて9年間を過ごしたPSGを最悪な形で去ることになりそうなラビオ。そんな中、同選手の母親で代理人を務めるヴェロニク・ラビオさんがブラジル代表FWネイマールを引き合いに出しながらPSGに苦言を呈した。 「私の息子はPSGの囚人だ」 「ラビオが要求した唯一のことは、契約を完了し、尊重されることだった」 「祖母と父親が亡くなったことを理由にカタールに行かなかった時も彼は罰金を科せられた。人質のようだ」 「PSGはチームミーティングに6分遅れただけで罰金を科す。なのに、負傷しているのに、世界中に旅行に行ったり、カーニバルに行くのは許される」 2019.03.20 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

子どもへの命名「グリーズマン・ムバッペ」は禁止! フランス人夫妻に判決

いかに英雄にあやかりたい気持ちがあろうと、やはり子供に「グリーズマン・ムバッペ」と命名することは許されなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。母国に大きな歓喜をもたらし、今では国民の英雄となっている。 しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。「子どもの利益を害する」として、政府に問題視され、名前の変更を求める裁判が起こされていた。 その報道から約5ヵ月後、地元紙『La Montagne』によると、裁判所は「グリーズマン・ムバッペ」という名前が国連子どもの権利条約第3条に基づく、乳児の「最善の利益」に反すると指摘。夫妻には、改名が言い渡された。 そして、地元ラジオ「France Bleu Limousin」が伝えるところでは、赤ん坊の名前は「ダニー・ノア」に落ち着いたようだ。 フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2019.03.19 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「ムバッペは世界で最も価値のある選手」

ジョゼ・モウリーニョ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)を現フットボール界における“最も価値のある選手”だと断言した。 まだ20歳ながらロシア・ワールドカップ(W杯)優勝の原動力となり、大会最優秀選手に輝くなど、スター街道まっしぐらのムバッペ。その勢いは、近年のフットボール界をけん引するユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの地位を揺るがすものとして、大きな注目を集めている。 長年にわたり、行く先々のクラブでスター選手を指導してきたモウリーニョ氏は、イギリス『BeIn Sports』で、そのムバッペについて次のように語った。 現フットボール界における最有力の有望株として名を馳せるムバッペ。今シーズンの失敗を受け、今夏の大型補強が期待されるレアル・マドリーのターゲットにも入っているとみられ、今後の動向に注目が集まっているところだ。 「彼は既にインクレディブルな存在だ。5年後をイメージしてみよう。価値を話す上で、年齢は非常に重要だ。メッシとロナウドは共に30歳を過ぎ、ネイマールは27歳。ムバッペは世界で最も価値のある選手さ。ロナウドや他の選手以上にね」 2019.03.19 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

熱狂のル・クラスィクはディ・マリアの大車輪の活躍でPSGが快勝! 酒井フル出場のマルセイユはGK退場の事態に《リーグ・アン》

リーグ・アン第29節、パリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユによる“ル・クラスィク”が17日に行われ、3-1でPSGが勝利した。 首位のPSG(勝ち点74)と4位のマルセイユ(同47)がパルク・デ・プランスで激突。チャンピオンズリーグ出場圏内の3位浮上を目指すマルセイユは酒井が7試合連続の先発出場。その他、チーム内得点ランクトップのトヴァンや、冬の加入後、リーグ戦7試合で5ゴールのバロテッリがスタメンに顔をそろえた。 ファーストシュートはマルセイユ。2分、バロテッリがボックス手前まで持ち込み、抑えの効いたシュートを放つ。6分にはGKマンダンダの処理ミスからCKのピンチを招くが、バロテッリがヘディングでクリアし事なきを得た。 ムバッペやディ・マリアの攻撃で徐々にPSGが圧力を強めてくる中、15分にディ・マリアがネットを揺らすが、VARによりオフサイドと判定され取り消しに。25分には、ムニルが右サイドからシュートを狙うが、ここは酒井とGKマンダンダの対応により、ピンチを防いだ。 拮抗した試合が30分を過ぎたころ、PSGがアクシデントが見舞う。ダニエル・アウベスとムニエが負傷し、代わりにダグバとケーラーを投入せざるを得ない緊急事態に。 それでも主導権は次第にPSGが掴んでいく。マルセイユはなかなか攻撃に出られない中で、前半アディショナルタイムにCKを獲得。このクロスをPSGはチアゴ・シウバが跳ね返すと、粘ってボールを繋いだディ・マリアからカウンターが発動。一旦右サイドに展開し、前線に走り込んだディ・マリアに再びボールが渡る。敵陣中央で後ろから来たボールを巧みなトラップで受けると、ボックス左のムバッペへラストパス。ムバッペはこれをダイレクトで蹴り込んでゴール。フランス・ダービはPSGが先制して試合を折り返した。 迎えた後半、キックオフしたマルセイユの最初のプレーでGKマンダンダが大きく前線へ蹴りだすと、センターサークル付近でバロテッリが潰れてボールはオカンポスへ。ケーラーと上手く入れ替わったオカンポスはドリブルでボックス左に侵攻しグラウンダーのクロスを供給。これをジェルマンがニアで押し込んで、後半開始早々の46分にマルセイユが試合を振り出しに戻した。 ジェルマンの今季5ゴール目で同点に追いついたマルセイユだったが喜びも束の間、PSGは55分に、ケーラーからオフサイドギリギリでパスを受けたディ・マリアがボックス右の角度のないところから左足で流し込んで追加点を挙げた。 再び勝ち越されてしまったマルセイユはさらなる窮地に立たされる。62分、最終ラインの裏を抜けたディ・マリアを止めようと、GKマンダンダがゴールエリアを飛び出して対応に行ったが、ディ・マリアの浮かせたボールが手に当たってしまい一発退場。さらに、ゴール正面30メートル弱からのFKをそのディ・マリアに直接決められてしまい、スコアは2点差となってしまった。 ここから立て続けに3枚の交代カードを切ったマルセイユだったが、最後まで守勢を強いられゴールは奪えず。逆に、後半アディショナルタイムには酒井がムバッペを倒しPKを献上。しかし、自らキッカーを務めたムバッペのシュートはマンダンダの代わりにゴールマウスを守ったプレが見事にストップ。 結局、試合は2ゴール1アシストを記録したディ・マリアの活躍でホームのPSGが快勝。マルセイユはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。 2019.03.18 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、ミーティング遅刻で罰金2300万円

パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペに18万ユーロ(約2300万円)の罰金を科していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 罰金対象となった行動は昨年10月末まで遡る。リーグ・アン第11節マルセイユ戦前、ムバッペはチームミーティングにMFアドリアン・ラビオと共に遅刻。クラブは、両名の規律違反に対して、罰金を科した。 ムバッペは自身の過失について十分に認識しており、事実確認の書類にサイン。その際支払われた罰金18万ユーロは、PSG財団に直接送金されるようだ。なお、ムバッペはその後、2-0で勝利したマルセイユ戦で先制点を決めている。 今シーズンもここまで公式戦33試合29ゴール15アシストを記録し、スターとしての地位を確立しているムバッペ。遅刻による罰金が去就に影響するとは考え難いが、『アス』は「獲得を狙うレアル・マドリーがどの様な状況にも細心の注意を払っている」と意味深長な文で締めている。 2019.03.16 14:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース