ネイマールはC・ロナウド似? メッシ似? ペレ氏の見解は…2018.04.07 20:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラジルのレジェンドであるペレ氏は、同国の後輩であるパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールが、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドではなく、バルセロナFWリオネル・メッシ寄りの選手だと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽メッシやC・ロナウドと共に最高峰の選手の1人として語られるネイマール。今シーズンは、PSGでの公式戦30試合で29ゴール19アシストの数字を残している。

▽ペレ氏は大手『ESPN』のインタビューに応じ、試合の組み立てに貢献できる部分でネイマールがメッシに似ていると語った。

「ネイマールは、クリスティアーノ・ロナウドと比較されてきた。だから私は、ヨーロッパで友人にインタビューを受けた時に数回に渡り言ってきたが…。クリスティアーノ・ロナウドは素晴らしいプレーヤーだよ。私たちのヴァヴァ(エジバウド・イジディオ・ネト)、コウチーニョのようなフィニッシャーだ」

「ネイマールは本当にメッシ・スタイル寄りだ。試合を組み立てて、ゴールも奪っている」

▽ネイマールは2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で、右足首の捻挫および第5中足骨の骨折という重傷を負い長期離脱。しかし、先月末の時点でPSGのウナイ・エメリ監督が2~3週間で復帰できる見込みだと明かしており、ワールドカップ(W杯)が開幕する6月中旬には体調を万全にしてブラジル代表でペレ氏の期待に沿う活躍が披露できそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

現管理者に黒い噂…ブラジルサッカーの聖地・マラカナンの管理をリオ州が引き継ぐ

ブラジルサッカーの聖地とも呼ばれるマラカナン・スタジアムに関し、リオ・デ・ジャネイロ州が管理を引き継ぐことになるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 マラカナンは、リオ・デ・ジャネイロにある世界最大規模のサッカースタジアム。近年では2014年のブラジル・ワールドカップ決勝や、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックの開会式や男子サッカーの決勝などが行われている。 しかし、オリンピック後の2017年に競技場の内部が荒廃している様子が報道。これは2013年にスタジアム管理が民間に渡ったことに加え、オリンピックの組織委員会、リオ・デ・ジャネイロ州の間で管理が行われなかったことが原因とされていた。 今回、リオ・デ・ジャネイロ州がスタジアムの管理に関して民間企業から引き継ぐことになるとのこと。契約を解除し、4月17日に正式に発表されるようだ。 また、リオ・デ・ジャネイロ州議会によると、民間企業との契約には汚職の疑いがあり、管理もずさんであったとしている。さらに、リオ・デ・ジャネイロ州の元州知事であるセルヒオ・カブラル氏も入札に便宜を図ったとし、2018年に12年の懲役刑を宣告されていた。 なお、マラカナンは、ボタフォゴ、フラメンゴ、フルミネンセ、ヴァスコ・ダ・ガマが使用しているものの、今回の管理者変更で使用できないという事態はないだ。 2019.03.19 12:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、約1年ぶり復帰のダニエウ・アウベスが負傷により辞退…ファグネルを追加招集《国際親善試合》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は18日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するDFダニエウ・アウベスが今月行われる国際親善試合に臨む同国代表を辞退することを発表した。また、コリンチャンスに所属するDFファグネルを追加招集したことを併せて伝えている。 ダニエウ・アウベスは今回、約1年ぶりに代表復帰。しかし、左ヒザを負傷したため、辞退することとなった。 ファグネルはここまでブラジル代表として8試合に出場。ロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合出場した。 ロシア・ワールドカップ(W杯)後の代表ウィークを6連勝中と絶好調のブラジルは3月23日にパナマ代表と、同月26日にチェコ代表との国際親善試合に臨む。 2019.03.19 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、フィリペ・ルイス辞退でポルトDFのA・テレスを追加招集《国際親善試合》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は3月15日、アトレティコ・マドリーDFフィリペ・ルイスがふくらはぎのケガを理由に今月行われる国際親善試合に向けたブラジル代表メンバーを辞退することを発表した。 また、同選手に代わる追加メンバーとしてポルトDFアレックス・テレスの代替招集を併せて伝えている。 なお、ブラジル代表ではレアル・マドリーFWヴィニシウス・ジュニオールが初招集を受けていたが、ケガの影響で先日に招集辞退を発表してアヤックスFWダビド・ネレスが追加で初招集されていた。 ブラジル代表は3月23日にパナマ代表と、同月26日にチェコ代表とのフレンドリーマッチに臨む。 2019.03.16 11:29 Sat
twitterfacebook
thumb

アルトゥール、ネイマールの誕生日パーティー参加を謝罪

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同国代表FWネイマールの誕生日パーティーに行ったことを謝罪している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2月初めに左ハムストリングを負傷し、約3週間の離脱を強いられたアルトゥール。それでも、2月22日には全体練習に復帰し、2月27日のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦(3-0でバルセロナが勝利)で復帰を果たした。 無事に回復を遂げたアルトゥールだったが、復帰直前にはパリでネイマールの誕生日パーティーに参加。コパ・クラシコの2日前の行動には、多くの懐疑的な目が向けられた。 13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦前日会見に出席したアルトゥールは、その行動を謝罪。全面的に非を認めている。 「僕は間違っていたと思う。時に間違っていて、時に正しい。そういったことが人生の中にある」 「(ネイマールのもとを)訪れることにワクワクしていた。だけど、自分が何をしているか分かっていたし、責任をとるには十分な歳だ。誰かに迷惑をかけたなら謝るよ」 2019.03.13 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セレソン&サントスのレジェンド、コウチーニョ氏が75歳で死去…1962年W杯優勝メンバー

サントスとセレソンのレジェンドとして知られる元ブラジル代表FWのコウチーニョ氏が今月11日に75歳で逝去したことがわかった。同氏が選手と監督として在籍したサントスがクラブ公式サイトでレジェンドの訃報を伝えた。 “コウチーニョ”の愛称で知られるアントニオ・ウィルソン・ヴィエイラ・オノリオ氏。1958年にサントスでプロデビューを飾ると、“サッカーの王様”と称されるペレ氏の頼れる相棒として多くのタイトル獲得に貢献。公式戦457試合で370ゴールという圧巻の記録を残した。 また、1960年にデビューを果たしたブラジル代表では通算15試合に出場し6ゴールを記録。1962年のチリ・ワールドカップではケガの影響で出場機会はなかったものの、優勝メンバーに名を連ねていた。 また、現役引退後は古巣のサントスなど国内の複数クラブの指揮官を歴任していた。 なお、以前から糖尿病を患い、昨年1月には肺炎で緊急搬送されていたコウチーニョ氏の死因に関しては明かされていないが、自宅で息を引き取ったという。また、同氏の葬儀はサントスの本拠地であるヴィラ・ベルミーロで執り行われる。 2019.03.12 23:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース