ネイマールはC・ロナウド似? メッシ似? ペレ氏の見解は…2018.04.07 20:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラジルのレジェンドであるペレ氏は、同国の後輩であるパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールが、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドではなく、バルセロナFWリオネル・メッシ寄りの選手だと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽メッシやC・ロナウドと共に最高峰の選手の1人として語られるネイマール。今シーズンは、PSGでの公式戦30試合で29ゴール19アシストの数字を残している。

▽ペレ氏は大手『ESPN』のインタビューに応じ、試合の組み立てに貢献できる部分でネイマールがメッシに似ていると語った。

「ネイマールは、クリスティアーノ・ロナウドと比較されてきた。だから私は、ヨーロッパで友人にインタビューを受けた時に数回に渡り言ってきたが…。クリスティアーノ・ロナウドは素晴らしいプレーヤーだよ。私たちのヴァヴァ(エジバウド・イジディオ・ネト)、コウチーニョのようなフィニッシャーだ」

「ネイマールは本当にメッシ・スタイル寄りだ。試合を組み立てて、ゴールも奪っている」

▽ネイマールは2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で、右足首の捻挫および第5中足骨の骨折という重傷を負い長期離脱。しかし、先月末の時点でPSGのウナイ・エメリ監督が2~3週間で復帰できる見込みだと明かしており、ワールドカップ(W杯)が開幕する6月中旬には体調を万全にしてブラジル代表でペレ氏の期待に沿う活躍が披露できそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月22日は、“フェノメノ”と称された元ブラジル代表FWのバースデー

◆ロナウド 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1976年9月22日 現役時所属クラブ:レアル・マドリー、バルセロナ、インテル、ミランなど ポジション:FW 身長:183㎝ 体重:95kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月22日は、元ブラジル代表のロナウド氏だ。 ▽圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備えたロナウド氏。現役時代に“フェノメノ”(=怪物)と称された、史上最も偉大なストライカーの1人だ。 ▽母国のクルゼイロでキャリアをスタートさせたロナウド氏は、オランダのPSVで欧州デビューを飾ると、初年度からリーグ30得点を記録。また、1996-07シーズンに1年間だけ所属したバルセロナでは、当時のボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウド」と発言するほどのプレーを見せ、公式戦42試合42ゴールの成績を残した。 ▽しかし、その後に移籍したインテルでは、2000年に4月に右ヒザ靭帯部分断裂の大怪我を負い20ヶ月間のリハビリを強いられることに。それでも、その逆境を乗り越えてブラジル代表として臨んだ2002年の日韓ワールドカップでは大会トップの8得点でチームを優勝に導き、同年にレアル・マドリーへの移籍を果たした。マドリー時代後期には病気から来る運動量の衰えを批判されはしたものの、クラブ通算177試合104ゴールという数字を残している。 ※誕生日が同じ主な著名人 エマニュエル・プティ(元サッカー選手) ハリー・キューウェル(元サッカー選手) チアゴ・シウバ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) 山瀬功治(サッカー選手/アビスパ福岡) マイケル・ファラデー(科学者) 吉田茂(第48-51代内閣総理大臣) ボブ・サップ(格闘家) 北島康介(元水泳選手) 今井絵理子(歌手/SPEED) 渋谷すばる(タレント/元関ジャニ∞) 2018.09.22 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表がサウジ&アルヘン戦に向けた招集メンバー発表! マン・C勢復帰も唾吐きD・コスタらが招集外《国際親善試合》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は21日、来月に行われる国際親善試合に向けたブラジル代表メンバーを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)後、最初の代表ウィークとなった今月の代表戦でアメリカ代表と、エルサルバドル代表にいずれも快勝したブラジル。来月の代表ウィークに向けてはFWネイマール(パリ・サンジェルマン)やGKアリソン・ベッカー(リバプール)、DFマルセロ(レアル・マドリー)、MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)など主力が順当に選出。また、前回の代表ウィークで招集されなかったGKエデルソンらマンチェスター・シティ勢が復帰を果たした。 ▽その一方で、チッチ監督は前回同様に所属クラブへの配慮からか、DFチアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)、DFフィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)、FWウィリアン(チェルシー)など一部主力を招集外としている。 ▽なお、同じく招集外としたユベントスMFドグラス・コスタに関しては、「負傷とリーグ戦で起きた事件の影響で呼ばない。規律の欠如を示す行為だった」とコメント。サッスオーロ戦で犯した相手選手への唾吐き行為を問題視した末の決断と説明した。 ▽なお、ブラジルは10月12日にサウジアラビア代表と、同16日にアルゼンチン代表とのフレンドリーマッチに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆ブラジル代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アリソン・ベッカー</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">エデルソン</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">フェリペ</span>(グレミオ)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">パブロ</span>(ボルドー/フランス)※ <span style="font-weight:700;">マルキーニョス</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ファビーニョ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニーロ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アレックス・サンドロ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミランダ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">エデル・ミリトン</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">レナト・アウグスト</span>(北京国安/中国) <span style="font-weight:700;">アルトゥール</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ワラセ</span>ハノーファー/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フレッジ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">エヴェルトン</span>(グレミオ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ロベルト・フィルミノ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ガブリエウ・ジェズス</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">リシャルリソン</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">マウコム</span>(バルセロナ/スペイン)※ ※初招集 2018.09.22 01:11 Sat
twitterfacebook
thumb

「敬意に欠ける判定」「不必要なカード」ダイブを取られ警告を受けたネイマールが主審に苦言

ブラジル代表のネイマールは、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルフォ氏を非難した。<br><br>11日に行われた国際親善試合でブラジル代表はエルサルバドルと対戦。この試合に出場したネイマールはPKから先制点を挙げ、さらに3アシストを記録するなど5-0の大勝に大きく貢献する。一方で、前半終了間際のペナルティエリア内で倒された場面では、シミュレーションを取られてイエローカードを提示されていた。<br><br>ロシア・ワールドカップでは、タックルされるたびにピッチ上で倒れ、過剰に痛がるシーンを度々問題視されていたネイマール。この影響もあってか、エルサルバドルとの一戦でもダイブを取られた同選手は、ブラジル『グローボエスポルチ』で判定への不満をあらわにした。<br><br>「このような風評被害を受けながらこれからも生きていかなければならないかは分からない。でもこのような状況は耐えられない。いい加減終わらせるべきだと思う。ただ、これは僕自身がどうにかできることではない。何か言うつもりはないし、自分のフットボールを続けるだけだと考えている」<br><br>「僕だけではなく、僕のチームメイトに対しても敬意を欠く行為だ。イエローカードを受けた状態でプレーするのは簡単ではない。ブラジルの試合を裁きに来たあの男はあのような判定をした。あれが正しかったとは到底思えない。彼がペナルティを与えたくないと思うことは問題ではない。でも、あのカードは全く必要のないものだった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.13 15:26 Thu
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンがセレソン初弾含む2G&PK奪取! ネイマールも1G3Aでエルサルバドルに5発快勝《国際親善試合》

▽ブラジル代表は12日、国際親善試合エルサルバドル戦に臨み、5-0で快勝した。 ▽直近の国際親善試合アメリカ代表戦で2-0の勝利を収めたブラジルは、その試合からスタメンを5名変更。GKアリソン、ファビーニョ、チアゴ・シウバ、フィリペ・ルイス、フレッジ、フィルミノに代えて、GKネト、デデ、アレックス・サンドロ、ミリトン、アルトゥール、リシャルリソンを起用した。 ▽試合開始早々、リシャルリソンがボックス内に抜け出すと、エルサルバドルDFに倒されてPKを獲得。キッカーのネイマールが確実に仕留め、3分にブラジルが幸先良く先制した。 ▽続く16分、ボックス手前左でネイマールからのパスを受けたリシャルリソンが、右足をコンパクトに振る。すると、ボールはファーのネットを揺らした。 ▽その後も、ブラジルの怒涛の攻撃は続く。30分、ボックス手前でネイマールからボールを渡されたコウチーニョが、迷わず右足を振り抜く。シュートはゴール左下隅を射抜きスコアは3-0に。 ▽圧倒した展開のまま前半を終えたブラジルは、ハーフタイム中に選手交代を敢行。デデ、カゼミロに代えて、フィリペ・ルイス、フレッジを送り出した。 ▽50分、またしてもブラジルの攻撃が火を吹く。ボックス内左のコウチーニョがドリブルで抜きにかかり、エルサルバドルDFに阻まれてボールがこぼれたところにリシャルリソンが反応。左足でゴール左を捉え自身のこの日2点目とした。 ▽大差が付いている試合、ブラジルは54にコウチーニョ、リシャルリソン、ドグラス・コスタを下げてエヴェルトン、パケタ、ウィリアンを投入。選手を入れ替えつつも層の厚さを見せ付けていく。 ▽しかし、ブラジルの途中出場選手がアピールに意欲を見せる中、エルサルバドルも奮起。猛攻を凌ぎ続け、時にはカウンターからアタッキングサードに迫っていく。 ▽それでも圧倒的な戦力差を覆すことはできず、試合終了間際の90分にブラジルが左CKを獲得。ネイマールのクロスにマルキーニョスが頭で合わせ5-0としたところで試合は終了した。 ▽この日セレソン初スタメンのリシャルリソンは、2ゴールにPK奪取と大活躍。また、主将のネイマールも1ゴール3アシストとエースに相応しい結果を残している。 2018.09.12 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

意識失っても暴行止まず…ブラジルでサポーターが乱闘

▽サッカー大国ブラジルで、残念な出来事が起こってしまったようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ブラジル東北部に位置するナタール市で、その事件は発生した。アメリカRNとABCというチームによるU-19カテゴリーの試合前、ファン同士による乱闘が勃発。その様子はかなり激しいもので、『マルカ』が公開している動画の中では、少なくとも2名が意識不明が疑われる状態にまで追い込まれている。 ▽また、その2名が地面に倒れ込み何の反応も示さなくなった後も、殴る蹴るの暴行が続けられ、石のような小さなものが投擲される様子も観察された。 ▽現在、この恐ろしい光景はブラジルのみならず南米中にショックを与えているという。“サッカーの本場”と称されるブラジルでも、度を越した情熱は許されないことだろう。 2018.09.09 14:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース